2006年02月04日

歓びを歌にのせて その2

jesterは本を読むのも漫画を読むのも大好きです。クラシックやジャズ、ポップスのコンサートやミュージカル、ストレートプレイも見に行きます。

でも、たった2時間ぐらいのあいだに、これだけ心揺り動かされ、泣き、笑い、まったく異次元の世界への旅が出来る・・・・つくづく映画って総合芸術だと思います。

そして、その醍醐味を充分味わわせてくれる秀作映画にまた出会いました黒ハート

『歓びを歌にのせて』です。

孤独を感じる人間同士が、どうやって支えあい、歓びを持って生きていけるか。
音楽が荒れた人の心をどこまで癒せるのか。
芸術が自己表現にどれほど役立つか。


おとぎばなし、といってしまえばそれまでですが、
「今日の日から最後に息を引き取る日まで、
自分の生き方で生きたい。
誰かに強制された生き方でなく、
誰かが良いと思う生き方でなく、
だれでもない、自分自身が納得のいく生き方をしたい。」

なんて思う心に、一杯元気を貰いました。

1000663_02.jpg
ル・シネマの朝一番でみたのですが、上映終了後、自然と拍手が沸き起こりました。
年も性別もばらばらな観客の中から・・・・
電気がついても席から立てず、ハンカチに顔をうずめたままの人も。

jesterもこみ上げる感動の涙で、なかなか去りがたかったデス。

(でももうそろそろでなくちゃ、と入り口までよろよろ歩いていったら、次の回の入場を待つ人だかりのど真ん中に出てしまい、そうとう注目を集めでしまった・・・
うつむいたままトイレに駆け込んで、涙が納まるのを待って、やっと帰宅しました・・・)


*******以下、ネタばれがあります*******



まず、なんと言っても主人公のダニエル・ダレウスがとってもいいデス。
ウサギや雪や自転車、川で泳ぐこと。
そんなことに感動できる少年のような感受性を持ったままで大人になった人。
芸術家だからこそでしょうか。

人との付き合いが苦手だ、という彼は、しかし、スーパーの片隅で泣く女性を静かな共感で無視してあげることの出来る、優しい男です。
しかし自らが追い求める完成された音楽への情熱は厳しく、深く、彼の心臓を攻撃するほど。
だから彼は「音楽を聴きに」昔住んでいた村へともどってきたのでした。



これに対して、他に出てくる男性は、とても子供っぽいけれど、少年のような、というよりは子供の嫌な部分、傲慢さ、わがままさ、がさつさ、暴力的なところを持っている人が多い。

ガブリラルを殴る夫、コールもそうですが、雑貨屋のアーンも。
アーンみたいな男って、ものすごくたくさんいますよね。(まあ女でもいるか・・・)
押し付けがましくて、仕切りやで、自分のいったことが相手を傷つけてもわからず、場をわきまえずに、人のいうことを聞いてなくて自分の言いたいことばかり大声でいう人。
でも、悪気はないのでしょう。
もしかして、大昔なら、部族同士の闘争で、要領よく生き残るようなタイプ。
でも一緒に暮らしたら、とっても疲れるだろうな、と思われるタイプ。
友達が出来ないけど、どうしてだか本人にはわからないし、あんまり気にしてない人。

そして牧師のスティッグ。
第一印象はすごく良くて、だれにでも愛想が良いけれど、実は自分が真ん中じゃなくちゃいやで、自分の思うとおりにならない人は裏から手を回して排除しようと攻撃する人。

世の中には、こうして、自分では気がつかずに周りを傷つけてる人がたくさんいます。
(jesterもその一人かもしれませんが・・・)

他の人とは仲良いのに、自分とはどうも相性が悪い、という人もいるでしょう。

人間が集まるところ、摩擦が生まれ、ぶつかり合い、傷つく。
でも、こころを寄せ合い、その人の持ち味(トーン)をうまくハーモニーさせれば、100倍も200倍も素晴らしいものを作り出せる力を、人間って持っているんだな〜


