2010年03月04日

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF

ローガン・ラーマン君は良かったんですけどねえ・・・・・・・・・


 
以上で終わります・・・・パンチパンチパンチ(殴!!!


ショーン・豆氏以外にも、ユマ・サーマン(綺麗だった)とかピアーズ・ブロスナンとか、7年前には主役をやっていたような俳優さんをそろえて、お金をかけて作っているのだけれど。


ストーリーが、ロールプレイングゲームのようで、アイテムをそろえて○○を救い出し、○○を盗んで○○に返す・・・・

それだけなんですね。
何も心に響いてこないの。

この子らはこの後どうなるのだろう?
ずっとキャンプで戦争の準備をするのだろうか?


画面は良くできてましたけど、「アバター後」じゃ、あのぐらいじゃビックリしませんわ。


大体、「ゼウスよ、あんたも全能の神なら、自分がなくしたものは自分で捜せや〜
それで『出てこなかったら戦争だ!』って、あんたはどこぞの大国の大統領か、北の国の王子様ですか?」
と最初に言ってやりたかったです。はい。


これ、原作は読んでいませんが、もしかして原作のほうが面白いのかも、という気がしました。

ローガン・ラーマン君は良かったんですけどねえ・・・・・・・・・


というわけで、☆☆− と、jesterは飛行機の中でほかにチョイスがなかったら暇つぶしに見るぐらいの映画だなと感じました。

posted by jester at 08:06| Comment(10) | TrackBack(1) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっはっは〜!
ショーン・豆氏!

>7年前には主役をやっていたような俳優さん

のところもナイス表現力です。なんて的確な(笑)。
あとRPGみたいだなあ、というのはわたしも感じました。ドラクエしかやったことがないのですが、宝(真珠)の地図とかダンジョンとかそのまんまでしたよね。
一応退屈せずには見せてくれましたが、お子様向けな感がありました。
そしてやっぱり『アバター』は偉大ですねえ。クリス・コロンバスの久々の監督作で楽しみにしていたのですが…。
Posted by リュカ at 2010年03月04日 21:54
リュカさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問&早々とコメントありがとうございます!うれしいです♪

>あとRPGみたいだなあ、というのはわたしも感じました。ドラクエしかやったことがないのですが、宝(真珠)の地図とかダンジョンとかそのまんまでしたよね。

真珠を集めないと地獄にいけないとか、脱力しちゃいました・・・

>一応退屈せずには見せてくれましたが、お子様向けな感がありました。

同感です〜

>そしてやっぱり『アバター』は偉大ですねえ。クリス・コロンバスの久々の監督作で楽しみにしていたのですが…。

わたしも、ちょっと期待しすぎだったかも。
アバター後だといろいろ見劣りしちゃいました。
足が山羊っていうのも、ナルニアのタムナスさんでもう見てますしね〜
Posted by jester at 2010年03月06日 09:08
こんばんは!
冒頭にイキナリ、豆さまとケヴィンのご対〜面〜シーンがあると聞いてワクワクしていたのですが・・・怪しげな外見とウラハラに、会話の内容が・・・はああ?!
お子ちゃま仕様とわかっていて観れば決して悪くはなかったと思うのですが、どうも勝手に違う方向で期待してしまっておりました。
ハデス(トロピック・サンダーの監督役やってた人ですってええ?)を含めたビッグスリーの俳優さんたちでハードボイルド仕様な黒社会のお話が観たいですわい。←むしろコメディ??
ビッグスリーが昔、父親を切り刻んでどーのこーのといった解説があったせいか・・・ラスト近くのポセイドンとパーシーの父子対面シーンも何だかシラケテしまい・・・重要なシーンだったのでしょうけどねえ。
うん、原作はおもしろいのかもですね。
ローガン君&トロピック・サンダーにも出てたヤギ足君は若手の役者さんとして期待できそうだなあと思いますが、原作は12歳設定らしいので、その年齢の子らを配役したほうが良かったような。
・・・ダレン・シャンはどうでしょうね〜。(笑)
Posted by DD at 2010年03月06日 20:33
DDさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>冒頭にイキナリ、豆さまとケヴィンのご対〜面〜シーンがあると聞いてワクワクしていたのですが・・・怪しげな外見とウラハラに、会話の内容が・・・はああ?!

最初のポセイドン海から出現シーンでは結構ひきつけられたのですけど、そのあとが・・・
豆さんもちょい役でしたね。

>お子ちゃま仕様とわかっていて観れば決して悪くはなかったと思うのですが、どうも勝手に違う方向で期待してしまっておりました。

わたしもなんか期待が大きすぎたかも。
おこちゃま向けでも、もうちょっと製作側が何を伝えたかったのか、メッセージ性が感じられないと、どうもjesterは乗れなくて・・・

>ハデス(トロピック・サンダーの監督役やってた人ですってええ?)を含めたビッグスリーの俳優さんたちでハードボイルド仕様な黒社会のお話が観たいですわい。←むしろコメディ??

