2006年08月02日

トランスアメリカ

これ、よかったです! jester的には今年の5本に入りますだ〜黒ハート

お金がかかってないインディーズムービーだけど、愛情はいっぱいこもってます♪

脚本にも無理がなくて、奇妙な設定ながら、その世界に引き込まれます。
元気をいっぱいもらいました!


1000957_02.jpg有名な俳優はほとんど出てません。

ぴかぴか(新しい)フェリシティ・ハフマンは『デスパレートな妻たち』で人気が出ましたが、日本では知っている人のほうが少ないと思います。

演技力はあるけれど地味な顔だちで、主役を張って男性のファンを呼べる女優さんではありません。

(だから、日本での公開も遅くって・・・あせあせ(飛び散る汗)

彼女は日本で言うと、室井滋さんみたいな女優さん。

そんな彼女が「低予算のインディーズムービーだから、せいぜい私の母と友達にビデオで見せておしまいだと思っていた」映画が、世界の映画の賞を総なめする結果に。


彼女の役どころは「女性になりたいと思っている男性」。

もうすぐ身体を手術して、完全に女性になる!!と意気込んでいるトランスジェンダー、ブリーです。


そんなある日、『息子が警察に捕まった』という電話がかかります。

「え、わたし、息子なんかいないわ・・・」といいつつも、そういえば昔、まだ外観が男だった頃に1回だけ身におぼえが。

その話をセラピストにしたら

「息子さんと和解しない限り、あなたが精神的に手術のために成熟できたとはいえない。だから手術の同意書にサインしない」

といわれてしまい、どうしても手術したいブリーの、「息子を何とかするため」のアメリカ横断のロードムービーが始まります。


こう書いてしまうと陳腐な始まり方に聞こえますが、フェリシティがどうみても女装している男性にしか見えないので(ほめてます!!)、彼女の振る舞いを見ているだけで笑いの発作が来ます。


女装をする男性は傍目には滑稽で時には悲壮、自虐的に見えます。「プルートで朝食を」のキトゥンもそうでした。

でも、ブリーは前向き。女性になって、自分にとって自然な形で人生を真っ当に生きていきたいと思っている。
その真摯な生き方が胸を打ちます。

彼女が演じるブリーは、『過剰に女性らしくしている男性』であり、厚化粧、ピンクのスーツに身を包み、虫や蛇を嫌い、ぴらぴらしたナイトガウンが大好き、というステレオタイプの女性像。

それはそれでとても滑稽だけれど、ああいうのを見ていると「男性のあこがれる女性像」が分かるような気がします。

柔らかくて優しくて綺麗で可愛くて・・・




1000957_01.jpgぴかぴか(新しい)そして息子役、 ケヴィン・ゼガーズの可愛いこと!
いや、20歳の男性(撮影時)を捕まえて「可愛い」も何もないでしょうけれど、リヴァー・フェニックスとガエル・ガルシア・ベルナルを足して割ったような・・・・ううう、ハンサムです!

jesterの苦手なペコちゃん系のダニエル・ブリュールに似てるかな?と写真を見て思っていたのですが、ワイルドな雰囲気もあり、これから上手に作品を選べば(汗)、大スターになるかも、という美形でした。


悲惨な幼児期をおくり、売春、麻薬、盗み、と荒れた生活のなかでもがく青年。

でも心は清らかで、愛に飢え、まだ真っ当な人生を送れる望みがある。

それをケヴィンが演じたら、そりゃあだれだって手を差し伸べたくなりますわ〜

しかもめちゃくちゃいろっぽい! そ、そんな目で迫られたら、困るう〜(殴パンチ

ぜいぜい。あせあせ(飛び散る汗)

ちなみに彼が扮するトビーが「知ってる? ロード・オブ・ザ・リングスは『ゲイムービー』なんだぜ」なんて言い出して、とうとうとこの説を述べたりします。
この、LOTRがゲイムービーって、アメリカではかなりしつこく言われているみたいですね。
jesterはそうは思いませんけど。



というわけで、「留置場から出してあげよう」→ 
「少しお金をあげよう」→
「継父に押し付けて面倒見させよう」→ → →

・・・ともがいているうちに、ブリーは父性愛に目覚め(というか母性愛に近い)、ブリー自身も親として成長していくのです。


ぴかぴか(新しい)脇役では『ダンス ウィズ ウルブス』の「蹴る鳥」を演じたグレアム・グリーンがいい味を出してます。



ぴかぴか(新しい)ハリウッドが巨額をかけて(その元を取ろうと宣伝もしっかりして)人気俳優をたくさん集めて作る「金儲け映画」に乗るのも・・・時にはいいけれど・・・

こういう、貧乏だけど(爆)のんびりしてて、好きな人に見てもらえればいいや、と愛いっぱいハートたち(複数ハート)で作った映画のほうをもっともっとたくさん見たいな、とおもうjesterでありました。


posted by jester at 08:56| Comment(18) | TrackBack(17) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおお〜〜〜!!
私も今週中に見に行きたいと思っていたのですよ〜〜!!
まあ時間がとれれば…の話ですが。

