2007年11月24日

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 SZABADSAG, SZERELEM/CHILDREN OF GLORY

ちょうど東欧とソビエト関係の本を何冊か読んでいたので(たとえば「オリガ・モリソヴナの反語法」など)見たいな〜と思っていた「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」にいってきました。

1956年、ソ連の弾圧に民衆が蜂起したハンガリーでのお話。
政治には関心がなく、水球チームのエースとして活躍するカルチ(イヴァン・フェニェー)は、偶然学生デモを統率する女子学生ヴィキ(カタ・ドボー)を見かけ、ナンパを試みる。
メルボルン五輪に向けての練習に励む毎日だったが、ヴィキに惹かれ、革命を信じる彼女と行動を共にするうちに、カルチは運動に巻き込まれ、オリンピックを諦めて自由のための戦いに身を投じてゆくが…

というようなお話です。

ハンガリー動乱と、オリンピック水球史に残るソ連対ハンガリー戦、
メルボルンの流血戦といわれる試合についてはとてもよくわかりました。
「悪童日記」を書いたアゴタ・クリストフがスイスに逃げたのもこの頃なのね、なんて考えながら見ておりました。

つくづく平和な国/時代に偶然生まれた自分のラッキーさを思い知らされましただ。

でも映画としては、期待していたほど脚本などがあまりいいできとは思えず、でございました。
なので、ちょっと辛口レビューです。
ネタバレはありませんが、未見の方はご注意くださいませ。


破壊シーンや銃撃戦などは派手で、戦車なんかがお好きな方にはたまらないかもしれませんけれど、人間の心理模様がいまひとつ物足りない。

こういう実話ベースの映画は、地道にデータと人間観察を重ねて造ったほうが、見ているものの共感を呼ぶのでは、と思います。
半端なメロドラマ仕立てのサイドストーリーはかえって事実の重みを安っぽくしてしまう。
それは「ブラック・ブック」でも感じたのですが・・・

「悪者」のソビエトとかAVO(ハンガリーの秘密警察機関)の描き方が、まるで水戸黄門の「悪代官」ですし。

この人きっと死ぬんだろうな、それで主人公が変化するのかな、と思う人はそのとおりになるし。



カルチとヴィキの恋愛も、なんか突然に進行しちゃう感じで、納得いきませんわ。
ラブシーンばかり長いしねえ・・・

ヴィキ役のカタ・ドボーは、顔の上半分がソフィア・ローレン、下半分がヒラリー・スワンク、という顔なんですが、しゃべると品がなくてjesterはだめでした。

ヴィキの役をやっていても知性より自己顕示欲を感じてしまいました。


donau.jpg
一方カルチ役のイヴァン・フェニェーは、オールバックの髪型と、タートルネックセーターで、トレーラーを見たときはなんとなく「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエル君を思い起こしてましたが、全然違いましたわ。

ハンサムだし、とてもガタイがよくて、水球選手にはぴったり。
でもこの役にはどうなんでしょうねえ・・・・
なんだか・・・ちょっと頭が悪そうに見えちゃうんですよね・・・・(殴パンチ

この人って「ジャー・ヘッド」に出てたんですね〜
思わずDVDで確認しちゃいましたが、そういわれてみると、兵士のなかにいるんですよ。
「ジャー・ヘッド」を見てると、ジェイク・ギレンホールとかピーター・サースガードばっかりみちゃいますけど、後ろとか横の兵士をよくみると、彼がいますので、よかったら探してみてください。


とまあ、jesterは醒めて見てましたが、最後の試合シーンはさすがに力が入りました。

選手役は本当に水球の選手がやっているということで、迫力あります。

この新聞記事の写真は本当のゲームを報道したもの。

実話ベースなのでシーソーゲームではなく、ワンサイドゲームなのが惜しい。
この辺は少し作っちゃっても、もう少しはらはらする展開だったらもっと盛り上がると思いました。


それにしても最後に流れる詩、“天使のうた”のメッセージが胸にしみました。



でも音楽が・・・・
jesterは全然駄目でしたわ・・・安っぽくて。

音楽の出来不出来と、脚本って連動していることが多いと思います。
結局は監督のセンス、ってことなのかなあ。
posted by jester at 10:07| Comment(10) | TrackBack(10) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。
jesterさん的にはイマイチでしたか。
主役の男優さん、ギャスパー君というより、ブノワに似てるなあ〜と思ってたのですが・・・そうですか、頭悪そうでしたか〜。役のせいだと思いたいです。
ワタシ、ちょっと期待しすぎていたので、少し力を抜いて観に行くくらいが丁度いいかもしれませんね。
Posted by DD at 2007年11月24日 16:26
DDさん、こんにちわ〜
コメントありがとうございます♪

