2006年12月02日

007 カジノ・ロワイヤル

初日に見てまいりました、新しい007。

1日は映画の日、ということもあり、いつも空いている映画館なのに、結構お客さんが入ってました。
それも中年以上の男性が多くて、ボンドファンの層ってこういう感じなのね、と思いました。

欧米では007シリーズのファンから反対運動が起きたというダニエル・クレイグさん。
『ミュンヘン』で見たときは「ふ〜〜ん、この人があたらしいジェームズ・ボンド?」と思ったのですが、立派にスパイになってましたね〜

jesterは007シリーズに特に思い入れがないので、MI;3のときと同じで「これはこれでいいんじゃないですか」という感じで楽しんできました。
まあ、ボンド、といえばショーン・コネリーが浮かぶんですけど、ショーン・コネリーと比べちゃったらかわいそうかも・・・・


イントロのアニメが、やっつけると相手がカードになってばらばらになる、というのが妙に面白くて〜

しかし車を運転するときは絶対ちゃんとシートベルトはしなくっちゃ! なんてね、深く思いましたです(爆)


以下、ネタばれあります***********




導入部分のモノクロのトイレでの殺人のへん、結構生々しくて「う、jesterはだめかも・・・」と思ったけど、あとはアクション・アクションの連続で、なんだかジェットコースターに乗ってサーカスを見ているような感じ。

特に最初の、マングース対コブラの戦いをやっていたマダガスカル(?)での追いかけっこはすごかった〜
逃げるほうの人が余りにぴょんぴょん切れよく跳ねるので、クレイグさんは筋肉がある分ちょっと重たそうに見えましたが、その破壊力は充分に見せてくれました。
『ボーン・スプレマシー』張りのアクションがすごい。


青い瞳が綺麗なクレイグさん、jester的にはもうちょっと柔らかいところ(弱いところ)を見せてくれる演出がもっとあったらいいんだけどな〜 なんて思ったのですが・・・(「レイヤーケーキ」ではありましたよね)
本来ボンドってああいう感じでしたっけ?
(強い男がふと見せる弱さ、にくらっと来るjesterです・・・)
全身筋肉、猪突猛進の鋼鉄のターミネーター、っていう雰囲気でしたね。
クールで意志の強い、ドイツのスパイって感じがしました。(あくまで根拠のない当社比です〜)あせあせ(飛び散る汗)
ま、それにしては簡単に毒入りカクテルとか飲んじゃって・・・・
あれが解毒剤があるものだから良かったけど、「放射性物質」だったら解毒剤はないよ〜 相手がロシアじゃなくてよかったね、などと非常に不謹慎な感想をもったjesterでした。


エヴァ・グリーンはキングダム・オブ・ヘブンのときも、ルパンのときも思ったけど、目のお化粧あれほどきつくしないほうが綺麗に見えるよ〜 と思いました。
ゴージャスではありましたけれど。いわゆるボンドガール、っていうイメージは壊してて、それはそれで面白かった。


ぴかぴか(新しい)Mの役のジュディ・デンチも頑張ってました。
年取っても頭はぼけてなくて切れる感じで、映画の中ではなかったけど、アクションもこなせそうです♪


今回注目していたのはマッツ・ミケルセン。
キング・アーサーのときは髪の毛が邪魔でよくお顔が見えなかったけど、今回はきっちり前髪を分けてたので、よおくお顔が見られました。(爆)
実はちょっと小心者の悪者役。
喘息とかアレルギーがあるのか、吸入器を使ったり、血の涙が出たり・・・という面白い設定です。


昔遊んだ「ポーカー」とはルールが違って、今のカジノでは、ディーラー(というか、親というか・・・・)のカードがオープンになって、それと自分のカードを組み合わせる、というルールなんですね〜
「どんなカードが来るのかっていう運じゃなくて、相手の気持ちを読むんだ!」という台詞がありました。

・・・しかしやっぱりいいカードが来なくちゃねえ〜〜

お金を取り返す手段が、カードゲームの賭け、っていうオチはどうなんでしょうか。
ゲームの行方にははらはらしますけど、スパイ活劇であるという本筋とは離れてますよねえ・・・なんのかんのといっても、どんなカードが来るか、って言う運にかかっていますもん。
ずっとスカのカードしか来なかったらどうするんだって、とっても気になります。(殴パンチ
このカードゲームの部分が全体の中でも大きなパーセンテージを占める要素だっただけに、少し脚本に疑問が残ります。

ところで、個人的には、jesterは以前、同じカードゲームの『コントラクトブリッジ』というのに凝っていたことがあって、それはチームを組んで相手の手を読みあうゲームなんですけど、あの、相手の表情をじい〜〜っと見つつ次の手を考えて・・・という辺がとても懐かしかったです。


