2007年05月12日

サンジャックへの道 SAINT-JACQUES... LA MECQUE

見ようかどうしようか、迷ってたらもうモーニングショーだけになっちゃう!
というわけであわてて、「SAINT-JACQUES... LA MECQUE」(「サンジャックへの道」)を見てきました。

うう〜〜えがった〜〜!揺れるハート
何でもっと早く見なかったのかしら・・?

宣伝をみてて「あ、なんか先がみえたわ」なんて思って後回ししちゃったのよね・・・・パンチ(「人生は捨てたもんじゃない」なんてコピーはよくない!たらーっ(汗)

san1.jpg9人の旅人がそれぞれの思いを抱きながら旅をするって、なんかLotRの旅の仲間を髣髴とさせちゃう画像なんで、それだけでも興奮していたjesterです。

「リトル・ミス・サンシャイン」とか「トランス・アメリカ」みたいな心が温まるロードムービー。
程よく笑えて程よく泣いて、あったか〜く肩をぽんぽんとたたかれて映画館を出られました。



美人もハンサムもいない、ただのおっさん、おばさん、少年少女たちなんだけど、一緒に歩いた仲間みたいな気分で、旅が終わるときはさみしかった・・・
「え〜〜もうついちゃったの?? もっと一緒にいたいよ」ってな気分になりました。

「遺産相続のための条件」という生臭い理由で、聖地巡礼3ヶ月の旅に参加する中年の3人兄・姉・弟。

クララがいい! この怒りのパワー!
「No! No! NOOOOOO!!」という裏には熱いYESがあるのよね黒ハート
それがとっても気持ちよくて、彼女が突っかかっていくシーンでは爆笑してしまいました。
確固たる信念があるけれど、異質なものを受け入れる包容力もあって、素敵な女性です。

それに対して、対照的に情けない兄と弟。
この二人、とくに世渡りうまそうだけど傲慢でいつもいらいらしてる兄のほうの変化が、見ているうちに感情移入してしまうほど心地よかった。
薬なんか捨てて、頑張れ〜って応援したくなるのでした。


キリスト教の聖地への巡礼の旅だけど、その場所・場所でクララは痛烈にキリスト教を批判してるし、ラムジィ君にいたっては、聖地のモニュメントの上で「アックバール!アラ〜〜!!」なんて叫んじゃうし、結局なんのかんのいって人間も宗教も、みな一つのベースの上なんじゃないの?というコリーヌ・セロー監督の視線が優しくて、うれしい。

ラムジィくんの素直な台詞、どれも良かった。
「そうだよね」ってうなずきたくなった。

教会で願い事を書く紙に、みんな好き勝手なことを書いて、尼さんたちがクールに「これ、だめね」と捨てちゃうところも笑いました♪

そのほかにも笑いのつぼがいっぱい。
結構空いていたので、両脇に人がいなくて、思う存分笑ってしまいました。


旅の仲間をガイドするガン爺役(?)のPascal Légitimusさん、なかなか渋くて、jesterの「おっさんアンテナ」がぴぴっと反応いたしました。(するな)
マイペースなもんで、ツアー旅行は苦手ですけれど、こういう人がガイドしてくれるなら、巡礼ツアー旅行もいいかも。


癌を克服して歩いている女性、Mathilde役のMarie Bunelさん、どこかで見た〜と思っていたら、「コーラス」で少年のお母さんの役の人だった! 「ルパン」とかにも出ているのね。
バイプレーヤーとして「どこかで見かける顔」だけど、なかなか美しい方です。

途中、時々挿入されるファンタジックな「夢」の映像。
これは誰が見ている「夢」なんだろう・・・と思いつつ、結構見とれてました。

ピエールが見る、奥さんの映像。水がどんどんたまっていくガラス張りのプールに妻がいるのに手が出せない・・・・ すごく怖くて、しかも美しかった。
クララのいろんなものを引きずってる夢もおかしい。でもクララはそれが幸せなのかも。



ヨーロッパの古い街や村、教会、お城、そして、なんといっても広大な草原や、滴るような緑の森、美しい川の流れ、川面に広がる雨の波紋、などなど、画面も絵画的にとても綺麗で、それだけで癒される。

音楽もよくて、チャント風の混声合唱やら、アラブ風・インド風の音楽がjesterのつぼでした。

公式サイトを読んだら、コリーヌ・セロー監督が

「徐々に自然と関わりを持って行くことで孤独が癒されていく様子を表したかったのです。夜の闇のなかではみんな孤独だけれど、昼間の大地の自然に囲まれた中では、人は安らぎを見いだすのです。それに自然は母なるものです。わたしたちは父権的な社会に生きていますが、本当に守ってくれるのは父権的なものではなく、母性的なものであり、自然は母性的なものの象徴です。」
っていってましたが、なんか素直にうなずけました。



