2008年12月26日

ウォーリー WALL・E

たった一体でも、700年も動き続けていたら、ロボットにも感情が涌くのだろうか・・・・


などというと浦沢直樹さんの「プルート」の感想みたいですね。

アトムの流す涙にもらい泣きしちゃうjesterでございます。

アトムみたいに高等なロボットじゃなくても、ずっと使い続けてきた道具としての電化製品とかパソコンとかに、なんか気持ちが通じてるみたいな気がするときがあります。
だから捨てるとき、悲しいの。
洗面所から出されてトラックに積まれている洗濯機を見ると、つい「お世話になったね〜 よく洗ってくれたね。」とか・・・たらーっ(汗)

多分にメランコリーっぽいですが・・・猫


さて、ゴミお片づけのロボット、WAll・E。
人間と一緒に働いていたわけではなく、ゴミだらけの廃墟の地球で、なぜか一体だけ残り、やたらと人間臭い生活を送っている。

「淋しい」って気がついてないかもしれないけど、君のやってることは淋しい人間のやることに酷似してるなあ・・・・

その辺が哀れなんですね。

そしてテーマとしては、文明の目標を「便利に生活すること」だけに絞っていったとき人間がたどる道というものを批判しております。


ピクサーのCG画面の完成度は高く、美しくて、全く違和感がありません。


しかし・・・
なんだか期待していたほどには感動しなかった・・・・

というわけで、jesterのお好み度は ☆☆☆ ぐらいでした。

(ちなみに、一緒にみた家族Bは「ナルニアの1作目より良かった!」といっておりました。)


トイ・ストーリー [DVD]
トイ・ストーリー [DVD]
では「子どもに飽きられてしまったおもちゃの切なさ」に泣いたんです。
ピクサーの作品はそれから欠かさず見ておりまして、「ファインディング・ニモ」なんかも好きだったんです。

でも、「カーズ」「レミーのおいしいレストラン」
ぐらいからなんかだめになってきました。

今回も、「レミー」よりは良くって、最後ちょっぴり泣けたんですけど、・・でも何となく素直になれない・・・

「ぐふ〜〜 えがった〜〜」みたいなのがなくて。

どうしてなのかな?と考えてみると、ピクサーのあの画像の美しさに、ついに見慣れてきてしまったというのもあるのかもしれませんが・・・

多分WALL・Eが可愛すぎたんですかね・・・・?

どうもへそ曲がりなので、しょっぱなから「どうよ、可愛いでしょう!!」と出されると、素直に「かわいい〜〜」と言えなくなっちゃうところがあるもので(汗)

今回も、私が可愛いなと思う前に「可愛いでしょ!!!」といわれちゃった感があり、その後、サンリオ的な計算された可愛さを見せられるたびに、ちょっとしらけてしまいました。

「可愛い」と感じる気持ちはわたくしの個人的な感情なので、押し売りされたくないのでありました。

(とはいいつつ、自分で買わないけど、誰かがWALL・Eのフィギュアをくれたら喜ぶかも。)(←誰にもおねだりしてません。つか、ここでねだっても誰もくれないことはよおく存じております)


しかも人間と行動を共にしているアトムが感情に近いものを持ってしまうのはわかるんだけど、WALL・Eとかイヴァとかが、あまりに人間的に描かれていると、それはないでしょう・・?と突っ込みたくなる。

あくまでも『ロボットの人間臭さ』は、最初から有ったものではないのだし、人間のみならず、ロボット自身がそれを否定しているのにもかかわらず、長く存在し、人間のさまざまな気を受け止めるうちに、しらずしらず漏れて出てきてロボットを困惑させるものでなくては。


ピクサーのスタッフ、ぜひ「プルート」を読んで欲しいなあ・・・。


そして、テーマとなっている、文明批判とかコンピューターの反乱なども、あまりに使い古された寄せ集めエピソードばかりで、既視感が強かったです。

「子どもにも大人にも楽しめるファンタジー」ではありますが、一歩進んで「大人も感動できるファンタジー」であるためには、脚本のほうにもう一頑張りして欲しかったです。
全体的には好感を持っただけに、その辺が残念。


