2006年03月01日

ジョン・ハウ氏の原画展レポートその2です。

こないだ招待券が届いたご報告しましたが、昨日、カナダ大使館で行われている、ジョン・ハウさんの原画展&プレス内覧会&レセプションにいってまいりました。

素晴らしかった!

今まで画集では散々みていた絵なのに、原画の持つ力、気、パワーに打ちのめされたというか、昇天したというか、もうjester、舞い上がってます。

舞い上がってるのにはもう一つ理由があって、それは、ジョン・ハウさんに単独インタビューできたこと。

プレス内覧会とレセプションの詳しい顛末はあとで書きますが、本当に素晴らしい体験をさせていただきました。

ジョン・ハウさんはハーパーコリンズ社から出されているトールキンの指輪物語の挿絵や表紙、ポスター、カレンダーなどを書かれていることで有名でした。

1997年、ピーター・ジャクソン監督がロード・オブ・ザ・リングス3部作のコンセプト・アーティストとして彼を招き、その素晴らしい創造力で、アラン・リーとともにロード・オブ・ザ・リングスの驚異的な世界を作り上げた方です。


私はハーパーコリンズ社から出ているペーパーバック(BOXにはいっていたもの)で指輪物語を読みましたので、その絵には前からあこがれに近いような感情を持っていました。

ぜひ、この絵を原画で見て見たい!

そして、ジョン・ハウさんってどんな人なんだろう・・・

ロード・オブ・ザ・リングスのDVD特典映像なんかでみると、繊細で、人見知りをする感じで、ちょっと変人?ぽい印象だけど・・・
海外でのサイン会などに参加された方の話を読むと、すごくいい人らしいな・・・

ぜひぜひお会いしてみたい!

とまあ、こう思っていたわけです。

関連の本も手に入る限りそろえました。

IMGP1160.JPG

特にその中でもこのThe Two Towers(二つの塔)の表紙・・・・


これは暗黒の塔と、その前にいるナズグルの絵なのですが・・・・



誇り高き人間の王であったものが指輪の誘惑に負け、リングレイス(指輪の亡霊)として邪悪な王サウロンに操られるものに成り下がってしまった。

彼の中にかすかに残っている、人間であったときの記憶。
それが彼をうつむかせる。
しかし一端踏み込んでしまった道から外れることは出来ない。
彼のもどるところは、家族や臣下がまつ王宮ではなく、オークやトロルの待つ暗黒の塔。

その肩に宿る孤独と悲しみ。


このように、深く物語を理解し、書かれてない部分まで表現できる画家の力には驚嘆あるのみでした。

今回その原画の前に立ってみて・・・・・・

この絵の前で1日中立っていられる、と感じました・・・・。

たった一枚の絵画にたっぷり盛り込まれた詩情と、そして情報。
その情報は、原作への愛情にあふれ、彼を駆り立てる熱情が伝わってくるようでした。

印刷物でみていたものの100倍も200倍もすばらしい!!!


こんなものが一挙に、デッサンから完成された絵まで、これほどにそろって日本で見られるチャンスはもうありません!

しかもいまなら入場無料です! さあ今すぐお電話を!
 ←ちがうってパンチ


カナダ大使館という場所がらちょっと敷居が高いかもしれませんが、ロード・オブ・ザ・リングスのファンの方はぜひ、そして、透明水彩で描きこまれた絵画芸術を愛する方もぜひ、このチャンスにご覧くださいませ。

2月27日(月)〜 3月31日(金)青山のカナダ大使館、カナダ大使館高円宮記念ギャラリー(東京都港区赤坂7-3-38、地下鉄「青山1丁目」駅より徒歩5分)
午前9時から午後5時半
水曜日は午前9時から午後8時まで
土日、3月21日は休館、但し3月4日、5日は午後1時30分から5時30分まで開館
入場は無料です。

青山1丁目の駅からカナダ大使館方向に青山通りを歩いていって、公園側にある長いエスカレーター(カナダ大使館を通り越したところにある)で一端大使館のロビー階に上がられ、なかのエレベーターで地下2階に下りたとこにあるギャラリーです。

詳しくはこちらカナダ大使館のサイトをごらんください。

レポートはこれから連載(?)していきますけれど、公開期間が短いので、ぜひお見逃しなく。

なお、本文中で使ったジョン・ハウ氏の作品の画像は、プレス扱いということで、氏の了解を得てjesterが撮影したもので、すべてのコピーライトはジョン・ハウ氏に帰属します。他のサイトへの転載は絶対なさらないでください。
また、権利者に何らかの損害を与える危険のある場合は即削除いたしますので、ご連絡ください。


こちらの記事は、jesterのもう一つのブログ、ゆきてかえりしひびから転載しました。
この記事へのコメント
jesterさん、お疲れ様!そして、すばらしいお土産話をどうもありがとうございます!感動が伝わってきます(笑)♪
今月、Viggoの映画を観るために上京予定ですが、カナダ大使館へも是非行きたくなりました〜、本物観たい〜!
しっかし、スゴイな〜、単独インタビュー!!!