うんうん、あのメンバーのハードボイルドは良さそうですわ〜

>ラスト近くのポセイドンとパーシーの父子対面シーンも何だかシラケテしまい・・・重要なシーンだったのでしょうけどねえ。

大体あんなにデミゴッドがうようよいるなんて、神様人間と遊びすぎではないかしら?
パーシーのありがたみも薄れます。
ゼウスも100人ぐらいデミゴットの子どもがいそうだしねえ。

>ローガン君&トロピック・サンダーにも出てたヤギ足君は若手の役者さんとして期待できそうだなあと思いますが、

山羊足くんも熱演でしたね。
ローガン君は台詞回しも上手いし、目ぢからがあって、将来性ありますね。

>原作は12歳設定らしいので、その年齢の子らを配役したほうが良かったような。
・・・ダレン・シャンはどうでしょうね〜。(笑)

ダレン・シャンはどうでしょう?
あの独特の世界感を上手に映画化できるのか、楽しみです。
ああ〜〜また期待している私は!!

そういえば、jesterの別ブログにピコラさんがDDさんあてにレスをつけてらっしゃいましたよ〜
Posted by jester at 2010年03月08日 09:10
jesterさん、ピコラさま&Tさんの件、ありがとうございます。
さっき、Tさんにも連絡しました。
映画でも歌舞伎でも、ただの飲み会でも(これが一番だったりして)機会は何でもいいんですが、また皆様とまったりご一緒できる日があればいいなあ・・・。

パーシー〜で書き忘れたのですが、映像を観てて、バルログとかモルドールとか、またもLOTR病があぁ。。。
Posted by jester at 2010年03月08日 09:10
DDさん、またコメントありがとうございます!うれしいです♪

>また皆様とまったりご一緒できる日があればいいなあ・・・。

まったりしたいです♪

私の前のコメントから私信部分は削除しました〜
Posted by jester at 2010年03月08日 09:13
そうですねー、原作の方がまだましだと思います。
ちょっとトホホでしたね、映画は。

じゃあね
Posted by こり at 2010年03月08日 23:00
こりさん、いらっしゃいませ〜 毎度ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>そうですねー、原作の方がまだましだと思います。
ちょっとトホホでしたね、映画は。


こりさんは原作読まれたのですね。
大分細かいところがはしょられていたようですね。

映画見ている最中に、「きっとこれ、原作は面白いんだろうな」っていう予感がしたのですよ。はい。
しかし今となっては読む気がしないなあ・・・
Posted by jester at 2010年03月09日 18:12
つまらん!で片付けてしまった
中高年ご用達映画「沈まぬ太陽」記事の
アクセス数が拙宅開闢以来最高のアクセス数
にていかにこの国の方々はこの手のマジメさ
が気持ちいいのかと、全く驚きも当然反省も
していない私め、本作未見(観る予定なし)
にも関わらずjesterさんの潔く気持ち良い
書きっぷりに鋭く反応してズーズーしく
やってまいりました。
相変わらず長いコメントで陳謝。(ぺこり)

リッチー版ホームズ映画も
jesterさんのお書きになった通りでしょう。
当方、
観ない(こちらもスルー)前から
オカシゲになってるべと
勘づいておりました由。(- -)^^
しかし、映画館は混んでいた模様。
リッチー氏のカン違いはまだ続きますな。



Posted by vivajiji at 2010年03月19日 10:07
vivajijiさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>つまらん!で片付けてしまった
中高年ご用達映画「沈まぬ太陽」記事の
アクセス数が拙宅開闢以来最高のアクセス数

ふ〜〜ん、そうなんですね〜
「沈まぬ太陽」は小説がヒットしたので、みられたかたが多かったのでしょうか?

>jesterさんの潔く気持ち良い
書きっぷりに鋭く反応して

いや〜〜最近我ながら「酷評」が多くて、ちょっとかんがえております。
しかし誉めるだけが評じゃないですもんね。(いいわけ)

>リッチー版ホームズ映画も
jesterさんのお書きになった通りでしょう。

楽しまれた方はきっとすごく楽しまれたと思いますが、正直にわたくしはだめだったのでございまする。

>しかし、映画館は混んでいた模様。

他の映画と比べて、これを選んだ、という方もいらっしゃると思うけれど、普段は映画を見ないけど、これは見たいと出かけた方も多かったのかも。

まあ、わたくしは、多分期待しすぎたのかもです。
期待が裏切られると、どうも指がすべります。
Posted by jester at 2010年03月20日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/2「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
Excerpt: レイトショーで『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を見に行ってきました。
Weblog: コリちょこ
Tracked: 2010-03-08 23:00
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。