そんな希望を持てる、『心の栄養』を貰った感じです。


登場する女性たちがこれまた、素晴らしいの・・・・・
また続きます・・・・・パンチ


posted by jester at 10:49| Comment(18) | TrackBack(7) | や行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
映画たくさん見ていますね。
jesterはトップガンからですか?
私、結構マイケル・アイアンサイド渋くて好きです。
Posted by jafo at 2006年02月04日 14:40
TBありがとうございました。本当に良い映画でしたね!
でも、私の観に行った映画館は、ラスト公演だというのに、観客6人でした。
もったいない!もっと、多くの人に観てほしい映画ですよね。
ちなみに、私は、今でもレナの笑顔に釘付けです!
私もTBさせてもらっちゃいました。
Posted by こもも at 2006年02月04日 14:57
jafoさん、コメントありがとうございます。
jesterはご存知のように「道化師、冗談好きな人」っていう意味の英単語ですが、自分なりの意味もあるんですよ。
ロード・オブ・ザ・リングスのAragronの幼少の名前がestel(エルフ語で希望、っていういみなのです)っていうのにもかかっております。
Posted by jester at 2006年02月04日 15:09
こももさん、こんにちわ。
TB&コメントありがとうございます。
渋谷のル・シネマは平日のあさ10:45からの回でしたが、結構人が入っておりました。
いろんなところで「いい映画だからみてね!」といいまくりたくなる映画でしたよね!!
レナの笑顔はとっても素敵でした!
それについてはまた次回書きたいと思ってます。(いつも連載になっちゃいます・・・)
Posted by jester at 2006年02月04日 15:12
TB有難うございました。
私は予告編を観て是非観たくていったのですが、やはりよかったですね。あまり外国の俳優さんに詳しくないので他のページを見てガブリエラが有名な歌手だと知りました。会場全体がハーモニーになるとところは感動的でした。やはり皆最後キャスティングが終わるまで席を立ちませんでした。
Posted by pumpkin at 2006年02月04日 16:47
はじめまして。お邪魔します☆
jesterさん、TBありがとうございました(*癶з癶*)
弱った時など、jesterさんの言う通り「心の栄養」として近くに置いておきたい作品デス☆
ガブリラルの歌声を聴いて眠りたい・・・・
DVD予約購入決定です(*≧∀≦*)
Posted by nao at 2006年02月04日 20:35
コメントありがとうございます!
本当に良かったですよね〜。文化村にまた見に行こうと思います♪
Posted by サックス魂 at 2006年02月04日 21:39
Jesterさん

はじめまして、コメント&TBありがとうございました。
本当に心の栄養になる映画でしたよね。

Jesterさんの好きなヴィゴ・モーテンセンって、もしかしてロード・オブ・ザ・リングズのアラゴルン役の方ですか?
だとしたら、私も結構ファンなのです。

また遊びに来ますね。
Posted by えりお at 2006年02月04日 23:44
えりおさん、コメントありがとうございます。

>Jesterさんの好きなヴィゴ・モーテンセンって、もしかしてロード・オブ・ザ・リングズのアラゴルン役の方ですか?

そうです、Aragronの中の人なんです!!
3月にはA History of Violence が(東京だと東劇で)公開になりますよ〜

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。
私も参ります!
Posted by jester at 2006年02月05日 11:48
pumpkinさん、こんにちわ。
最後のコーラス、すごかったですね〜
(もっと音響がいい映画館で聞いたらもっと素晴らしかっただろうな〜と残念デス。ヴァージンシネマ六本木とかでもやってくれたらいいのにな)
ガブリエラはスゥエーデンでは有名な歌手らしいですが、とてもいい声でした!(いまもBGMに聞いてます♪)
Posted by jester at 2006年02月05日 11:50
naoさん、いらっしゃいませ。
私もぜひDVD買いたいと思ってます。
でもとりあえずやっているうちにもう何回か劇場で見ておきたいなとも思ってます。
時間がとれるといいな♪
Posted by jester at 2006年02月05日 11:51
サックス魂さん、コメントありがとうございます。
jesterもル・シネマにぜひ行こうと思ってます。お会いするかも?!
爆泣きしてるひょろっとしたのがいたらjesterです・・・・
Posted by jester at 2006年02月05日 11:53
TB&コメントありがとうございました。こちらからも返させて頂きますね。
音楽がいい映画は、ストーリーも素晴らしいと思っています。この映画はまさにそんな感じ。すごくじわじわくる映画でした。jesterさんが激しく絶賛されているのも納得です。
ところで私も「LOTR」シリーズ大好きです。ヴィゴの新作も待ち遠しいっす。
Posted by さばきち at 2006年02月05日 15:18
ガブリエルの歌声が胸に沁みました。牧師夫人インゲさんの言動は最高!ラストも秀逸でしたね。Tb失礼します。
Posted by あん at 2006年02月05日 21:52
あんさん、本サイトのほうと、上の記事にもTB&コメントありがとうございます。
インゲさん、私大好きなんですよ。
あの人と友達になりたいです。
Posted by jester at 2006年02月05日 22:08
さばきちさん、TB&コメントありがとうございます。 確かに音楽って、映画の中で重要な要素ですよね。 あまり先走って音楽が盛り上がりすぎてもしらけるますけど、これは感動と音楽の頂点が一致してた感じ。ガブリエルの歌の歌詞ももうびしびし打たれてしまいました。
それに、さばきちさんもロード・オブ・ザ・リングスがお好きなんてうれしいです!
スクリーンプラスのヴィゴ特集、1月31日発売でしたけれど、ゲットしましたか?
A History of Violence のポスターとクリアファイル付ですよ〜ン♪
Posted by jester at 2006年02月05日 22:20
先日はコメント&トラバありがとうございました。
今日観にいってきました。

