2007年09月18日

マリー・アントワネット

これは劇場で見て、レビューを書きそびれていたもの。

マリー・アントワネット (通常版)

DVDで再見しました。

nouilles-sauteesさんにはいえませんけど、劇場でマチュー・アルマリックを確認できなくて・・・パンチ

いえ、そうかな〜と思った人はいたけど、確信が持てずに・・・

今回は静止画像で確認できました♪


ぴかぴか(新しい)劇場で見たときは、やっぱりキルステン・ダンストがマリー・アントワネット役というのが、ううう〜ん、フランス王室なのに英語をしゃべってるので雰囲気いまいち、だったのですが、DVDで見たら、なんか慣れたせいかそれほど気にかからず。

公開時は辛口のレビューが多かった気がするのですが、それほど悪くないかも。
キルステンは結構かわいく見えましたし。


それよりも、当時のオーストリア王室の雰囲気とフランス王室の雰囲気の差とか、お世継ぎ問題の重さとかが良く描けているな、と思いました。
わりと身近な目線で王室のそういうものを捕らえてるという点が評価できると思います。

あの時代の、平民たちの暮らしがどうだったかが全くでてこないので、革命の必然性が浮き彫りにはならないのですが、王侯貴族の愚かにも奢れる様は良く描けてました。
ピンクのケーキやインテリア、綺麗な豪華さのなかで、かしずかれている年若い少女。

奢れるものは久しからず・・・ですね。


それと、お世継ぎ問題、弟に子供が先に出来たらどうする、とかで、思いつめる辺、なんだか雅子妃をどうしても思ってしまい、胸が痛かった・・・・たらーっ(汗)

マリー・アントワネットの頃は、もろに結婚の目的は個人の幸せではなく、国歌の契約であり、世継ぎ問題だったのですが・・・

そういうものが今の世にもあいかわらず残っていて、少なからず苦しんでいる女性がいるという事実(長男の嫁で娘しか産んでいないjesterも、若い日には苦しめられました・・)がちくちくときてしまいました。


posted by jester at 10:11| Comment(10) | TrackBack(4) | ま行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うふふ、マチューのご確認、そしてご報告まことにありがとうございました♪

確かにたった1シーンの出演でしたからねぇ。私は最初っからどこに出ているのか、そりゃあもう目をサラのようにしておりましたから(従者の後ろの後ろまでひとりひとり確認してました)、さすがにわかりましたが、そうじゃなきゃ思いっきり見過ごしてしまうような通行人程度の役でしたね(涙)。

映画自体は私は、うーむ・・・という感じだったのですが、「ベルばら」系が好きなもんで、そっちの方面ではかなりワクワクしましたです。
Posted by nouilles-sautees at 2007年09月18日 20:12
nouilles-sauteesさん、いらっしゃいませ♪

マチュー、確認しましたよ〜
正直、劇場ではあれ?今の?もしかして??
みたいな感じだったのでした・・・

>「ベルばら」系が好きなもんで、そっちの方面ではかなりワクワクしましたです。

私も昔読んだ「ベルバラ」のおかげで、フェルゼンって誰とか、じゃ、オスカルはどこにとか(違う)

Posted by jester at 2007年09月18日 21:55
こんばんは〜。
ワタシは、不覚にもマチューがどの辺にどういう役で出てるのか知ってしまってから観に行ったのでわかりましたが・・・でも、やっぱり、え??と思いました。
知らずに発見できた方ってすごいですよね〜。

丁度、時期が重なっただけに日本の皇室のこととか、やっぱり頭に浮かびましたね。

>長男の嫁で娘しか産んでいないjesterも、若い日には苦しめられました

あう〜、ワタシもこの気持ちよくわかります!

ところで、この映画、たまたま上京したときに六本木の映画館で観たのですが、上映前に鷹の爪団(?)による映画鑑賞中の注意を促すアニメが流れ・・・実は、映画本編より、こちらのアニメのほうに強く心惹かれました(爆)!東京の映画館はさすがにサービスが違うの〜と感心したり。(笑)
Posted by DD at 2007年09月19日 00:47
DDさん、いらっしゃいませ〜 毎度ご訪問うれしいです♪

>でも、やっぱり、え??と思いました。
知らずに発見できた方ってすごいですよね〜。
nouilles-sauteesさんは愛ですわ、やはり。
マチュー、もうちょっと画面にいてくれると嬉しかったですよね〜

>あう〜、ワタシもこの気持ちよくわかります!

DDさんもですか・・・
jesterも、子供が女でも男でもどちらでもいい、と思っているのに、周りが・・・
自分では本当はどうでもいいと思っていることでプレッシャーかけられるのって嫌でした。

>上映前に鷹の爪団(?)による映画鑑賞中の注意を促すアニメが流れ・・・

わははは!
「た〜か〜の〜つ〜め〜〜〜」ってヤツですね。
あれ、結構ずっとやってましたが、まだやってるのかしら?
Posted by jester at 2007年09月19日 07:49
(^ー^* )フフ♪ほんと、歴史とか史実(?)を考えて見たりすると、あまりにも矛盾が(言葉も含め(^^ゞ)・・・と思っちゃうんですが、それほど悪くないかも・・というjesterさんの意見に1票(笑)

これはこれで良かったのかもって感じですよね^^

ほんと、今と昔、女性の立場が変わって来たとはいえ、お世継ぎ問題とか、似たような問題がずっとあるんだな、根本はそんなに変わらないものだな、と思いました。

私も子供が生まれるまで4年かかったので
その間の周りのやいのやいのには、もう辟易としたし、一人生まれたら、今度は一人じゃ可哀想よ〜〜〜、の攻撃が始まって、もういい加減にしてよ!って思ったことをふと思い出しました(^^ゞ(結局一人ですが(^^;;) )
ま、皇室(王室)とじゃ立場が全然違いますけどね(^^;;)

