2005年10月04日

ルパン

ご注意。ネタばれはないのですが、へんな先入観を植え付けるといけないので、これから見ようとわくわくしている方は以下を読まないほうがいいです〜〜
 
         ******************

   
映画ってはじめのシーンですっと入れると、うまくその世界になじんで、その魅力を味わい尽くすことができると思う。

映画「ルパン」は最初の子供時代の導入場面で、かなり滑らかにその世界に入れたのです。

ちょっと怪しくてダークで貴族的でしゃれてて。かなりいいかも。
父と子のボクシングシーンもいい感じ。(ちょっとカンフー映画が入ってましたが)


でも、ルパンが大きくなって登場するシーンで・・・・・
彼の後姿がアップになり・・・・カメラが寄って顔を映すと・・・・


あ、稲川純二・・・?    ( ヒゲよ、ヒゲがそう思わせたのよ〜〜〜)

ちがうよね、この人、ルパンじゃないよね、手下で見回りしてるだけだよね。
この小さい、印象の薄い人が?

(私のルパンのイメージ=クリストファー・プラマーとかクラーク・ゲーブルとか、渋いおじ様なんですよ〜〜〜) 

う・・・・でもこのアップって、手下にはしないよね・・・・・
つーことは、やっぱりやっぱりこの人がルパンなの?

(きゃあああ、すみません、すみません、ファンの方ごめんなさい、つい正直に書いちゃいました・・・・)

あの〜〜、怖いものついでに白状すると、アレキサンダーでもナショナルトレジャーでも、少年時代の主人公が大人に成長するシーンでかなりのギャップを感じたjesterなのですが・・・・・。

今回もかなりギャップがありました。はい。


よおく腹に手を当てて(あてるな)考えると、jesterがルパンを夢中で読んだのは、小学校2年とかそのぐらいの頃。
あの頃は20ぐらいの人でもおじさんに見えたのだから、「ルパン=中年の人」というイメージは私の思い込みだったのでしょうか・・・・。


と思っていたら、作品的にも Batman Begins 的な位置にあるものらしくて、若い頃から私が読んでいたルパンの世界に行くまでの映画なんですね。
原作はほとんど関係なし・・・・とも言い切れず、ちょこちょこ要素は出てくるんですよね・・・・。だから余計に違和感が募ります。

でも、ホームズとルパンなら絶対ルパン派、ルパン全集は何回読み返したかわからない、って言うぐらい怪盗ルパンが大好きだったわたくしには、ロマン・デュリス扮するところのルパンは「ルパン4世」ぐらいに見えてしまいました。

大体、ひげを剃っているのだろうか。いつも汚いヒゲ面で、キスシーンが綺麗じゃない! (ヒゲ面のワイルドな色気もないし・・・・)

いやこれは人の好みですから、ロマン・デュリス=ルパンがお好みの方も沢山いると思いますが、私はだめデス。

わたしゃキスはお断り〜〜(向こうもだってさ

変装シーンにもすっごく期待してましたが、「何でみんな分からないの? 前歯がそってるのを見ればすぐ分かるじゃん」などと突っ込んでしまうへたくそぶり。


エヴァ・グリーンはKingdom of Heaven のときより化粧が薄かったので、ずっとかわいらしく見えました。さすがモデルさんだけあって抜群のスタイル。

伯爵夫人役クリスティン・トーマス・スコットは、こわ綺麗。
ほんとに魔女みたいでした。
でも演出のせいか、いまいち伯爵夫人が何がやりたいのかがよくわかりませんでしたが。

あと、ルパンのお父さん役の人(年取ったほう)も瞳孔が開いちゃってて、かっこよかったワン。

そんで最後にチラッと登場の美少年。君がルパンをやってくれたら・・・・。



久しぶりにフランス映画に浸れて、それはそれで楽しかったのですけれど、ルパンが個人的にイメージと違っていたから、 ☆☆☆ということで。  (いつから☆の評価が導入されたのだろ? 自分・・・・・


ちょっと原作を読みたくなってきたのでぽちしてしまいました。
4151757511怪盗紳士ルパン モーリス・ルブラン 平岡 敦 早川書房


(本の画像はAmazonからいただきました。)

この記事は本サイトゆきてかえりしひびから転載しました。
posted by jester at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ら行、わ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。