2008年02月02日

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

スプラッタ系は苦手のjesterですが、どうしてもジョニデとアラン・リックマンのデュエットが聞きたい! と覚悟を決めて「SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET」をみてきました。

ところところ目をつぶりつつ、ティム・バートン・ワールドに浸りきって、☆☆☆☆でしたわ黒ハート


出だしの、地底から響いてくるようなオルガン、あれは劇場の音のいいところで聞きたいですね!

モノトーンの美しい画像と、メロディアスな曲、そして達者な役者たちの演技。
この辺にはもう何もいうことはありません。

なんしろスィニートッドなんだから血がドバとか人肉パイなんかでひ〜ひ〜いってたら楽しめません。(いったけど)

ゴキブリがいっぱい歩いているパイ屋も、強烈なブラック・ユーモアだから、笑えます。
でもつぶしてパイに入れるのは・・・ティム・バートン、悪乗りしすぎだよと思いましたが・・・(当分パイは食えんぞ・・・)
舞台と違ってアップになるので、グロいシーンがきつくて、笑えない部分もあったけど、そういうところではすばやく目をつぶり・・・

ヨーロッパの御伽噺ってとっても残酷なんだけど、これも一種の御伽噺ですね。

jesterはダンスの入ったミュージカルの映画化は、生の舞台とくらべると「気」が伝わってこない気がして駄目なことが多いのだけれど、これはダンスがなかったせいもあるのか(殴)抵抗なく見られました。


ぴかぴか(新しい)ジョニデはさすがにこういう癖のある演技が上手い。
チラッとでてくる回想シーンの若い頃のピュアな感じがまた、スウィニーの凄みのある狂気を引き立ててました。
「アカデミー主演男優賞」とられても仕方ないかも・・・・あせあせ(飛び散る汗)
(ヴィゴの映画を見てないのでちょい弱気・・・)

でも唇を片側だけひくひくさせるところとか、ジャック・スパロウ船長にみえちゃって、ちょっと損かもしれません。

ま、「カリブの海賊」があったからこそ、この映画を見に行った、っていう乙女のファンも多いと思うけど。
(今までのティム・バートン&ジョニデ作品を見てなかった人は気分が悪くなったかもしれませんね・・・・)


雪アラン・リックマン、役どころとしては「パフューム」のお父さんとちょっと似てるけど、すけべな判事の役。水戸黄門でいうと悪代官様です。
もうぴったりだわ〜(殴パンチ
無精ひげを伸ばして、なんかとっても楽しそうにやってましたね♪
歌も頑張ってました!


ハートたち(複数ハート)それと、若い恋人二人もみずみずしくて良かった♪
ジョアナ役のJayne Wisenerも色素の薄い顔と柔らかそうな体つきでよかったけど、アンソニー役のJamie Campbell Bowerがとりわけ綺麗でした。
彼の写真をあさってたらお化粧してるのがいっぱい出てきたけど、もしかしてそういう人なのかなあ・・・?


その他の脇役もみんな上手。
トビィ少年役のEd Sanders も上手い。
ハリポタでも悪役やっていたTimothy SpallやHelena Bonham Carterがまたこれ絶妙!

とここまで書いて気がついたけど、アラン・リックマン、Timothy Spall、Helena Bonham Carterと、配役がハリポタとダブってますね〜
Snape先生は無理としても、あとの二人はそのままの衣装でハリポタにでても違和感ないかも。


クリスマス画面がとても凝っていて、例えばスウィニーの部屋の窓ガラス、ちゃんと表面が微妙に波打っていて、外の景色がゆがんで見えるのです。
あの時代の窓ガラスってそうなんですよね。
ロンドンの古い建物にはいまだにああいうガラスが入っているところがあります。
日本でも長崎の古い建物でこういう窓ガラスがありました。
あの辺まで心を砕いてるところがすごいなあ。


スプラッタ苦手だから、血がドバ!シーンや、指が〜〜・・・では目を薄目にしてましたが、それでも食欲は減退しました。(爆)

音楽もよかったし、DVDは買いですが、毎日かけていたらダイエットになるかも・・・?


