2007年12月20日

アイ アム レジェンド I am legend

予告編を劇場で見ただけで、全く予備知識なく見に行きました。
だもんで、結構ショック・・・

トイレ行く振りして逃げ出そうかとおもったっす。ダッシュ(走り出すさま)

だけれど、ボブ・マーリィのエピソードに感動したし、勇気をもらった感じで、見たあと元気が出てきました♪(そゆ映画なのか?)

なので、恐かったけど・・・☆☆☆☆でしたわ♪
(☆5つ…一食抜いても ☆4つ…お勧め ☆3つ…価値あり ☆2つ…お暇なら ☆1つ…jesterはだめ)


jesterは全くネタバレなし状態で見たので、これから見る方には予備知識なしで行かれることをおすすめします。

以下できるだけネタバレなしで進めますが、特に未見の方は少しでもわかっちゃうと面白さが半減しちゃうのでご注意くださいまし。




クリスマス  クリスマス  クリスマス  クリスマス  クリスマス  



ええと、予告編を見る限り、アルマゲドン後のロビンソン・クルーソーみたいな話なのかと思ってました。(爆)

だもんで途中、犬のサムを追いかけて地下の暗がりに入った辺で、
「ええええ?そういう話だったの??」と腰が浮き、思わず手で目を覆い、指の間から薄目で見る羽目に。(かっこわりい)

こういうのは苦手なんです!あせあせ(飛び散る汗)

それからは「山手線だと思って乗ったら実はジェットコースター」でございました。しどいよ・・・たらーっ(汗)

普段こういう系の映画を避けてるのでショックもより大きく・・・
(もしかしたらこういう映画大好き!っていう方にはそれほどショックな展開じゃなかったのかもしれませんが。)


しかし廃墟となったNYの街並みはすごかったなあ・・・

車がいっぱい止まったままになっている無人の5番街を鹿の群れが走っていたりして・・・・
しかもあの猛獣まで・・・・、動物園から抜け出して来たのかしら。(爆)


クリスマス前半の、ネヴィルとサムとの暮らしぶりが良かった♪
犬好きにはたまらないでしょうね〜♪

野菜を食べないサムをしかったり、お風呂に入れたり、また過去がフラッシュバックしてぼんやりしているネヴィルを心配そうに見るサムの目つきが可愛くて・・・・

猫派のjesterですが、過酷な環境で生き残るにはシェパードのほうがうちのデブ猫より確かに頼りになるかも知れん・・・・と思いましたわ。
猫ロッタ、ごめん。あんたも実験用のネズミを獲ったりはしてくれるよね。)


クリスマスほとんど80%は彼の独り舞台だったウィル・スミスは、得意のウルウル目が良かった。

なので、お決まりの(?)筋肉もりもりシーンも気にならず。
途中耳がやけにとがって見えて、「もしや彼はエイリアンなのでウィルス感染とかしない???」(殴パンチ という疑いも密かに抱きましたが・・・・

寂しい彼がマネキンに名前を付けて会話するところやサムを抱いて歌を歌ってやるところは泣けました。

聞けば、「しあわせの力」では男の子がそうだったけど、今度は娘役のあの女の子が彼の子供だとか。

すっかり善き父親役が定着してました。


クリスマスあと、最初に出てた薬の開発者、エマ・トンプソンでした?
最後エンドロールで目を凝らしてたけど、見つけられなかったわ。

(追記:IMDbのキャストには載ってなかったけど、レビューに「Cameo by Emma Thompson is truly amusing」って書いてあったから、やっぱりあれはエマだったのね!)


アイ・アム・レジェンド
アイ・アム・レジェンド (ハヤカワ文庫 NV マ 6-5)まあ細かく考えると、いろいろアナもあるかな、というストーリーではありましたが、結構楽しんでみました。

見終わったあと、あれ?と思ったら、この原作って昔読んだことありました。パンチ

確か昔「地球最後の男」とかっていう題でした。
今は翻訳が新しくなって、題も変わって出版されているんですね〜

本を読んだ時はすごく面白くてラストにすごくショックを受けたことだけおぼえているんだけど、映画とは違うラストだった気がします。

もう一回読んでみようと思ってますだ。




クリスマスさて、冒頭に書いた、娘に「ボブ・マーリィにちなんで名前をつけた」ネヴィルがボブのことを話すエピソード。黒ハート

「細菌学者(自分)が信じてるみたいに、ボブ・マーリィは、愛と歌で世界をよくできるって信じてたんだ」

「コンサートの3日前に、彼は鉄砲で撃たれた。でもコンサートにはちゃんと出演した。」

「『どうしてそんな体で出演するの?』と聞かれて、『悪いことをしようとしているやつらは休むことがない。どうして僕が休めるんだ?』 と答えたんだ」


なんか、このさらっと語られたエピソードにjesterはびびっと来てしまいました。
(なんしろ単純ですから。)

そっか〜〜 世の中を良くできるって信じてていいんだ! 皆でそう信じてれば、本当に世の中良くなるかも?

