2006年01月19日

スタンドアップ その2

シャーリーズ・セロンって、とても過酷な少女期を送っているのですね。
15歳のときに、酔って母子に暴力を振るおうとした父親を母親が射殺・・・・。
どんなにつらかったことでしょう。

ただのハリウッドスターとは違うのはその辺でしょうか?
綺麗なヒロインの役だけしていてもちゃんと脚光を浴びられそうなのに、汚れ役もいとわない女優魂があると思います。

今回の、「ドメスティックバイオレンスやレイプに負けず、セクシャルハラスメントにも負けずに、自立して、母として子を守って生きていく」 という役どころ、見ている女性とか差別を受けている人々を元気付けるだけでなく、彼女自身への応援歌になっているところもあるのではないのかしら。


********以下、映画のねたばれを含みます************


シャーリーズ・セロン演じるジョージーですが、目つきや外観も、「あまり思慮深くなく、早く子供が出来てしまったヤンママ」という雰囲気がよく出てます。

しかし彼女が勇気を持って立ち上がった裁判で、親にも言えなかった悲惨な体験が相手方の弁護士により暴露されます。

高校生のときに、レイプ、そして望まない妊娠、出産・・・・
それからは父親には見放され、周りからも散々ののしられる生活。
乗り越えがたいような体験をしつつも、自暴自棄にならず、前向きな態度を持ち続ける主人公には勇気付けられます。



ジョージーのやることは、あまりに稚拙です。戦略というものがない。

たとえば彼女の友達のグローリーがやっているように、組合活動などで、女性の簡易トイレの設置を訴えたり、時間をかけて、地道に女性が働きやすいように頑張る、というような忍耐もなく、感情的にふるまってしまう。
社長の甘い顔にだまされて、直談判に行ったり・・・・。
あんなたぬきがいい人のはずないじゃん!パンチ

もちろん、セクハラをセクハラとも思わない男たちが悪いのですが、ジョージーのやり方もへたくそです。

でも考えようによっては、グローリーが10年かかってやることを、ジョージーが1ヶ月でやり遂げてしまったのかもしれません。
長く続いた慣習を打ち破るには、ジョージーのような無鉄砲さが返って強みになるのかもしれませんね。

部屋中の人が自分を大声でやじり、そしっていても、くじけずに自分の信じるところを述べる強さは素晴らしい。なかなか出来ません。


映画では、そんなヒロインを取り巻く人々もリアルによく描写されています。

『自分は良い母親ではないが』といいつつ、圧倒的な包容力で娘を支える母親。
夫と意見が対立して家を出るときも、疲れて帰ってきた夫の夕ご飯は(粗末なサンドイッチだけれど)つくっていく優しさが良いです。だから愛されるのよね。

そして、自分の思い通りにならない娘にじれ、みはなそうとしながらも、実は娘を強く愛している父親。
組合の会合や裁判での父親の行動は、ある程度予測がついたとはいえ、感動的でした。

不治の病に冒されながら、友達のために立ち上がる友人。美人ではないけれど、心の温かい彼女はとても存在感あり。

その妻を支える優しい夫。(が、万年悪役のショーン豆氏なのでびっくり!)

母に反発しながらも、実は強く母の愛を求めている息子。

こう文字で書くと、とてもありがちな、陳腐な表現になってしまいますが、人間観察が細かいので、くさくなくて、「ああ、ここで泣かそうとしているな」とおもいつつ、爆泣き。

しかも『ミスティックリバー』みたいにやり切れない終わり方じゃなくて、明日も頑張ろうっていう気にさせてくれます。(最後、無免許運転で事故る?とはらはらしてしまったが・・・)パンチ


もちろん、現実では、「スタンドアップ」した行為がすべて報われるとは限りませんよね。

それどころか、権力や多数に対して正義の「スタンドアップ」したほうが、社会的には損をする、という場合のほうが多いのかもしれません。
jesterだっていっぱい痛い目にあってます。たらーっ(汗)