猫余韻を残す終わり方も切なくて、もしもスプラッタが大丈夫だったら、けっこうリピート鑑賞していたかもと思いましたです。
(劇場でもう一回見るか?自分・・・・
・・・見るかも・・・?)

posted by jester at 19:12| Comment(14) | TrackBack(7) | さ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにも、TBしちゃいました。

リックマン氏良かったですね〜
スポール氏とひそひそやってる所は
まさに悪代官と越後屋!
二人の歌も気持ち悪かったけど
可笑しかったです。
アカデミーはジョニデが強敵ですねぇ
GG賞では受賞したのにスピーチ聞けなかったから聞きたい気分もありますが、ヴィゴのも聞いてみたいし、う〜ん。
Posted by くまんちゅう at 2008年02月02日 21:23
TBさせていただきました。
私は予告編以上のストーリーを知らずに行ったのですが、楽しめました。

じゃあね
Posted by こり at 2008年02月02日 22:20
jesterさん、こんにちわ

この映画、ヘレナ・ボナム・カーターが出演していたので観ようかと思ったのですが、どこかでスプラッターとの話を読んで、結局、止めてしまいました。「ゴキブリを入れたパイ」の場面があったそうですが、確か「キャメロットガーデンの少女」では、母親が焼くクッキーの手伝いをしている時に、クッキーの中に殺した虫を入れる場面がありました。

さて、2/1(金)は、「ゼロ時間の謎」と「俺たちフィギュアスケーター」を観てきました。前者は客席の8割、後者は80名程の観客の入りでした。
Posted by matsumo at 2008年02月03日 08:45
くまんちゅうさん、コメントありがとうございます!うれしいです♪

リックマン氏良かったですね〜
スポール氏とひそひそやってる所は
まさに悪代官と越後屋!

ほんとにはまり役といったらリックマン氏に悪いけど、あの本のコレクションを見せるところとか、笑えました!

>アカデミーはジョニデが強敵ですねぇ
GG賞では受賞したのにスピーチ聞けなかったから聞きたい気分もありますが、ヴィゴのも聞いてみたいし、う〜ん。

まだ「イースタンプロミスズ」を見てないせいもあるけど、今回のジョニデをみてて、やっぱり演技力は素晴らしいし、負けて本望かも、なんて思ってました・・・・

でもヴィゴのスピーチは聞きたいです!!
Posted by jester at 2008年02月04日 10:10
こりさん、こんにちは!
TB&コメントありがとうございます。

>私は予告編以上のストーリーを知らずに行ったのですが、楽しめました。

スプラッタといっても、コメディの味付けがあるから、少し距離を置いて見られるってところはありますよね。

Posted by jester at 2008年02月04日 10:13
matsumoさん、いつもコメントありがとうございます♪

>この映画、ヘレナ・ボナム・カーターが出演していたので観ようかと思ったのですが、どこかでスプラッターとの話を読んで、結局、止めてしまいました。

かなり血がドバですし、肉の塊の中に指が・・・なんていうのも見えちゃうので、食欲は失せます。はい。

でも、映画としての出来は決して悪くないです。

しかし食欲はうせますね〜・・・

>さて、2/1(金)は、「ゼロ時間の謎」と「俺たちフィギュアスケーター」を観てきました。

私は「ペルセポリス」を見ました。
公開から時間が経ってたわりには客が入ってたな。
ま、水曜とか安い日がない映画館だったので、1日を狙ってる人が多かったのかも。
Posted by jester at 2008年02月04日 10:16
こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。
jesterさんには、直視できない描写も多かったのでは・・・
大丈夫でしたかー?
寧ろ楽しんだようで良かったですー

ジョニーさんが好きというだけで見ると、ホラーが苦手な人にはキツイかもしれないですねぇぇぇ。
私もついつい『ハリポタ』が浮かんでしまいました。
スネイプ先生も含めてですが、アラン・リックマンって本当にコスプレが似合うなぁと感心しました。歌も聞けて嬉しいです。

ところでところで。
アンソニー役の彼、女装癖疑惑ですか・・・
うひゃあ、でもとっても似合いそうです。
なかなかの美形でしたもんね。
Posted by となひょう at 2008年02月04日 22:57
となひょうさんさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>jesterさんには、直視できない描写も多かったのでは・・・

ところどころ目をつぶってました。
かなり気に入ったのですが、もう一回見に行くには勇気が要ります・・・

>アラン・リックマンって本当にコスプレが似合うなぁと感心しました。歌も聞けて嬉しいです。

ほんと、水戸黄門に出したい!
浪人姿も似合いそう♪

>うひゃあ、でもとっても似合いそうです。
なかなかの美形でしたもんね。

すごいきれいでした〜
英語で名前を入れてググルといっぱい出てきますよん。
Posted by jester at 2008年02月05日 21:43
ほー、☆☆☆☆ですか♪
この映画、フランスでもただいま上映中でそのうち観に行く予定でおりますが、ますます楽しみになってきました。