>jesterさん的にはイマイチでしたか。

うう〜ごめんなさい〜

まあ、私の感想は偏ってると思うので、あまりお気にせずにご覧になってくださいませ。

>主役の男優さん、ギャスパー君というより、ブノワに似てるなあ〜と思ってたのですが・・・

ブノワとはちょっと違うような気がいたしますが・・・

でもハンサムさんですよ。

>そうですか、頭悪そうでしたか〜。役のせいだと思いたいです。

あ、もちろん役のせいです!
そういう、脳みそが筋肉で出来てるみたいな青年の役なんですよ。(汗)(フォローになってません??)

>ワタシ、ちょっと期待しすぎていたので、少し力を抜いて観に行くくらいが丁度いいかもしれませんね。

そうですそうです!
私も結構期待していったので、それがいけなかったのですね〜。
でも、「男のふれあい」とかそういうのがお好きならいけるかもしれませんぜ。
水球のチームはまさに男の世界でしたし。
Posted by jester at 2007年11月24日 17:02
こんにちは、TBありがとうございます。
jesterさんは駄目だったみたいですね。
私は久しぶりに良い映画に出会えたと思ったのですが・・・。
Posted by masala at 2007年11月27日 11:31
こんにちは♪

意図的なロマンス部の盛り上げ方等に
些か「う〜ん…。」となってしまいま
したが全く知らなかった当時の悲惨な
歴史を知ることも出来、かつてハンガ
リーを旅した思い出も手伝って、有意
義ではあったなと思えました。

また、お邪魔するかも知れませんので
仲良くしてやってくださいね。
ヨロシクです♪ (゚▽゚)v
Posted by 風情♪ at 2007年11月27日 11:57
masalaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
実は、TBさせていただいた時に、そちらにもコメントさせていただいたのですが、「楽天ブログに登録しないとコメントできません」といわれてしまいました(涙
なので、TBだけで失礼いたしました。

masalaさんはこの映画、お好きだったのですよね。jesterは脚本と音楽がどうも好きになれませんでした・・・
なので辛口でごめんなさい。
Posted by jester at 2007年11月27日 19:51
風情♪さん、いらっしゃいませ!!

>意図的なロマンス部の盛り上げ方等に
些か「う〜ん…。」となってしまいま
したが

ほんとうにそうでしたね〜
ちょっと乗れなかったです。

>全く知らなかった当時の悲惨な
歴史を知ることも出来、

そういう点では良かったですよね。

>また、お邪魔するかも知れませんので
仲良くしてやってくださいね。
ヨロシクです♪ (゚▽゚)v

こちらこそ、よろしくお願いいたします!
Posted by jester at 2007年11月27日 19:53
こんばんは。
うむ、私も音楽が・・・。
でも結構万人ウケしそうな感じでは?なんて思ってましたが、意外とそうでもないんだなってあちこちで読んでて思いました;
へー、イヴァンって「ジャーヘッド」にでていたんですか?私はあのビジュアルはかなりツボではありましたが;・・・でもCSでROTRを見ちゃったらアラゴルンに再熱。笑
Posted by シャーロット at 2007年12月04日 22:51
シャーロットさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>うむ、私も音楽が・・・。

ねえ〜〜
ジマーさんのアシスタントをしてたってことですけど、古いメロドラマに使われるような感じ・・・・(まあ、まんまか)

>でも結構万人ウケしそうな感じでは?なんて思ってましたが、意外とそうでもないんだなってあちこちで読んでて思いました;

受けてないのでしょうか?
わたしも万人うけする映画かなとはおもったのですが・・・
私自身は期待度が高かった分、減点で見てしまった感じです。

>へー、イヴァンって「ジャーヘッド」にでていたんですか?

