2006年06月19日

インサイド・マン(少しネタばれあるかも・・・)

でだし、チャイヤチャイヤチャイヤチャイヤ〜♪♪♪

と、インド映画の
「Dil se・・・・」のフィルミーミュージックがド〜〜ンとかかったので、jesterの頭の中ではシャールク・カーンが汽車の天井の上で踊りだしちゃって・・・・パンチ

え、え、これ、何の映画だっけ? 
すごく流行ってたよね〜〜(インドでは)
お祭りのとき、みんなこれで踊ってたっけね〜猫
なんて、軽くトリップしてしまいまして、映画に集中できないったら!


で、気を取り直して映像に集中。(汗)

クライブ・オーエンがアップでぶつぶつ語る画面をじ〜〜っとみて、『踊るシャールク・カーン』を頭の中から追い出しました。

(ちなみに、シャールク・カーンは、インドでは大人気の国民的俳優さんです。名を冠した香水もあるぐらい。
『Dil se・・・』は日本でも公開されたんですよ。あまり話題にはならなかったらしいけど。
でもって、jesterは彼としゃべって、2ショット写真を撮ったことがあります←この写真を「あたしのボーイフレンドよ」とインド人に見せると驚くので、いつも携帯していた時期がありました)


ぴかぴか(新しい)銀行強盗物としては異色のねたですね〜
どうやって逃げ出すのか、どうやって盗ったものを運び出すのか・・・・

この辺を追うだけでも充分楽しめます。


ただしテンポは少々遅いです。
こういう緊迫した展開のものだったら、会話なんかをもうちょっと整理したらあと20分ぐらい短くできて、すっきりしたかも・・・


それと本筋のサイドストーリーが説明不足で分かりにくいと思います。
表面では語られない思惑がいろいろ交差している映画です。

ネタばれしないで語るのは難しいけれど、事件のバックグラウンド、どうして犯人は情報を得たのか、なんで銀行のオーナーは弁護士をやとったのか、オーナーの真意はどこにあるのか、誰と誰がグルなのか、などなどが、最後のほうでほのめかしのように言われるだけで・・・

しかしあの字幕だけで内容を全部把握するのは不可能じゃないか・・・・と思ったのですが、どうでしょうか?
字幕つけた人(あのしとですだ・・・)がストーリーのからくりを分かってない気がしました・・・・



まあすべてがすっきりと分からなくても、強盗の手口なんかは面白いから、それでいいのかなあ。



ぴかぴか(新しい)しかし・・・・デンゼル・ワシントン、太りませんでしたか?
(お前に言われたくないろう)

なんか体の線からシャープなストイックさが消えてる気がしたのは、年のせいか・・・普段の生活がリッチになりすぎたのか・・・

今回の役は『シャープ』『ストイック』というより『世慣れ』『しぶとさ』『頭脳戦』みたいなものを求められていたからかもしれませんけど、ちょっと気になりました。

そして、これも字幕にはあまり反映されてませんでしたが、すごい『汚い』台詞が多かったですね。(訳せないか、あんなのは・・・)

でも笑えるものもあったけど、あまり好感がもてなかったな・・・
あんなに緊迫したシーンで、あんなにくだけたスラングでジョーク言ってもいいのかなあ・・・・

(しかもあの恋人はなんなんだ。「いつでもOKよ〜〜 カモ〜〜ン」みたいなあんな女が警官にいるのか?? う〜むむむ・・・)


ぴかぴか(新しい)その点、ジョディ・フォスターは相変わらずシャープな姉御であります。
しかし、無駄にシャープかも・・・・パンチ
彼女の鋭さとかが活かされてない気がしました・・・・
もっと何かあるのかと思ったけど、匂いだけで、実像がない。