ところで、あのゴキブリは、メタルで出来てるのでしょうか?
踏まれても蹴られてもやたらぴんぴんして最強でしたが。
アルマゲドンでも最後まで生き残るだろうといわれているゴキブリですが、それにしても不死身。

しかしもし人工物だとしたら、何のために作ったのだろう・・・?


posted by jester at 22:12| Comment(13) | TrackBack(5) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、すみません。WALL・Eのフィギュア持ってなくて差し上げられません・・・。(笑)

ワタシ、ピクサー作品を観たのはこれが初めてです。
おそらくjesterさん以上にへそ曲がりなので(殴打!)、まったく観る気が起きなかったのですが、この作品はお気に入りのブロガーさんのオススメだったので観てみました。
で、うぉ〜り〜もい〜ヴぁも健気でかわいかったあ!!(爆)
あうう、すみません。いつか「プルート」も読んでみます。。。

>テーマとなっている、文明批判とかコンピューターの反乱なども、あまりに使い古された寄せ集めエピソードばかりで、既視感が強かったです。

その点はハゲドウです。
ターミネーター4ではそこんところを何とか斬新なアイデアを駆使して魅せていただきたいと期待します!!
・・・って、どーせクリスチャンが観られればなんでもいいわい!となりそうなワタシ。(爆)
Posted by DD at 2008年12月26日 23:12
私も大分ヘソマガリだと思うのですが…
例えば、「奇跡のシンフォニー」などは
最初から最後まで冷笑して観たのですが…
「ウオーリィ」にはやられちゃいました。
ことに前半に。
どうも最近「動物こどももの」に駄目なようです。
一応TBさせて頂きますね。
Posted by zooey at 2008年12月30日 11:26
DDさん、いらっしゃいませ〜 まいどご訪問&コメントありがとうございます!
うれしいです♪

>ああ、すみません。WALL・Eのフィギュア持ってなくて差し上げられません・・・。(笑)

うぎゃ〜  (残念・・・・)(殴

>ワタシ、ピクサー作品を観たのはこれが初めてです。
おそらくjesterさん以上にへそ曲がりなので(殴打!)、まったく観る気が起きなかったのですが、

そうなんですね〜

>で、うぉ〜り〜もい〜ヴぁも健気でかわいかったあ!!(爆)

おお! 御気にいられたのですね♪
確かにあの2体はけなげでございましたね〜

>いつか「プルート」も読んでみます。。。

あ、ぜひぜひ読んでみてくださいませ。
わたしもMARYさんのお勧めで読んでみて、ファンになりました。暗いのですが、なんとも傑作でございます。

>ターミネーター4ではそこんところを何とか斬新なアイデアを駆使して魅せていただきたいと期待します!!

そうなんですよね〜
なんかあそこからどう行くんだろうと想像すると、けっこう難しいですよね、「おお!」とストーリーで感動を呼ばせるのは。

>・・・って、どーせクリスチャンが観られればなんでもいいわい!となりそうなワタシ。(爆)

俳優さんの魅力で持つ映画っていうのがありますから、わたくしもクリスチャンが見られればそれだけで価値があるのでございますわ♪
Posted by jester at 2009年01月03日 11:43
zooeyさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>私も大分ヘソマガリだと思うのですが…

お仲間でございますね♪

>「ウオーリィ」にはやられちゃいました。ことに前半に。
どうも最近「動物こどももの」に駄目なようです。

そっか、これって「動物こどももの」なんですね〜
わたしはどうも「ロボットもの」として期待しちゃったのが乗れなかった原因かもしれませんわ・・・・(汗)
Posted by jester at 2009年01月03日 11:45
jesterさん、あけましておめでとうございます。昨年は楽しく交流させてもらってありがとうございました。今年もよろしくお願いします♪
ウォーリー、フィギュアわたしも欲しいなあ!シャープペンを買ってしまったのですが、体がキレイなんですよね…。ウォーリーはあの汚れが良いのに。
それはともかく、『プルート』は読んでみたくなりました。最近『20世紀少年』を制覇して、浦沢さんの凄さを思い知ったので…。
とりあえず、あの不死身のゴキのように今年も強く生きたいものです… って無理やりまとめてみました(笑)。
Posted by リュカ at 2009年01月04日 02:20
jesterさん、あけましておめでとうございます。
去年、お話ししていただいたの、まだ記憶が鮮明に甦ってきます。
とっても嬉しかったんですよ。

