2007年11月08日

Once ダブリンの街角で

これ、すごく良かったです!
jesterの今年のベスト10、いや、Alwaysのベスト10に確実にはいりますね。

ぴかぴか(新しい)映画全体が、一遍の詩のように美しく、心に響くものでした。ぴかぴか(新しい)

ダブリンの街角でギターを弾きながら歌を歌っているストリート・ミュージシャンのguy(どこにでもいるような男)。
嗄れた声を張り上げて歌う歌は一瞬「ボブ・ディランみたい。上手だけど、あまり好きなタイプのミュージシャンじゃないな」と思ったのに、聞いているうちにぐいぐいと引き込まれる。
まるで「魂の叫び」のような切ない歌。

once4.jpgその歌に吸い寄せられるようにgirl(女の子)がやってくる。
質素なジャケットにマフラーをぎゅっと結び、Big Issues(ホームレスに仕事を与えるために出版されている雑誌)を売り歩きながら、彼の歌に足を止め、聞き入る。

ちょっとKY(空気読め)なところがあるgirlなんだけど、掃除機を引っ張って歩く姿になんともいえない味わいがある。

チェコから出てきた彼女もまた、ピアノと歌で自己表現する人間であるという一面を持っていた・・・・


ダブリンはアイルランドの貧しい地域というイメージがあるけれど、そこに流れてきた東欧人というと、まさに底辺の暮らしだ。
(日本でならさしずめ建前は日本語学校で勉強しているはずが終日ラーメン屋さんで働いている中国から来た人たちと同じような・・・)

薔薇の花を売っている姿は「マッチ売りの少女」みたいだし、子供と年老いた母の生活費を稼ごうと必死で働く姿は「Dear フランキー」の母、リジーのよう。


おずおずとほんの少しずつだけれど心を寄せ合う二人をつなぐのは音楽。

once2.jpg曲が断片的でなく、全曲歌われることもあって、ミュージカルのようだといわれるけれど、普通のミュージカル映画とはまったく違う。
Beatlesの「Let it be」にも近い、まるで音楽を作る現場のドキュメンタリー映画のような感じ。

ただの挿入歌ではなく、BGMでもなく、音楽はこの映画で確かに主役の一人だ。
だからコンサートを聴いたような、「耳の満足感」がある。


だからと言って、ミュージック・ヴィデオでもない。
そこにはしっかりした人間観察の目がある。
ジョン・カーニー監督は「マイク・リーやケン・ドーンのようなミュージカルを撮りたかった」といっているが、確かにうなずける。
だから「心の満足感」もあるのだ。

二人ともどこにでもいるような若者。
着ているものは『プラダを着た悪魔』だったら変身前のださださなカッコ、と言われかねない(でもjesterは大好きな)シンプルでトラッドで地味な服。

それでも・・・・決して美形ではないのに、見ているうちにとても美しく見えてくる。
そのひたむきな生き方がいとおしく思えてくる。
once3.jpg恋愛映画といっても、寝台シーンは愚か、キスシーンすらないのに、それでいて二人の心の揺れが見るものにしみてくる。
ずっしりと、そして生き生きと呼びかけてくるものがある。
(おしっこくさい中学生や高校生受けを狙ってちゃらちゃらした甘甘の恋愛映画をつくってるどこぞの国の映画製作者たちにぜひ見て欲しい!)

ラストも、決して甘いHappy Endではないのに、見るものをHappyな気分にしてくれる、素晴らしい終わり方。
私たちの時が止まることなく流れていくように、彼らの生活もまた流れていくのです。

お金は全然かけてないけれど、人生っていいなと思わせてくれる骨太の秀作映画でした

guy役のグレイ・ハンサートはアイルランドでは有名な「ザ・フレイムズ」の一員ということですが、初めて聴く歌声でした。
ギター弾きのjesterですが、とってもギターが弾きたくなりました。
優しそうで誠実そうな目つきの人です。
(あんな「擦り切れた」ようなギターでもとてもいい音がでるのですね〜。音が悪くなるから表の板は絶対傷つけてはいけない、と言われてきましたが・・・・)

また、girl役のマルケタ・イルグロヴァはチェコのミュージシャン。
ちょっと大人っぽく見えて19歳には見えないけど、細い綺麗な声のミュージシャンで、女優としての演技もとても自然でよかった。

出口でまた即サントラCD買いました。
帰ってからずっと聞いてます。

ワンス ダブリンの街角で オリジナル・サウンドトラック

どの曲もとても良かったけれど、Falling slowlyという曲は、jesterのテーマ曲になりそうです。

   Take this sinking boat and point it home
   We’ve still got time
   Raise your hopeful voice you have a choice
   You’ve made it now


せつないです・・・たらーっ(汗)
絶対また見に行きます!