なんてね。くくく。パンチパンチパンチ


なので、見終わったあと、何となく足取り軽くなり、家に帰ってボブ・マーリィのCDを捜して聞いたりしております♪



(でもね、ほんとにああいう映画は苦手ですだ。たらーっ(汗)
もしまた見るなら所々目をつぶってしまうでしょう。
肩が凝りました・・・・)
posted by jester at 16:58| Comment(8) | TrackBack(2) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
jesterさん、こんにちは〜
そして、訪問ありがとうございました。
ここ1週間くらい、私もlivedoorさんにTBを1つも遅れなくて苛立っておりますー 「メンテナンスのお知らせ」と言いながら、実施していないみたいだし。ココログさん、しっかりしてっ

と、本作ですが。ちょいと怖かったですかね。
でもでも、私はjesterさんのレビューは思わず笑ってしまった素敵な文章で一杯でしたよ。

>過酷な環境で生き残るにはシェパードのほうがうちのデブ猫より確かに頼りになるかも知れん

ネコさんは、一緒に街をパトロールしてくれないですね、きっと。

>途中耳がやけにとがって見えて

こ、これは素通りしてしまいましただ。

>最初に出てた薬の開発者、エマ・トンプソンでした?

そ、そう言えば見事なまでにクイーンズ・イングリッシュでした で、でも顔まで覚えていないー 誰か確認してほしー

原作を読んでいたんですね。
私もいつかトライしてみようかな〜

Posted by となひょう at 2007年12月20日 21:39
となひょうさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

ココログさんところでも、となひょうさんちは結構TBが送れるなあと思っていたのだけれど、最近は何度送っても駄目だわ・・・ (涙
プロバイダの相性とかあるんですかね?

>と、本作ですが。ちょいと怖かったですかね。

ちょいとなんてもんじゃないです。
ホラーっぽいものは見に行かないので、もうへろへろ。

>ネコさんは、一緒に街をパトロールしてくれないですね、きっと。

サムはすんごく頼りになりましたよね〜
うちの猫もあのぐらい役に立つといいんだけど、いまんとこ寒い時に添い寝してくれてアンカ代わりが出来るぐらいかしら。(爆)

>そ、そう言えば見事なまでにクイーンズ・イングリッシュでした 

上にも追記したのですが、IMDbのレビューにそれらしきことを書いたのがあったので、やっぱりエマみたいです♪

>原作を読んでいたんですね。

古いSFでは名作だと思いますです。
「He was legend」って感じだった映画とは違って、ほんとに『オレは伝説だった?!』っていうラストが衝撃でしたよ。
Posted by jester at 2007年12月20日 22:57
あれ〜〜jesterさんは大丈夫だったんだ〜。
お友達のブロガーさんのところでゾンビものって聞いて、すっかり見る気がなくなっていたdim子でございます。

でもjesterさんは何か感じるものがあったようですねー。ボブ・マーリィの話には(笑)。
jesterさんがなんとか大丈夫だったのなら、ウィル・スミス嫌いじゃないんで、レディスデイに1000円払って見てこようかなー。
Posted by dim at 2007年12月21日 01:58
dimさん、はっきり申し上げて大丈夫じゃないっす。
見た翌日は肩が凝っておりましたわ・・・
だってほんとにそういう系の話だって全然知らなかったんだもん。

>でもjesterさんは何か感じるものがあったようですねー。ボブ・マーリィの話には(笑)。

うふふ〜 ボブの話はね、「もらったメッセージ」って感じだったんだけど、それ以外に、映画自体もなんやかやいいつつ楽しんできました。
じゃないとこういう系の映画に☆☆☆☆もつけませんです。

dimさんなんかは結構こういうアドレナリンが出っ放しの映画(?)大丈夫そうだから、どんな感想をもたれるかたのしみだわ〜
ウィル・スミスお好きなら、きっと彼の魅力が楽しめると思いますよん。
Posted by jester at 2007年12月21日 11:19
 わたし、見たんです。むかしむかし、同じ原作が映画化されたものを。主演はチャールトン・ヘストンでした。邦題は確か「オメガマン」(何しろ地球最後の男ですもんね)でした。
 私、この手のものは結構好きなので(おまけに怖いとは思わないの)、ヘストンさんの大仰な演技を観ながらゲラゲラ笑っていたら、周りの人に睨まれたのを覚えています。
Posted by JaJa at 2007年12月21日 23:48
JaJaさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>わたし、見たんです。むかしむかし、同じ原作が映画化されたものを。主演はチャールトン・ヘストンでした。

