2007年04月28日

ブラッド・ダイヤモンド Blood Diamond

ずっとレビューを書かないでいた映画ですが・・・

残虐な描写が続いて、最初の数分間がjesterにはとってもつらかった。
こういう刺激になれている人には、エドワード・ズウィック監督の過激な音や映像がたまらないのでしょうけれど、jesterは暴力描写が苦手なもんで、
「わ、失敗した・・・・」と中腰でおどおど逃げそうになった。

でも半分目を隠しつつ我慢してみてて、次第に話しに引きずりこまれました・・・。


「紛争Diamond」について、話では知っていても、画像で見せられるとショックです。 
なんて皮肉なんでしょう、美しいものがあんなに人の心を荒れさせてしまうなんて。
もう買うのよそうっと。(って、買う予定はありませんが・・・・)パンチ(殴

もちろん流通しているDiamondのすべてがこうではないわけで、短絡的に『買うのよそう!』と思うのはまたこれ単純すぎですが(爆)、こういう事情もある、と知っているのと知らないのでは、消費行動が変わってきますよね。

シエラレオネについても、あんなふうに内戦が続いているのがよく分かり、心が痛みます。


ぴかぴか(新しい)デカプリオはそれほど得意な分野(?)じゃないので、今回は好きな女優さんのジェニファー・コネリーを見に行ったつもりだったのですが、デカプリオも結構良かった。

アクションも切れがあったし、激しさの陰に微妙な寂しさや戸惑いをチラッと見せるあたり、この人、最近だいぶ以前よりよくなってきた気がします。
大人になったのね。

326034thumb004.jpgぴかぴか(新しい)ジェニファー・コネリーは気の強い切れ者の女性記者の役どころ。
カッコよかったですけれど・・・・
なんかそのまま、って感じでちょっとひねりのないキャスティングかなとも思いました。

この人のオメメって、本当に切れ長です。
蒙古ヒダ、まったくなし。鼻のほうまで目が切れ込んでいる。
うう、うらやましいだ。


ぴかぴか(新しい)アフリカ舞台の映画の、「約束の旅路」「ツォツィ」が母の愛なら、これは父の愛もテーマの一つ。
(あ、「ツォツィ」は父性愛もテーマかしら。)

最後にすべてを救う原動力になるのはジャイモン・フンスー扮するソロモンの愛。
誘拐されて少年兵として洗脳されてしまう息子を、必死で取り戻そうとします。
その強さが、恵まれない少年時代を送ったダニー(デカ)をも変えていく。

熱い演技ですが、誠実さがにじみ出ている感じで、結構好きだわ。
昔、「グラディエーター」でちょい役で出てから、ほとんど主演男優といっていいほどの重要な役もこなせるようなって来ましたね♪

それにしても洗脳される少年兵が痛ましい。
たとえ救出されても、心の傷は残るだろうな・・・


エドワード・ズウィック監督の作品はあまり相性がよくないっていうか、人物像がありがちで単純すぎると感じることが多いのですが、今回は結構良かった。黒ハート
2時間を越す長さですが、最後まで飽きずに、集中して見られました。



・・・しかし、なぜDiamondをダイモンドじゃなくて、ダイモンド、と表記するのだろうか・・・あせあせ(飛び散る汗)
日本語って不思議。   つか、不便。
posted by jester at 09:57| Comment(5) | TrackBack(12) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB有難うございました♪
うぉー jesterさんは続けてアフリカもの3題ご覧になったんですねぇ!!私も「ツォツィ」も気になっているんですが、伊映画祭通いでもうちょっと無理っぽいです(泣)
ジャイモンさんの熱い演技についホロリでございました。
そうそう!私もダイ「ヤ」って書いて、タイトルが「ア」になっているので直したりしたんですよ・・変ですよねえ!?
Posted by マダムS at 2007年04月28日 22:38
追伸
あっまた なんか支離滅裂になってる↑
すいませんΣ( ̄ロ ̄lll)
「ア」って書いてから「ヤ」に直したんでした! (^^;)
Posted by マダムS at 2007年04月28日 22:51
マダム、TB&コメントありがとうございます。
そうなんですよ〜

ツォツィ、お時間があったらぜひ!
ストレートに来る傑作ですよ!

