2006年07月03日

プルートで朝食を その2(少しネタばれあります)

なんかいまだに、心地よい余韻を味わってます。
この余韻の原因はなんだろう・・・猫
コマドリがファンタジーのように道化役で飛びまわっていたけど、テーマは重かった「プルートで朝食を」。
でも不思議と重くないのです。

このところ、重い映画が多くて、見終わった後ズシ〜〜ン・・・
『人間ってあほだ〜〜 人類は滅びるぞ・・・』
そういうのが嫌いじゃないけど、続くとしんどいです。
「ミュンヘン」→「ルワンダ」なんて、かなり食欲なくしましたし。

というわけで、一昨日に引き続き「Breakfast on Pluto」です。
(ネタばれ気にせず書いてますので、未見の方はご注意!)



全編を通じて流れている、キトゥンの中にある、身を切るような孤独感。

女装は周りの人の反感を買うためにわざと誇張してしている?とも思えるほど柔らかな隠れ蓑。
「気に入らないなら殺していいよ」という投げやりな態度。

やられたらやり返す。暴力の応酬が続くアイルランド。
自分たちの『正しい』と信じることを、暴力によって貫こうとすることに疑問を持たず、他者にも強制する人たち。
それは学校の先生だってあまり変わらない。
その中で、キトゥンは他者を傷つけるほうには走らない。
パープリンに見えても誇り高く、自分を曲げない。

日本でも最近、今の自分の環境に不満で、親を殺したり家に火をつけたりする青少年やら、自分の子供が死んだので隣の子供を殺す母などのニュースが飛び交っている。
金儲けするためには、嘘も平気でつきます、他人が困っても関係ありません、というひとが堂々と記者会見を開いたりする。
理解し、理解されようとするよりも、とりあえず相手を攻撃、な人間が多い。多すぎる。

でもキトゥンは刃を自分に向けていく。
わざと危ない道を歩き、わざと誤解されるような言葉を吐く。
すがるような目や言葉と裏腹に。

母なら、こんな自分を100%そのままで受け止めてくれるはずだ・・・
そんな風に母を求める心は分かるけれど、再会できても、赤ん坊の頃に彼を簡単に捨てた母が、彼のことを抱きしめてくれるはずもなく・・・・
それでも、そんな希望しかなく、ひたすらすがってしまうしかないキトゥンの寂しさ。

鏡の中の自分に母を求めて女装する切なさ。

それはたとえ母を見つけられたとしても癒しがたいもの。


けれど、幼馴染や父の暖かい心、そして出会った人々と心を交わすことによって、キトゥンは次第に『心のバランス』をとることを学ぶ。

危なっかしいものではあるけれど、そのキトゥンの寂しさや、愚かながらもひたむきでまっすぐな態度が共感を呼ぶのではないかな・・・

あのキトゥンの人生を形容するのに「まっすぐ」という単語を使ったら違和感があるかもしれませんが、jesterにはとってもまっすぐに生きているように見えました。

なかなかまっすぐに生きられません。
どんなにまっすぐに生きたいと願っていても、時には(・・・というか、ほとんどいつも)曲がって曲がって、あわせてあわせていかなくちゃ、傷だらけになります。

だからこそ、傷だらけになることを恐れず、あくまでまっすぐなキトゥンの生き方に憧れを感じるのかもしれません。

「あ〜〜あ、馬鹿だなあ。傷つくよ、そんなことしてると」

と思うのに、そんな彼が曲がりなりにも居場所を見つけられることが嬉しくて。


キトゥンは変わらず、キトゥンのまま、愚かにまっすぐ生きていくのだろうけれど、そしてそれは、かなり危ういけれど、・・・ま、誰のものでも人生は危ういものですよね・・・私のもあなたのも。



ぴかぴか(新しい)昨日書き忘れましたが、ブレンダン・グリーソン氏がすごくおいしい役でした。
最初おでましのとき「え??この声、まさかブレンダンさん??」と思いつつみていて、正体を現したときは爆笑!!
まったく破天荒なおっちゃんです。


気になっていた「嫌われ松子の一生」と似ている、と比較されてるようですね。
やっぱり見に行こうかな〜 松子ちゃん!


posted by jester at 07:41| Comment(20) | TrackBack(9) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB&コメントどうもありがとうございます。

無垢で真っ直ぐな生き方は、まさに聖キトゥンと名乗るのに相応しかったと思いました。

Posted by butler at 2006年07月03日 11:33
ネタバレ覚悟で読ませていただきました。
フランスでは知らんうちに上映が終わってるし・・・。
見たかったなーとつくづく思いましたね。
映画もだし、このキリアンも。

これを見たらちょっとDDさんカラーに染まってしまうのもわかる気がします。

>「嫌われ松子の一生」と似ている
って言われてるんですか?