ギレンホールなんかの後ろでちらちらしてます。
あまり目立ちませんが。

>でもCSでROTRを見ちゃったらアラゴルンに再熱。笑

最近やってますよね!
もうDVDが擦り切れるほどみてるっていうのに、偶然回したチャンネルでAragornが動いてると「うきゃああ」と叫んでしまいます。(迷惑


Posted by jester at 2007年12月05日 08:47
jester さん、こんばんは。
映画はまぁ予想どおりなカンジでした。
せっかく戦闘シーンに迫力があったのに、恋愛ドラマ展開に説得力がなかったのが残念。
彼のルックスはかなり好みだったのに、もったいないなぁと・・・。
音楽はなるほど、ジマーのアシスタントというのは納得です。
ジマー音楽も苦手な私ゆえ・・・。
せっかくハンガリーなんだから、民族音楽使えばいいのにー。
Posted by かえる at 2007年12月07日 01:51
かえるさん、いらっしゃいませ♪

>せっかく戦闘シーンに迫力があったのに、恋愛ドラマ展開に説得力がなかったのが残念。

確かに戦闘シーンは迫力ありましたね〜
予算はほとんど戦闘シーンかな?

>音楽はなるほど、ジマーのアシスタントというのは納得です。
ジマー音楽も苦手な私ゆえ・・・。
せっかくハンガリーなんだから、民族音楽使えばいいのにー。

私もそう思いますわ〜
哀愁を帯びた民族音楽だったらどうだったかなと脳内変換してみております。
Posted by jester at 2007年12月07日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
Excerpt:  ハンガリー  ドラマ  監督:クリスティナ・ゴダ  出演:イヴァーン・フェニェー      カタ・ドボー      シャーンドル・チャーニ      カーロイ・ゲステシ 【物語】 ..
Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
Tracked: 2007-11-26 14:44

映画「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」を試写会にて鑑賞。
Excerpt:  13日、ヒストリーチャンネル主権「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」を、北の丸公園のサイエンスホールにて鑑賞した。客入りは9割くらい、客層は作品柄か高めの年齢層だ。映写機2台の内、1台が完全に..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2007-11-27 11:21

映画:君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 試写会
Excerpt: 君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 試写会(サイエンスホール) 「自分のためじゃなく祖国の皆に贈るんだ 勝利を」 『ハンガリー動乱/革命』と『メルボルンの流血戦』という史実をもとに秘..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-11-27 15:30

僕のピアノコンチェルト
Excerpt: いろいろな面に秀でた天才児、ヴィトス。初めて買ってもらったおもちゃのピアノで、「ハッピー・バースデー」を弾きこなし、幼稚園では地球温暖化について語り、お遊戯の輪に加わらず辞書を読みふける...。そんな..
Weblog: 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜
Tracked: 2007-11-27 23:53

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
Excerpt: 史実に忠実ではあれ、エンタメ度が高いドラマティックなフィクション
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2007-12-04 22:51

感想/君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956(試写)
Excerpt: 知らない歴史が山ほどあるな。『君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956』11月17日公開。ソ連からの解放を求めハンガリー市民は大規模デモを行い、駐留ソ連軍との銃撃戦がはじまった。水球ハンガリー代表のカ..
Weblog: EDITOREAL
Tracked: 2007-12-05 09:22

『君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956』
Excerpt: 恋愛パートにはハマれないけど・・ 1956年のハンガリーの自由革命と“メルボルンの流血戦”としてオリンピック史に刻まれる旧ソ連対ハンガリーの水球の準決勝戦を背景に、水球の花形選手カルチとMEFE..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2007-12-07 01:35

「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」を観た!
Excerpt: いま巷で話題沸騰の有楽町駅前「有楽町イトシア」、「有楽町マルイ」がキーテナントですね、その一角、イトシアプラザ4階にある「シネカノン有楽町2丁目」で、「君の涙ドナウに流れ ハンガリー1956」を観てき..
Weblog: とんとん・にっき
Tracked: 2007-12-29 12:04

『君の涙 ドナウに流れハンガリー1956』(2006) / ハンガリー
Excerpt: 監督:クリスティナ・ゴダ出演:イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボー、シャーンドル・チャーニ、カーロイ・ゲステシ、イルディコー・バーンシャーギ、タマーショ・ヨルダーン鑑賞劇場 : シネカノン有楽町2丁目..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2008-01-05 10:35

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956
Excerpt: 君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956 (2006)今回の映画は、「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」です。本作「君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956」は、ハンガリー革命とメルボルン五輪..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2008-12-12 17:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。