2006年02月03日

歓びを歌にのせて

うひゃ〜〜〜〜
また使い物にならなくなっちまいました・・・・・
(いつもは使えるみたいな言い方・・・何かご質問は?


もう途中から、涙で画面がかすんで字幕が読めず・・・・たらーっ(汗)



終わって、明かりがついても席が立てず。もうやだ〜(悲しい顔)
でも入れ替えがあるので、タオルを顔に当ててロビーに出たら、次の階を見る人たちが一杯いて、じろじろ見られて、めちゃくちゃ恥ずかしかった。

下向いたままトイレに駆け込んで、また泣いちゃいました。あせあせ(飛び散る汗)

そのあと放心状態・・・・・・

いまだに余韻に浸ってます。
今書くと、また泣いちゃいそうなんで、気持ちを落ちつけてまた書きますね。(またそれかいパンチ


しかし・・・・ほんっとにいい映画だった! なんでもっとたくさんの映画館でやらないんだろう。 これ見て救われる人がたくさんいると思うのに!!!


というわけで、続きは明日・・・・・パンチ




posted by jester at 19:24| Comment(4) | TrackBack(2) | や行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jesterさん、またまたそんな良い映画に出会ってしまわれたんですね〜!!♪うさぎの目になったjesterさんが見えるようです。
これはわたしも是非見たいです。渋谷ってよほどの事が無い限り「行きたくない街ナンバーワン!」なんですが・・そんなこと言ってる場合じゃないですね〜。ル・シネマですか!
Posted by igu at 2006年02月04日 18:01
iguさん、そうなんですよ〜
もう頭ががんがんしてくるほど、ウサギ目になってしまいました・・・
iguさんがみてくださって、また感想を聞かせていただければ、とても嬉しいです〜
Posted by jester at 2006年02月05日 12:02
ガブリエルの歌声が胸に沁みました。ラストも秀逸でしたね。珠玉の小品でした。Tb失礼します。
Posted by あん at 2006年02月05日 22:04
あんさん、本サイトのほうと、上の記事にもTB&コメントありがとうございます。
ラストは、ああいう終わり方はどうだったのでしょうか?
ダニエルに関しては、jesterはちょっと残念でした・・・
Posted by jester at 2006年02月05日 22:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

歓びを歌にのせて
Excerpt: 私の人生は今こそ私のもの      生きている歓びを心から感じたい ガブリエラの歌声が今も耳に残っています{/onpu/} 役柄と声質と歌詞が見事にマッチングして胸をうたれました。 涙が止めなく流..
Weblog: あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
Tracked: 2006-02-05 22:02

歓びを歌にのせて
Excerpt: 映画『歓びを歌にのせて』を観た。 18年ぶりに復帰したケイ・ポラック監督によるスウェーデン映画。 心臓の病で倒れた指揮者のダニエル(ミカエル・ニュクビスト)は7歳まで過ごした故郷にもどり、そこで教会の..
Weblog: あ??るの日記@ココログ
Tracked: 2006-02-08 23:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。