えーん、この映画もフランスでは見られない・・・。
Posted by nouilles-sautees at 2006年07月03日 18:39
jesterさん、初めまして、こんにちわ。
TB&コメントありがとうございました。こちらからも幾つかTBさせて頂きました。
ウンウンと頷く事ばかりです。本作は、重いテーマなのに重さを感じさせないところが素晴らしいかったですね。
>パープリンに見えても誇り高く、自分を曲げない。
もうね、この辺り。これこそ本当の意味での賢さだとすら思いましたよ。キトゥンは本当に魅力的ですよね。

ところで。LOTR お好きなんですね!私も大好きです。好き過ぎて記事にできないでおります。あの魅力は語り尽くせませんわ。

そんな訳で、また遊びにきますのでヨロシクお願い致します。
Posted by 隣の評論家 at 2006年07月03日 19:17
butlerさん、TB&コメントありがとうございます。
そういえば、自分で「聖キトゥン」って言ってましたよね。
確かに人間離れした無垢な感じでした♪
Posted by jester at 2006年07月03日 22:48
nouilles-sauteesさん、コメントありがとうございます。
フランスではもう終わっちゃったのですね。
そのうちDVDにでもなったら見てみてくださいませ。

日本では「松子」の裏返しみたいな話だ、って言うようなことが言われているみたいです。
キリアン君♪♪とDDさんが騒いでいたのがやっと分かった感じでした。
Posted by jester at 2006年07月03日 22:51
隣の評論家さん、TB&コメントありがとうございます。
いろいろなページにTBしていただいて、嬉しい♪

でも「はじめまして」でしたっけ・・・?
一回来ていただいたことがあったような・・・? いや、似たようなHNの方でしたでしょうか?

私のほうは時々お邪魔してましたので、ちゃんとご挨拶しなくてごめんなさい。
これからもよろしくお願いいたしマス。

LOTRは病気みたいなもんで、はまりすぎてて、まともなコメントはできないのですが、とりあえずわめくだけはしています。(爆)
Posted by jester at 2006年07月03日 22:55
わーん、jesterさん、第2弾、ありがとうです〜。
読んでいて感動いたしました。私、毎日、悪いことが起こりませんようにと祈りつつ、落ち込んだときには、うまくいかなくて当たり前と考えるようにしてますが、時々、自分でもそれって臆病だし、逃げだし、合理化だなあといやになることがあり。。。

>傷だらけになることを恐れず、あくまでまっすぐなキトゥンの生き方に憧れを

まだ観ぬキトゥンにますます憧れます〜

ブレンダンおぢさん、大好きなのです!おいしい役ですか?!公式などで写真をみると変な着ぐるみおぢさんみたいですが・・・でも、かわいい♪楽しみ♪
Posted by DD at 2006年07月03日 23:39
DDさん、ネタばれでごめんなさい・・・
でも私の書いたものなんか、あの映画の魅力のほんの少ししか伝えられてないと思います。
東京では7月中旬までの上映ですけれど、もう一回いけるといいな〜と思ってます。

ブレンダンさん、もう写真ご覧になっちゃったのね〜
jesterはネタばれ厳禁でレビューはもちろん公式サイトも行ってなかったので、あの着ぐるみから漏れてくる声を聞いたとき、笑いを抑えるのに必死・・・・
登場している時間はそれほどないけど、かなりいい味出してます♪
Posted by jester at 2006年07月04日 08:20
ドモドモー♪
TB、コメントをありがとうございました。

シネスイッチ銀座・・・
以前は好きな劇場の一つだったのですけど、愚かなスタッフのおかげで好きくない劇場に格下げになりました。フ・・・
ワタクシは初回なので並ぶことは無いのですが、観終わって通路に出るとずらーーっと並んで凄いですよね、、その気持ち分かります。

レヴュー、1も2も拝見しました♪
そそ、かなり内容としては重いと思うのだけど、コマドリがピチュピチュさえずったり何だかファンタジーを感じさせてくれて、それも良かったですよねん。
Posted by Puff at 2006年07月06日 01:06
Puffさん、TB&コメントありがとうございます。
初回だと並ばないですか?
先日は金曜のレディースディだったのですけど、初回『立ち見』だったそうです!
それほどお客がきてくれるのだから、チケットに番号を書くぐらいなんでもないと思うのだけれど・・・
それでお客を逃しているとしたら、本当に愚かですねえ・・・