しかし、渋谷シネ・アミューズ、めちゃくちゃ混んでました。 
公開されて始めての水曜日ということもあったのだろうけれど、朝一の回、40分前に劇場についたら、もう階段を下のほうの階まで伸びる長蛇の列でした。
もちろん満員、立ち見も出てました。

年齢層は厚くて、初老の男性やサラリーマンもちらほら。

アメリカでは最初2館の上映から始まって、口コミでどんどん上映館がふえ、140館になったそうですが、日本でもあんな狭いところじゃなくて、もっと大きな画面で見たいです!


あ、そうだ、guyの役は、当初キリアン・マーフィがやることになっていたんですって!(DDさん用太字。当然ご存知でしょうけれど・・・・)
パンフレットに書いてありました〜
この監督さん、「19歳のカルテ」でキリアンを使ってますものね。
キリアンがやっていたらどうなっていたでしょうか・・・?

posted by jester at 00:12| Comment(19) | TrackBack(17) | ら行、わ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはー。
そうか、やっぱりjesterさんはギター弾きなんだ。すごーい。でも私もあんなに穴があいちゃったギターでも結構いい音でるんだなって思っていたところです;
ピアノがいっぱい出てくるシーンはとてもワクワクしちゃいました。
私はあのちっさい所で見れたのがかえって良かったです。前方席に座っても音に疲れずどっぷりはまれました。
サントラはこれから入手しようと思ってまーす。
Posted by シャーロット at 2007年11月08日 21:25
いいはず〜!!これ、とっても観たいです!
音楽だし、アイルランドだし、切なさそうだし・・・前から気になっているのですが、こちらではやはりDVD待ちですかにゃ〜。(涙)
観てきた友人の話では、主役の青年がジェリーに似てたとか??いかがでした?
ワタシはトレイラーを観ただけですが、ケヴィン・マクキッドに似てるな〜〜とずっと思ってたのですが?

キリアンがやることになっていたとは知りませんでした。
キリアン、喋るお声は素敵ですが、歌はどうなんでしょうね〜?
「プルートで朝食を」でデュエットしてましたけど・・・三つ編みはかわいかったですが(爆)、あれだけでは判断できず。
Posted by DD at 2007年11月08日 22:23
シャーロットさん、またまたコメントありがとうございます!うれしいです♪

>こんばんはー。
そうか、やっぱりjesterさんはギター弾きなんだ。

姉がピアノを習っていたので、私は別の楽器がいいと言い張り、近くに先生がいたのがたまたまクラシックギターだったので、小学校の頃からクラシックギター弾きです。

>でも私もあんなに穴があいちゃったギターでも結構いい音でるんだなって思っていたところです;

あれはビックリでした。だって、絶対傷つけちゃだめって言われていたのに。
(といいつつ一杯傷がつきましたが・・・)

>ピアノがいっぱい出てくるシーンはとてもワクワクしちゃいました。

あ〜〜シャーロットさんならそうでしょうねえ!

>私はあのちっさい所で見れたのがかえって良かったです。前方席に座っても音に疲れずどっぷりはまれました。

シャーロットさんみたいに耳がいい方は、大音響だと疲れるんでしょうか?
私は真ん中辺だったけれど、画面が小さいのは何となく物足りなくて。
東京映画祭で六本木で見ればよかったのかな?

>サントラはこれから入手しようと思ってまーす。

ドライブなんかには結構良いです。
ただ、2曲目の曲は、女の子の英語の発音がめちゃくちゃ気になってしまい、飛ばしてますが・・・(殴
Posted by jester at 2007年11月08日 23:15
DDさん、いらっしゃいませ♪

>いいはず〜!!これ、とっても観たいです!
音楽だし、アイルランドだし、切なさそうだし・・・

よかったですよ〜
アイルランド映画っていうの、jesterもつぼです。それにギターの弾き語りっていうのもすごいつぼでした。
しかも、特別な人たちじゃなくて、普通の人たちがおずおずと優しさを交換してるって感じが気に入りましたわ〜。
こういうのにとても弱いんですよ♪

たくさんの人が見に行ったらロングランになり、こちらにいらしたときに見られるかしら? それにそちらでもやるかもしれませんね。
DDさんも劇場でみられたらいいな!!
せっせと宣伝します!