それでもなぜ、私たちは「スタンドアップ」するのでしょう。

それは社会的に損をしても、自分にプライドを持てる行為が、自尊心を持つのに大切だから。

報われる、報われない、ということより、立ち上がった自分を大好きになれることが、何よりの「プライド」 になるのではないかしら。

ぶきっちょでも「プライド」を持って、そんな自分をいとおしく思い、生きることは素晴らしい、といえる人間でありたいデス。


また、それが「ご褒美」になるように、誰かが「スタンドアップ」したとき、事実を見極めて、正しいことならそれを認め、支えてあげられる人間になることが、結局は自分の幸せにもつながるのではないのかな。

無関心、見て見ぬ振りをしていると、その結果生じることは、結局自分にもいずれ及んでくるのではないかと思います。


この映画をみて、そんなとき「スタンドアップ」できる勇気を貰ったと思います。
裁判のシーンとか、こんなにうまく行くか?と思うところもあったけれど、女の人にも男の人にも、
ああ、ぜひたくさんの人に見ていただきたいな〜と思いました。


普通はこういう地味な社会派の脚本は短館系になってしまうけれど、今回ワーナーブラザーズがお金を出した、っていうのもちょっと嬉しかったりして。黒ハート


posted by jester at 19:02| Comment(26) | TrackBack(15) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪
TBありがとうございました。
こちらのTBがなかなか入らないのですがゴメンナサイ。
こういう実話に基づく社会派作品は好きなジャンルの一つです。
でも、これは女性として見るに耐えない、聞くに耐えないことが多くて、思わずすべての男性に嫌悪感を抱きそうになりました。
俳優達の演技も素晴らしかったですね〜。
Posted by ミチ at 2006年01月19日 19:53
ミチさん、コメントありがとうございます。思わずこぶしを握り締めてしまうようなシーンがたくさんありましたね。
すべての男性がこうだとは思いませんが、集団になるととんでもないことをしても平気になってしまうことがあるのでしょうね・・・
Posted by jester at 2006年01月19日 20:23
こんにちは!
ショーン・ビーンのことファンの方は豆様とお呼びするのでしょうか…?ははは、知らなかったです (^^ゞ
そう、すご〜くいい役をもらえてましたよね。常に妻を愛し支える姿に泣きました(T_T)いつもこうなら私も惚れるのに…(ってヴィゴが一番ですよ)
自分に対する誇りを持てる生き方をしたいものです
Posted by charlotte at 2006年01月19日 20:27
charlotteさん、TB&コメントありがとうございます。
ショーン・ビーンを豆さんと呼ぶのは、リンガーズ(ロードのファン)@日本、発祥でしょうか・・・
ロードには二人のショーン(ショーン・オースティンとショーン・ビーン)がいるので、ビーン氏は豆さんと呼ばれてますね。
ちなみにサム役のオースティンはかなり冷たくショーン・Aと呼ばれてます。
豆さん、って、ファンの愛を感じますよね。
Posted by jester at 2006年01月19日 20:32
はじめまして。
コメント&TBありがとうございます。
思い出しては涙が出てる私です。
ショーン・ビーンはいい夫婦のいい夫役でしたね。
TBお返ししますね。
Posted by Qchan at 2006年01月19日 22:35
こんばんは〜♪TBとコメ、ありがとうございます。ラストシーンで、私もやはり事故にでも成らなければいいけれど・・・とはらはらしていました。
『モンスター』の感想を私も書きましたが、この映画よりも、遥かに苦しいですよ。。。
シャーリーズ・セロンの女優としての成長が素晴らしいので、これからも期待したいと思いました。
TBさせていただきますね!
Posted by 海の上のピアニスト    at 2006年01月19日 23:33
初めまして☆★
TBありがとうございます〜^^
とっても深く考えた感想を読んで,単純にすごいなぁと思いました.
シャーリーズ・セロンは,本当に良い女優さんに成長しましたね.
「モンスター」私もまだ観てないので,今度観てみようと思います♪
Posted by むっく at 2006年01月20日 00:08
はじめてお邪魔致します。
シャーリーズ・セロンの親たちの話、正当防衛だとかネットで読みましたが、そういう訳だったのですか〜〜。
南アフリカ出身ということもオスカー取ったとき話題になりましたね。
とにかく素晴らしい映画でしたね!!
TBさせて頂きました。
Posted by 小米花 at 2006年01月20日 00:09
初めまして、美蒼と申します。TBありがとうございました。
スタンドアップ、深刻な内容なので気持ちが救われないような終わり方を覚悟して行ったんですが、良い意味で裏切られて本当に良かったです。予想以上にショーンの役柄も素敵でしたし。

