2007年04月19日

The Queen (邦題;クイーン)

間があきましたが、NZで見た映画の第7弾。(まだやっていた・・・)

日本のマスコミでも、ウイリアム王子とケイトさんの破局が報じられたりして、相変わらずのイギリス王室人気ですね。

IMGP2261.JPG去年の暮れですが、オークランドでローカルの新聞の映画欄を読んでいて『The Queen』という写真つきの宣伝を発見。
それまではこの映画のこと、全然知らなかったのです。
「え!! エリザベス??」と驚いてよくみたら、もっとビックリ。
ヘレン・ミレンじゃござんせんか!!
どうも王室裏話らしい。こんなのコインにエリザベスの肖像がついてる国じゃなくちゃ公開しないだろう、とおもって早速見に行ったのでした。


でも帰ってきたら、いろいろな賞を取ったこともあって、日本でも話題になってました。
もうポチポチ公開が始まってるんですね。地味な映画なので、お客さん、はいるかしら? と思っていたら先行上映の出足はまあまあとか。他の映画を見ているときでも周りの人の話題に挙がっているのを聞きました。けっこう注目されているのね。

ストーリーはダイアナが死んだあとの英国王室の話。あの時、
「離婚したと言えども王子たちの母親の死に対してあまりに冷たい」と散々マスコミに批判されましたよね。
でもほんとはね・・・、というお話なわけです。

つまり明るいテーマじゃないし、ギャグとかはないのですが、・・・ごめんなさい、jesterは笑えた・・・・パンチ


ぴかぴか(新しい)まずヘレン・ミレンがエリザベスにそっくり!! 『物まね大会』みたいに笑えるんですよ。すごい研究したんでしょうねえ。
ダイアナが死んだって聞いて、女王が夜中にカーラーつけたまま枕抱いてテレビ見ながら。ローヤル家族で途方にくれてるシーンなんてもう・・・笑ってしまった・・・ (人非人!!)

いや〜〜戸惑ってる瞳が泣かせるんですけど、・・・笑っちゃうんですよ・・・

ゴールデングローブ賞で、「一番在位が長い女王」ってヘレン・ミレンが紹介されてましたが、彼女、2005年のテレビで「エリザベス一世」の役もやっていて、こっちも激似だったのです。(残っている絵画と比べたりしてみたけど、とてもよく似てたと思います)

王室系の面長な上品な顔立ちってこともあるんでしょうけれど、実は彼女はロシア貴族の末裔なんですよね。

昔はヨーロッパの王室や貴族は血のつながりがあったから、どこかでつながっているのかも。
ちなみに彼女は最近イタリアにお城を買ったそうです。

本物の女王からランチに誘われたとかいう話もあるし、本当にQueenの生活をなさっているのね・・・・。


ぴかぴか(新しい)jesterはトニー・ブレア首相のミーハーファン(政治的なことは分からないけど、声とか話し方とか外観も好きです)だもんで、ブレアの役のMichael Sheenの演技にも大爆笑! キャスティングの人、よく似た人を見つけたね〜 と思いましたし、彼自身、演技も良く研究してます。

そうそう、こういう風に口を曲げて笑うよね〜とか、眉のしかめ方とか、いちいち似過ぎてて、内容とは離れたところで笑ってしまいました。ごめんなさい。

こないだ見た「ブラッド・ダイアモンド」(あ、まだレビュー書いてないやあせあせ(飛び散る汗))ではマイケルは悪役でしたが・・・なんか「トニー・ブレアが宝石の密輸??」などと突っ込みたくなり・・・・(爆)


ぴかぴか(新しい)Prince Philipもそっくりだったし、Prince Charlesは顔はそれほど似てないけど、やっぱり演技が上手で、ほっぺが少し赤かったりして、くすくす・・・なのです。



それに、「え〜〜女王さまがお皿を配ってる〜」とか
「自分でジープを運転? ひとりで犬の散歩! しかも川にはまる!!」とか
「首相の住んでるうちがこんなシャビイなおうちで、台所にYシャツがぶら下がってたり、棚にくまのぬいぐるみが〜〜」とか
「こんな風に女王様とおはなしするんだ」とか、
興味深いシーンが盛りだくさんで、イギリス王室&首相の関係がよく分かります。

