2006年04月10日

リトル・ランナー

jesterは走ってる人を見ると、なんか嗚咽がこみ上げてきてしまう、という奇癖の持ち主デス。
マラソンはもちろん、中学校とかの徒競走でも、必死で走る姿は美しい!

というわけで、予告編を見てた時点でもう泣いていた「リトル・ランナー」ですが、実際映画を見てみると、思ったよりかなりコメディタッチで作られたものでした。

入院して昏睡状態の母に奇跡を起こすために、自分もボストンマラソンで奇跡を起こそうとする、というテーマは感動的なもので、「いろんな映画の名場面を寄せ集めたみたい・・・」と思いつつも、ラルフが必死で走る姿には涙たらーっ(汗)でございました。

ごちゃごちゃ考えてないで、純粋(単純ともいう)に信じて頑張るものが最後には勝つのだ!というメッセージは不滅ですね。
どの年代の人でも楽しめる、すっきりする、一種の清涼飲料のような映画。


・・・・なんですけれどね、jesterはなんだか前半で描かれる「少年の性衝動」みたいなのが少々びっくり。
14歳の男の子ってあんなもんなんでしょうか?あせあせ(飛び散る汗)
いや〜。かまととっていわれるかもしれないけど、男じゃないし、男の子も育てたことないんで、分かりません・・・・
映画ではよくあるパターンなんで、やっぱりあんなものなの??

男性が見たら懐かしくてくすくす笑っちゃうところなのかなあ・・・・
コメディっぽい味付けなので強調されている部分があるのかもしれませんが・・・・・


ラブコメディに徹するならそれでいいけど、テーマが真面目なので、もうちょっと少年の生活をリアルに描きこんでくれたらよかったな、と思います。

14歳で一人暮らししている少年が、普段の生活(掃除、食事、洗濯などなど)をどうしているのかがほとんど描かれていなかった気がしました。
その辺がさりげなく織り込まれていると、彼の切なさや寂しさ、そしてなぜ走るのか、っていう部分がもっとクリアになったのにな・・・・

そういう突っ込み部分はままある作品だったと思います。




主人公ラルフを演じたアダム・ブッチャー君はでかいお耳と八重歯が可愛いし、とにかく演技達者!
カナダ人なのにアイルランドなまり? と思ったら、祖父の代がそっち出身という設定なんですね。
ひょろひょろとしてて弱々しそうだったのが、最後のほう腕の筋肉とかすっかりしてて、走り姿もカッコよくなりました。さすがデス。

それと、コーチ役のヒバート神父を演じたキャンベル・スコットがjesterはよかったですね〜〜 
ずっと「これ、だれ??」と思ってみてました。
渋くてハンサムで、今後のカナダ映画で注目です。




しかし邦題がまたすべってます。
「炎のランナー」みたいなもんかと思っちゃうじゃないですか。

原題は「Saint Ralph」。
聖人とは程遠い一人の少年が、走ることによって自己実現していく姿を「聖人」ととらえてつけた、いい題じゃないかとおもうのですが。
ここが分かってないと、日付が出るたびに、いろんな風変わりな聖人が紹介されるのが、理解不能じゃないですか?
まあ「聖ラルフ」なんて題だと、日本では集客率が落ちるのかなあ・・・・
posted by jester at 08:08| Comment(4) | TrackBack(3) | ら行、わ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も予告編を観ただけで泣けましたが、「思ったよりコメディタッチ&すっきり清涼飲料系」でしたか〜。わ〜い、どうもです〜。こちらでは今月下旬から上映予定なので、観てきますね。去年は、韓国映画の「マラソン」を予告編だけ観て泣けて泣けてもうお腹いっぱいと思って劇場へ行かず、後悔したのでした。あと、イラン映画の「運動靴と赤い金魚」、今でも大好きです♪

「リトル・ランナー」という邦題は、「リトル・ダンサー」っぽいですね。あれも原題は、「BILLY ELLIOT」ということらしいですが。。。

>マラソンはもちろん、中学校とかの徒競走でも、必死で走る姿は美しい!

ハゲドウです!
Posted by DD at 2006年04月11日 23:09
DDさん、あ、マラソンの予告も泣けましたよね〜(でも私も見てないんですだ)
韓国の映画はメッセージが真っ向から大アピールっていうところが苦手で、どうも予告でおなかいっぱいになっちゃいます・・・
DDさんの感想、楽しみにしてますね!
Posted by jester at 2006年04月12日 07:55
こんにちはー。
そうそう、私もキャンベル・スコットがステキだわって思いました。
役柄としてもかなり惚れました。
14歳は基本的に性少年なんじゃないでしょうかー。
jester さんって、英語が堪能な方なのですね。
プロデューサーズは耳で聴いて楽しまれたのですね。
リスニング能力なっしんぐの私はとても尊敬いたしますー。
Posted by かえる at 2006年04月21日 12:42
かえるさん、コメントありがとうございます。
キャンベル・スコット素敵でしたよね。
そうですか・・14歳は青少年なんですか?
あのお友達のめがねの子なんか、ほんと小さいのに・・・ 
男の子の兄弟なし、子供なしのjesterにはちょっとショック。
男はみんな狼よって子供も入るのね。

英語堪能じゃないんですよ〜
かなりいい加減です。細かいところは聞き逃してると思います。でもま、字幕読むと画面が見られないので・・・・(爆)
Posted by jester at 2006年04月22日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「リトルランナー」見てきました。
Excerpt:  今日は単館系映画リトルランナーを見てきました。バトルランナーとは1文字しか違いませんが、全く違います。チケットを買う時に「リトルダンサー、大人1枚。」と言ってしまいましたが、これも違います。リトルラ..
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2006-04-10 22:32

映画「リトル・ランナー」マイケル・マッゴーワン/監督
Excerpt:  映画リトル・ランナー観て来ました。  ストーリーは、14歳の主人公は父を戦争で亡くし、母親は寝たきりで入院中。母親はある日昏睡状態に陥り、奇跡が起きない限り回復はないと告げられ、勝ったら奇跡だと言..
Weblog: スチャラカランナーの日々
Tracked: 2006-04-18 12:21

『リトル・ランナー』
Excerpt: しめっぽくないのがいい。すがすがしい感動。 不屈のユーモアにスポ根プラス信仰、愛、希望の力あり。 1953年、カナダのハミルトン。カトリックの私立校に通う14歳の問題児のラルフは、病気で昏睡状..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-04-21 12:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。