2005年12月13日

灯台守の恋

toudai.jpg

あんなふうに 
海の真ん中に
たった一人で立っている

荒波にもまれながら
誰ともつながらずに


そんな灯台があるなんて知らなかった。



その灯台で暮らしたいと願った男は

たった一人になりたいと
もう誰とも係わり合いになりたくないと
世界の果てまで行きたいといいながら

本当はえらく

寂しがり屋だった




ああ・・・・・まだ、余韻にどっぷりつかっていて、感想がかけそうにありません。

「灯台守の恋」とてもよかったです。

うわ〜〜〜もう、ノックアウトです・・・・

もう一回は絶対に見に行くつもりです。
(ああ、シャンテシネは22日までなの・・・!!)

ゆっくりと味わいながら感想を書きたいなと思う映画に、まためぐり合えた喜び・・・!



で、続きます・・・・


posted by jester at 18:54| Comment(0) | TrackBack(1) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「灯台守の恋」■西部劇の復活
Excerpt: アメリカ映画でも、イタリア映画でも消滅したジャンルの西部劇が、このような形で復活していることに注目したい。「灯台守の恋」は、西部劇である。もっと説明すると西部劇のパターンを踏襲した物語である。映画「灯..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2006-01-08 00:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。