2007年06月25日

300

そろそろファンの方のほとぼりも冷めたかな? 
それに鑑賞後2週間も経っちゃって、いい加減書かないと忘れちゃう。

というわけで、『300』です。

ジェラルド・バトラーが出るし!
デヴィッド・ウェナムだって出るし!
それにロドリゴ・サントロも!!


というわけで、去年から「炎の門―小説テルモピュライの戦い」なんかもしっかり読んで予習し、もう歴史年表なんかも読み漁って、いっぱしスパルタ博士(当社比)なんかになっていたわけですが・・・(その模様はこちら

試写会に行かれた方のレビューなどをちらちら見ると、どうもとってもバトル、とってもスプラッタらしいと分り、両方とも苦手なんで、またまたところどころ目をつぶっての鑑賞になりましたパンチ

画面の色調は抑えられていて、絵画的に綺麗。
スローモーションちょっと使いすぎかな、と思ったけど、美しい画面です。

デヴィッドさんも、久しぶりのアップ、うれしい!
ドイツ(だったかな?)のリンガーズの集いをドタキャンして鍛えたという筋肉がすごいです。
ずっと彼のナレーション、というのも素晴らしい♪

もちろん、ジェリーも素敵。想像してたよりもっとムキムキでした。伏せ目がちのまつげが長くてどきどきです。

ロドリゴはのけぞったけど・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・しくしく。

ストーリーはまあ、アメコミ(グラフィックノベルというらしいが)が元だからなのか、戦闘の派手さとかが強調されていて、人間描写なんて時代劇みたいに紋切り型であります。
(あ、時代劇だった)あせあせ(飛び散る汗)

累々たる死体の山、切られた首の断面のアップ、飛び散る血・・・

それはそういう映画なんですから仕方ないですね。
そういうのを楽しむ人のために作られた映画なんだもん。





・・・・それにしてもですね。

多分じゃあ見るな!といわれるかもしれないのですけれど・・・・。(>_<。)

(なので、あの映画をとっても楽しんで見られた方はどうぞ下の個人的ぼやきはスルーしてくださいませ。)







あの、ペルシャ軍はなんなんだ、と思うのです・・・・


仮面被ってたり、トロルだのオリファントだの、あれはサウロンに仕えるオーク軍団か???あせあせ(飛び散る汗)


R指定がついているとはいえ、あれをみたアメリカの良い子達が、次の日学校で『300ごっこ』をして、ペルシャ人の子どもやイスラム教徒の子どもをいじめないのだろうか。

Sep.11thのあと、海外に住むイスラム教徒への差別はひどいという。

尖閣諸島(魚釣島)の騒ぎのとき、jesterは中国の近くに住んでました。

領事館や日本人学校にデモ隊が押しかけて、日本の旗が燃やされたり、ブティックのウィンドーに「反日メッセージTシャツ」がずらっと並らんだり、「大丸に日本食を買いに行かないほうがいい。ミニバスに乗っているときに日本語をしゃべらないほうがいい。タクシーで乗車拒否された」なんていう噂が飛び交う中で、デモの横を通るのに、身を小さくしてびくびくして暮らしていた日々を過ごしたjesterとしては、
「どうして今、あんなペルシャなんだろう」
と胸が痛くて、もう夜眠れない・・・・たらーっ(汗)


もちっとなんとかできなかったのかなあ。
ペルシャも鬼・畜生ばかりじゃない、っていうエピソード。
(ロドリゴがクセルクセスと聞いて、ちょっと期待してたんだけど)
そのほうがストーリーも深みがでたと思うんだけどなあ・・・
それだと面白くなくなっちゃうのかしら。
でもあれじゃ、ナチの反ユダヤ・プロパガンダと同じレベルだってば。
(どんなに製作側が政治的な意図はなかったといいはっても・・・・この時期に、ちょっと信じられないぞ)



出来たら、「戦場に勝者はいない」というメッセージをこめた映画『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』を撮った、ハリウッドの良心、クリント・イーストウッド監督に、ぜひ「ペルシャ側からみたテルモピュライの戦い」の映画を撮ってほしいな・・・・

そんでもって、キャストは、

*戦わずに交渉で占領しようと、使者を買って出たペルシャ軍の兵士で、必死で説得してる途中で、レオニダス王に「これがスパルタの返事だ!!」と切られて穴に落ちる使者
・・・・・デヴィッド・ウェナム(泣ける〜)

*ペルシャに占領された国からの傭兵だが、元は農民で家に帰りたいと思い続けて、麦に触ったりしている強いペルシャ軍の将軍
・・・・・ラッセル・クロウ

*レオニダス王・・・・・アーノルド・シュワルツネガー(知事より俳優に返り咲いて。鍛えなおさないとね。しかし強そうだ。)