で、この作品ですけど、私もなかなかこれ、好きでした。
ちょっとブラックでしたけど、皮肉や嫌味は感じませんでしたね。
普通に「自然を大事にしよう」って思えました。

ところで、私自身、ピクサー好きなのに、『トイストーリー』はどうもダメなんですよ。
あのキャラがかわいいと思えない辺りでも、共感しちゃいました。

ではでは、今年はもっとjesterさんと仲良くできますように。
Posted by とらねこ at 2009年01月04日 12:51
今更なんですが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

映画館で予告を観た時は「なかなか面白そう」と思ったのですが、実際観てみたらそれほどではなかったです。
700年も一人ぽっちだったのには本当に同情するのですが、どうもストーカーのようなウォーリーに感情移入できなくて(笑)。
でもイヴとモーは可愛かったな〜〜〜♪

最後になりましたが、本年もよろしくお願いいたします♪
Posted by dim at 2009年01月08日 00:27
ありゃ?

すいません。

「本年もよろしくお願いいたします」をしつこく二回も言ってますね、自分(汗)。

しつこいヤツですが、今年も見捨てないでください(涙)。
Posted by dim at 2009年01月08日 00:29
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね〜。

さてWALL.E。
私は自分のレビューにも書いたんですが、最初の30分ほどですべての感動を使い果たしました。彼がひとりでけなげに働いている姿、あれは涙ものでしたけど、あとはあんまりかなという感じで。いや、最初のシーンがよすぎたのかもしれません。

私もjesterさんと同じで機械に話しかけるタイプです。捨てるときのあの悲しみ、痛いほどわかります。大型だったらトラックに積まれて遠ざかる姿が涙でにじみます(マジで)。そういう姿を見たくないからなるべく見送らないようにしてますが。

反対に物を置き去りにして自分から立ち去るときも涙、涙。何度も振り返って結局取り返しに行った事すらあります。

旅行中にいらない服を持っていって、帰りに捨ててこようと思ってたのに、結局捨てるのが忍びなく、無理に持って帰ったなんてこともあり(あ、これは機械じゃありませんが)。

PLUTO、ファンです。浦沢直樹が好きで。
いまのところ出てるのは5巻ですよね?
Posted by nouilles-sautees at 2009年01月08日 00:33
リュカさん、明けましておめでとうございます♪ 
今年もよろしくお願いします!
お返事おそくなりました(汗)

>昨年は楽しく交流させてもらってありがとうございました。今年もよろしくお願いします♪

こちらこそ!でございます♪

>シャープペンを買ってしまったのですが、体がキレイなんですよね…。

汚れてなんぼ、ですよね!その辺はヴィゴと同じ(爆)(殴

>それはともかく、『プルート』は読んでみたくなりました。最近『20世紀少年』を制覇して、浦沢さんの凄さを思い知ったので…。

『20世紀』は最初を齧っただけでまだ制覇してません。先が気になるけど、怖くて(爆)
『プルート』はまるで詩のような美しさがあります。1巻のノース2号のエピソードなんか泣けました・・・・

Posted by jester at 2009年01月09日 10:41
とらねこさん、明けましておめでとうございます♪ 
今年もどうぞよろしくお願いします!

>去年、お話ししていただいたの、まだ記憶が鮮明に甦ってきます。とっても嬉しかったんですよ。

こちらこそでございます!
今年もお話させてくださいませ。

>ちょっとブラックでしたけど、皮肉や嫌味は感じませんでしたね。

素直に、ストレートにメッセージが伝わってくる作品でしたね。

>ところで、私自身、ピクサー好きなのに、『トイストーリー』はどうもダメなんですよ。

トイストーリーのキャラってアメリカのおもちゃ〜〜って感じですよね。
日本人の感覚と合わないと思います。
でも遊ばれなくなったおもちゃの歌う歌が切なかったのでした。

