2006年04月13日

プロデューサーズ

主人公のネイサン・レインが例の八の字眉毛で「何で俺の周りに変なやつばっかり出てくるんだ」って嘆くシーンがあるんですけど、まじに出てくる人出てくる人、変なヤツばっかし!

しょっぱなから隣に座った男性が大笑いしてて「うるさい人ね!」と思ってたのですけど、マシュー・ブロデリックが青いブランケットの切れ端をポケットから取り出した辺から、jesterも我慢できなくなって、「わははははは!!!」と笑うようになってしまいました。

レオ役(マシュー)のキャラ、最高です! 
いるんですよ〜ああいう人、知り合いに。
そっくりなんでもう爆笑でした。


な〜〜んにも考えずに笑いたいときに見たらいいかもしれない映画です。猫


でも「シモネタ」「老女ねた」とか「他の国を馬鹿にするジョーク」の行き過ぎですべっちゃうオヤジギャグもありました。
その国の人が見たり、お年を召した女性が見てたらいたたまれない気分になる人もいるだろうねえ・・・・とちょっと思ったけど・・・・。

一昔前のアメリカンブラックコメディを彷彿とさせます。
内輪のパーティジョークみたいのをそのまま映画にしちゃったのねえ・・・

ま、所詮ジョークだ!と笑い飛ばせばいいのかな、ですけど。あせあせ(飛び散る汗)
歌と踊りが上手だったから、jesterは許しました。猫


会計師の人たちが計算機を「チン!」ってやりながら不幸せそうに歌うシーン、好きだな♪
コーラスラインとか昔のミュージカルからのオマージュがたくさんあって、そういうのも楽しかった〜

あの、舞台のシーンで最初出てきたかっこいい人、一瞬ジュード・ロウかと思いました。
なぜか絶対ゲイだ!と思ったす。(根拠なし。パンチ笑い方から)


しかし、ゲイのダンス振付師(?)(演出家のパートナーの人)のロジャー・バートってマシュー・ブロデリックと同い年、っていうかロジャーのほうがすこし年下なのよね。信じられねえ〜
マシューがベビーフェイスなのか?

あの、口から息をしゅうううううううう・・・・・・って言うのがまた爆笑でした!

ゲイリー・ビーチなんて登場シーンで思わず「いや〜〜〜!!」と叫んでしまった。あのくねくね、実物見たら悶絶死しちゃうかも。
気持ち悪くて見たくないけど、大爆笑。
あれを大根役者がやってたら、席を立ってたかも。
もしゲイじゃないとしたら、すごい芸達者です!



しかし、T田N津子の字幕も相変わらず・・・・。たらーっ(汗) 
無視してましたけど、時々目に入ると、がっくり来ちゃう。
きっとジョークとか分からない人なんだろうなあ・・・・
あれじゃ面白さが半分も伝わらないでしょう。

けど、ああいう風な英語のオヤジギャグ(?)とかなまりの台詞だと面白く訳すのも難しいだろうとは思いますが。

「DESS!!」(ころすぃ!!)
「・・・・Death? 」(・・・殺す?)
「Yeth!!」(しょれだ!)

なんて感じで、その発音の間違いに気がつかないと、どこが面白いのか分かりにくい。
T田N津さんはこまってこの部分、英語をそのまま字幕にしてた。
(でもそれじゃ字幕にならないって〜〜 プロなら何とか見ている人に伝わるように訳してください・・・)

最後の警官のなまりは、何とか日本語にしてたけど、言葉の選び方がへたくそなんじゃないかしら、と思いましたです。


posted by jester at 11:17| Comment(6) | TrackBack(5) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかしかったですね〜〜〜。
dimも「がはは」笑いをしてしまいましたよ、普段の品位はどこへやら(笑)。
みんなすごいパワフルでしたね。