最高です。
もう、jesterさんの思ったこと感じたことそのまま同感です。映画の登場人物全員が本当に人間って感じで。牧師さんが特に。

歌で状況が好転するのかと思いきやそんなに変化しない状況。でも確実に何か動いてる。それが凄くよかったです。
歌の概念もぶっ壊された気分です。

本当に素晴らしい映画でした。
jesterさんのコメントがなかったら観てなかったかもしれないので、大感謝です。
Posted by graff0924 at 2006年02月06日 21:59
graff0924さん、こんばんわ。
見に行ってくださったのですね〜〜
うれしいですだ!
あとでそちらのサイトにも伺いますデス。

>歌で状況が好転するのかと思いきやそんなに変化しない状況。でも確実に何か動いてる。それが凄くよかったです。

そう、激変なんかしないところがリアリティがあるけれど、やっぱりみんな変化してる。自己表現できるようになってくる。
そこが良かったですよね。
Posted by jester at 2006年02月06日 22:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『歓びを歌にのせて』
Excerpt: 久しぶりに、予定のない休日。前から観たいと思っていた映画の最終日と重なった。これは、絶対に観なくては!そのような訳で、今日は、映画の日記。観てきたのは、『歓びを歌にのせて』(公式HPhttp://ww..
Weblog: ぼちぼち日記
Tracked: 2006-02-04 14:31

歓びを歌にのせてを見ました!  評価:★★★★☆
Excerpt: 1日は映画の日。 なので、興味のあった歓びを歌にのせてを見ました。 ル・シネマは時々、気になる映画をやるんですが レディースデーはないし、普段の日はレイトショーの割引もないし 日曜の最終回は千円です..
Weblog: いちめんのなのはな
Tracked: 2006-02-04 23:43

名画を観た。
Excerpt: 今、「ALWAYS 三丁目の夕日」のサントラを聴きながら書いています。 原作の「夕焼けの詩」の大ファンである僕は、映画の内容に多少の違和感を覚えつつも、映画は映画として、"別物"として、大変楽しめまし..
Weblog: Here Comes The Weekend!
Tracked: 2006-02-05 08:42

『歓びを歌にのせて』
Excerpt: (原題:Sa som i himmelen 英題:AS IT IS IN HEAVEN) 2004年/スウェーデン 第77回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品 監督・脚本:ケイ・ポラック 出演:..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-02-05 12:03

歓びを歌にのせて
Excerpt: 世界的に有名な指揮者として成功を収めていたダニエル・ダレウス。数年先のスケジュールまで詰まっているような多忙な日々を送っていたが、重い心臓病を患い医者から危険宣告を受け、第一線から引退する。生まれ故郷..
Weblog: ひとりごと
Tracked: 2006-02-05 15:01

歓びを歌にのせて
Excerpt: 私の人生は今こそ私のもの      生きている歓びを心から感じたい ガブリエラの歌声が今も耳に残っています{/onpu/} 役柄と声質と歌詞が見事にマッチングして胸をうたれました。 涙が止めなく流..
Weblog: あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
Tracked: 2006-02-05 21:57

歓びを歌にのせて
Excerpt: スウェーデンの映画 「歓びを歌にのせて」をみてきました 久しぶりに心から出遭えて良かったと思える映画でした この映画は心の再生の物語です 平和そうに見える小さな村でも 誰もが人..
Weblog: My favorite
Tracked: 2006-02-05 22:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。