2006年03月02日

「灯台守の恋」、まだ行けます!

「灯台守の恋」飯田橋のギンレイホールでやってます!(理想の女、と二本立て)

去年の12月中旬に書いた記事で、jesterがお勧めしていた、切ない友情と恋の物語。

このところのヴィゴの来日とジョンハウさん原画展でうっかりしてましたが、2月25日から始まって、3月10日までですよん。
見逃した方、ぜひぜひいってくださいまし。
わたくしも行くつもりです!


詳しくはこちら

double face-dさんに教えていただきました。double face-dさん、ありがとう!

ちなみに「歓びを歌にのせて」は渋谷文化村ル・シネマで明日までですたらーっ(汗)


posted by jester at 21:12| Comment(10) | TrackBack(1) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく昨夜、観てまいりました。帰ってからjesterさんの記事を全部読ませていただきましたが、読んでいて、新たに感動がこみ上げてきました!
・・・でも、「その10」まであるので、どこにコメントを投稿してよいかわからず(爆)。丁度、良いタイミングでした〜。東京ではまだ公開している劇場もあるのですね。

美しい映画でした。こういう素敵な作品が観られて幸せ〜と素直に思える映画でした。劇場では映像にただただうっとり、ぼ〜っとするだけで、泣けたのは、ラスト近くの叔母さんの「お父さんはあなたを溺愛した・・・」云々のセリフのトコくらいだったんですが。あのセリフだけで、映画のシーンにはないフィリップ・トレトンが娘を大切に育てる様子が浮かんできて泣けました〜。
アントワーヌ役のグレゴリーも、ただ優男なだけじゃなく、たまに見せる翳りのある表情や情熱を秘めた表現が良かったです♪
とにかく、もう、渋いのも甘いのもどど〜んと波のように打ち寄せて来い〜!さあ、私を飲み込んでくれ〜〜!っていうような(意味不明)・・・
Posted by DD at 2006年03月02日 23:40
jesterさん、すご〜く恥ずかしい!
私、ハウさんと ハワードさん 勘違いしてました。で、昨日のjesterさんからいただいたコメントにそんなことを書いちゃって、穴があったら入りたい。

ハウさんの原画集が確かフランスで発売になった記事は確かどこかで読んだはずなのです。ロード・オブ・・・・のメイキングオフのところでも興味深く拝見したんですよ。

プレミアにもいらして・・・映画をご覧になられた様子、私もこっちで11月2日に見たときの思い出が蘇りました。
私にしたら、Viggoの映画ってことで半分舞い上がってしまっていた部分もありましたけれど、ラストシーンのあのViggoの表情が頭から離れなくて、やっぱり引きずりましたよ。で、間髪いれずに3回見に行ったんですけど。答えは出ないままです。
なんと解釈したらよいのか 難しいタイプの映画ですよね。ストンと答えがでるような題材でもないことは確かですけど。
Posted by cinephile at 2006年03月03日 16:58
DDさん、ご覧になったのね〜〜

>とにかく、もう、渋いのも甘いのもどど〜んと波のように打ち寄せて来い〜!さあ、私を飲み込んでくれ〜〜!っていうような(意味不明)・・・

意味不明じゃありませんです!
わかりますよ〜〜
あの灯台に打ち寄せる波のすごさ!
その中にぽつんと立っている灯台。
なんか自分を投影したりして・・・
私もXディ(3月11日)までに、もう一回飯田橋に見に行けたらいいな、と思ってます!
Posted by jester at 2006年03月03日 18:34
cinephileさん、ハワード・ショアと、ジョン・ハウって名前がなんとな〜〜く似てますよね。(どこがとは聞かないでください・・・・)
私も時々間違えることあります〜〜

A History of Violence は2回見に行って、やっとヴィゴばっかりじゃなくて他もみられるようになりました・・・・
もう何回か行くと、もうちょっとちゃんと見られるようになるかな・・・・
Posted by jester at 2006年03月03日 18:39
jesterさん、お返事ありがとう♪
お話としては、特にどこが特別ってわけじゃないですが、やっぱり、あの波とか岩とか灯台がすごく効いてると思います。小道具の使い方もうまいですね〜〜。猫ちゃんってば、最優秀演技賞もの(爆)。
映画を観る前は、ポスターやチラシで、前を歩く若い男と後ろの自転車の女の人だけしか見てなくて、この2人が主役なのね、と思ってたのですが、映画を観て、ようやく気が付きました!二人の後ろの荒海の中に立つ灯台=イヴォンだったのですね〜〜?!フィリップ・トレトンが灯台に変身(ばきっ)して、しっかり存在を示してたんだ〜〜ってわかりました!!(ホントにわかってんのか?汗)
Posted by DD at 2006年03月03日 20:43
おお、DDさんはあの灯台イヴォンと思ったのですね〜〜
私はアントワーヌかと。。。。。
分身の術ですか?(違

あの猫、かわゆかったですよね。
海に落ちたりして、はらはらしましたが、ちゃんと最後まで生きててくれて良かったです。
Posted by jester at 2006年03月03日 21:08
名前まで出していただいて、うれしい限りです。
私も明日の夜あたりもう一度観に行きたいと思っています。人が少なめなのでゆっくりみられそうです。
Posted by double face-d at 2006年03月06日 13:06
double face-dさん、名前ださせていただきました♪
だってすごく嬉しかったのですもの!
私はあさってかしあさってくらいに行きたいと思ってます。
また情報教えてくださいませ〜
Posted by jester at 2006年03月06日 18:57
7月にようやくDVDが出るようですね。わーい♪♪
決して回し者ぢゃないんですが(汗)、どーしてDVDが出ないのか、ずっと不思議に思ってたものですから、何だかウレシクてカキコしてしまいました。
できればもう一度スクリーンで観たい映画ではありますが。。。
Posted by DD at 2007年05月01日 23:41
ええええ!!
そうなんですか〜!!
すっごい嬉しいです♪
いつもアマゾンに行くとチェックしていたのですが、最近はしてなかった・・・

DDさん、お知らせ、ありがとう〜〜!

ついでといってはなんですが「上海の伯爵夫人」はいつになるのかしら〜(涙
Posted by jester at 2007年05月02日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『灯台守の恋』 フィリップ・リオレ : 浮気と不倫と心理テストと
Excerpt: 良い映画を観ました。しかもフランス映画。 『灯台守の恋』(原題:『L'EQUIPIER』) 浮気、不倫、してますか? という不躾な質問をしてしまいます。果たしてこの世に、いくつの人に言え..
Weblog: double face-d
Tracked: 2006-03-06 13:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。