出だし、ディズニーかと思いましたよね。あのぎこちないCGがまた笑えてよかったです。
しかし、コマドリってミルク飲むんでしょうか・・・・
Posted by jester at 2006年07月06日 11:43
何時も金曜のレディースデイを外すからか、並んだことはあまり無いでする。
並んでも10数人かな。
たまーに2回目になる時があるんですけど、細い通路にむんむんと熱気漂う中並ばされてううっとなりました。苦笑
そうそう、その合間の清掃中にこそり・・・と席を取っているオバを発見して一人でムキーッとなったりしました。ふぅー・・・

あのシャンテでさえ改善したのだし、シネスイッチも何とかして欲しいですよねん。
Posted by Puff at 2006年07月06日 17:38
Puffさん、私はいつも900円に釣られて、金曜日に行ってしまいます。
だって2回みられるし。
あの通路、苦痛ですよね〜

>その合間の清掃中にこそり・・・と席を取っているオバを発見して一人でムキーッとなったりしました

わははは! 
そんな猛者がいるのですね!

昨日またシネスイッチにメールしておきましたが、きっとまた返事ないのだろうなあ。
これからの企業って、こういう顧客からの意見を聞いていかないと生き残れないと思うけど。
Posted by jester at 2006年07月07日 08:03
ワタクシはココの会員なのですが、jesterさんもどうですかの。
最初に少しお金を払いますが、自分のペースだと1ヶ月で元が取れまする。
何時でも何処でも1000円ですぞ!!

既にご存知かも知れませんがーー

http://www.mpte.jp/
Posted by Puff at 2006年07月07日 18:16
Puffさん、こんなのあったなんて、全然知りませんでした!
短館系の映画も1000円ってすごいかも・・・・
年会費と入会金合わせて15000円ですか・・・ 18回行くと元が取れますね〜〜
私の場合、水曜に行くことが多いのですけど、そんなことも気にしないでいけるのはすごいかも・・・・
検討してみなくっちゃ。
お教えいただいて、ありがとうございます!

これって、ヴァージンシネマ六本木の6番スクリーンまでしか載ってなかったけど、7番スクリーンはだめなんですかね〜
あの大画面が好きで良く行くのですけれど・・・・
Posted by jester at 2006年07月07日 18:57
こんばんわ☆
コメント&TBありがとうございました。
一人の青年の生き様・・・確かにまっすぐに生きていく事って何て難しいんだろうと思います。
彼の中には、葛藤や寂しさが内在するけれど、これほど自分にまっすぐに正直に生きる姿に感銘を受けてしまいますね。キリアン・マーフィの素晴らしい演技もしかりですが。
ラストシークエンスまでの流れが非常に素敵で観終わった後は、これほど素晴らしい余韻に浸れる作品も珍しいな。と管を巻いてしまいそうでした♪
Posted by orange at 2006年07月07日 20:36
orangeさん、いらっしゃいませ。
愚かで不器用だけど、なんか感銘を受けてしまいますよね♪
キリアンの演技も、ほんとにあっていました。
My wayで生きるって、ほんとに難しいけれど、あこがれます・・・
Posted by jester at 2006年07月08日 08:03
ドモドモ、、続きでござります。笑

都内の劇場は殆んどカバーしていて、岩波ホールだけが割引です。
(・・・他の自主運営みたいな特殊な所は前もってTELして確認した方が良いかも)
でも、普段行く劇場は全てOKなので、とーっても便利ですよん☆
更新時期が4月なので、皆さん用心して、年が明けたらすぐ書類手続きします。
jesterさんもたくさん観ておられるので、あと半年だけれど、今手続きしても十分元が取れると思いますー
(・・・って、何だか協会の回し者みたいですね。笑)

劇場によっては、シニア扱いになるので、チケットに「シニア」と書いてあるのが笑えます。

レディースデイの無いあのル・シネマでさえ、これで入れるので有り難いものです。フフ
この会員証を手に入れると、混雑したレディースデイを避け、スイスイと空いている平日に行けますぞ!!
是非ーーー♪
Posted by Puff at 2006年07月08日 11:20
Puffさん、何回もお教え戴きありがとうございます!

>更新時期が4月なので、皆さん用心して、年が明けたらすぐ書類手続きします。

ふむふむ、メモメモ。
来年の4月からのほうがいいかしら・・・?

