2005年10月16日

8人の女たち

実はこの映画、フランス語の映画にイタリア語字幕という環境で映画館で見たことがあるのです。

え、わかるかなあ・・・・。フランソワ・オゾン監督って「まぼろし」の人だよね・・・・。(と映画館の入り口でしばし悩む)

  ええい、なんとかなるだろう、 あたって砕けろだ〜



・・・・見事砕けました。はい。

カトリーヌ・ドヌーブ、たぬきみたい・・・・と思ってみているうちに・・・・・
台詞が多いので訳分からなくなり・・・・・・

ファニー・アルダンが好きで、彼女を見に行ったのに、彼女のでてくる前に爆睡。(殴

途中で目が覚めたけれど、人間関係とか全然分からず、う〜うむむむといいながら映画館を後にしました。


そのあと、DVDを買ったのですが、ずっとほったらかしてあって、最近やっと見ました。

結構面白いじゃありませんか!

ファニー・アルダンの歌は、「それでもマリア・カラスの役をやった女優ですか?」と聞きたくなるような調子でしたが、あふれるお色気でカヴァー。
歌詞も気に入っちゃいました。

舞台劇のような設定で謎が謎を呼ぶ、おしゃれな映画でしたね。
それぞれの女優さんもいい味を出してました。
最後は見たはずなのに、すっかり犯人とか忘れていて、もう一回楽しめたので、こういうときはボケもお得デス。


8人の女たち デラックス版
カトリーヌ・ドヌーヴ フランソワ・オゾン エマニュエル・ベアール
B00008WJ2D

posted by jester at 22:34| Comment(0) | TrackBack(1) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: オゾンオゾン (Ozone) は、3つの酸素|酸素原子からなる酸素の同素体である。分子式は O3 で、折れ線型の構造を持つ。腐食|腐食性が高く、生臭く特徴的な刺激臭を持つ有毒物質である。大気中にもごく..
Weblog: 環境用語
Tracked: 2007-12-03 09:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。