どこのレビューを見てもこの映画は誉めてますよね。
そっか〜jesterさん的にもよかったか〜。
ハートフルな話は私も大好きなので楽しみだなあ〜〜♪
Posted by dim at 2006年08月02日 12:00
jesterさん、こんにちわ

この映画、予告編、何回か観て、行こうかどうか迷っている1本です。

話は面白そうなのですが。

それから、私の場合、毎月1日は定休日(笑)になっています。
Posted by matsumo at 2006年08月02日 20:17
dimさん、これ、お勧めです♪
家族って・・親って・・子供って・・・
なんていろいろ考えさせられますが、とっても爽やかな終わり方で、しかも無理がない感じなんです。

ごらんになったらレビュー、おまちしてますだ〜
Posted by jester at 2006年08月03日 07:40
mastumoさん、おはようございます。
この映画、matsumoさんごのみの美女はまったく一人も登場しませんが、お話は、jesterは好きです。
(美青年は出てきますけどね〜)

>私の場合、毎月1日は定休日(笑)になっています

きゃははは!
そういえばこないだも、見終わったあとエンドロールを見ずに立つ方がとっても多かったんですけど、多分はしごで、次の映画館にいくんでしょうね〜
Posted by jester at 2006年08月03日 07:45
>貧乏だけど(爆)のんびりしてて、好きな人に見てもらえればいいや、と愛いっぱいで作った映画
ですねー大好きです〜ほっとしますよね、こういうの観ると。
(巨額をかけた金儲け映画も好きだったりするんですが 汗;)
ブリーは息子ちゃんと一緒に住む決心をして・・あのネイティブアメリカンのカウボーイとはもう会わないんだろうか・・彼ってブリーの真実知ってましたよね?確か。
連絡取るっていったって、電話あったっけ?なんてそんな心配もしてしまいました。
Posted by マダムS at 2006年08月03日 10:16
暑中お見舞い申し上げます…♪
ROTRの話、ゲイムービーってホントなんですか〜?笑
なんか、私的にはケヴィン・ゼガーズって、なんちゃってディカプリオでした。笑
すごくjesterさんがフェリシティを褒めてるのが、また可笑しくて。。。
笑いもありながらホッとさせる良い作品でした♪
Posted by charlotte at 2006年08月03日 14:41
マダム、TB&コメントありがとうございます。

>(巨額をかけた金儲け映画も好きだったりするんですが 汗;)

こういうのも面白いときもあるんですけどね〜〜(殴
やっぱり元を取らなくちゃと思うと、たくさんの人に分かってもらわなくちゃということで、説明が過ぎたり、サービスショットが多すぎたり・・・・というのが多いような気がします。

まあインディーズが全部いいのかといえばそうでもないですけども。

>彼ってブリーの真実知ってましたよね?確か。

そうでしたっけ?? トイレいったとき、見たんでしたっけ?
う〜ん、もう一回見て確認しなくちゃ!
Posted by jester at 2006年08月04日 07:59
charlotteさん、TB&コメントありがとうございます。

>LOTRの話、ゲイムービーってホントなんですか〜?笑

LOTRがゲイムービーっていうのはかなり言われてました。もともとサムとフロドが怪しいとか、Aragornとレゴラスをカップルにしたらおいしいとか・・・

原作を読んだとき、jesterもサムとフロドの間には愛情があると思いました。ゲイのではないですが、家族のような。「 I'm glad to be with you, Samwise Gamgee, here at the end of all things. 」ってフロドがマウント・ドゥームでいうのですが、あれって愛の言葉だと思ってます。
それを「ゲイ」ととらえた人々がいるんですよね〜
でもそうじゃないと思うのですが。

>すごくjesterさんがフェリシティを褒めてるのが、また可笑しくて。。。

あのタチション、あそこまでできる人はすごい!!
Posted by jester at 2006年08月04日 08:06
こんにちは☆

さすがの演技でしたね!
フェリシティハフマンの演技はあまり意識したことがなかったんですが、
恐れいりました☆
ケヴィンくんも良かったですね。

またあそびにきてください♪
Posted by mig at 2006年08月04日 09:51
jesterさん、こんにちは。
先ほどはスワロのblogにコメントありがとうございました。

只今サーバーの調子が悪いようで、
たまにコメント&TBができないこともあるのであしからず。

ケヴィンくん、素敵でしたね〜。
作品を見ながら
「このまま彼が脱ぎ続ければガエルくんの地位も危ないっ!」
と余計なお節介を焼いてしまいました。
ワイルド&セクシーでこれから出演作が増えそうですね。
うまく伸びてくれるといいんですけど・・・
(↑お節介?)