*勇敢な兵士で、将軍のために必死で戦うが、スパルタ軍団についにやられて、哀れ死体の壁の一部になってしまう青年
・・・・・ロドリゴ・サントロ(こっちも泣けるぞ)

*クセルクセス大王・・・・・コリン・ファレル(アレクサンダーのときの金髪のヅラを、黒髪のヅラに変えて・・・また『悩める侵略者』だけど、今度はアジア側の王様なのだ)パンチパンチ

*ペルシャの征服を嫌って、家族と共に山を越えて逃げるスパルタの大佐・・・・・クリストファー・プラマー
(だんだん映画が混乱してきました。大体、大佐っていないだろうが)パンチ



・・・などと妄想をめらめら燃やしては、むふふ、などと笑ってやっと眠りにつけたjesterだったのでありました。
ファンの方たち、ごめんなさい!パンチパンチパンチパンチ



posted by jester at 20:15| Comment(12) | TrackBack(3) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねー、勝手にキャスティング。
特に
*ペルシャの征服を嫌って、家族と共に山を越えて逃げるスパルタの大佐・・・・・クリストファー・プラマー

デレク・ジャコビーでもいいかも。あ、何だか、グラディエーターになってきた。
Posted by JaJa at 2007年06月25日 22:30
驚いちゃったです!
jesterさん、dimさんと「炎の門」の話をしたのは1年半以上前だったのですね〜!!(遠い目)

期待して待ちわびて、段々、画像がちらほら出回るようになると、「ぎょえっ?この役(この格好)をあの方やこの方がやる必要があったのか?!」とかちょっと引いたりしつつも・・・でもっ、やっぱり贔屓の俳優さんがたくさん出演してることもあって楽しみにしてて、実際、公開されると娯楽作品としておもしろく観ました。初回にがっかりしたGerryにも2回目は逆に感動してマジに泣かされましたわ〜(爆)。
次回はまた違う感想になるかも。。。ええ、まだ通いますわ!多分。(でも、プレステージもゾディアックも通い中なんです・爆)

ペルシャ軍って、アジアの辺境からもかき集めた(?)だけあって、日本の忍者だか武士だかがへんてこりんに混じったような、着物柄のような衣装を着て日本刀みたいなのを持ったヤツもいましたね〜?(汗)
この映画、ワタシは鑑賞中は政治的な意図は感じなかったですが、jesterさんのコメントを読むとなるほどです〜〜。
こっちがまるで意識してなくても、世の中にはこういう娯楽映画であっても迫害の恐怖や肩身の狭い思いをする方もいらっしゃるのでしょうね。。。
ワタシが日本を敵国として描いた映画を観に行けないのと同じように。。。
一方でそんなアホいるのかって思うけど、こういうのを観ていじめをするやつがいても確かにおかしくないのかも!
ふと、「ジャーヘッド」の中で兵士たちの娯楽時間に某戦争映画が明らかに戦意高揚のために使われてたシーンを観てのけぞったことを思い出し・・・「300」がそんなふうに戦場での戦意高揚のために使われないことを祈りますわ。(爆)

>「ペルシャ側からみたテルモピュライの戦い」の映画

そりゃ、おもしろい発想ですわい(笑)!
レオニダス王に穴に突き落とされて、這い上がる(どーやって?)使者にクリスチャン・ベイルはどお?「人間は何のために落ちるのか・・・」「這い上がるためだ」とかぶつぶつ言いながら。
あと、奇怪なペルシャ軍の親衛隊にヒュー・ジャックマン率いるX−MENメンバーとか?!
・・・うん、今夜はプレステージが観たくなっているらしいです、自分。
ぎゃおーす!またもオバカなサナダ文で失礼しました〜。
Posted by DD at 2007年06月25日 23:31
いろんな意見があってしかりだと思います。
ワタシは二度見たのですが、二度目はえらく感動しましたね〜。でも何に感動したのか分析できんのです。どわ〜〜〜!!っと身体に広がったの、トリハダが。
知性とか思考とか考慮とかいうもんが、ワタシには欠落してるので、あくまでも感性で見たというのかな(感性は欠落はしていないけど、崩壊してるかもにゃ〜)。
ワタシもDDさんと同じく、もう一度通うつもりです。自分としては見る度に何か感じることができる、スルメのような映画だと思ってますわ。

ロドリゴはある意味チャレンジャーでしたね。次回は「ビハインド・ザ・サン」のような作品、期待しましょー。
Posted by dim at 2007年06月26日 02:28
JaJaさん、コメントありがとうございます。

>デレク・ジャコビーでもいいかも。あ、何だか、グラディエーターになってきた。

わああ〜デレクさんも、良いですね!
長老会の一人で、「とにかく突撃!散るのじゃ!」といきり立つ王をいさめる役?