>あの、舞台のシーンで最初出てきたかっこいい人、一瞬ジュード・ロウかと思いました。
なぜか絶対ゲイだ!と思ったす。

お、目の付け所が同じだ(笑)。美形でしたね。

とにかくいろんな意味で濃い、お腹いっぱいになる…満足度120%の映画でした。
Posted by dim at 2006年04月13日 12:15
dimさん、こんばんは。
なんか思いっきり大声でわらってました、映画館全体が。
もちろんjesterもわはははは!!って笑って、とっても気持ちよかった。
見る前は「この映画、jesterはあわないかも」と思っていたのですけれど、もう一回みてもいいかな、というぐらい笑えました。
Posted by jester at 2006年04月13日 21:36
いやー、かなり可笑しかったですね!!
踊りや歌の部分ももちろん良いのですけど、あの濃ゆい、個性的な方々に目が釘付けになりましたですよ。

>しゅうううううううう・・・・・・
コレ、最高ですよね!!笑
一体何時になったら止まるんだろうと思いました。
もっこりさんやら、ゲイの方々に笑わせて貰いました〜♪
Posted by Puff at 2006年04月16日 10:26
Puffさん、コメントありがとうございます。あれね、意味がよく分からないながらも、あんまり長く続くし、最後ほんとに苦しそうになってもやってるから爆笑でした。
品がない笑いだったけど、でもおかしくて〜〜
Posted by jester at 2006年04月16日 12:22
今晩は〜♪
先日は留守中にたずねて下さって、嬉しいコメントまで、有難うございました〜〜♪
ちょっと落ち着いたのでブログ再開致しました。これからも相変わらず観た作品の半分も感想書けないと思いますが・・またどうぞよろしくお願い致しますねーー!
さてさて、これはもうーー私も笑いました。最初からクックック状態でしたけど、あのヒトラーのくねっで大爆発!!壊れちゃいました。
人って笑っちゃいけないネタほど、笑い出すと止まらなくなっちゃうと思いません?ゲイネタ、老人ネタ、外国人ネタ・・おっしゃるとおり当事者が見たら絶対気を悪くするような話を笑い飛ばすって、蜜の味ですよね〜爆
戸○さんの字幕だったんですね〜
でも台詞の中身がどーでも良くなる程、全員のキャラが立ってて気になりませんでしたぁ(怒られる?)
>最後の警官のなまり
も なんだかもうただただ可笑しくて・・何しても可笑しい娘っこみたいでした私(笑)
Posted by マダムS at 2006年04月21日 00:38
マダム、お帰りなさいです!
またお邪魔できるんですね〜
嬉しい。

>人って笑っちゃいけないネタほど、笑い出すと止まらなくなっちゃうと思いません?

そうなのかもしれませんね・・・「いいのかなあ??」と思いながら、声を出して笑ってしまいました・・・
罪悪感がある分連帯感がある?
でもまたみたいなと思ってますです。
Posted by jester at 2006年04月22日 16:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「The Producers」
Excerpt: 1959年のニューヨーク。過去の栄光の消え去った演劇プロデューサー・マックス(ネイサン・レイン)の元に、会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。レオが帳簿を調べてわかったことは..
Weblog: オバサンは熱しやすく涙もろい
Tracked: 2006-04-13 12:24

『プロデューサーズ』観て来ました!
Excerpt:  『プロデューサーズ』鑑賞レビュー! 原題 ??THE PRODUCERS 2006年4月8日全国ロードショー 製作国??アメリカ 配給??ソニー・ピクチャーズエンター..
Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!
Tracked: 2006-04-13 22:25

「プロデューサーズ」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開7日目初回です。 シアター12(361席)、ほどほどに入っていました。 「シカゴ」や「オペラ座の怪人」の時のように激混みかと思ったのですが、そう
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-04-16 10:19

『プロデューサーズ』
Excerpt: ブログ復帰第一弾です♪ またどうぞよろしくお願い致します♪ いや~楽しかった!!これぞTHAT'S ENTERTAINMENT!! 映画好きで良かったと思える至福の時間でした♪ メル・ブルック..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-04-21 00:27

『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました
Excerpt: 『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ←クリック 米国公式サイト(Flashが見物です)はこちら ←クリック ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今や..
Weblog: 映画と秋葉原とネット小遣いと日記
Tracked: 2006-05-08 13:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。