また遊びに来ますね〜。

  from swallow tail
Posted by swallow tail at 2006年08月04日 13:07
こんにちわっ。

私もこういう低予算映画好きですよー。
たま〜に超気分転換で大金かけたバカ映画見たりするのはいいんだけど、
やっぱりそういうのって続けて何本も見られないんですよねー。
私も低予算ながらも心温まる良質なこういう作品を望みます。^_^

また遊びにきますねー。♪
Posted by Chocolate at 2006年08月04日 14:01
migさん、いらっしゃいませ〜
コメントありがとうございます。

演技力の確かさ、普段のフェリシティと全然違う「男顔」にはビックリでした!

またそちらにも遊びにうかがいます!
Posted by jester at 2006年08月05日 09:04
swallow tailさん、TB&コメントありがとうございます。

>「このまま彼が脱ぎ続ければガエルくんの地位も危ないっ!」

きゃははは! 確かに!
これであのガエル君の怪しさ(?)が身につけば、すごい俳優さんになるかもしれませんね。
童顔なのにすごいシーンを平気で撮る(平気なのか?)も似てるかも。

jesterもまたお邪魔すると思います。どうぞよろしく〜
Posted by jester at 2006年08月05日 09:17
Chocolateさん、TB&コメントありがとうございます。

>私も低予算ながらも心温まる良質なこういう作品を望みます。^_^

やはり巨額のお金がかかっているものって、どうしても「元を取らなくちゃ」って言う分、つくりが大衆受けをねらっちゃって、臭くなったりしますよね。
客が呼べる俳優さんをつかわなくちゃいけなかったり。
一種のプロジェクトみたいなもので、それなりに楽しませてもらえますけれどね!
でも、普通の人間が生きていくのを見るのが好きなjesterには、低予算映画は、ほんとに映画が好きな人がこつこつ作ってるって感じがして好きなんですよ〜

また遊びにいらしてくださったら嬉しいです♪
Posted by jester at 2006年08月05日 09:21
jesterさん、こんにちわ。
TB&コメントをありがとうございました。
この作品、とても良かったですよねー。シンプルなんだけれど、何と言うか小難しい感想は一切いらない。とても魅力溢れる作品でしたよね。劇場は、満員御礼みたいで!とっても嬉しいニュースですね。

「LOTRはゲイ・ムービー」というセリフには私も過剰に反応してしまいましたわ(笑)。同意しかねますけど、セリフにも登場してしまう偉大な映画という事ですよね。
Posted by 隣の評論家 at 2006年08月05日 13:16
隣の評論家さん、いらっしゃいませ〜
こちらこそTB&コメントありがとうございます。

>シンプルなんだけれど、何と言うか小難しい感想は一切いらない。

本当にそうでした。変な人たちが出てくるのにとっても身近な感じ。
また見たくなる作品でしたよね。

>セリフにも登場してしまう偉大な映画という事ですよね。

わ〜〜!そんな嬉しいこと!!
Posted by jester at 2006年08月07日 08:06
jesterさん、おはようございます♪(*^^)
もう、とってもとっても良い映画でしたね〜♪楽しかったです〜☆♪(*^^)
この映画は、フェリシティ・ハフマンの演技が大注目でしたよね♪それで観に行ったようなものなのですが、、、
彼女の演技も、もちろんとっても良かったのですが、(*^^)
jesterさんの言われてるとおり、ケヴィンが、かわいかった〜♪
思いもよらない、大HITでしたよ〜。
チラシでの彼の表情って、とっても固いですよね、スクリーンの中でも、そんな固い演技なのかな、って思ってたら、妖艶でびっくり☆!良かったです〜、好きです!(*^^)
Posted by ラブ☆シネマ at 2006年08月09日 04:42
ラブ☆シネマさん、コメントありがとうございます。
ケヴィンは顔が可愛いだけかなと思って、全然期待しないで行ったのだけれど、動いているのを見たらとってもよかったです。

>妖艶でびっくり☆!