私もLOTR大好きですv映画そのものも大好きですが、キャストさん達のお仕事を越えた「仲間」なカンジに惹かれます。
ちょこちょことお邪魔させて頂くと思いますが、宜しくお願いします。
Posted by 美蒼 at 2006年01月20日 16:27
スタンドアップはフランスではまだ話題がないので、とりあえずネタばれ部分は読んでないんですが・・・。

シャーリーズ・セロンってそんな生い立ちがあったんですね。だから「モンスター」でもあれだけの演技が出来たのかな?

当初豆様めあてでご覧になったとのことでしたが、お目当ての人以外にもこういう収穫があるとうれしいですよね〜。

フランス上陸を楽しみにしております♪
Posted by nouilles-sautees at 2006年01月20日 17:55
Qchanさん、いらっしゃいませ!
TB&コメントありがとうございます。
実話をベースにしているとはいえ、細かいところはかなり作られていたとは思いますが、女性へ、そして新しい境遇で頑張っている人への応援歌になってましたよね〜!
また遊びに来てくださいませ。
Posted by jester at 2006年01月20日 19:43
海の上のピアニストさん、コメントありがとうございます。
そうそう、最後、「どうしてそこで、そんなことさせるんだ〜〜! 事故ったり、仕返しされたりしたらどうする!! 法を守れよ!」などとはらはらしちゃいましたよ。あれで何か起こったらほんとに嫌ですものね。
モンスターの感想、読みに後でうかがいますデス。   
Posted by jester at 2006年01月20日 19:45
むっくさん、コメントありがとうございます。
この映画いろいろ考えさせてくれるいい映画だったと思います。たまにはこういうのも良いですよね。
Posted by jester at 2006年01月20日 19:47
小米花さん、コメントありがとうございます。
本当に大きなトラウマになりそうな過去ですよね。でも、そんな彼女が頑張っているって言うことだけでも励まされる気がするjesterです。
自分も親のことでは今でもいろいろ悩むけれど、みんな頑張ってるんですよね。
Posted by jester at 2006年01月20日 19:48
美蒼さん、いらっしゃいませ。
そうそう、私も深刻で重い終わり方だったら嫌だなとおもっていたら、そうじゃなくて良かったデス。
わ〜ロードお好きですか? また遊びにいらしてください。
私もまた遊びにまいりますね。
Posted by jester at 2006年01月20日 19:53
nouilles-sauteesさん、こんばんわ。
フランスではまだ公開されてないのでしょうか。
この映画、女性だけに受けるのかとおもったら、ご覧になった男性は結構「よかった」とおっしゃってる方が多いみたいでほっとしました。(まあこういう映画を見ようと思う時点でかなりフェミニストに理解がある方なのかもしれませんが・・・)
Posted by jester at 2006年01月20日 19:55
こんにちは、初めまして。
この映画で一番良かったのは↑にも書かれているように「臭く」なかった事。
無理矢理持っていったな・・・と感じるシーンがありませんでした。
それぞれの人物の気持ちの移り変わりが、シッカリと描写されていたと思います。