パウロ・コエーリョの『星の巡礼』なんかでも読んだことのある聖地巡礼だけれど、といっても、今は宗教的動機でやる人より、「自分探し」のためにやる人も多いのでしょうね。

歩くことで癒され、浄化され、自分を見直し、そして離れていた人と人をつないでいく・・・なんて、教科書通りなんだけど、それが真実なのかもって思わせてくれる。
人間の良い部分を見せてもらった感じで救われた。

また旅に出たくなっちゃった。
それも、自分の足で一歩一歩踏みしめて、ゆっくりゆっくり心を変化させる長〜い旅に。

jesterも映画ばかり見てないで、少し歩かなくちゃ〜


posted by jester at 08:05| Comment(16) | TrackBack(14) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jesterさん、こんにちはー。
ご覧いただきよかったですー。
クララもラムジィくんもみんな愛おしい人たちでしたよねー。
そうそう、宗教だとか、民族だとか、なんだっていいじゃーん、同じ人間じゃーんってなカンジにとても心うたれました。

>わたしたちは父権的な社会に生きていますが、本当に守ってくれるのは父権的なものではなく、母性的なものであり、自然は母性的なものの象徴です。

おおお、そんなことが書いてあったんですね。
母なる大地、ばんざい。あっくばる。
母性の大切さをわかっている女性監督作品だから、こんなにも心に響くのだなー。
Posted by かえる at 2007年05月12日 12:50
かえるさん、TB&コメントありがとうございます。

トレーラーを見たとき、すごく心に引っかかったのに、でもなあ〜なんかストーリー分かっちゃった感じがあるなあ〜・・・なんて思って後回しにしていて、ふと気がつくと12日からはモーニングショーだけになっちゃうんですよね。
それで、ちょっと忙しかったこともあり、やめようかな?と思ってたときに、かえるさんとシャーロットさんのレビューをネタばれにならないように、細い眼をもっと細くしながら(爆)拾い読みさせていただいて、「うん、ほめてるみたい。じゃ、いくっきゃない!!」と見てきました♪

なんか女性の監督のって、やっぱり感性があう気がするのであります。
Posted by jester at 2007年05月12日 14:39
こんばんは。
旅の仲間としては結構強烈なキャラクター揃いですよね。
でも皆それぞれとらわれていることから、段々と解放されていく様子がまた胸にジーンときちゃうのでした。
そうそう、音楽も良かったですよね〜
フランスのロードムービーを見たことなかったかもなので、とっても直球でガシッとつかまれちゃいましたよ。
私も映画ばかり見てないで歩かなきゃ…。笑
Posted by シャーロット at 2007年05月12日 21:40
行かれたんですかー!!
映画をめったに見ない私が久々に見てみたいと思った映画なんです!
ちなみに、選ぶ基準は直感です(爆笑)
渋谷でも始まるみたいだから、そっちに行ってみようかなぁーー<早起き苦手(汗)
Posted by sa at 2007年05月13日 00:30
シャーロットさん、TB&コメントありがとうございます。

>旅の仲間としては結構強烈なキャラクター揃いですよね。

わははは! ホビット4人と大人5人という感じで、「この人がギムリ・・この人がレゴラス」なんて考えて笑ってましたわ。
(指輪病です)

やっぱりフランスのって、アメリカのとちょっと雰囲気違うとおもいました。
気持ちの荒れ方が人間っぽいっていうか・・・しかもロードムービーなのにアートっぽい画像が入ってる・・・
結構気に入りました。
Posted by jester at 2007年05月13日 16:50
saさん、コメントありがとうございます。
jester的にはおすすめなんですよ。
疲れたときに見たらきっと癒してくれるんじゃないかしら。

渋谷の「シネマ・アンジェリカ」で19日から上映なんですね♪
教えていただいてありがとうございます。
あそこ、場所わかり辛いですけどね・・・。
モーニングショーが「いつか読書する日」なのも気になるjesterなのであります。
Posted by jester at 2007年05月13日 16:55
とっても良さそうな映画ですね。
気にはなっていたのですが・・jesterさんのレポを読んでますます見たくなりました。
渋谷でも上映ですか〜。でもやっぱり銀座が行きやすいかな?
朝いちばん・・・・それが問題です!!がんばれ私!
Posted by igu at 2007年05月14日 14:09
iguさん、コメントありがとうございます。

>jesterさんのレポを読んでますます見たくなりました

わ〜〜うれしいです!