TBどうもありがとうございましたm(_ _)m
こちらからもさせていただきました♪
(って、こちらは承認制でしたっけ?今の所反映されていません(^^;;) )
Posted by メル at 2007年09月19日 09:04
メルさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>これはこれで良かったのかもって感じですよね^^

あまり期待してなかったので(爆)そんな風に感じました。
結構楽しんでみちゃいました。

>その間の周りのやいのやいのには、もう辟易としたし、一人生まれたら、今度は一人じゃ可哀想よ〜〜〜、の攻撃が始まって、もういい加減にしてよ

うんうん、そうですそうです!
「男の子を生め」攻撃と、「一人っ子はかわいそう攻撃」でしたね〜
私は何回か流産したりしたので、かなりつらかったです・・・・
そういうのは本人の問題なのにね。

でも雅子さんにかかるプレッシャーはそんなもんじゃないでしょうけれど。

TB、ちゃんといただきました。
ありがとうございました。
ここって、コメントにしろTBにしろ、反映されるのが遅いのです。
すみませんです。
Posted by jester at 2007年09月19日 19:14
またまたTBさせていただきました。
歴史を求めてではなく映像というか雰囲気を求めて見に行ったのでなかなか満足な映画でした。私には。
キルステンも珍しくかわいく見えたし(^^:
じゃあね
Posted by こり at 2007年09月19日 22:28
こりさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!うれしいです♪
TBもありがとうございました。

>歴史を求めてではなく映像というか雰囲気を求めて見に行ったのでなかなか満足な映画でした。

映像は綺麗でしたよね。
あの、ピンク色のお菓子の数々、体に毒なぐらい(爆)とっても綺麗でした。
過剰にみえるドレスとか髪型も、その滑稽さとともに興味深かったし。

>キルステンも珍しくかわいく見えたし

少女の役から大人になる辺が結構自然にみえました♪


Posted by jester at 2007年09月20日 07:43
jesterさん、こんにちわ

この映画、私も公開時に映画館で観ました。感想としては、「ううん」と言った所でしたが、最も良かったのは、大音響でロック音楽が鳴っていた舞踏会の場面です。あの場面だけは、青春そのものと言った感じでした。

一方、悪かったのは、最初の方のフランス皇太子に嫁入りしようとする場面です。あの場面、ダンストの老け顔から、私はてっきり、死刑になる場面かと思っていたら、10歳代の場面だと知って驚きました。

それにしても、赤ん坊の誕生場面や結婚式後の場面、王室等ではあのようなことが行われると言うことは本で知っていましたが、庶民の女性では恥ずかしくてできないでしょうね。

ダンストの出演作では、 やはり、「ヴァージン・スーサイズ」と「チアーズ!」が好きです。
Posted by matsumo at 2007年09月24日 07:52
matsumoさん、こちらにもコメントありがとうございます!うれしいです♪

>最初の方のフランス皇太子に嫁入りしようとする場面です。あの場面、ダンストの老け顔から、私はてっきり、死刑になる場面かと思っていたら、10歳代の場面だと知って驚きました。

わはははは!
あの馬車に乗って国境に行くシーンですか? 
逆に私はダンストが始めて「かわいいじゃん」と思いましたが。

あの、抱いていた犬をうばれて泣きそうな顔とか、脱がされて震えてるのとか、結構若く見える、とおもったのです・・・

>それにしても、赤ん坊の誕生場面や結婚式後の場面、王室等ではあのようなことが行われると言うことは本で知っていましたが、庶民の女性では恥ずかしくてできないでしょうね。

私は初めて知りました。ああいうものだったのですかねえ〜
着替えのときも、あんなに洋服きた人がたくさんいるところで・・・
召使だったら、人間扱いしてないから気にしないのかなと思いますが・・・
Queenの立場から見ると貴族も目下だからなのかしら。
屈辱ですよねえ・・・・

出産のシーンもショックでした!
ちゃんとQueenから生まれたというのを皆で確認する、という意味もあるのでしょうか?
それにしても・・・やんごとなきお方も大変なのですね・・・

Posted by jester at 2007年09月24日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「マリー・アントワネット」
Excerpt: マリー・アントワネット (通常版)東北新社このアイテムの詳細を見る 14歳のオーストリア皇女アントワーヌ(キルスティン・ダンスト)は、母マリア・テレジアの 意向によりフランス王太子のもとへ。王太子妃マ..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2007-09-19 08:49

1/20「マリー・アントワネット」
Excerpt: えー、今日はめっちゃいい天気であったかでした。 朝から掃除洗濯を済ませた後、1人
Weblog: コリちょこ
Tracked: 2007-09-19 22:24

マリー・アントワネット…写真素材を別で使いたい映画(女優除く)
Excerpt: 昨日{/kaeru_fine/}も今日{/kaeru_rain/}も昼過ぎまで寝て{/kaeru_night/}しまっているピロEKです。 連休は何の予定もなく、ダラダラと過ぎて行っています。 少しだ..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2007-11-04 23:00

マリー・アントワネットとスーダラ節
Excerpt: …その日、私は疲れていて、とにかく甘いものが食いたかった。そして気がつくと、ヴィヴィッドな若い女性の間で大人気の映画「マリー・アントワネット」を上映する映画館の中にいた… マリー・アントワネット:..
Weblog: 豆酢館
Tracked: 2007-11-29 23:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。