いやいや、デレクさんといえばなんと言っても修道士カドフェルです!
でもあのお山の上に住んでるフード被った人たちじゃ怖すぎか・・・
軍隊に同行する、薬つぼを持ったお医者さんなんてどうでしょう?
Posted by jester at 2007年06月26日 08:32
DDさん、毎度です♪ サナダコメントありがとうございます。

>初回にがっかりしたGerry

わたくし、公開されてすぐに見て、それ以降見に行こうと思いつつ、「ゾディアックの土砂降りの雨」にとらわれまして・・・・ プレステージもまた行かなくちゃと思いつつ、ああ〜もう6月が終わるじゃん! でございます。(汗)

私のベストGerryは「Dearフランキー」のストレンジャーなんで、レオニダス王になれるのにしばらくかかりました。
2回目見たらあのムキムキが気にならなくなるかしら?(実はあまりムキムキなのは・・・)

>ワタシが日本を敵国として描いた映画を観に行けないのと同じように

どうもjesterは天邪鬼なもんで、ああいう風に善悪の概念が一方的に描かれると、なんとなくペルシャの味方をしたくなっちゃうんですよ〜(爆)
もしかして、あのペルシャが実は日本で、スパルタが昔日本の侵略した国(しかも今けんか中)だったりしたら、なんてついつい考えてしまい・・・
ペルシャにもトロルみたいな巨人じゃなくて、英雄はいたはず!とかね、つい言いたくなります。
子供向けファンタジーなら勧善懲悪でもあまり違和感を感じないんでいいんですけど、一応歴史絵巻ですし、この世界のグローバル化がなされてる現代で、あのペルシャはないでしょう、なんて気になってしまいました。
そうそう、ニンジャかサムライみたいな服着た人もいましたね〜

>こういうのを観ていじめをするやつがいても確かにおかしくないのかも!

テレビとか映画の影響ってすごいんですよ! 「ナンチャッテ日本のサムライドラマ」なんかが放映されると、次の朝にはチャンバラ遊びが流行り、クラスの男の子が『つり目』(指で目を上に吊り上げる)をしながらお辞儀して見せるので、娘は腐ってましたもん。悪気はなかったみたいだけど・・・・

>レオニダス王に穴に突き落とされて、這い上がる(どーやって?)使者にクリスチャン・ベイルはどお

いいですね〜 採用!!(だれなんだ、自分)
使者のウェナムさんは、いじめられっこファラミー+ヴァンヘルのカール君のイメージで、どちらかというと学者タイプなんで、ここはベイルさんに這い上がってもらってペルシャの意地を見せていただきましょう。

となると、ヒューはヨーヨーと飛ばして、オーク退治か? 
急にヴァンヘル見たくなって来ました(汗)
(いま、「Dracula」読んでるので〜)

その他、ピーター・オトウールも配役したいですね。
となるとエリック・バナとブラピとオーリーも、ってすごい豪華メンバーになってきました。予算あるかしら、イーストウッド監督?(すっかりその気です)
Posted by jester at 2007年06月26日 09:21
dimさん、いらっしゃい♪
コメントありがとうございます。

>二度目はえらく感動しましたね〜

うきゃ〜〜
ごめんなさい! なんか私の書いたこと、理屈っぽく聞こえましたか?
もし気になったらすみません〜(汗)
そんな風に感じた人もいる、って聞き流してくださいませ。

映画は個人的体験だから、その人それぞれに、いろんなこと感じるし、特に俳優さんの熱狂的ファンがその人が出る映画のヒットを心から祈っているのって分りますので、今回はレビュー書くのやめようかとか迷っていたのですが、まあ、そろそろほとぼりも冷めてきたからいいか、なんて正直に思ったとおり書いてしまいました・・・
(ま、結局いつもか)

jesterもまた見たら感想が変わるかもしれないです。
まず初回はペルシャが気になっちゃって。
そういうこだわりみたいのを超越すると、作品の真価が見えてくることってありますよね。

>あくまでも感性で見たというのかな

うんうん、そうですよね♪ 映画は感性で見るもんですよね。 
こう、五体で感じる、っていうか・・・・感動したのを考えて言葉にして書いてみるとなんか陳腐になったりします。
鳥肌がたったの、うらやましいデス。

>ロドリゴはある意味チャレンジャー

公開前にあの画像を見たとき、「これは儀式のときとかの格好で、きっと素顔でも出てくるんだわ」とか思ってたのですが・・・・

あの声を聞いたとき思わず「おえ?」と叫んでしまいました。(迷惑)
しくしく、っていうより、ちょっと笑えてしまいました・・・・・(涙







Posted by jester at 2007年06月26日 09:53
jesterさん、こんばんは!