jesterは公開直後は混んでいるので、たいてい空いてきてから見に行ったり(最近は近くに空いてるユナイテッドシネマ豊島園ができたからそうでもないですが)するもんで、レビューを書く頃には終わってる・・・どころかDVDが出てたりする(爆)という亀のようなのろさだもので、こういう始末になってしまい、ごめんなさいです〜

シネ・スイッチとシネマ・アンジェリカはかなりいい勝負ですね・・・でもどちらかといわれたら、jesterも朝一の銀座かな?(というか、朝はやおきはあまり苦にならない=夜すぐ眠くなるjesterでございます)
Posted by jester at 2007年05月14日 20:19
こんにちわ。先日は、しょーもない記事にコメントありがとうございました♪

で、で。こちらにお邪魔しに参りました。
クララ&ピエールは、とても魅力的でした。クララは最初、怒ってばかりという印象も受けましたけど。蓋を開けてみると、頼もしくて温かい人でしたよねん。ピエールもとても奥さん想いなところが素敵でした。

>おっさんアンテナ

反応ポイントは似てないかもしれないけれど、私も確実に持っていまっす。最近、気になったおっさんって誰だろう?うーん、おっさん話したくなったら、またお邪魔させてくださいね(笑)。

Posted by 隣の評論家 at 2007年05月21日 19:05
隣の批評家さん、いらっしゃいませです。
体調はいかがですか?

ピエールはなんか一番共感しちゃったんですよ。文句が多くて荷物が多いところとか、すぐ逃げたがるところが自分そっくりで。(爆)
だから最後、よかったです。

おっさんばなしがしたくなったら、またきてください!
Posted by jester at 2007年05月22日 08:04
やっと観てきましたよー!
jesterさんに背中を押してもらって(勝手にそう思ってます 笑)ようやく重い腰(全部重いけど)を上げて観て来てやっぱり良かった!!有難うございます! もう少しで「ラヴェンダー〜」の二の舞になるところでした!(爆)
これやっぱり9人の仲間って、あれを意識してわざわざそうしたんでしょうかしらね?(^^)b
そういえば、自分のところでは書き忘れましたが、音楽も良かったですね!私も好みでした♪ ラストは本当に気持ち良かったですよね!何もかも〜〜

Posted by マダムS at 2007年06月05日 22:34
マダム、こんにちは。
ご覧になられたのですね〜
え・・・背中を押してましたか? いつもマダムに先導してもらってるのに、たまには知らずに押したりしてるのですね。失礼なやつだ、自分。(爆)

間に合ってよかったですね!

>これやっぱり9人の仲間って、あれを意識してわざわざそうしたんでしょうかしらね

なんか嬉しくて、全員がうつるシーンで何回も「わ〜〜9人だ〜〜」なんて数えてました。
音楽、よかったですよね。
なんか時々見たくなっちゃうような栄華でした!
Posted by jester at 2007年06月06日 19:02
jesterさんお久しぶりです。
今更ここにコメントをつけてゴメンナサイ。。。
今日DVDを借りてきてやっと見たんですーーー!←結局映画館で見ていない。
やっぱり良かった。。。私も歩いてみたくなりましたよ、ほんと。
実際はめっちゃ大変なんでしょうけどね(-_-;
Posted by sa at 2007年11月08日 01:43
saさん、いらっしゃいませ♪

>今更ここにコメントをつけてゴメンナサイ。。。

とんでもない!
下のほうにコメントいただくの、とっても嬉しいです!!!
ありがとうございます〜〜

結局早起きがネック?で劇場にはいかれなかったのでしょうか・・・?

最近DVDが出ましたよね〜
私も手元にあるのですが、また見てません。

>私も歩いてみたくなりましたよ、ほんと。

実際に「歩く」っていう行為をしたくなりますよね〜
あんな綺麗な、空気が良さそうな景色のなかを歩けたら最高ですが・・・・
時間を考えず、ただただ歩くって、素敵です♪
Posted by jester at 2007年11月08日 06:47
私もこういういろんなものをそぎ落とす
旅がして見たくなりました♪
いい映画でしたよね〜〜〜!

公式サイト、見てなかったので(^^ゞ
jesterさんが書いてくださってるコリーヌ・セロー監督の言葉、染み入りました。
ほんとそうだな、と。

スペインスタートですが、この道を
マジで行ってみようかなと思ったときがあって、ガイドブック買って、おおいにその景色を楽しんだんですが、結局”本”だけのこととなってしまって(^^;;) 行けず終い。
いつか本当に歩けたら・・と思う私でありました(^ー^* )フフ♪

TBさせていただきましたm(_ _)m
Posted by メル at 2007年12月03日 17:49
メルさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>私もこういういろんなものをそぎ落とす
旅がして見たくなりました♪
いい映画でしたよね〜〜〜!