それにしても王室はやっぱり雲上人だし、首相の生活は思ったより庶民的でありました。

NZ英語を聞き取ろうとして苦しんでいた耳にはQueen’s Englishがすごく心地よく、帰りの飛行機の中も入れると3回も見てしまいました。
(日本では公開されないだろうと思っていたからね〜)


いや、あの、内容は爆笑する映画じゃないんです、ほんとに。
女王という特別な地位にいる孤独さとか、伝わってくるんですけどね・・・

でも・・でも・・・やっぱり「物まね大会」として楽しんでしまったjesterだったです。パンチ

だけどね、いっしょに見ていたNZ人も笑ってましたよ〜〜 
まわりが爆笑しているので、影響されたというか・・・心置きなく笑えたのでした。
 
・・・でももしかして日本の劇場ではシリアスに鑑賞しているのかしら??あせあせ(飛び散る汗)


しかし、日本じゃこんな皇室映画を作ること、不可能だろうなあ・・・
ペーパーバックで出てた雅子妃の本も邦訳の発売禁止だそうですね。

ましてや今生きている王室の人々と首相が実名で出てきていろいろしゃべっちゃうんだもん。
不敬罪だ!!って右翼とか集結しちゃいそうです。


posted by jester at 08:46| Comment(10) | TrackBack(19) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
YOUといいます^^

主婦のキャッシング知識に関する
サイトを運営しています。

よければ遊びにきてください♪

Posted by YOU at 2007年04月19日 09:32
おはようございます@会社

ええ〜これ、もうご覧になったのですね〜。
ワタシもヘレン・ミレンのあの姿を見るたびに「おお〜!激似」と思って心ひそかに笑っていたのですが、ブレア首相もクリソツなのですね。これは見てみないと。
でも先にブス可愛い「ボンボン」を見て心和ませてくる予定です〜(いつになるかわからんけど)。
Posted by dim at 2007年04月19日 10:02
YOUさんこんにちは。
え〜 頑張ってください。
Posted by jester at 2007年04月19日 10:40
dimさん、おはようございます!

そうそう、去年見たのでした。
新聞広告を見たときはビックリしましたよ〜 本物かと思ったし。
じっくりみたらヘレンだし。
笑っちゃいけないのに、周りも爆笑してたので、一緒に爆笑してきましたが、日本の映画館ではすすり泣く人もいるのかしら・・・・
Posted by jester at 2007年04月19日 10:42
こんばんは〜 
私もやっと記事書き終わりまひたのでお伺いしましたぁ〜♪
NZでご覧になっていたんですね! さっすがjesterさんです!字幕なしで大笑い出来るなんて!素晴しいー! 
昨年9月のヴェネチア映画祭でヘレンさんが受賞した時から話題になっていたのでhttp://kazetomoclub.seesaa.net/article/23168858.html、一部の映画ファンの間ではずっと公開が待たれていた作品と思いますよん。 一般的にはオスカー絡みとダイアナ人気だと思うんですよね、あの混みようは・・水曜だったせいもありますけど(汗)
私も結構笑いました! 会話なんて結構辛辣だし、ほんと心配しちゃいましたけど。
そうそう!「お皿は台所に!」なんて奥さんに言われてるブレアとか!(爆)
そっくりさん状態は、パンフに書いてありましたけど役者さん達はかなり研究したらしいですよやはり♪ エディンバラ公のJ・クロムウェルはそこに立ってるだけで似てましたけどね(笑)
シリアスドラマだと思っていただけに、笑えたのは本当に意外でしたー♪
Posted by マダムS at 2007年04月19日 21:34
マダム、いらっしゃい♪