>観てきた友人の話では、主役の青年がジェリーに似てたとか??いかがでした?
ワタシはトレイラーを観ただけですが、ケヴィン・マクキッドに似てるな〜〜とずっと思ってたのですが?

う〜〜ん、どうかなあ・・・?
私はジェリーにも、ケヴィンにもあまり似てるとか思いませんでしたが、どちらかというとケヴィンかな?
上唇にかかる口ひげが気になってしまったjesterですが、歌は本物です!

>キリアン、喋るお声は素敵ですが、歌はどうなんでしょうね〜?
「プルートで朝食を」でデュエットしてましたけど・・・

私も「プルート」で歌ってたな〜と思ったんですけどね。
キリアンならお客さんも呼べるし(DDさんのようなキリアンファンが飛行機に乗ってやってくる♪)
でもこの映画、歌がかなり重要だから、その辺が降板した理由なのかしら・・・?
でも最初にキャスティングされたってことはやっぱり歌がうまいのかなあ?
Posted by jester at 2007年11月08日 23:27
jesterさん、こんにちわ

これ、注目していた1本です。やはり、良かったと言うことでしたら、行きたいです。ただし、今は紅葉の季節で、映画より写真撮影の方が優先ですので、行けるかどうかわからないのですが。

ここ、確か文化村の前だったと思いますが、前の人の頭が邪魔になって、あまり観やすくなかった記憶が。この映画館で観たものでは、「キャメロット・ガーデンの少女」が素晴らしかったです。
Posted by matsumo at 2007年11月09日 19:00
jesterさん、こんばんわ。

ギターを弾かれる方だったらこの映画はたまらないでしょうね。
自分は昔、ブラスバンドをやっていたので
この映画、だんだんとセッションが盛り上がっていく感覚が
よく表現されていたところがとても気に入りました!
Posted by moviepad at 2007年11月09日 20:38
こんばんは♪jesterさん

コメントとTBをありがとうございました★^^

この作品、音楽もやっぱりすごーく良かったですね♪
そこらへんでスカウトした人たちと、仲間みたいになってひとつのハーモニーを奏でるシーンやふたりで曲を奏でるシーン、夜にひとりで歌うシーンなど素敵なシーン多かったたナ。

またお邪魔しますネ!
Posted by mig at 2007年11月09日 21:10
matsumoさん、いらっしゃいませ♪

>これ、注目していた1本です。やはり、良かったと言うことでしたら、行きたいです。

matsumoさん、とってもよかったですよ。
ただしヒロインはmatsumoさんが気に入られるかどうかわかりません。ちょっと鷲鼻ですし・・・
それでもみているうちにとてもいとおしくなります。

>ただし、今は紅葉の季節で、映画より写真撮影の方が優先ですので、行けるかどうかわからないのですが。

わ〜〜紅葉の写真、楽しみにしてます。
山の上ではもう始まってますよね?

ではでは雨の日とか早く出られた会社帰りにいかがでしょう?
21:20〜22:50の回がありますよ。
それとこの映画館、水曜日は男性も1000円です。(私はシネ・アミューズの回し者ではありませんが・・・)

>ここ、確か文化村の前だったと思いますが、前の人の頭が邪魔になって、あまり観やすくなかった記憶が。

そうです。
頭はそれほど気になりませんでしたが、画面が小さいんですよ。
シネコンの大画面になれていると、ちょっと寂しいです。
まあ短館系はどこもこんなもんですし、大画面じゃないといけない映画じゃないですけれど、比較的前方に座られたほうがいいかも。

こういう『大人がみられる映画』をもっといろんな映画館でやって欲しいな。


Posted by jester at 2007年11月10日 08:56
moviepadさん、いらっしゃいませ!
ご訪問、嬉しいです〜〜〜

>自分は昔、ブラスバンドをやっていたのでこの映画、だんだんとセッションが盛り上がっていく感覚がよく表現されていたところがとても気に入りました!