なんかひたすら歩くのって、あこがれちゃいますよね〜〜!
私も大好きな映画です♪

>スペインスタートですが、この道を
マジで行ってみようかなと思ったときがあって、ガイドブック買って、おおいにその景色を楽しんだんですが、結局”本”だけのこととなってしまって(^^;;) 行けず終い。

おお〜そうなんですね!
私も歩くのは無理でも一回「聖堂」にはいってみたいな〜とおもっております。
Posted by jester at 2007年12月03日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『サン・ジャックへの道』 ☆☆☆☆☆
Excerpt: コリーヌ・セロー監督いわく、ここに描かれるのは "消費や欲望の機械と化した現代人が人間性を回復する過程" 人間はこの二本足で歩いてこそなのだ。 キリスト教の聖地スペインのサンティアゴ・デ・コ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-05-12 12:37

サン・ジャックへの道
Excerpt: フランスからスペインへ1500km 世界遺産を舞台に心の旅の爽やかなウォーキングムービー
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-05-12 21:41

サン・ジャックへの道
Excerpt: 「サン・ジャックへの道」SAINT-JACQUES... LA MECQUE/製
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-05-21 19:01

『サン・ジャックへの道』
Excerpt: (原題:Saint-Jacques... La Mecque) 2005年フランス このポスターを見ただけで、ロード・ムービー好きにはもう堪りませんのですが! ご覧になった方の評判もすこぶる良く! と..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-06-05 22:14

サン・ジャックへの道 巡礼の旅の先には・・・・。
Excerpt:  キリスト教の聖地サンティアゴ・デコンポステーラまで1500kmもの巡礼路を、仲の良くない兄弟3人が一緒に歩くことになった。 何とその巡礼は親が残した遺産相続の条件なのだ無神論者の上、歩く事なんて、..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2007-06-09 19:56

貧乏旅に出たい!「サン・ジャックへの道」
Excerpt: ゴ・デ・コンポステーラまで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩く巡礼ツアーに一度は参加したことがあったのだろう。お母さんはおそらく何十年に渡り、兄弟の不仲には心を痛めていたのだろう。お母さんはおそらく..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2007-07-24 01:10

映画「サン・ジャックへの道」を観る!
Excerpt: 「下高井戸シネマ」で、映画「サン・ジャックへの道」を観ました。案内には以下のようにありました。 無神論者の上に歩くことなど大嫌い、仲も険悪な兄姉弟たちが、母親の遺産を相続するため、聖地サンティア..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2007-07-29 09:24

『サン・ジャックへの道』
Excerpt: '07.10.06 『サン・ジャックへの道』@ギンレイホール TRAVEL CAFEを思いのほか早く出なくてはならくなったので、ギンレイホールへ行ってみる。ここは年々姿を消してく「名画座」を残そ..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2007-10-19 00:02

「サン・ジャックへの道」
Excerpt: サン・ジャックへの道ハピネットこのアイテムの詳細を見る 仲の悪い3人の子どもたち、長男ピエール、長女クララ、次男クロード。ある日、彼らのもとに 亡き母の遺言書が届く。そこに遺産相続の条件として、フラン..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2007-12-03 16:11

サン・ジャックへの道:映画
Excerpt: 今回紹介する作品は、『サン・ジャックへの道』です。 まずは映画のストーリーから・・ 亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。 ほかにも失..
Weblog: ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介
Tracked: 2007-12-06 00:50

サン・ジャックへの道 【2005 Saint-Jacques... La Mecque】
Excerpt: [[attached(1,center)]] 母親の遺産を相続するため、仲の悪い兄妹、ピエール(アルチュス・ドゥ・パンゲルン)、クララ(ミュリエル・ロバン)、クロード(ジャン=ピエール・ダルッサ..
Weblog: Ripe Tomato Movies 〜限りなくサムソン〜
Tracked: 2008-01-13 17:48

mini review 07091「サン・ジャックへの道」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼の道のりを、ひょんなことからともに旅するはめになった男女9人の心の交流を描くヒューマンドラマ。それぞれに問題を抱えた登場人物たちが、一緒に歩くことで自身を見つめ再生..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-01-15 13:48

映画『サン・ジャックへの道』
Excerpt: 原題:Saint-Jacques... La Mecque この聖地巡礼の旅は徒歩で1,500kmというから、四国八十八ヶ所巡礼のお遍路さんが1日30kmを歩いて40日間かけるのと似ている・・癒しの..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-04-02 00:57

サン・ジャックへの道
Excerpt: お母様の遺産を相続できる条件とは。 3兄弟が同宿しながら、フランス南東部の街ル・ピュイからスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステ...
Weblog: 映画通信みるみる
Tracked: 2009-02-11 21:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。