観ている男性は肩身の狭い思いをしていた、と別のところにも書きましたが、ジョージーの親父さんの行為で少し救われた気分になりました。立派だった。

最後は事故るかも!?と私も思いました。本当に良かったです。
Posted by 2g at 2006年01月20日 22:42
初めまして☆&TBありがとうございます!
いい映画でしたよね!
途中まで、結構辛くて苦しい部分も多かったけど、
いっぱい泣いたし、最後は元気になって映画館を後にしました。
みんなにお薦めしたい映画ですね!
Posted by ni-ka☆ at 2006年01月21日 00:31
お初です!
TBありがとうございました。
実話だから、炭鉱で働くという遠い設定でしたが自分に近い問題として、セクハラや家族の絆を考えさせられる映画になっていましたね。
良い映画に出会えました!
Posted by 松原 at 2006年01月21日 01:54
2gさん、コメントありがとうございます。
男性が見たらどんな感じかな〜と思っていましたが、父親の行為に救われた感じだったのですね〜 なるほど!
あの父親の演説、とっても心にしみました。あれを聞いて、やじっていた人の声が止まりましたものね。
Posted by jester at 2006年01月21日 12:55
ni-ka☆さん、コメントありがとうございます。
途中は結構眉毛のあいだにしわを寄せてみちゃったけれど、最後はすっきりでした。いろいろ考えさせられて、よい映画だったと思います!
Posted by jester at 2006年01月21日 12:58
松原さん、コメントありがとうございます。
jesterも炭鉱はなじみがありませんが、女性だったら多かれ少なかれ直面している問題がたくさんある映画でしたね。
家族の絆についても考えさせられたし、人の生き方も再認しました。
こういう映画も大好きなjesterです。
Posted by jester at 2006年01月21日 12:59
こんばんは♪
以前「灯台守の恋」でお話したことがあるのですが覚えておいででしょうか!?
この度blogを移転しましたので、どうぞよろしくお願い致します。

でで、ショーン豆氏!!
コレ、激しく受けました。笑
何時も悪役の彼ですが、今回は意外なキャストで返って新鮮でしたね。
ジョージーの「ヤンママ」ぶりもとっても素敵♪
ストーリーはもちろんのこと、キャストが良かったのもありますよね。
Posted by Puff at 2006年01月21日 21:10
Puffさん、こんにちわ。
お引越しなさったのですね。
後ほど新居のほうにうかがいます。

ショーン豆さんっていう言い方って、みんな知ってるのかと思ったら、私の周りだけなんですね〜
いい人の豆さんもなかなかでしたね〜
キャストの脇の方たちも結構役者がそろっていて盛り上げていたと思います。
Posted by jester at 2006年01月22日 10:24
こんばんは。
男たちには怒りを通り越した情けなさを感じつつ、ジョージーの無鉄砲さにはヒヤヒヤしつつ観てました。
えげつない嫌がらせもありましたが、救いのあるラストでよかったです。
Posted by chatelaine at 2006年01月30日 04:30
chatelaineさん、コメントありがとうございます。
そうそう、ジョージーはちょっと無鉄砲ですよね。
しっかり仕事をこなして、信頼関係を築いてから、だんだんに職場を変える運動をしていかなくては、風当たりがひどいのは仕方ない気もします・・・・。

でもラストが救いがあって、ほんとによかったです。
Posted by jester at 2006年01月30日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スタンドアップ
Excerpt: 立ち上がる・・・裁判を勝ち取る為というより、自分の中にあった男性への恐怖と偏見から立ち上がり再生していく物語 この物語は実話を元にしているだけあって非常に女性には共感しやすい作品かな。現在の男性でこ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-01-19 20:17

スタンドアップ
Excerpt: 暴力夫から逃げ出し、故郷のミネソタに戻って来たジョージー。二人の子どもを養うため、彼女は鉱山で働き始める。だが、その“男の職場”で執拗な嫌がらせを受け、追い詰められていく。
Weblog: なんちゃかんちゃ
Tracked: 2006-01-19 22:34