そうなんですよね!
私も高校時代はバンドに加わっていたので、音を合わせて完成していく楽しみを味わえたのがとても良かったです。

でもそれだけじゃなくて、自信にあふれている人じゃなく、普通の人が、少しずつ触れ合っていくところも良かったです〜〜
Posted by jester at 2007年11月10日 08:59
migさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>この作品、音楽もやっぱりすごーく良かったですね♪

本当にそうです。
すっかりはまって、CDを聞いて歌ってます。
ああいうシャウト系は本来余り好きじゃなかったのに、好きになっちゃいました。

>そこらへんでスカウトした人たちと、仲間みたいになってひとつのハーモニーを奏でるシーンやふたりで曲を奏でるシーン、夜にひとりで歌うシーンなど素敵なシーン多かったたナ。

なんか自分も歌ったりしたくなりますよね〜
しかもすぐにキスしたり寝たりしないで音楽してるだけ、っていうのが、すごく良かったの・・・。

わたしも、またそちらにお邪魔しますネ!
Posted by jester at 2007年11月10日 09:01
jesterさん、TB&コメありがとうございました。
お返事が遅くなってしまってすみません!

なんだかふわっとした映画でしたよね。
出会って一緒にいたのはほんの少しなのに二人の間の空気はとても心地がよくって、温かくて。
音楽がつなげてくれていた二人はこれからどうなっていくのか分からないけれど、きっと別々の人生でも頑張っているんだろうなって思えました。
そうですよね。こういう映画を観ると人生捨てたもんじゃないのよねーってしみじみ〜思ってしまいます。
Posted by ななな at 2007年11月18日 17:22
なななさん、コメントありがとうございます!うれしいです♪

>出会って一緒にいたのはほんの少しなのに二人の間の空気はとても心地がよくって、温かくて。

激しい心の交流があったわけではなく、日常の一こま、っていうかんじが結構気に入っちゃいました。

>音楽がつなげてくれていた二人はこれからどうなっていくのか分からないけれど、きっと別々の人生でも頑張っているんだろうなって思えました。

そうですね、二人ともしっかり生きていきそうな感じですよね。
音楽を心の支えとして。

>こういう映画を観ると人生捨てたもんじゃないのよねーってしみじみ〜思ってしまいます。

そうなんですよ〜
こういう映画、jesterは好きなんです。
Posted by jester at 2007年11月19日 08:39
jesterさん、こんにちわ

12/1(土)に、よくやく、「onceダブリンの街角で」を観て来ました。上映開始してから随分経っていますが、初回で満席に近い状態でした。

感想はと言うと、話より音楽を聴く映画ではないかと思いました。女性が夜の街を歩きながら歌う曲と、録音場面での最初の歌が素晴らしかったです。まあ、主役の2人が俳優ではなく本職のミュージシャンだとの話を読みましたので、やはり、芝居より音楽なんだなあと思いました。後、電機掃除機を犬の散歩みたく引っ張っていたのが傑作でした。

なお、当日は後、「シアターN渋谷」にて「フライボーイズ」を観ましたが、こちらは第2回目の上映で5割程度の入りでしたが、複葉機同士による戦闘場面は素晴らしかったです。女優さんも「onceダブリンの街角で」より私の趣味でしたし。
Posted by matsumo at 2007年12月03日 19:29
matsumoさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>上映開始してから随分経っていますが、初回で満席に近い状態でした。

わ〜〜いうれしいな♪
まだまだお客さんが来ているんですね〜

>女性が夜の街を歩きながら歌う曲と、録音場面での最初の歌が素晴らしかったです。

あのくら〜〜い歌ですか?
なんか英語がメロディに乗ってない感じなのがチェコの移民って感じが出てる機がしました。
録音場面は、やる気のない録音技師がヤルキを出したのもうなずける感じでしたよね♪

>後、電機掃除機を犬の散歩みたく引っ張っていたのが傑作でした。

あそこ、可愛かったですよね!

>なお、当日は後、「シアターN渋谷」にて「フライボーイズ」を観ましたが、

おお〜
またそちらにレビューを読みにうかがいます♪
Posted by jester at 2007年12月03日 21:41
こんばんは
おお, jesterさんはギターをおやりになるのですね。
私はピアノですわ(下手ですけど)
でも,一番好きなのはやっぱり歌うことなので
この映画のふたりのデュエットには興奮しました。
キリアンがこの役をオファーされてたとは初耳〜〜。
そっか,彼もアイルランドっ子だったし。
「プルート」で歌っていた声はハスキーボイスだったけど,飛びぬけてうまかったかどうかは記憶にないなぁ・・・。
確かに彼の方が客は呼べただろうけど,やっぱりこの作品はミュージシャンの方が主演で正解でしたね。
Posted by なな at 2008年06月08日 23:52
ななさん、いらっしゃいませ♪ コメントありがとうございます! 嬉しいですわ♪

>私はピアノですわ(下手ですけど)
でも,一番好きなのはやっぱり歌うことなのでこの映画のふたりのデュエットには興奮しました。

おお〜
ななさんはピアノを弾かれるのですね♪
その上、弾き語り〜
jesterもギター弾き、歌を歌うことはありますけど、人前ではできません・・・
張りのある声がでないんです。(涙
歌が歌える人がうらやましいです!