下のどこかの記事で『ダイアモンド』って書いたまま、直してないかも・・・(なおせよ!)
Yの発音はないんですけどね〜
まあそう聞こえないこともないけど、日本人が海外に行ったとき、お店なんかでYをくっきり発音すると、ネイティブには「はい?」って感じじゃないでしょうか・・・
Posted by jester at 2007年04月29日 06:28
待ってました!
『ブラッド・ダイヤモンド』のレビュー、たしかに重いテーマとかがてんこ盛りですので、書くまで時間が掛かっちゃった気持ちわかりますよ。
最近、アフリカもの多いですね。
やはり、アフリカの諸問題は、見過ごしてはいけないことばかりってことで、世界の目が集まってるのかも知れませんね。
こっちでの『ツォツィ』の公開日は決まったようですが、『約束の旅路』はまだ未定です。
どちらもよさそうですね。
忘れないように、ちゃんとメモしておきましたよ。
そういえば、jesterさんは『ラストキング・オブ・スコットランド』はご覧になりましたか?
あれはもぉ・・・今年でいちばんどんよりできた映画です・・・。
Posted by とーる at 2007年04月29日 21:28
とーるさん、こんにちは。
いらっしゃいませ!
いまひょっと思ったのですが、とーるって「Tall」だと思い、背が高い方なのね〜とずっと思ってましたが、「徹」とかそういうお名前から来たHNでしょうか・・・(←どうでもいいことなので無視してください)(爆)

『ラストキング・オブ・スコットランド』はまだ見てないんですよ〜
なんか「どんよりしそうだな〜」と予感しまして。(殴

そういえば「ブラックブック」のとーるさんのレビューを読まさせていただきました♪ あちらにも書いたのですが、激しく同意でしたわ〜!
Posted by jester at 2007年04月30日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40241908

この記事へのトラックバック

ブラッド・ダイヤモンド 見てきました
Excerpt:  社会派映画なのに、異例(?)の大ヒット作、ブラッド・ダイヤモンドを見てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-04-28 10:19

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt: 石言葉は「永遠の絆・純潔」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-04-28 18:19

アフリカもの2題ーA『ブラッド・ダイヤモンド』
Excerpt: "アフリカもの2題"の 2本目! 1本目の「約束の旅路」は エチオピア難民の話。 こちらはシエラレオネでの紛争ダイヤモンドの話ですが、やはりおびたたしい人数の難民キャンプと残虐な内戦に胸がつまります..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-04-28 22:34

「ブッラッド・ダイヤモンド」映画感想
Excerpt: 各所で骨太ドラマと評判の良い映画「ブッラッド・ダイヤモンド」(原題 BLOOD
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-04-29 02:22

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt: 「ブラッド・ダイヤモンド」 BLOOD DIAMOND/製作:2006年、アメリ
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-04-29 11:11

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt:  一粒のダイヤモンドが、男たちの運命を変える。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2007-05-02 21:23

映画「ブラッド・ダイヤモンド」
Excerpt: 原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ ..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2007-05-04 12:56

『ブラッド・ダイヤモンド』
Excerpt: 2つの意味で(鑑賞時期を遅らせたことと作品内容が)良かった!銃関連の事件直後に観たい衝動で鑑賞していたらヘコんでいたと思う。。 原題:BLOODDIAMOND監督・製作:エドワード・ズウィッ..
Weblog: たーくん'sシネマカフェ
Tracked: 2007-05-05 02:57

ブラッド・ダイヤモンド
Excerpt: ディカプリオが、見事な演技で光っています。 アフリカのシエラレオネ共和国では、闇でのダイヤモンドの取引が盛んに行われていました。反政府軍組織であるRUFに襲われて連れ去られ、闇ダイヤの採掘場で強..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-05-12 22:21

【2007-48】ブラッド・ダイヤモンド(BLOOD DIAMOND)
Excerpt: 地球の奥で生まれた── 幻のダイヤ それは人を狂わせる ダイヤの価値を決める“4つのC”── color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット) ..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2007-05-20 22:29

Blood Diamond(邦題:ブラッド・ダイヤモンド)
Excerpt: ブラッド・ダイヤモンド 特別版(2枚組) ¥2,239 Amazon.co.jp 『Blood Diamond』 『ブラッド・ダイヤモンド』 ディカプリオ主演の社会派アクション・..
Weblog: Rusty's Cinema Complex
Tracked: 2008-04-01 04:51

ダイヤの価値を決める“4つのC”──color(色)cut(カット)clarity(透明度)carat(カラット)しかし、実は5つめのC<conflict>が存在することを、あなたは知る──「ブラッド・ダイヤモンド」
Excerpt:
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2011-10-31 01:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。