大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』
Excerpt: 1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれ..
Weblog: 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
Tracked: 2006-01-19 22:52

『スタンドアップ』
Excerpt: 最初に、1975年に初めて、女性が炭鉱で働くようになったとイントロが 流れる。1989年には、その数は、男30に対して、女は1だったと続く。 シャーリーズ・セロンは、前作『モンスター』..
Weblog: 海の上のピアニスト
Tracked: 2006-01-19 23:35

ひとりでも立ち上がれ『スタンドアップ』
Excerpt: (まずは映画と関係ない話から)皆さんはご存知でしたか?正規もパートも突然の一方的解雇なんて出来ないことを。残業が出来るのは36協定を結んでいる場合だけだということを。しかもその場合は25%以上、22時..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2006-01-19 23:59

スタンドアップ
Excerpt: 『スタンドアップ』 ---North Country--- 2005年(アメリカ) 監督:ニキ・カーロン 出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、 シシー・スペイセ..
Weblog: こんな映画見ました〜
Tracked: 2006-01-20 00:02

『スタンドアップ』評価:☆☆☆☆シネマ
Excerpt: 評価:☆☆☆☆シネマ
Weblog: へんじゃぱサンデー
Tracked: 2006-01-20 06:02

Stand Up。
Excerpt: 今日は映画を見てきました。
Weblog: mypace☆Diary
Tracked: 2006-01-20 09:29

スタンドアップ(原題NORTH COUNTRY)
Excerpt: 昨日は会社帰りに急に思い立って映画を見に行きました。 ショーン・ビーン出演の「スタンドアップ」 主演はオスカー女優シャーリーズ・セロンです。 20:30の回にぎりぎり間に合うかどうかだったんですが、..
Weblog: MY NAME IS DREAMER
Tracked: 2006-01-20 16:29

スタンドアップ
Excerpt: 立派な映画だった。テーマは「女性」と「家族愛」。 主人公の女性ジョージーは鉱山という男の職場で働き、一緒に働く女性たちとともに性的迫害(セクハラ)を受ける。 それに反発する度にセクハラはエスカレート..
Weblog: 死ぬ間際にタイトル決まるかも
Tracked: 2006-01-20 22:42

「スタンドアップ」
Excerpt: 公式サイト ワーナー・マイカル・シネマズ、公開3日目初回です。 うーーぬ、、初回と言えど、ワタシを含めて5人足らずとは・・・ それも全員男だし、、何故??
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-01-21 20:58

『スタンドアップ』
Excerpt: モンスター 通常版 『Aliiy』編集部のナオです。 お待たせしました! 『Aliiy』の人気コーナー"シネマdeキレイ"が本日更新しました。 今回は『スタンド..
Weblog: Aliiyブログ
Tracked: 2006-01-25 13:30

「スタンドアップ」〜シャーリーズ・セロンの魅力再認識
Excerpt:  映画好きの人には笑われると思うが、僕は「サイダーハウス・ルール」(1999年、ラッセ・ハルストレム監督)でのシャーリーズ・セロン(30)しか知らない。当時、正統派のアメリカ美人女優が現れたな、と思っ..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2006-01-26 16:32

『スタンドアップ』レビュー
Excerpt: 今週で公開終了のようなので、急ぎ足で観にいった『スタンドアップ』。シャーリーズ・セロンが再びオスカーか、と噂される作品なので、もう少し公開期間が長いと思っていたのだけど。 本作を観るにあたっ..
Weblog: 西欧かぶれのエンタメ日記
Tracked: 2006-01-30 04:21

スタンドアップ/シャーリーズ・セロン
Excerpt: 鉱山でのセクハラと戦った女性職員を描いた作品です。日本でも女性差別は未だ解消されたとは言い難い状況ですが、この物語も比較的最近の実話を基にしたものです。 ジョージー(シャーリーズ・セロン)は、夫..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-07-09 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。