>そっか,彼もアイルランドっ子だったし。
「プルート」で歌っていた声はハスキーボイスだったけど,飛びぬけてうまかったかどうかは記憶にないなぁ・・・。

きっとキリアンもそれなりに歌が上手なんでしょうね。
キリアンだったらどんな感じになったかしら。
でもこのキャストに不満はないです。
グレイ・ハンサートは歌も、外観も、最初は好きじゃないかもと思っていたけれど、見終わったときにはファンになっておりました。


Posted by jester at 2008年06月09日 07:38
こんばんは〜〜〜。
コメント&TBありがとうございました。

実は実はjesterさんのレビューを読んで「
これは是が非でも観に行かねばならぬ!!!」と思っていたのに、いつの間にか終わってしまっておりましてねえ・・・(涙)。
DVDが出ると聞いて、すぐさま予約したのですが、たまたま目黒シネマでやってくれたので劇場で観ることが出来ました。本当にラッキーでした。

映画としての完成度が高かったのは、やはりグレイの歌があったからこそですよね。
普段は映画館の雑音が気になって仕方がないdim子ですが、彼が街角に立って歌い出したとたん、彼の歌しか聴こえなくなりましたもの。

切ないけれど優しさが感じられるラストもよかったですねえ。前進しようとする二人の姿に思わず「頑張って」といいたくなりました。
TBしていきますね〜〜。
Posted by dim at 2008年06月19日 01:49
jesterさん今晩は。涼しくなりましたね!私はラストスパートと言わんばかりにせっせと映画を観まくってます。ちょっと映画館からは足が遠のいてますが…。

さて。この映画、私ももし映画館で観てたら、帰り道にサントラCD買ってたこと間違いないですね!ホントに素晴らしかった。

あの掃除機をゴロゴロ転がしながら歩いてる姿は微笑ましかったです。

これ、ハリウッドで映画化してたら、絶対主人公ふたりは寝てたし、最後安易にくっついで終わりだろうなー、と意地悪く見てたのも本音ですが(汗)、切ないながらも希望のある終わり方が素敵でした。
Posted by トリみどり at 2008年08月22日 21:19
トリみどりさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪ お返事遅くなってすみません(汗)

>jesterさん今晩は。涼しくなりましたね!

朝夕は少し秋風を感じますね。

>私はラストスパートと言わんばかりにせっせと映画を観まくってます。ちょっと映画館からは足が遠のいてますが…。

そうそう、もう少しすると映画どころじゃなくなっちゃいますよね。
いっぱいみといてください。

>さて。この映画、私ももし映画館で観てたら、帰り道にサントラCD買ってたこと間違いないですね!ホントに素晴らしかった。

でしょでしょ!
今でもしょっちゅう聞いてます。

>あの掃除機をゴロゴロ転がしながら歩いてる姿は微笑ましかったです。

ああいうノリがほのぼのとして楽しかったデスよね。

>これ、ハリウッドで映画化してたら、絶対主人公ふたりは寝てたし、最後安易にくっついで終わりだろうなー、と意地悪く見てたのも本音ですが(汗)、切ないながらも希望のある終わり方が素敵でした。

そうなんです!
あの終わり方がとても気に入りました!
いつかまた二人はめぐり合うかもしれませんね。
私もあの終わり方が大好きです♪
Posted by jester at 2008年09月04日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65181156

この記事へのトラックバック

ONCE ダブリンの街角で
Excerpt: 気持ちを音楽にのせて〜♪
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-11-08 21:26

ONCE ダブリンの街角で
Excerpt: ONCE ダブリンの街角で(2006アイルランド) 原題   ONCE    監督   ジョン・カーニー    脚本   ジョン・カーニー       撮影   ティム・フレミング    ..
Weblog: 映画のメモ帳+α
Tracked: 2007-11-09 20:35

Once ダブリンの街角で/ ONCE
Excerpt: 2007年 サンダンス映画祭と、ダブリン国際映画祭で共に観客賞受賞{/hakushu/} もともと、"サンダンス映画祭で、、、"と聞いたら反応せずにいられないわたしだけど、、、、。  制作費..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-11-09 21:15