ベニスのシーンで建物が崩壊したけど、あのシーンもベニスで撮ったのかなあ?
それともCG? 
建物全体が沈み、エレベーターがぶくぶく沈んでいくシーンで「あの辺、あれほど海が深いのか?」と思いましたが・・・・
あ、それと、エレベーターの中でエヴァ・グリーンが急に「うう!」となったのは、誰かに打たれたのでしょうか? それとも単に溺れただけ?
その辺がよく分からなかったっす・・・・。


しかしjester的には、同じスパイ物だったら、なんとなくトムクルのMI3のほうが見終わったあとの爽快感があったような気が・・・・(しかもトムクル苦手jesterなのに・・・)
いやいや、これって見たときの気分とか体調とかそういうのにも関係しているのかもしれませんね〜〜


posted by jester at 10:25| Comment(16) | TrackBack(8) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
ゆるゆるクレイグファンのワタクシですが、どちらかというとレイヤーケーキの方がより好みかもです。
そうそう、強い男の弱い面が垣間見えるとふらふら〜と惹きつけられてしまうのですよね〜笑
私、カードゲームには疎いので、やはりあの駆け引きは緊張感は伝わってはいたけれど、なんとなく傍観者になってしまいましたよ。
ミケルセンが喘息で血の涙持ちで、あの怪しさの方がむしろドキドキしちゃったのでしたが。あはは
最後の建物倒壊シーンはすごかったです。そっかCGかもですね。私、すっかり騙された?爆
Posted by charlotte at 2006年12月02日 13:36
おっ、jesterさんも私と同様に初日に観られたのですね。007映画、ティモシー・ダルトンがボンド役の時から、映画館で観ていますが、今回の映画、最近のこのシリーズでは出色のものだと思います。最近のは、Qの活躍しすぎて、あまりに荒唐無稽になっていたので、スパイ物の原点に戻り、荒々しさ、スピード感、体を使った演技が素晴らしいと思いました。

エヴァ・グリーン(ルパンは観ていますが、彼女のこと、思い出せません)は、jesterさんの言われる通り、化粧がきつすぎですね。もっと、ナチュラルの方がいいですね。
Posted by matsumo at 2006年12月02日 16:54
>全身筋肉、猪突猛進の鋼鉄のターミネーター
これですよ〜! これが受け入れられるかどうかでこの映画の評価が分かれると思いますです(^^;)

それから・・
>強い男がふと見せる弱さ、にくらっと来る
これこれ!今回私が一番期待していた部分で、その後の女性感の元になる”かなり切ないエピソード” どのように見せてくれるかって部分でしたので、いくらシャワー一緒に浴びてても、ちいとも切なさが伝わって来なかったんですよね〜〜(笑)
ベニスはさすがにあの部分はセットでしょう・・街全体が確か世界遺産ですから〜壊すわけには・・
エヴァが「ううっ」ってなってましたっけ? 呼吸困難? 随分目を開けていられるもんだな〜と そんな事ばっかり気になってました(爆)
Posted by マダムS at 2006年12月02日 17:46
こんにちは。
最初のほうの「爆弾男」さんの運動能力すごかったですね〜〜
追いかけるダニエル@ボンドは確かにターミネーター並みの執拗さ&破壊力でしたわ。
「早く逃げないと来るよ〜〜!」と思わず爆弾男にエールを送ったワタシです。

007映画には何の思い入れもなくて、むしろ好きな俳優さんには007はやってほしくない〜どうしても出るなら悪役のほうにしてね〜、とさえ思っていたのですが・・・ダニエル・クレイグ、さすがです♪当然といえば当然の演技力ですが・・・映画のデキも良かったです〜。

>トムクルのMI3のほうが見終わったあとの爽快感があったような

・・・爽快感というより、ワタシはカジノロワイヤルのほうは切なくて泣けました〜〜(爆)
MI3はDVDまで買って、ジョナのシーンを何度もスローで観ましたが・・・これってDVDで観ると、特に特典のメイキングやらを観ると、ホントに富むによる富むのための映画だとよくわかって・・・買った自分をホントにアホだと思いますです〜〜
Posted by DD at 2006年12月03日 16:02
おおお!!
jesterさんもDDさんも、もうご覧になったのですね〜。ワタシはいつ観にいけるやら。。。
原作を読んでいない自分の中では「007」と言えば「ロジャー・ムーア」なんですよねえ。。。運動神経鈍そうだし、スピード感もなくワイルドでもないロジャー・ムーアですが、あの甘い感じがなんとも好きでした。
クレイグさんの演技は申し分ないんでしょうけれど、ごめんなさい。。。顔が好きになれんのです(涙)。
とか言いながら映画を観たら「もう007は彼しか考えられない〜〜!」とか言い出したりしてね。
Posted by dim at 2006年12月04日 00:29
charlotteさん、コメントとTBありがとうございました。
マッツ・ミケルセン、かなり怪しかったですよね〜