そうそう、あの、最後のほうで迫るシーン以外でも、最初のほうでホテルでベッドにに寝て待ってるシーンとかもめちゃくちゃ色っぽかったですよね。
あの歳じゃなきゃ出ない、若者の美しさというか。
あれはその道の人(どの道??)はほっておかないでしょうなあ・・・(殴

また遊びに参りますね♪
Posted by jester at 2006年08月09日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『トランスアメリカ』
Excerpt: 久々に新作映画の劇場鑑賞です♪ 『トランスアメリカ』 2005年 アメリカ 監督・脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケヴィン・ゼガーズ/フィオヌラ・フラナガン/バート・ヤング/..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-08-03 10:10

トランスアメリカ
Excerpt: LAで男性である事に違和感を持ち、今は女性として生きるブリー。肉体的にも女性になる為最後の手術を前にその費用を捻出する為につつましく生活している。 そんな彼女にNYの拘置所から電話が入る。 トビーと..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-08-03 14:43

劇場『トランスアメリカ』
Excerpt: 監督&脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェシリティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、グレアム・グリーン、バート・ヤング、キャリー・プレストン他 “女性になる..
Weblog: 映画ダイエット
Tracked: 2006-08-04 00:20

トランスアメリカ/TRANSAMERICA
Excerpt: フェリシティ・ハフマンの圧倒的な演技力{/ee_1/} 今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされて、リースウィザースプーンに持ってかれたけど、 ゴールデングローブ賞は受賞☆ 賞に値する素晴らしい名..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2006-08-04 09:52

トランスアメリカ
Excerpt: 原題:TRANSAMERICA 製作国:アメリカ 製作年度:2005年 上映時間:103分 監督:ダンカン・タッカー 脚本:ダンカン・タッカー 出演:フェリシティ・ハフマン/ケ..
Weblog: スワロが映画を見た
Tracked: 2006-08-04 13:09

トランスアメリカ
Excerpt: スカートの下に何があるかよりもっとだいじなこと STORY:普通の女性としてLAでつつましく生活をしているブリーには秘密がある。 実は彼女、男性であることに違和感を持ち性転換手術を目前に控えたトラン..
Weblog: Chocolate Blog
Tracked: 2006-08-04 14:01

トランスアメリカ
Excerpt: 「トランスアメリカ」 TRANSAMERICA/製作:2005年、アメリカ 11
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2006-08-05 13:10

トランスアメリカ
Excerpt: シネスイッチ銀座で「トランスアメリカ」を鑑賞してきました。 ミニシアター系の映画だけど、雑誌などで大きく取り上げられていることもあり、期待の映画でした。 そして期待を裏切らない、いい映画でした。 ..
Weblog: まぁず、なにやってんだか
Tracked: 2006-08-05 20:03

【トランスアメリカ】
Excerpt: 評価★★★★★+α体は男、心は女・・・性同一性障害。ブリーは、女性の肉体になる為の、手術を控えていた。父親を探している、トビーと、父とは名乗れない、女として生きたいブリー。2人の旅は。。。とってもとっ..
Weblog: あ!CINEMA365DAYs
Tracked: 2006-08-06 20:50

トランスアメリカ
Excerpt: 男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。..
Weblog: 日っ歩??美味しいもの、映画、子育て...の日々??
Tracked: 2006-08-07 23:33

トランスアメリカ
Excerpt: 邦題:トランスアメリカ 原題:TRANSAMERICA 監督:ダンカン・タッカー
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2006-08-08 00:18

『トランスアメリカ』
Excerpt: シネスイッチ銀座にて、ダンカン・タッカー監督。 LAで慎ましく暮らすブリー(フェリシティ・ハフマン)、男性であることに違和感を持ち、肉体的にも女性になるための手術を控えた彼女の前に、ある日突然トビー..
Weblog: 映画と文庫とMDと
Tracked: 2006-08-08 18:34

「トランス・アメリカ」願いはそう簡単には叶えられない
Excerpt: 「トランス・アメリカ」★★★☆ フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ 主演 ダンカン・タッカー 監督、2006年、アメリカ 性同一性障害で女性への手術を 1週間後に控えた主人公。 ..
Weblog: soramove
Tracked: 2006-08-13 20:25

○トランスアメリカ/父と息子
Excerpt: 性同一性障害を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は肉体的にも女性になる最後の手術を前にしていた、そんな彼女(彼)ところへ1本の警察からの電話がかかってくる。彼女が男性として暮していた時にできた、彼女..
Weblog: shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
Tracked: 2006-08-14 11:06

あの4人が戻ってくる!
Excerpt: 懐かしいこの4人!そう、このブログでも放送開始前の昨年の9月12日以来、再三再四取り上げてきた話題の米国ドラマ「デスパレートな妻たち」、略して「デス妻」。第1シーズンが2006年3月1日に終わってしま..
Weblog: 幸せをくれるテディベア
Tracked: 2006-08-25 00:53

『トランスアメリカ』
Excerpt: スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。     ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-09-02 23:58

映画「トランスアメリカ(TRANSAMERICA)」を観る
Excerpt: 女性の心を持ちながら、体は男性として生まれた主人公の葛藤をモチーフにしたハートフルな人間ドラマ。愛を忘れてしまった親と愛を知らない息子の複雑な関係を、新鋭監督のダンカ・タッカーが、彼らのアメリ..
Weblog: 酒焼け☆わんわん
Tracked: 2006-11-05 22:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。