「ONCEダブリンの街角で」
Excerpt: 2007.10.13 11月3日より公開される「ONCEダブリンの街角で」の試写...
Weblog: フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE
Tracked: 2007-11-10 01:54

once ダブリンの街角で
Excerpt: 心地よい。
Weblog: 映画を観たよ
Tracked: 2007-11-10 21:47

once ダブリンの街角で
Excerpt: 舞台は、アイルランドのダブリン。人通りの多いグラフトン・ストリートで穴の開いたギターを弾き、自作の歌を歌う男性がいます。そこに、一人の女性がやってきて、10セントのチップを出し、あれこれと質問を浴びせ..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-11-11 20:52

「once ダブリンの街角で」:住友ツインビル前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}ここ、ここ。このビルの前で最近、レオス・カラックス監督の新作の撮影があったらしいわよ。 {/kaeru_en4/}えっ、レオス・カラックスが東京を舞台にした映画をつくっている..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2007-11-24 21:02

「once ダブリンの街角で」を観た!
Excerpt: 最近僕が観た映画の中では、かなりお客さんが入っている映画でした。というのも、観客動員数の多いハリウッドの映画はなるべく避けて、僕は意識してマイナーな作品を観ようとしていることもあります。それにしても、..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2007-12-01 23:02

ONCE ダブリンの街角で
Excerpt: ONCE、たった一度の大切な出会い。ある日、ある時、ダブリンの街角で・・・。 男と女は、恋か友情か、心を通じる相手を見つけた。男は穴の空いたギターを抱え、街角に立つストリート・ミュージシャン。 ..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2007-12-13 22:27

★「ONCE ダブリンの街角で」
Excerpt: 今週の平日休みは・・・ マイナー系映画の二本立て。 その1本目は、アイルランド映画・・・ 相変わらずうす曇りなんだよね・・・映画で観るアイルランドって。
Weblog: ひらりん的映画ブログ
Tracked: 2007-12-16 02:21

「ONCE ダブリンの街角で」
Excerpt: 「ONCE ダブリンの街角で」、観ました。 「いつDVDになるんだ」と思って調べたら、まだやっていたので、観ました。 そしたらこれ、今年の...
Weblog: クマの巣
Tracked: 2008-03-20 14:30

映画「onceダブリンの街角で」を観ました。2008年55本目。
Excerpt: 製作年 : 2006年 製作国 : アイルランド 主演;グレン・ハンサード 、 マルケタ・イルグロヴァ ダブリンの街角で、ある男が街頭でギターを弾いていたら、女の子が近づいて来た。 彼はいろいろ質問..
Weblog: Aspiring Bobby-dazzler Starlet
Tracked: 2008-05-06 23:07

ONCE ダブリンの街角で
Excerpt: 音楽が好きなので(声楽とピアノを少しやります[E:note])劇場で鑑賞する予定だったのだけど,直前に観た「ラスト、コーション」に圧倒されて,この作品は鑑賞予定を撤回して帰宅し,DVDになってからやっ..
Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記
Tracked: 2008-06-08 23:39

once ダブリンの街角で
Excerpt:       = 『once ダブリンの街角で』  (2006) = ダブリンの街角で、毎日のようにストリートでギターを弾く男(グレン・ハンサード)が、ある日、チェコ移民の女(マルケタ・イル..
Weblog: サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画
Tracked: 2008-06-14 16:53

「ONCE ダブリンの街角で」
Excerpt: これはだいぶ前に公開された作品だし、もうすでにみなさんが素晴らしいレビューを書いておられるし、今更ワタクシごときが書いてもなあ〜と思っていたのですが、約一名の方の希望があったので書かせていただきますで..
Weblog: オバサンは熱しやすく涙もろい
Tracked: 2008-06-19 01:50

ONCE ダブリンの街角で。
Excerpt:  監督ジョン・カーニー、出演グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、『ONCE ダブリンの街角で』、DVDにて鑑賞。  というわけで(どういうわけなのかは昨日の日記を参照のこと)『ONCE ダブ..
Weblog: この世界の憂鬱と気紛れ
Tracked: 2008-06-21 22:41

音楽の持つ力 (ONCEダブリンの街角で)
Excerpt: Once (2006) 人生は一期一会。それが泣けちゃうくらいよく表されてるこの映画は、なんと主人公ふたりの名前が出てこない。手持ちカメラでブレの多い画面は、まるでドキュメンタリーを見ているよ..
Weblog: cinemaholic
Tracked: 2008-08-22 21:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。