それはウィレム・デフォーも同じ。あれほど癖のある役者さんを使っているのに、ちょっともったいない使い方でした。


クリストファー・プラマーおじさまは素敵でしたけど・・・

足元がよろよろしてるところは演技の中の演技なんでしょうね。
陰があって、何考えてるのかわからない、って言う感じがよく出ていた気がします。


スパイク・リー監督ということで期待してみたわりに・・・というのを差し引けば、良い出来かな。

しかし、もしかしてこの監督さん、女優の使い方下手か? なんて気がちょっとしました。女嫌いなのかも。
デンゼルの恋人、ラジオ放送の翻訳で出てくる外人役の女性、そしてジョディ・フォスター・・・・
そこに愛はないなあ。(欲望とあざけりは見えたけど)
そういう視点で「マルコムX」「25時」「10ミニッツ・オールダー」など、手元にあるDVDを見直してみようかな、と思ってます。




しかし・・・・・・・・・

ネタばれだけど一言言わせて欲しい・・・・・
(未見の方、以下ご注意!!)



掃除する人は絶対気がついたはずだと思うけど・・・・。
家の広さを実感する時って、掃除するときだもん・・・・。
posted by jester at 14:35| Comment(9) | TrackBack(5) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドモドモー♪
うんうん、いちいち納得であります。
確かに、ジョディは無駄なシャープさでした。笑
あの、カモ〜〜ンな彼女といい、女性の描き方がプロトタイプでしたよねん。
もうほんの少し変化球があっても良いかもですね。
でで、デンゼルさんの方は、シャープさが無くなっちゃって、すっかり背広で落ち着く感じになっちゃいましたデス。汗
でも、何と言ってもデフォーですよねー
あの使い方は勿体無い、ゴブリンみたいに「フハハハハ〜!」とはいかないまでも、もう少し個性を出して欲しかったデス。
お話はゆったりとしたテンポながらまあまあ面白かったので、キャストに一工夫欲しかったですよねん・・・・・
Posted by Puff at 2006年06月19日 20:18
私はあのゆるーいテンポとか無駄なシーンが結構好きでしたねぇ。自分のレビューにも書いたのですが、ジョ二ー・トーの映画っぽくて。

わかりにくかったっていうのは、日本語の字幕ってどんなのだったのでしょ?

のっけからクライヴのアップで少々面食らいましたが、あとは顔が見えなくて安心♪でした。

デフォーが出てるのを映画館に行くまで知らなくて、クレジットで出てるのをみてやっほーいとなったのにも関わらず、出番が極端に少なかったですねぇ。

あの役だったらわざわざデフォーを出してお金使うこともなかったのに。
Posted by nouilles-sautees at 2006年06月19日 21:22
Puffさん、TB&コメントありがとうございます。

なんかジョディ、かっこよかったけど活躍したって感じじゃなく、もっといろいろ悪いことするのかと期待してたらそうでもなくて(爆)
もしかして次回作があるのなら、なんかもっと悪いことしてくれそうですが・・・

そうそう、デンゼルがね〜〜
と私に言われたくないだろうけど、ちょっとぶよぶよして見えました・・・・

あとでPuffさんちにもうかがいます♪
Posted by jester at 2006年06月19日 22:11
nouilles-sauteesさん、こんばんわ。

>デフォーが出てるのを映画館に行くまで知らなくて、クレジットで出てるのをみてやっほーいとなったのにも関わらず、出番が極端に少なかったですねぇ。

そうなんですよ!
もっと癖があるヤツ? もしかして裏切る? なんて期待してたのに(爆)ただのおまわりさんじゃありませんか・・・・
豪華キャストだけど、使いこなしてなかった感じがしました・・・・
Posted by jester at 2006年06月19日 22:15
nouilles-sauteesさん、書き忘れましたが、字幕は戸田奈津で、なんかね、話の展開がわかってないというか・・・・
「何でこういう台詞言ってるのかしら? わかんないから、適当にどっちでも通じるようにしておこ」って感じの字幕でした。(爆)
とくに最後のほうがそういう感じが強かったです・・・
といってもちゃんと字幕を読んでいなかったので、「この字幕が変」とかはっきりいえないのですけど・・・
Posted by jester at 2006年06月19日 23:01
jesterさん、そーですか。