Posted by jester at 2009年01月09日 10:44
dimさん、明けましておめでとうございます♪ 
今年もいろいろと、よろしくお願いします!(2回も書いてくださって嬉しいです♪)

>映画館で予告を観た時は「なかなか面白そう」と思ったのですが、実際観てみたらそれほどではなかったです。

ああ〜 私も同じ感じ。
期待しすぎだったのかも。

>700年も一人ぽっちだったのには本当に同情するのですが、どうもストーカーのようなウォーリーに感情移入できなくて(笑)。

ウォーリー、人間ぽっ過ぎって思いました。
もろに淋しそうで・・・
ロボットなのに中に人間入ってそうでしたもん。
もちっとさりげなくして欲しかったな〜

Posted by jester at 2009年01月09日 10:50
nouilles-sauteesさん、明けましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします!

そちらは寒いのですね〜(って、マダムのところの話題でした・・・)こっちも今日は雪が振るっていってたのに、冷たい雨が降っております。

>彼がひとりでけなげに働いている姿、あれは涙ものでしたけど、あとはあんまりかなという感じで。いや、最初のシーンがよすぎたのかもしれません。

あの一人で働いてる姿はよかったですね〜
あの山のようなキューブをずっと作り続けてきたのだな、と思うと胸がきゅんと致しました・・・

>捨てるときのあの悲しみ、痛いほどわかります。大型だったらトラックに積まれて遠ざかる姿が涙でにじみます(マジで)。

乙女の感傷(乙女ですわい)とは思いつつ、苦楽をともにしたマシンには愛着がわきまする。
nouilles-sauteesさんもそうなんですね♪

>そういう姿を見たくないからなるべく見送らないようにしてますが。

かしこいかも!

>反対に物を置き去りにして自分から立ち去るときも涙、涙。何度も振り返って結局取り返しに行った事すらあります。

ゴミに捨てるときでしょうか。
わたしなんかほんと捨てられなくて・・・
かけたお茶碗まで「こればあちゃんにかってもらったし」とかいってとって置きます。バンバン捨てて、すっきり片付いた家にすんでいる人がうらやましいのですけれど・・・・

>旅行中にいらない服を持っていって、帰りに捨ててこようと思ってたのに、結局捨てるのが忍びなく、無理に持って帰ったなんてこともあり(あ、これは機械じゃありませんが)。

もう一回きたら捨てようと思いつつ、洗っては箪笥にしまってしまうんですよ〜

>PLUTO、ファンです。

去年、6巻でましたよ〜〜
Posted by jester at 2009年01月09日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111752436

この記事へのトラックバック

「ウォーリー(WALL・E)」映画感想
Excerpt: ツンデレ乙女ロボットは人類を救えるのか? という事でディズニー嫌いのオジサンが始めて劇場でディズニーアニメを見てきました
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2008-12-27 13:42

いじらしい「ウォーリー」
Excerpt: ”29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。宇宙へ脱出した人間たちに置き去りにされて700年、大好きなミュージカル映画『ハロー・ドーリー』のビデオで男女が手..
Weblog: Zooey's Diary
Tracked: 2008-12-30 11:27

ウォーリーのおもちゃの紹介ビデオ- Video review of InterAction Talking Wall-E toy
Excerpt: ウォーリーのおもちゃはとても人気がありますね。 この24ドルのおもちゃもとても良くできています。英語なのでわかりにくいですが,楽しさが伝わってきます。 こちらは相棒のイブの..
Weblog: 楽器が大好き
Tracked: 2009-01-03 12:07

WALL・E/ウォーリー
Excerpt: 2008年 アメリカ 監督・脚本:アンドリュー・スタントン 声の出演:ベン・バート      エリッサ・ナイト      ジェフ・ガーリン      フレッド・ウィラード ..
Weblog: 菫色映画
Tracked: 2009-01-04 02:22

168●WALL・E/ウォーリー
Excerpt: ピクサーが“ディズニー”ピクサーと名前を変えようとも・・・。私が、一年に一度しか映画が見れなくなったら、見に行く映画は、決まっていま〜す。答えはピクサー!今年の作品もまた、素晴らしかった。
Weblog: レザボアCATs
Tracked: 2009-01-04 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。