>昨年9月のヴェネチア映画祭でヘレンさんが受賞した時から話題になっていたので

うひ〜〜、全然知らなかったんですよ!
ヘレン・ミレンファンとしては情けないですね。
そういわれればどこかネットでそんな記事を見た(読んだといわないところが悲しい)ような気もするのですが、「エリザベス一世」のほうの話かな?なんて思った気も。
ネタばれ怖さに、あまり映画記事を読まない(つまり不勉強ですが)ので、広告を見たときはビックリしちゃったんですよね〜
ま、ファンといっても追っかけてるわけではなくて、この人の出てる映画なら見る、というぐらいのファンなので(鬼教師なんとか、まで見てますから(爆))・・・

とまあ予備知識まったくなし(いつもどおり)で見たので、ほんとにコメディ見てるみたいに笑っちゃったので、ちょっと反省してます。
そのうち空いたらまた見に行こうかな。
Posted by jester at 2007年04月21日 08:51
こんにちは。
おお、NZで見たのですか。
字幕なしでOKなんですねっ。すばらしい。
jesterさんには笑えちゃったほど、そっくりさんだったわけですね。
私はソックリさん以上に見えちゃったので、逆にリアルすぎて女王の涙にはもらい泣きでした。
マイケル・シーンって結構ベビーフェイスですよね。トニーって呼んでくれ!って…なんかかわいい〜って思ってしまった。大笑
でもシリアス一辺倒じゃなく、きちんと笑いも混ぜてくれたのでとても見やすかったです♪
Posted by シャーロット at 2007年04月23日 13:44
シャーロットさん、コメントありがとうございます。

>私はソックリさん以上に見えちゃったので、逆にリアルすぎて女王の涙にはもらい泣きでした。

なんかみなさんの真面目〜なレビューを読まさせていただくと、笑ってばっかりいた自分がとっても人非人に思えてまいります・・・(涙

もちっと空いた頃にもう一回冷静に鑑賞しなおさなくては・・・

Posted by jester at 2007年04月24日 07:41
こんにちはー。
おおお、機内でご覧になっていたのですねー。
私は彼らのことをあまり知らないので、どれほどにそっくりなのかはわかんなかったんですけど、ちょいとブラックな笑いを楽しんでしまいました。
ブレア夫人の言動が楽しかったし、リハーサル済みの葬儀ネタとかおかしかったですー。
会場はそんなに大笑いではなかったかな?それなりにわいてましたが・・。
そして、王室などには微塵の興味もないのに、結構ナミダしてしまう部分も多数でした。
jester さんにとってはコメディだったようですが(笑)、上質の素晴らしい作品という手応えでしたよー。^_^
さよなら、トニーーー!!
Posted by かえる at 2007年05月20日 12:11
かえるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

NZでは最初劇場で見て、周りが笑ってるので、つられてもあって笑ってしまったのです・・・
日本の方の書かれたレビューを見て、反省したjesterでありますが、とにかくブレアとエリザベスにはどうしても笑ってしまい・・・

ちょっと冷静になってまたみたいなと思っているのですが、とても混んでいるというので、もうちょっとほとぼりが冷めてからにいたします。

>さよなら、トニーーー!!

ブレア節の演説が聴けなくなるのがさみしい〜(涙
Posted by jester at 2007年05月20日 19:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『クィーン』
Excerpt: 激混みです・・ 東京日比谷のシャンテシネのみ先行上映だったんですねえ・・一週間待てばもうちょっと近所で観れたんですが・・来週はちょっと時間が無さそうなので頑張って行って来ました! これ本当にイギリス..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-04-19 21:17

クイーン
Excerpt: この作品も最初に予告編を観た時からかなり気になっていました。なんか面白そう!ノンフィクション系の中でも群を抜いて楽しめます。今年に入ってからのシャンテ・シネ上映作品で、一番良かったと思えます。
Weblog: 八ちゃんの日常空間
Tracked: 2007-04-19 22:23

クィーン
Excerpt: 「クィーン」 THE QUEEN/製作:2006年、イギリス=フランス=イタリア
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-04-20 20:19

クイーン−(映画:2007年48本目)−
Excerpt: 脚本:ピーター・モーガン 出演:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、ティム・マクマラ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-04-21 20:45

