2010年01月25日

ジュリー&ジュリア(JULIE & JULIA)

こないだのゴールデン・グローブ賞で、メリル・ストリープが、この映画で最優秀主演女優賞(ミュージカル・コメディー部門)に選ばれてましたね〜

さて、jesterはこの映画が今年の映画始めでした。

1960年ごろに発売された、ジュリア・チャイルドの伝説的(?)なフランス料理の本のメニューを、その50年後の現代でジュリーというある女性が作って、それをブログに書いたところ、それが話題になって、本になり、さらに映画にまでなってしまった・・・・

という、実話ベースの映画です。

このジュリア・チャイルドという人、アメリカではすごい有名人で、アメリカの友人に聞くと誰でも知っているし、コメディアンは物まねのネタにしてるぐらいです。(映画の中でもでてきました)

20年ぐらい前にシカゴに転勤で暮らしていた日本人の友達も、
「ああ、あの太っていて、エプロンの脇に布巾を挟んでいるオバサンね〜〜。よくテレビで料理番組やっていて、見たわ〜」
といってましたので、日本で言うと、小林カツ代さんとか、もっと古いと江上トミさんとか、そういう感じの人なのですね。

といってもjesterは全く知りませんでした。


なので・・・猫

メリルはすんごいそっくりに演じてるんでしょうけど、本物を知らないjesterにとっては、メリルがやたらに語尾を引きずるアクセントが強い英語でしゃべってるのが聞きづらくて、だんだん苦痛に・・・・パンチ(殴

あの演技で、ゴールデングローブ賞を取ったのですから、きっと素晴らしい演技なんでしょうけれどねえ・・・・あせあせ(飛び散る汗)

そういえば『アヴィエイター』という映画でケイト・ブランシェットがキャサリン・ヘップバーンだっけな、の役をして絶賛された時にも、キャサリン・ヘップバーンの話しかたをよく知らないわたくしにとっては、
「なんかケイト、鼻が詰まったような変な話し方をしているなあ・・・」
ぐらいにしか感じられなかった(殴)という、ネコ小判ブタ真珠猫状態に、今回もまた陥ってしまいました。

(キャサリン・ヘップバーンよりもっとジュリア・チャイルドを知らないので、より深く陥りました。)


ストーリー自体は、時代を超えて二人の自己実現していく女性が描かれ、ほのぼのなんですが、これといってメリハリもなく、実話ベースのため、ラストにも不満が残る感じ。

なのでjesterのお気に入り度は ☆☆☆ ぐらいでした。



****以下、ネタバレないですけど、映画の内容には触れてます。未見の方、ご注意ください!****


ジュリア(メリル・ストリープ)は1949年に、夫の転勤でパリにやって来て、転勤族の妻ですからワーキングビザがない(=働けない)し、子どももいないので時間が余るのでしょう、帽子作りだの、いろいろ習い事を始めます。

コントラクト・ブリッジを習ってるシーンもあって笑えました。jesterも同じような感じでブリッジが大好きになりましたが、ジュリアはブリッジはだめ。
もともと得意だったお料理にのめりこんでいきます。

そしてプロの通うル・コルドン・ブルー料理学校に無理やりという感じで入り、せせらわらいやいじめにも耐えて、ついには本を書くまでになるのです。


一方、ジュリー(エイミー・アダムス)は現代の女性。

大学時代の夢やぶれ、今は会社の苦情受付係。
何事も続ける根気がないと自己嫌悪なところにjesterは共感しました。パンチ(殴

彼女は料理が大好きなので、それを今流行のブログにでもアップしてみようかと、題材をジュリアの本の料理にして、それを毎日作ってアップしようと決心します。


さて、このジュリーとジュリア、二組の夫婦の様子が時代を超えて交互に出てくるのですが、この夫婦たち、とっても仲がいいのです

ひらめき 仲良きことは美しき哉。

はいはい。
でもずっとマイダーリン・よき理解者・愛してるよ・べたべた・ちゅっちゅ・ばたん(?)というのを見ていると、jesterの現在の心境ではつらくなるというか、

この世の中に、あんな仲いい夫婦(つか、理解のある夫)ってそういるのか?? あ??

ブルー・フォントサイズ4ぐらいで叫びたくなってくるのでした。

(フォント6でもいいけど、6だとこのブログじゃあ綺麗に反映されないので4で。)

ごめんなさい、仲良い夫婦はこの世にいるのでしょう。

友だちにも
「あんな仲いい夫婦ってほんとにいる?! あんな夫って現実にいるの???」って聞いたら

霧霧霧「・・・・いるよ。確かにいる。・・・私今まで生きてきて、2組知ってる・・・」霧霧霧

といわれましたし。

・・・・・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)
・・・・・・・・・・あせあせ(飛び散る汗)

ええとね、実在の人物をベースにしてるから、あまり夫婦間のどろどろしたものは映画には出せないというか、この映画はそういうのがテーマじゃないし、そういうリアルなのは観客は飽き飽きしてるのだからとか、まあいろいろな事情があるのだと思いますし。

(ぜいぜい・・・・ああ、この話題はもうこの辺でやめにしますだ)



閑話休題でございます。

エイミー・アダムスも「魔法にかけられて」の頃と比べて大分体格がしっかりしてきたというか、あれも役作りなんでしょうか。

メリルはまあもともと体格がいいですけど、これはフランス料理はダイエットには向いてないということの証明かも、なんて思ってしまいました。


ラストで世代の違う二人が出会い、肩を抱きあい、になるのかとおもっていたら、予想外の苦い展開。

実話ベースだから、めでたしめでたしにはならないのでしょうね。


でも単純なjesterのことですから、この映画を見て数日は真珠の首飾りをしてました。猫




posted by jester at 11:21| Comment(4) | TrackBack(0) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにお邪魔するのは久しぶりかも^^
またよろしくお願いします!
わはははは〜 久々に辛口のjester節が聞けて嬉しい〜〜♪ 
実際にこの映画を観てないので、どの位の仲良し夫婦なのかわかりませんが〜〜 まー確かに日本人ってお芝居下手ですからねー(どういうこっちゃ?)あら?最後はハッピーエンドかと勝手に思ってましたが、違うの?
メリルは前年度「マンマ・ミーア」で逃してますからその分もってことかも。。それにしても色んな賞もう十分貰い過ぎてますからもういいのにね(笑) 
Posted by エマ at 2010年01月25日 21:53
エマさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>こちらにお邪魔するのは久しぶりかも

ご無沙汰いたしました。こちらこそよろしくお願い致します。

>実際にこの映画を観てないので、どの位の仲良し夫婦なのかわかりませんが〜〜

引き続き非常に個人的な視点でお送りいたしておりまする。(殴

>あら?最後はハッピーエンドかと勝手に思ってましたが、違うの?

無理やりハッピーエンドにこじつけようとしてますが、ジュリーとジュリアのつながりが、寂しい感じな結末なんですよ。

>メリルは前年度「マンマ・ミーア」で逃してますからその分もってことかも。

あ、それもあるかもしれませんね。
でもそれなら「マンマ・ミーア」であげたかったなあ〜〜
Posted by jester at 2010年01月26日 19:39
crocs アウトレット
Posted by 正規販売 at 2013年08月11日 10:24
ロンジン レディース 腕時計 http://www.shoppingforcapacityjp.pw/
Posted by レディース 腕時計 at 2013年08月13日 10:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。