2006年02月23日

ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界

jesterも歩けばジョン・ハウに当たる。(意味不明

じゃじゃ〜〜ん! jester、カナダ大使館のレセプションにデビューであります。

いままでも、ロード・オブ・ザ・リングスの美術関連本についてはゆきてかえりしひびで何回かご紹介してきたんですが、ロード・オブ・ザ・リングスの美術をアラン・リーと一緒に担当したジョン・ハウの原画展が、2月27日(月)〜 3月31日(金)青山のカナダ大使館、カナダ大使館高円宮記念ギャラリー(東京都港区赤坂7-3-38、地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)で開催されるんですよ。
入場は無料!



『現在、スイスに住むカナダ人アーティストのジョン・ハウは、数十年前、トールキンの傑作「指輪物語」から強いインスピレーションを受けました。彼のイラストは、長編映画三部作「ロード・オブ・ザ・リング」の細部や雰囲気、セットから登場人物、衣装、背景、CGアニメに到るまで全体的なイメージの構想のもととなりました。今や世界中の人々はジョン・ハウの豊かな想像力を通してトールキンの「中つ国」を見ています。ハウはまた、「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」映画化初期の段階でコンセプトの視覚化に取組んだこともありました。』

午前9時から午後5時半
水曜日は午前9時から午後8時まで
土日、3月21日は休館、但し3月4日、5日は午後1時30分から5時30分まで開館

 詳しくはこちら。


でもって、28日(火)の夜にジョン・ハウご本人もいらっしゃって、レセプションがあるのですが、これに応募したら、jester、当たりました!揺れるハート
 

ジョン・ハウ氏というと、ロード・オブ・ザ・リングスのSEEのDVD特典映像で、よろいを着て喜んでいたお方。
鎧兜なんかをコレクションしているので有名です。

そうそう、ロード・オブ・ザ・リングスの1話目、FOTRの冒頭のシーンで、リングを貰う9人の王様のなかに出演してます。(と思うんだけど、今DVDを見て確認したらちょっと自信がなくなったかも。右から2番目がそうだと思ってたけど、家族Bが「これはアラン・リーじゃない」という。そういわれると、そう見えますが・・・ 左から2番目だっけ?? それともリングレイスか?)

うう、レセプションって何着ていけばいいのかしら・・?


しかし・・・・
実はですね、24日(金)にヴィゴが来るA History of Violence のプレミアもカナダ大使館であるんですよ〜〜
そっちも行きたかったので、たくさん応募したのですが、これは招待状が来ませんでした・・・・・。

やっぱり欲があると当たらないのか。しくしく。

(この記事、ゆきてかえりしひびにも転載いたします)
この記事へのコメント
こんばんわv いつも映画の感想楽しく参考にさせて頂いております〜♪ ヴィゴ来日しましたね!もぅ今週はいつもに増して落ち着きがないワタシ(笑) 明日も気のなりますが ハウ氏のレセプションに当選されたのですね+ 実は私も参加できそうです♪ 当日もしかすると、いや人数的にどうなのか分りませんがお会い出来るかもですね^^ 
Posted by hanbun at 2006年02月23日 22:37
こっちは28日なのですね。今日の生Viggoに引き続き、おめでとうございます♪
私の職場のPC壁紙、いまだにず〜っとジョン・ハウ氏の絵を張ってます。袋小路屋敷に向かう馬車に乗ったガンダルフとフロドの絵♪スクリーン・セーバーも全部、ジョン・ハウ氏やアラン・リー氏のロードシリーズだし(笑)♪
・・・ホントは野伏アラゴーン@Viggoを貼りたいのだ〜〜(爆)
Posted by at 2006年02月24日 23:40
あ、jesterさん、↑の名前なし投稿、また私ですので(殴)(蹴)
ごめんなさい〜〜、この前、気をつけるって書いたばかりなのに。。。
Posted by DD at 2006年02月25日 00:47
hanbunさん、hanbunさんもいかれるのですね! ぜひぜひお会いしたいです〜
どんな服装でいらっしゃいますか?

jesterは身長167センチで日本人にしては背が高いデス。洋服は今考慮中。一応夜のレセプションだから、フォーマルとかカクテルドレスじゃなくても、少しはまともなかっこうしてかないとだめかなあ?
しくしく。
Posted by jester at 2006年02月25日 10:37
DDさん、「こいつは春から縁起がいいや〜」ってかんじで、なんかちょっとjesterついてますよ♪
これ、娘のラックを奪ってるんじゃないといいんだけど・・・(縁起でもないが

あのね、昨日展覧会も見られて、そこにあったジョンハウ氏の絵葉書をぐわし!と貰ってきたので送りますね。
ご期待くださいませ♪
Posted by jester at 2006年02月25日 10:40
おぉ〜jesterさんは背が高いんですね♪
(はっ、今頃反応しちゃってごめんなさひ)
当日の衣装、確かに迷いますねぇ;うーん、私は関東圏に住んでないので普通にスーツ辺りを考えております。ヴィゴ出国と同時にちょっと抜け殻みたいになってましたが気がつけば明日しか猶予がないですよね(汗汗)ひゃ〜;; 
Posted by hanbun at 2006年02月26日 23:07
hanbunさん、ほんと、抜け殻状態です・・・・・
洋服、考えなくちゃ。

お会いできたら嬉しいですね〜〜
合言葉は「パジャマ」「サッカー」でお願いします。(爆)
Posted by jester at 2006年02月27日 07:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ナルニア国物語」の心理学 父親探しの冒険
Excerpt: 大ヒット公開中の映画「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」。「指輪物語」とならぶこのファンタジーの傑作を、精神科医樺沢紫苑が心理学的な視点で解読しました。「父親探し」のテーマ。子供たちにとっての「..
Weblog: シカゴ発 映画の精神医学
Tracked: 2006-03-05 11:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。