2007年12月28日

タロットカード殺人事件 Scoop

この映画、じつは今年のお正月にニュージーランドで見たんですよね。
でも1年経ったら細かい部分をすっかり忘れてました(爆)
なので今回再見。

軽いのりで笑えるコメディで、☆☆☆1/2 でございました。

さすがに犯人は誰かは覚えてましたが、ま、もともと犯人探しがメインのストーリーでもないし・・・・

舞台はロンドン、切り裂きジャックの再来と言われる連続殺人を、スカーレット・ヨハンソン演じるジャーナリスト志望の女学生がといていきます。

ウディ・アレンの例のおどおどしつつぶつぶつずっと言っているという(爆)話術が炸裂。
軽く笑いたいな〜というときにはお勧めです。

前作「マッチ・ポイント」は彼らしくない(?)映画だったけど、これは彼以外の人には作れない映画、というかんじ。

かといって、スリルがないかというと、そうでもなくて、隠れ部屋をさぐる辺は結構どきどきします。

スカーレット・ヨハンソンも、「マッチ・ポイント」のヒステリーを起こす毒女と全く違い、丸い眼鏡がユーモラスなちょっと抜けてる女学生の役。
ウッディ・アレンとの絡みが楽しい!
どうも彼女はこういう役のほうが似合う気がします・・・
もちろん水着シーンでファンサービスもありでした。


ヒュー・ジャックマンはオーストラリア人ながらイギリス貴族!がぴったりで、こういう役(どういうのかはネタバレになるのでいいませんが)がとってもあっていると思いました。


音楽の使い方のセンスもいいし、「洒脱」という言葉がぴったりのコメディで、適度にはらはらどきどきも出来たし、ちょっと得した気分になれる映画でございました♪


posted by jester at 08:54| Comment(7) | TrackBack(1) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2007年12月28日 14:34
こんばんは!
そうそう!軽く笑いたい時にぴったりな映画ですよね^^ウディ節炸裂だし。 
最近ようやっとその”ぶつぶつ”が許容範囲内になってきました。私も彼も年寄りになったからでしょうかね(爆) 
これもとっても面白かったですー声立てて笑っちゃったり、結構はらはらもしましたよねえ(^^)
ヨハンソンもコメディエンヌとしても使えそうですよね 今後が楽しみです。
Posted by マダムS at 2007年12月29日 00:42
おはようございます。

面白かったですけど、もうすでに細かい部分は忘れかけておりますわ、わっはっは。
ヒューはお貴族様の役がよー似合いますよね。でもこの役ヒューじゃなくてもよかったじゃんってちょっと思ったりして(だって出番が少ないんだもん)。
ウディ・アレンとスカ子の絶妙な掛け合い漫才(?)には大笑いでした。
Posted by dim at 2007年12月29日 05:44
まだむ♪いらっしゃいませ〜〜

>最近ようやっとその”ぶつぶつ”が許容範囲内になってきました。私も彼も年寄りになったからでしょうかね(爆)

わはは〜
ウッディのぶつぶつ、苦手って言う方おおいですよね。
jesterは続いてたくさん見ないんだったら大丈夫です(爆)
 
>ヨハンソンもコメディエンヌとしても使えそうですよね 今後が楽しみです。

なんか可愛らしくて、思ったよりよかったでした。

Posted by jester at 2007年12月29日 16:58
dimさん、毎度コメントありがとうございます!感謝〜〜

>面白かったですけど、もうすでに細かい部分は忘れかけておりますわ、わっはっは。

いや〜わたしもほとんど忘れてて、ああ、そうだっけねえなんて2度楽しめましたワン。

>ヒューはお貴族様の役がよー似合いますよね。

しっかりイギリス人にみえましたよ。それにちょっと腹黒そうなところも良かったす。

>ウディ・アレンとスカ子の絶妙な掛け合い漫才(?)には大笑いでした。

やっぱり二人とも「真面目なのに抜けてる」感じが抜群じゃないですか?
Posted by jester at 2007年12月29日 17:00
jesterさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、この映画、昨年、私も観ましたが、あまり感心はしないと言うか、ガッカリしました。勿論、その理由は、ヨハンソンがあまりに地味と言うことにつきるのですが(笑)。あ、話もあまり面白くはなかったですし。ヨハンソン自体は、まだ、「マッチポイント」の方が遥かに魅力的だったと思いますが。でも、やはり、ヨハンソンと言えば、私にとっては「ロスト・イン・トランスレーション」の時が最も魅力的だったと思っています。

それにしても、jesterさんはすごいですね。あの、モゴモゴ早口の上、訛りのあるアレンのしゃべっているのが、翻訳無しでわかるのですから。私には全くと言ってよいほど聞き取れません。

アレンの映画では、マニエル・ヘミングウェイに出演作「マンハッタン」が最も好きです。

なお、本日(1/1)は、ダイアン・クルーガーの出演作「ナショナル・トレンジャー リンカーン暗殺者の日記」を観てきましたが、十二分に楽しめました。
Posted by matsumo at 2008年01月01日 20:05
matsumoさん、明けましておめでとうございます♪ 今年もよろしくお願いします!

>勿論、その理由は、ヨハンソンがあまりに地味と言うことにつきるのですが(笑)。

わははは!そうかもしれないと言う気はしたのですが・・・
なかなか可愛くなかったですか?

>ヨハンソン自体は、まだ、「マッチポイント」の方が遥かに魅力的だったと思いますが。

うむむ〜 色っぽさはマチポですよね。
でもヒスを起こすところは恐かったな。

ヨハンソンは苦手ですが、この作品とか「ママの遺したラブソング」なんかの学生ぽいヨハンソンはその中では友だちに慣れそうかナ・・・(爆)
女優さんではまず「友達になれそうか」という観点で見てしまうもんで・・・(殴

>あの、モゴモゴ早口の上、訛りのあるアレンのしゃべっているのが、翻訳無しでわかるのですから。

あのもごもごがおかしいですよね〜
いや実は私もほとんどなんと言っているのかわかりません。(爆)
しかし彼が何をいってるかわからなくてもストーリーはわかるというのが彼の映画かもしれませんです。
彼の顔を見てるだけでなんか笑えてしまいます。
Posted by jester at 2008年01月08日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

年末はハメくり確定(笑)
Excerpt: とにくかくえろい人が多すぎ(笑) やっただけで34万もらえたりするし(笑)
Weblog: ずっこん!
Tracked: 2007-12-28 19:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。