>最後の建物倒壊シーンはすごかったです。そっかCGかもですね。

じつはパンフも買ってないので、よく分からないのですが・・・
もしかしたら倒壊の危険性のあるヴェニスの建物を壊させてもらったのでしょうか?
それにしては回りの建物にカヴァーがしてなかったのが気になったのでした。
ヴェニスは景観の保管にすごくうるさいらしいので・・・
Posted by jester at 2006年12月04日 07:35
matsumoさん、おはようございます。
そうなんですよ〜 同じ日に、鑑賞しておりました。
007シリーズ、ずっとご覧になっていらしたんですね!

>スパイ物の原点に戻り、荒々しさ、スピード感、体を使った演技が素晴らしいと思いました。

ふむふむ、なるほど〜
ずっと007をご覧になっていた方の感想でもそうなんですね。
確かに新兵器!というより、リアルな感じがすごかったし、スタントもすごい怪我しただろうななんて思いました。
Posted by jester at 2006年12月04日 07:38
マダムSさん、TB&コメントありがとうございます。
こういうシリーズものって、ファンであればあるほど厳しい目で見ちゃいますよね。
きっと期待していた分、今までと違うのにがっかりするところもあるのかもしれません。その辺が評価が分かれるところでしょうか。
今までのシリーズといってもテレビで見たぐらいなんですけど、今までの軽妙さがなくなって、リアルで暗めの展開だったのかな?

>エヴァが「ううっ」ってなってましたっけ? 呼吸困難?

いやいや、もしかしてゴブ!と水を飲んだとこだったのかも。私は「わ〜〜敵が来て撃たれた〜」なんて勘違いしてあたふたしました(汗)
Posted by jester at 2006年12月04日 07:42
DDさん、おはようございます。

>「早く逃げないと来るよ〜〜!」と思わず爆弾男にエールを送ったワタシです。

そうそう、あの導入のアクションはすごかったですね。ぐんぐん引き込まれましたもん。あの爆弾男の人、すごいぴょんぴょん飛んで、高いところするするだし、スパイダーマン4にだしたいくらい・・・

>MI3はDVDまで買って、

おお!お買いになったのですね!
う〜〜ん、確かに、MI3は全然期待してなくて、「どうせ富むのアップばかりでしょ」と思いつつ見たので、そう思っていたわりにはジョナも活躍してたしよかったわ〜と思ったのかもしれません。(実はもうかなり記憶の彼方に行ってしまっていて、細かい部分がおもいだせない〜涙)
確かにDVDでメイキングとか見たら「何で買ってしまったの」って思っちゃうかもです。
しかしもうDVDが出たのか〜 早いなあ・・・
Posted by jester at 2006年12月04日 07:48
dimさん、こんにちは。
そうそう、初日に見てしまいました。
といってもたまたま時間があったので、みたのですが・・・

>「007」と言えば「ロジャー・ムーア」

あ、ロジャー・ムーアのイメージも結構ボンドしてますよね。
私はショーン・コネリーが一番強くて、何故か声が吹き替え。(昔テレビで見たからだ〜)

>クレイグさんの演技は申し分ないんでしょうけれど、ごめんなさい。。。顔が好きになれんのです(涙)。

なんか今までのボンドみたいな、とろっとした甘さ(?)はないですよね。その代わり、すっごくタフでクールな感じです。

しかし今時のスパイという役柄には結構リアルでぴったりかな?と思いました。
PC時代はハッカーが機密を盗むので、昔みたいにスパイが調べたり忍び込んだりする必要がなくて、人質を助けたりテロリストを抹殺しちゃうのがお仕事のスパイ、というか・・・(あくまで当社比!)

dimさんが見られた感想、楽しみにしてますね〜
Posted by jester at 2006年12月04日 08:00
クレイグ、素敵でしたよねーーー
でで、ワタクシ的にはマッツ・ミケルセンも!!
いえね、、「しあわせな孤独」を観てすっかりハマッテしまって、その後、「キング・アーサー」まではチェックしていたのですが、ここ最近すっかり遠ざかってました。ポリポリ
今回、な、何だか怪しい役でしたねー・・・
でも、その怪しさが素敵!!
血の涙はビックラしましたがー
首をギュギュー絞められてお顔が真っ赤になっているところが可哀想でした・・・・・。
Posted by Puff at 2006年12月04日 19:19
Puffさん、TB&コメントありがとうございます。
マッツ、怪しかったですよね〜
血の涙、噂には聞いてましたが、かなり不吉(爆)ですよね!
あれが何回も出てくるのかとおもったら、それほどの回数じゃなくてがっかり(殴