いやいや字幕が変というのは具体的にお伺いしたかったのではなく、そーいうことが聞きたかったわけですよ。

ご覧になった方にそういう印象を与えるというのはまずいですよねぇ。

たまに翻訳本なんかを読んでいて同じ印象を受けることがありますが、本はまだ前に返って読み直すことができるし、どういう意味か想像する時間もある(って読者にこうさせるのはほんとはプロの翻訳者の仕事じゃないですけどね)、けど映画は一瞬で理解できないと意味がないのに。

こういうことで映画の評価が変わってしまうとしたら残念ですよねぇ。
Posted by nouilles-sautees at 2006年06月20日 22:30
nouilles-sauteesさん、そうなんですよ〜
英語の本を読んでいて、「あれ?ここ意味がよく分からないな〜」と思って、和訳が出てる本だと、それを読んでみることがあるのですが、結局翻訳者もわからなくてあいまいに訳していることってよくあります。

まあそれならいいけど、勝手に「こんなもんだろう」って間違いの訳を堂々とつけていることもあって、ビックリすることがあります。それでもプロか〜!
って感じですよね。

映画でも邦題とか字幕で、かなり損なわれちゃうことがあるので、そういうのは残念ですよね〜
Posted by jester at 2006年06月22日 09:51
こんにちは!
マサラ音楽はウケました♪ ひゃ〜シャールク・カーン氏にインタビューでもなさったのですか!?
ほとんど内容は理解したつもりだけど、ちょっとすっきりしない感があるのは私の頭の中身が薄いからだと思ってましたが、 字幕のせいだったのかしら!?(笑)
そーですよねー! あの隠し○○の広さ分・・狭くなってるだろー?でもお掃除の人なんて入るん?笑;
Posted by マダムS at 2006年06月25日 10:02
マダム、コメントありがとうございます。
シャールク・カーンとは某ホテルで会いました。パーティに出てたときに、隣でやってたパーティに来てたの・・・・
しかしその時はそうファンでもなかったので、ただ握手してもらって写真を撮っただけでした・・・・
あとでみんなにもったいながられましただ。

いっくらストアルームでも掃除しませんか? ホコリ積もるし。1週間にいっぺんかなあ・・・
それにいっくらトイレ掘ったって、匂うし・・・・(爆)
Posted by jester at 2006年06月25日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19503158

この記事へのトラックバック

「インサイド・マン」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開7日目初回です。 シアター14(204席)、15分前に着いたのですが、雨だからか普段より日人が多かったデス。
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-06-19 20:10

『インサイド・マン』
Excerpt: 私、好きですよこれ。 いまどき銀行強盗の映画? と思ったけれど・・皆さんの感想が賛否両論なので かえって興味が沸いて観てきました! 全員を同じ服装にして人質と犯人を区別しずらくする というアイデアも面..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-06-25 09:52

こういうことなのかなあ?? 映画『インサイド・マン』
Excerpt:  スパイク・リーの新作『インサイド・マン』が好動員を見せているようです。  まだ封切りから2週間だとはいえ、平日の昼の回でもかなりの入りで、最終回は早い時間に満席になってしまう。『マルコムX』(92..
Weblog: 海から始まる!?
Tracked: 2006-06-30 14:48

インサイド・マン
Excerpt: 「インサイド・マン」 INSIDE MAN / 製作:2006年、アメリカ 12
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-07-03 19:08

桴瑰㨯⽶敮畳獯浥⹣潭⽷敩杨琭獳⽶敮畳ⵦ慣瑯爭牥癩敷
Excerpt: 䩕乥䬭䍉久䵁@@⁩渠瑨攠䩕乥䬭奁剄
Weblog: 桴瑰㨯⽶敮畳獯浥⹣潭⽷敩杨琭獳⽶敮畳ⵦ慣瑯爭牥癩敷
Tracked: 2017-01-06 20:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。