そうそう、何回か映画化されているらしいですね!
JaJaさんはご覧になったんですね〜

>私、この手のものは結構好きなので(おまけに怖いとは思わないの)、ヘストンさんの大仰な演技を観ながらゲラゲラ笑っていたら、周りの人に睨まれたのを覚えています。

ええ〜御好きなんですか!
じゃあ結構楽しめるかもしれないですよ〜
げらげら笑える・・・かなあ??
ご覧になったら是非感想聞かせてくださいませ♪
Posted by jester at 2007年12月22日 21:58
どうも〜。昨日観てきました。
私も予備知識なく観た(jesterさんのレビューもさっきまでわざとスルーしてました)んですが、ウィル・スミス、日本に行ったときにネタばらしちゃったんですよね?

これを聞いたときに「あー、こりゃ死ぬってことだな」と直感しました。だってこういうのって死ぬか生きるかの2つに1つでしょ。うっかりネタバレってのは「最後は僕は死んじゃうんですが」とかそういうことかなと思って(逆に生き延びる場合はネタバレしにくいですよね)。

jesterさんは気にいられたんですね、この映画。私はどうも・・・。けどどうも我々の視点が違うようです。jesterさん的視点だと私もこの映画は悪くなかったと思うんですが、私はどうも怖さやスリルを追求してしまいまして・・・。

なのでもう人間らしさも残ってないはずの彼らの中にマネキンのフレッドで罠をしかけるようなインテリジェンスがあるのが出てきたところで興ざめしてしまって・・・。

あれもなぜあの人だけ知能が残ってたのかってのが全然疑問視されてなかったのが不思議ですよね。ワクチン開発にはもってこいの存在だったと思うんですが。

それから、あれってエマ・トンプソンだったんですか?ちらっと出ただけなのに、なんだか妙に印象に残るなーと思ってました(笑)。
Posted by nouilles-sautees at 2007年12月28日 19:16
nouilles-sauteesさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>ウィル・スミス、日本に行ったときにネタばらしちゃったんですよね?

私は知らなかったんですけど、そうらしいですね〜

>これを聞いたときに「あー、こりゃ死ぬってことだな」と直感しました。

おお!鋭い!

>(逆に生き延びる場合はネタバレしにくいですよね)。

なるほどね〜

>私はどうも怖さやスリルを追求してしまいまして・・・。

ああ〜〜私とは反対の分野で追求なさってたのね〜(?)
でも私には充分スリルもあったし恐かったけど。

>なのでもう人間らしさも残ってないはずの彼らの中にマネキンのフレッドで罠をしかけるようなインテリジェンスがあるのが

うんうん、あそこはちょっとね、最初ネヴィルが自分でかけた罠に間違ってかかったのかと思いましただ。(汗)
前にネヴィルがやったのをそっくり真似したってことなんですかねえ。
あのリーダーのヤツ、やけに頭良さそうでしたよね。
というか、原作では結構感染者も頭良さそうなんですが。

全体的に後でよく考えてみるとストーリーのアナは結構ありましたよね。
でもjesterはストーリーが思っていたのと違っていたことがショックで、どきどきしちゃってそこまで追求してる余裕がなかったです。
もう一回みたら結構その辺が気になるのかも。

>それから、あれってエマ・トンプソンだったんですか?ちらっと出ただけなのに、なんだか妙に印象に残るなーと思ってました(笑)。

そうそう、一瞬だけでしたね。後ででてくるかと思ってたけどでてこなくて、エンドロールにもいなかったので違うかと思いましたが、それにしても似てたなと思って調べたらやっぱりそうだったみたいです。

Posted by jester at 2007年12月29日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73765624

この記事へのトラックバック

アイ・アム・レジェンド
Excerpt: 「アイ・アム・レジェンド」I AM LEGEND/製作:2007年、アメリカ 1
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2007-12-20 21:32

「アイ・アム・レジェンド(I AM LEGEND)」映画感想
Excerpt: ウィル・スミスが地球最後の男を演じる映画、「アイ・アム・レジェンド」(原題: I
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2007-12-20 22:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。