「しあわせな孤独」はキングアーサーのあとにDVDで見たのですが、また見直してみたいと思います♪
Posted by jester at 2006年12月05日 09:45
ワタシも観てきましたよん。

映画は面白かったしクレイグさんの
人間味のあるボンドもよかったとは思うのですが、しつこいようだけどワタシの中では古いと言われようとロジャー・ムーアがボンドなのよ〜〜!!
しかしマッツ、ヘタレでしたね〜。しかも虚弱体質なのか(笑)?
なかなか今までとは一味違った悪役でしたね。
TBさせていただきますね〜。

Posted by dim at 2006年12月07日 09:47
dimさん、いらっしゃいませ〜〜!
いまdimさんとこにお邪魔してまいりましたよん♪
以前のボンドに思い入れのあるひとは、きっとそれが気になるでしょうね♪
いいのです、その一筋さが好きですだ♪
ロジャー・ムーアのボンドは多分見てるけどよく覚えてなくて、(きゃああ、ごめんなさい!)私はボンドといえばショーンコネリーかな?って感じだけど、今回は大分路線がちがったボンドでしたよね。
Posted by jester at 2006年12月08日 08:12
今までのボンド(私の中ではロジャー・ムーアなんですが)よりも何となく悪者っぽい・・・っていうか冷たそうなボンドだ〜と感じました。
私も彼に決まった時はダ出しをしていたクチなんですが予想に反して良かったです。
Posted by ピョンスケ at 2006年12月17日 11:12
ピョンスケさん、こんにちは。
いらっしゃいませ。
ピョンスケさんの中ではロジャー・ムーアですか〜
そうそう、今までの007は割と「甘さ」が全面に出てたけど、今回はハードな感じが出てましたね。
それはそれでよかったのかもと思います。
また遊びにいらしてくださいね。
Posted by jester at 2006年12月17日 12:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28721636

この記事へのトラックバック

007/カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 21作目にしてジェームズボンドのピュアなラブストーリーにも触れる今作品。公開に先がけて見てまいりました。 かなりボンドのイメージと違うとかなんとか色々言われ続けてきたらしいダニエル・グレイクのジェー..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2006-12-02 13:36

『007カジノロワイヤル』 東京国際シネシティフェスティバルにて
Excerpt: 新宿歌舞伎町で開催されている東京国際シネシティフェスティバル(11/23~11/26)のオープニング作品として、一般公開(12/1~)より一足お先に鑑賞して参りました。 二度の暗殺を遂行することで、..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-12-02 17:39

「007/カジノ・ロワイヤル」
Excerpt: 公式サイト シネマイクスピアリ、公開初日初回です。 シアター12(361席)、10:15分に到着! 初回は11:00なので、45分の間ブラブラと。 今日は映画サービスデーなので用心して早めに..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2006-12-04 19:10

「007 カジノ・ロワイヤル」
Excerpt: みなさまがあまりに「いい!!いい!」とおっしゃるもんで、我慢できずに仕事おっぽらかして観にいっちゃいました、新生ボンド!! 物語は英国諜報機関MI-6に所属するジェームズ・ボンドが、殺しのライセ..
Weblog: オバサンは熱しやすく涙もろい
Tracked: 2006-12-07 09:48

007 カジノ・ロワイヤル
Excerpt: 満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:マーティン・キャンベル キャスト:ダニエル・クレイグ 、       エヴァ・グリーン 、       マッツ・..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2006-12-11 04:22

Bond, I'm James Bond (007/カジノ・ロワイヤル)
Excerpt: オープニングがモノクロで始まり、いつもの!あの!シーン(分かります?銃の穴から覗いたような視点の先に、銃を構えたボンドがいる構図です)が出た瞬間、観に来た甲斐があった!と思わせた007。思わず「かっこ..
Weblog: cinemaholic
Tracked: 2006-12-13 18:30

007 カジノロワイヤル
Excerpt: 007シリーズは初めて観た。 本作品は作った人の好みなのか、カジノ(ポーカー)シーンに時間がかなり費やされていた。 それにアクションシーンも随所にあるので、上映時間が約150分と長い。 ただ、(私も..
Weblog: 死ぬ間際にタイトル決まるかも
Tracked: 2007-01-09 23:45


Excerpt: コントラクトブリッジコントラクトブリッジ (contract bridge) はトランプを用いて行うトリックテイキングゲームの一つである。トランプを使って行うゲームの中でもっとも競技人口が多く、また世..
Weblog: カードゲーム事始
Tracked: 2007-07-25 15:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。