>この絵の前で1日中立っていられる

うんうん!そういう貴重な出会いってありますよね〜♪
まったく関係ないんですが、私は興福寺の阿修羅像を前にして、「この像の前で1日中立っていられる」って思いました(^_^;)
Posted by DD at 2006年03月01日 21:47
はじめまして、豆酢と申します。dimさん宅でお名前を拝見し、こちらの記事もずっと興味深く読ませていただいていたのですが、コメントは初めてです。どうぞよろしくお願いします。
素晴らしい貴重な体験をされたのですね!ハウ氏の作品は私も大好きで、ポスターなど数点持っていますが、原画の迫力に勝るものはありませんよね!jesterさんの感動がこちらにまで伝わってきます。
カナダ大使館…なかなかやるな(違)。
Posted by 豆酢 at 2006年03月01日 22:05
はじめまして、こんばんは。
記事にコメントをありがとうございました。
TBもしてくださったと書いてありましたが、どうやらこちらには届いていないようです(泣)
お手数をおかけしますが、よろしかったらもう一度送ってください。
それにしても早くその感動を実感したいものです。
Posted by yokosima20 at 2006年03月02日 00:08
DDさん、コメントありがとうございます!
今も喜びがじわじわとこみ上げてくるって言うか・・・・
DDさんがいらしたとき、出来たらご一緒して、ジョン・ハウ氏が説明してくださった解説をいろいろしたいと思います。(それまで憶えていられるのか、自分・・・・)
忘れないように書いておかなくちゃ〜〜!
Posted by jester at 2006年03月02日 07:27
yokoshima20さん、いらっしゃいませ!
TBがついてなかったみたいですみません〜〜
名前のリンクをたどってきていただいたのですね〜
ありがとうございます。
いまTBを付け直してみたのですけれど、うまく反映されません・・・・
しくしく。それで、もう一回やってみたけれど、なぜだか反映されないのです・・・

もう少ししてから、またトライしてみます。
もし時差で一杯ついちゃってたら、削除してくださいね。
これからもよろしくお願いいたします!
Posted by jester at 2006年03月02日 07:30
豆酢さん、いらっしゃいませ。jesterもお名前は拝見しておりましたです。ご来訪いただいて光栄でございます!
先ほどそちらにお邪魔して、「わ〜〜趣味のあいそうな方だわ〜」と思っておりました。後でじっくりお邪魔いたします。
これからもよろしくお願いいたしますです。

24日のプレミアはもちろん、この日もヴィゴファンサイトの有名(当社比)管理人さんが沢山いらしてましたが、その中には実は豆様ファン、というか、最近は豆様に傾いてます、というかたも沢山いらっしゃいました。なぜかヴィゴ&豆ファンって多いみたいです。
jesterはヴィゴがなんと言っても最優先なんですが、ディジーとかジェリーさんとかにもちょっと浮気してます・・・・
Posted by jester at 2006年03月02日 07:31
コメントしていただいて、ありがとうございました!
いや〜ジョン氏の絵は本当に素晴らしかったですね★それにも増して、本人サマがカッコ可愛かったですv
この日は、ジョン氏を愛でたり、友達との会話に興じたりして、あまりじっくり絵を鑑賞出来なかったので、土日に唯一鑑賞出来る今週末にもう一度行ってこようと思いますv

そうそう!レセプションがあった同じ日、ヴィゴから返事が来たのです!!これは一生の宝物になりそうですv
Posted by けい at 2006年03月02日 22:28
はじめまして、コメント有難うございました。原画展、興味があったので実際に行かれた方の感想が読めて良かったです。
なんだかjesterさんのウキウキに当てられて、なんだかもう行ってきたような気持ちになりました。
絵の中にストーリーが見えるって素敵ですね。
カナダ大使館への地図を握り締めて出かけてみたいものです。て、週末は同じような方々が大勢来ているのでしょうか…v
Posted by いしゃかわ at 2006年03月02日 23:15
けいさん、コメントありがとうございます。
今けいさんのところにうかがってきたところです!
私もまた原画展行こうと思っています。
なんか指輪熱が再燃しました・・・
Posted by jester at 2006年03月03日 11:23
いしゃかわさん、いらっしゃいませ!
今度の週末は唯一の週末開催日なので、人出が予想されますね。
でも作品数が多いので、人ごみの後ろからもれ見る、みたいな、ゴッホ展みたいなことにはならないでしょう。
楽しんでらしてください!
Posted by jester at 2006年03月03日 11:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13967372

この記事へのトラックバック

レセプションですよ?!
Excerpt: 本日は、カナダ大使館で行われている「ジョン・ハウ:ファンタジー画の世界」のレセプションに行ってまいりました(≧▽≦) 仕事の関係で、六時開始ギリギリに入る事になったんだけど、そこは既に凄い人だかり(..
Weblog: 映画徒然日記。
Tracked: 2006-03-02 22:16

ナルニアと中つ国
Excerpt: 出かけてきました。 青山と新宿だから近いさーなどと欲張って二ヶ所。 ナルニア国物語の世界展> 展示期間、1ヶ所につき1週間ないんですが、モッタイナイ。どういう客層を求めて??
Weblog: 腐堕落倒壊航海誌"寝言は寝てから"
Tracked: 2006-03-05 21:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。