2006年04月07日

クラッシュ その2 ネタばれあります

たくさんのエピソードが重なって、つながりあい、一つのストーリーを編み出す。
厚みがあり、深みがあり、そして愛のある人間観察。
ただ現実の厳しさを描くだけではなく、暖かいふれあいも描いていて、後味が良い。

演技上手な俳優をキャスティングし、テンポの良い演出。
プロの映画人が作った、珠玉の傑作だと思います。黒ハート


******以下ネタばれあります*******


刺青のあるヒスパニック系の錠前屋、ダニエル。
もしjesterが犯罪などの怖い目にあって、ドアのロックを替えようとしたときに、彼が来たら、サンドラ・ブロック演じるジーンと同じに考えるかもしれない。

そのダニエルが娘に語る「妖精のマント」の話がなんと優しい愛に満ちていることか。
そして、こんな話をしてくれる父親を、どんなに娘が愛するだろう。
この「妖精のマント」にまつわるエピソードがjesterは一番好きです。
これを見ただけで、この映画をみた価値があると感じました。

実は予告編で、娘が父親に飛びつき、ピストルが撃たれ、父親が絶叫するのをみて、「わ〜この映画、見たくない!」と思ったのです。
つらすぎるシーンだと思いました。
それがこれほど感動的なエピソードだったなんて。

ポール・ハギスは魔法使いかも。ぴかぴか(新しい)


posted by jester at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。