昔友達に「カツラを買って、60歳以上の扮装をして、腰を曲げて入ったらばれるかな」といったら「カツラとか買う金があったら、正規料金で入ったら」と冷たく言われた覚えがあります。しくしく。

でもこれなら堂々「シニア料金」で入れるのですね〜

(最近は娘の制服を着て「高校生3人そろったら友情割引」にいってみようと、メンバーを募集してました・・・・)
Posted by jester at 2006年07月09日 07:19
こんにちは。ステキな映画でしたね。
もしも自分がパトリックのような境遇に生まれ育ったら、絶対誰かを恨んだり憎んだりしたと思います。自分にはきっとそうはできないと思うからこそキトゥンの軽やかにうたれました♪
キトゥンが悲劇を飲み込む前に表層で跳ね返すのとは違い、松子はそれをしっかと受け止めちゃうんですよね。懸命に行き進んでいるのは結局同じかもしれないけど、物事や人への対峙の仕方がまるで違うんですよね。だから、私にとっては、全然別ものー。
Posted by かえる at 2006年07月20日 12:56
かえるさん、コメントありがとうございます。

>キトゥンが悲劇を飲み込む前に表層で跳ね返すのとは違い、松子はそれをしっかと受け止めちゃうんですよね

あ、実はまだ松子見られてなくて・・・
こないだぎりぎりで間に合わなくて(涙
早くしないと上映が終わっちゃう!と焦っております・・・
Posted by jester at 2006年07月20日 18:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

プルートで朝食を
Excerpt: ”Breakfast on Pluto”原作=パトリック・マッケーブ。脚本=ニール・ジョーダン&パトリック・マッケーブ。監督=ニール・ジョーダン。 アイルランドからロンドンへ、女装趣味の孤児キトゥン..
Weblog: ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!
Tracked: 2006-07-03 11:21

プルートで朝食を
Excerpt: 「プルートで朝食を」 BREAKFAST ON PLUTO/製作:2005年、イ
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-07-03 19:04

「プルートで朝食を」
Excerpt: 公式サイト シネスイッチ銀座、公開2週目初回です。 シアター2(182席)、評判が良いとの事なのでアセアセして40分前に到着ー!! 劇場には一番乗り、最終的には4-5割程の入場者数でした。 ..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-07-06 00:57

プルートで朝食を
Excerpt:    アイルランドのとある町の協会の前に捨てられた赤ん坊は、ブレイデン家の養子となる。  彼の名はパトリック(キリアン・マーフィ)。自分の事をキトゥンと呼び、性..
Weblog: とにかく、映画好きなもので。
Tracked: 2006-07-07 20:37

愛されキトゥンの半生 「プルートで朝食を」
Excerpt: (2006年7月9日 伏見ミリオン座3 2005年 英 ヴィスタ SRD 127分) 「クライング・ゲーム」のニール・ジョーダン監督が、激動のアイルランド現代史を背景に、女の子の心を持つ一人の青..
Weblog: 映画好き30男をもうちょっと励ます会
Tracked: 2006-07-10 20:27

Breakfast on Pluto / プルートで朝食を
Excerpt: アイルランドを代表する監督の一人、ニール・ジョーダンの作品。 赤ちゃんのときに教会の前に捨てられ、義理の母親に育てられたPatrick。幼少の頃から興味があるのは義理の母の洋服に靴。高校..
Weblog: Cinematheque
Tracked: 2006-07-26 00:41

Γプルートで朝食を」主人公に慣れるのに時間がかかる
Excerpt: Γプルートで朝食を」★★★ キリアン・マーフィ 、リーアム・ニーソン主演 ニール・ジョーダン 監督、2005年、アイルランド イギリス へドウィックは、歌で激しい「生」を表現したが、 この..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-07-28 10:32

☆プルートで朝食を・・・・!
Excerpt: 京都みなみ会館にて8月12日よりロードショー早速観てきましたニール・ジョーダン監督の最新作です。ニール・ジョーダンの映画を観るのはこれで三本目になります。やはり「クライング・ゲーム」が有名ですよね19..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2006-08-15 11:02

『プルートで朝食を』
Excerpt: これも気になっていたのに見逃した作品。こう考えるといろいろ見逃しているな・・・。 「アイルランドの田舎町。司祭館の前に置き去りにされたパトリックは女装の好きな少年に成長。その個性と感性を持て余し..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2007-03-10 02:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。