クィーン
Excerpt: 今年期待度第1位に上げた待望の鑑賞であったが、予想通り、いや、予想以上の出来であった。 Great Britain すなわち英国と日本は地球の中心と極東という地理的に大変離れた場所にある一方、島..
Weblog: 利用価値のない日々の雑学
Tracked: 2007-04-22 19:41

クイーン
Excerpt: エリザベス女王の苦悩
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-04-23 13:38

「クィーン」映画感想
Excerpt: 今年のアカデミー賞で(記事)ヘレン・ミレンさんが主演女優賞を獲得した時から気にな
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-04-25 19:12

「クィーン」
Excerpt: 公開中の映画「クィーン」を観賞(3月某日・試写にて)。2006年英仏伊合作。第76回アカデミー賞主演女優賞はじめ、多くの映画賞を受賞した話題作。監督はスティーヴン・フリアーズ。出演はヘレン・ミレン、マ..
Weblog: やまたくの音吐朗々Diary
Tracked: 2007-04-26 21:54

クィーン
Excerpt: 21世紀の英国女王、エリザベス2世。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-05-01 00:21

【2007-63】クィーン(THE QUEEN)
Excerpt: ショッキングなニュースが世界中を震撼させた 1997年8月31日 ダイアナ元妃 突然の死 世界中が泣いたその日、 たった一人涙を見せなかった人がいた 世界中が注目したひと..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-05-03 23:02

【劇場映画】 クィーン
Excerpt: ≪ストーリー≫ 1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になった。王家においてダイアナはいつも頭痛の種で、民間人となっていたダイアナの死は本来関係のないことであった。女王はコメントを..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2007-05-11 21:23

クィーン
Excerpt: ☆人気blogランキング集☆ & ☆インテリア・雑貨ブログ集☆ ↑皆様の応援が更新の励みとなっています。今日も応援ありがとう〜☆↑ 昨夜観た1本「The Queen」(邦題:クィーン..
Weblog: things4u
Tracked: 2007-05-12 01:41

QUEEN☆エリザベス女王の“本当の姿”とは?そしてダイアナとの確執の行方?!
Excerpt:   エリザベス女王にそっくりなので、いやあ〜です。(ちなみに、このヘアースタイルの名前はキャベツヘアーだとか)よく似た人がいるものだと感心していたところ、先日「キネマ旬報」でヘレン・ミレンの素顔を見..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-05-12 17:25

特別な存在であり続ける事の難しさ。『クィーン』
Excerpt: 英国王室のダイアナ元皇太子妃が、パリで交通事故に遭い、逝去してからの王室での一週間を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2007-05-14 11:52

クィ−ン THE QUEEN
Excerpt:  1997年にダイアナ妃が不慮の死を遂げた事故を採りあげた作品。とはいっても、その謎の死を追及しようという主旨ではありません。  彼女の急逝に対する英国王室の冷淡にみえる対応ぶりと、こういう態度に対す..
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-05-17 04:04

『クィーン』
Excerpt: 上質で気品あふれるブリティッシュ・スタイル。 1997年8月、パリでダイアナが交通事故死し、その時、英国王室は・・・。おほほほほほ、女王様とお呼び〜 イギリスでは女王様ごっこは成り立つ? キ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-05-20 12:02

「クィーン」
Excerpt: 国民に愛され、美しく華麗なダイアナ元妃が事故死してちょうど10年ですか・・・。パリでの事故死があまりにも衝撃的で印象に残ったままだ。 この映画、エリザベス女王を演じるヘレン・ミレンの、物静かで芯..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2007-05-23 03:04

トニー・ブレア
Excerpt: エディンバラ所属政党:労働党 (イギリス)|労働党トニー・ブレア(Anthony Charles Lynton "Tony" Blair、1953年5月6日 - )は、保守党 (イギリス)|保守党
Weblog: みことの部屋
Tracked: 2007-11-01 14:14

クィーン
Excerpt: ヘレン・ミレンが女王にそっくり! アカデミー賞主演女優賞を受賞しましたね。 DVDで鑑賞。 1997年8月、 ダイアナ元皇太子妃がパリで交通事故に遭い、帰らぬ人になった。 イギリス王室に..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2008-01-14 02:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。