2006年06月29日

花咲ける騎士道

1952年、ジェラール・フィリップ主演で作られた映画のリメイク。
2003年に公開されてます。

花咲ける騎士道 スペシャル・エディション
花咲ける騎士道 スペシャル・エディション


ヴァンサン・ペレーズが軽やかな動きとこぼれるような笑顔で頑張ってます。1962年生まれだけど、若々しく見えますね〜
20代後半には見えます。(甘いか?)

そしてペネロペ・クルスが可愛いの!
この人のフランス語、なんか好きなんですよね。(発音の仕方が好き)
スペインなまりなのかな?


内容は、というと、カンフーの影響ありか?というアクションのどたばたギャグ。
ルイ15世統治下の18世紀フランスの話ですが、王様とか皇室とか権威はめちゃくちゃ滑稽な描写で馬鹿にされまくってます。

歴史物?なんて期待してみちゃうとこけちゃうけど、『おバカな展開である』と決めて楽しんでみちゃうと、軽いのりで結構楽しめます。

脇役の演技がいちいち笑えて○
セットは本物のお城を使ってる(?)ので、安っぽくならないところが絶妙・・・かな?

ちなみに原題は「FANFAN LA TULIPE」。
「チューリップのファンファン」って、主人公の名前なんだけど。(あだ名か)
邦題、すごい題ですよね。1952年に作られた元の映画がそうだったから?

しかし・・・・ すごい邦題です・・・・


posted by jester at 09:42| Comment(9) | TrackBack(0) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しみに見せてもらってます。
ぜひ見に来てもくださいな♪
Posted by kayo at 2006年06月29日 09:52
これ観ました。ペネロペがかわいかったです♪
映画自体はちと退屈でした(汗)
ヴァンサン・ペレーズは、よくあんな笑顔ができるなあとただただ感心するばかりでした。
でも、去年出た「愛と復讐の騎士」(これもスゴイ邦題。。。)のDVD買いましたよ〜(爆)!ヴァンサン主役じゃないし、これも映画自体にはちと裏切られた気が(大体、期待しすぎ?!)しますが、ま、おもしろいと言えばおもしろいです。←どっちなんだ!
しかし、ヴァンサンなんとかさんに好きな方が多くて(笑)・・・こんがらがる。
Posted by DD at 2006年06月29日 20:57
こんちは!
私もこれ横浜のちっこい劇場で観ましたよ〜その後DVDでも(あ、WOWだったかな)観ました。 
楽しいコメディーでしたよね〜〜ジェラール・フィリップのも結構お笑いは入ってるんですが、こちらは更にパワーアップでびっくりした次第(爆)ペネロペもフランス語頑張っていたしで感心したのでした。
先日観た「カサノバ」がちと食い足りなかったのはチャンチャンバラバラが少なかった(というか無かった?)かもななどと思ってます。
Posted by マダムS at 2006年07月01日 07:09
DDさん、ご覧になったのですね〜
このペネロペ、勝気だけど可愛い感じがうまく出てましたよね。
ヴァンサン・ペレーズの笑顔はほんとに底抜けで、楽しそうで、あれだけでもこの映画を見た価値あり?と思ってしまうほどでありました。(言い過ぎ?)

「愛と復讐の騎士」はDVDがでてたんですね〜
劇場公開なかったですよね?
今度探してみます〜
Posted by jester at 2006年07月01日 16:50
マダムは横浜の劇場でご覧になったのね!
風刺の効いてる、フランスらしい(?)コメディだなと感じました。
しかし多かれ少なかれ、貴族や王族の戦争に対する感覚はあんなもん(ゲーム?)だったのでは、なんて思いもしました。
「カサノバ」まだいってないのです。
来週ぐらいにいけるかな?
Posted by jester at 2006年07月01日 16:53
jesterさん、こんにちわ。私はクルロペ・クルスのファンだったので、劇場公開された時、観ました。クルスは良かったのですが、私にとってはファンファン役が重すぎて、軽妙さが足りないと思いました。

これ、ジュラール・フィリップの出演作のリメイクなのですが、この元作の軽妙な感じは素晴らしいと思っています。
Posted by matsumo at 2006年07月02日 19:59
matsunoさん、こちらにもコメントありがとうございます。
ペネロペのファンでらっしゃるんですね〜
可愛かったですよね、このペネロペ。
まつげくりりんとしてて、細いのにグラマーで。

元の映画ではファンファン役が軽妙なんですね。
今度見てみたいと思っています。
Posted by jester at 2006年07月02日 22:08
jesterさん、こんにちわ

私の場合、綺麗な女優さんが出演している映画を観ることが多いです。ペネロペちゃんの出演作、私はまず「オープン・ユア・アイズ」を観て、その後、「ウーマン・オン・トップ」、「裸のマハ」、「コレリ大尉のマンドリン」、「花咲ける騎士道」と続きました。

「オープン・ユア・アイズ」は、今は無き六本木の映画館で観ましたが、観終わった時は、その衝撃的な内容に呆然としてしまったことを覚えています。

私が映画館で観た5本の中では、「ウーマン・オン・トップ」が最も好きです。
Posted by matsumo at 2006年07月03日 19:58
matsumoさん、私はペネロペを始めて映画館で見たのは「コレリ大尉のマンドリン」だったように思います。
でも〜〜その時はそれほどいいとも思わなくて・・・というか、映画に期待しすぎてたせいか、ニコラス・ケイジがだめなせいか・・・・

その後「オープン・ユア・アイズ」でかわいいな〜と思い、(つか、あのストーカーみたいなヌリアが怖すぎで・・・)騎士道で、わ〜〜可愛いじゃん!と思ったのでした。

「ウーマン・オン・トップ」は未見なので、ぜひ見てみたいと思います。
ありがとうございました〜
Posted by jester at 2006年07月03日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。