この映画、大いに楽しんで観たのですが、わたしもペルシャの描写は、やはり気になりました。もうちょっと一方的ではない表現はできなかったのかな〜と思いますよね!そこが残念でした。でも、スパルタ兵を美形集団にしたのは大正解だったと思います(笑)

ps わたしもヴィゴ大好きで〜す!
Posted by JoJo at 2007年06月26日 22:44
ふふふ・・・色々な意見やとらえ方があるのは当然のことだと思うし、同じような感想ばっかり読んでいてもつまらんしねー。
jesterさんのレビュー、ワタシは楽しみながら拝見いたしましたわ。
ワタシはこの作品をどちらかと言うと娯楽的にとらえているかも知れないです。

ロドリゴはね〜〜あの衣装が最高ですね。
素っ裸よりなんだかハズカシイというところがよろしいです。
当初は目のやり場に困るかなと思っていたのですが、あまり下半身は映らなかったですね。残念でござる〜〜〜。
Posted by dim at 2007年06月26日 23:59
JoJoさん、いらっしゃいませ♪
コメントありがとうございます。

>もうちょっと一方的ではない表現はできなかったのかな〜と思いますよね!

唯一の美形があのロドリゴでは、ちょっと悲しいですよね。
せめてロドリゴだけは素顔で出せ〜〜
だったらどんなに悪者でもいいのにさ。

JoJoさんもヴィゴファンですか!
嬉しいです♪
「Alatriste」は日本では公開されないのかなあ・・・・
Posted by jester at 2007年06月27日 12:04
dimさん、またいらしてくださってありがとう♪

>同じような感想ばっかり読んでいてもつまらんしねー。

そういってくださると嬉しいデスだ。
どうも性分で、思ったとおり天邪鬼な気持ちを書きたくなるのよね〜 
でもファンの気持ちも分かるから、レビューって難しいです。
それに自分自身でも何回か見るとほんとに感じ方が変わることってありますよね。

これからもよろしくお願いしますだ。

>ロドリゴはね〜〜あの衣装が最高ですね。素っ裸よりなんだかハズカシイというところがよろしいです。

ぷぷぷ。
わたしはあのいろんなところにしているピアスが気になってしまいました。
のりで留めてるんだよね? ほんとにしたら痛いもんね??

Posted by jester at 2007年06月27日 12:12
jester さん、こんばんは。
私は『シンシティ』が好きだったので、これもなかなか楽しめましたが、やっぱりどっぷりハマるほどではなかったです。
エンタメ映画にかたいことを言ってもしょうがないとは思うのだけど、こういう世界が不穏な時期に、勇ましくてカッコイイ戦士達の戦争映画が大々的に作られちゃうことにナンダカナーって思ってしまうんです。そして、イーストウッドの映画より300を観たアメリカ人の方が多いのだろうなと思うとちょっとため息。
クラッシュで描かれていたペルシャ人の雑貨店主のことを思い出しつつ。
ああ、それから、さわやかロドリゴが観たいですー。
Posted by かえる at 2007年07月04日 01:12
かえるさん、TB&コメントありがとうございます。
もう一回いったら見方が変わるかも、と思いつつまだ行ってません・・(汗)

>イーストウッドの映画より300を観たアメリカ人の方が多いのだろうなと思うとちょっとため息

うんうん、300をウエルカムするような機運があるんでしょうねえ、アメリカには。
すごく分りやすいですしね。

>さわやかロドリゴが観たいですー。

賛成です!!
Posted by jester at 2007年07月04日 08:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想
Excerpt: まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-06-25 22:09

圧倒される2時間!!「300」★★★★☆
Excerpt: '06年製作、原作・製作総指揮フランク・ミラー 監督・脚本ザック・スナイダー 主演ジェラルド・バトラー 共演レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガン他によ..
Weblog: JoJo気分で映画三昧!+α
Tracked: 2007-06-26 22:41

『300』
Excerpt: 噂のさんびゃく。それは戦士の数。兵なんて駒でしかないのさなんていう虚しさや理不尽さなんて感じる必要のないアメコミの熱い世界がスクリーンに炸裂。いかにもマンガ的な画ズラなんだけど、大画面で映像化されるこ..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-07-04 00:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。