とりあえずjesterさんの星の数だけ確認に参りました。観た後にまた改めて拝読しに伺います〜。
Posted by nouilles-sautees at 2008年02月06日 21:46
お久しぶりです☆
この映画、絶対見たいのですが、まだ見ておりません。ティム・バートン&ジョニデの映画、私もだ〜い好きです!この二人が組むと最強ですね!
血がどばっと出るのは、やっぱり気が引けますが(笑)、なんだかファンタジー要素があるというかなんというか、とにかく早く見たいです!
それから、↓のテラビシアにかける橋、気になっていたのですが、jesterさんのコメントを見て、とっても見たくなりました。
コメントを読んだだけで、泣けてきますね。
Posted by c.s at 2008年02月06日 22:19
nouilles-sauteesさん、いらっしゃいませ!

これからご覧になるのですね〜
nouilles-sauteesさんのレビュー、楽しみにしてます!
おまちしておりますよ。
Posted by jester at 2008年02月07日 09:24
c.sさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>ティム・バートン&ジョニデの映画、私もだ〜い好きです!この二人が組むと最強ですね!

独特の世界観に酔いしれますよん。

>血がどばっと出るのは、やっぱり気が引けますが(笑)、

そうそう、ちょっとティム・バートン、悪乗りしすぎって思いましたが。
でも楽しんでやっているようなので許す。(爆)
その辺は目をつぶりながらでした。

>なんだかファンタジー要素があるというかなんというか、とにかく早く見たいです!

見られたらまたおしゃべりしましょうね。
楽しみにしております。

>それから、↓のテラビシアにかける橋、気になっていたのですが、jesterさんのコメントを見て、とっても見たくなりました。

どうぞご覧になってください。
地味な映画なので、あまり期待せずに淡々と見てると、じわ〜〜っときますよ!
Posted by jester at 2008年02月07日 09:27
しつこくコチラにもお邪魔しました〜♪
私は2回劇場で観ましたよ〜何といってもジョニーファンですから!!(笑)
私もスプラッター系の映画は苦手なので、大丈夫かな・・・と思いながら鑑賞しましたが、バートン監督の拘りに拘った世界観の虜になりました。ジョニーも素晴らしかったわ〜〜〜ん(嬉)
アンソニー役の方は綺麗でしたが、ミラ・ジョボヴィッチに似ているなぁ〜と思いました。彼が出てくる度に「弟かも?!」なんて妄想しちゃった(笑)
Posted by 由香 at 2008年03月19日 09:37
由香さん♪ ありがとうございます!

>しつこくコチラにもお邪魔しました〜♪

とんでもございません!
と〜〜ってもうれしいです!
心から感謝いたしますです〜〜

>私もスプラッター系の映画は苦手なので、大丈夫かな・・・と思いながら鑑賞しましたが、バートン監督の拘りに拘った世界観の虜になりました。ジョニーも素晴らしかったわ〜〜〜ん(嬉)

目をつぶってしまうシーンも多かったけど、監督が面白がりながら作っている感じがあって、引き込まれました!
スプラッタ嫌いな人も引き込んでしまうバートンさんはすごいです!
ジョニーもさすがでしたね!

>アンソニー役の方は綺麗でしたが、ミラ・ジョボヴィッチに似ているなぁ〜

あ、そういえば!
線を細くした感じとでももうしましょうか・・・
確かに似てますね♪
Posted by jester at 2008年03月20日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/82091197

この記事へのトラックバック

「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  (SWEENEY TOD THE DEMON BARBER OF FLEET STREET )」映画感想
Excerpt: 日頃からミュージカルは苦手とか言ってますけど、流石にこれは見
Weblog: Wilderlandwandar
Tracked: 2008-02-02 21:18

1/19「スウィーニー・トッド」
Excerpt: 今日公開の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を見に行ったの。 ジ
Weblog: コリちょこ
Tracked: 2008-02-02 22:13

「スウィーニー・トッド」:有明二丁目バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。 {/kaeru_en4/}時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。 {/hiyo_..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2008-02-04 20:43

【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味
Excerpt: {/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもg..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-02-04 20:49

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Excerpt: 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」SWEENEY TODD:TH
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2008-02-04 22:50

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
Excerpt: 【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師ス..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-03-19 09:32

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米
Excerpt: あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-03-02 08:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。