2005年10月19日

太陽の雫

最近本屋さんに行くと、Pride and Prejudice  のペーパーバックの表紙がキーラ・ナイトレーになっているのです。
(アマゾンで探したけど、この表紙のが見つからなかった・・・)
映画化の話は知ってましたが、エリザベスがキーラとは・・・・・
(実はjesterはキーラがちょっと苦手です・・・)

Jesterにとって、エリザベスのイメージは、誰がなんと言ってもBBCのドラマ、

高慢と偏見B00005YWZ6

のジェニファー・エイルなのです。

pride_jennifer.jpg

あの歯切れのいい台詞回しと、優しそうな馥郁とした笑顔。ちょっとぽっちゃりしているところもかわいらしくて大好きです。けんかしてるときの高ぶっている毅然とした声もいいと思います。

このドラマ、イギリスでは大流行して、このドラマの時間帯はイギリスの街中から人影が消えたとかいわれているほど。
コリン・ファースの人気はこれで爆発しました。
「ブリジッド・ジョーンズの日記」が、このドラマをベースに書かれたことは、日本でも結構有名ですよね。

ドラマはNHKで放送されたということなので、見られた方もいらっしゃるでしょう。
(私は海外にいる時にテレビで見て、帰ってきてからDVDで見ました)

軽やかなピアノの音楽で始まる、典雅なエリザベス朝ラブストーリー。(でも全然古臭くありません。もし未見の方がいらしたら、お勧めですよ〜)黒ハート

ブリティッシュイングリッシュも綺麗で、家族BなんかこのDVDからMDに音だけ落として、時々聞いているらしく、台詞を覚えて、上手にそれぞれの役者さんのまねをします。
(家族Bはめちゃくちゃ物まねが上手です。)


さて、高慢と偏見で、エリザベスを演じたジェニファー・エイルですが、その後、「オリバー・ツイスト」や、「太陽の雫」に出ています。


その、「太陽の雫」を見ました。(はあ、前置き長すぎ・・・・)あせあせ(飛び散る汗)
太陽の雫
レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ウィリアム・ハート
B0000896PG


1999年の作品で、ハンガリー・カナダなどの共作。19世紀後半から現代までを激動のハンガリーで生き抜いたユダヤ人一家の物語です。
3時間と長いけれど、台本が良くできていて、飽きずに見ることができます。
レイフ・ファインズ演じるところの弁護士イグナツの、美しい従姉妹にして愛する妻ヴァレリーをジェニファーが演じています。

ジェニファーは「高慢と偏見」では黒髪だったのに、金髪になっていたので、最初びっくりしましたが、当時の女性としては珍しい女性カメラマンとして活躍する姿が颯爽としていて美しかったです。
暗い時代も一家を支える女性ヴァレリーに、かなり共感してしまいました。

それにスパーダーマンのおばあちゃん、ローズマリー・ハリスは綺麗だし、ウィリアム・ハートなど、脇役陣もいい味をだしてます。

それから拾い物は、レイフ・ファインズひらめき

「シンドラーのリスト」で冷酷で狂気のナチの将校役をやったのが印象に残っている彼なんですが、ハリーポッターの「炎のゴブレッド」ヴォルデモード役をやる、っていうニュースを前、ゆきてかえりしひびで画像つきでお知らせしました。
8月12日の記事です。

今まではそれほど注目してなかった彼ですが、この作品では魅力を発揮してます。皮肉なことに今回はナチに抑圧されるユダヤ人の役。しかも一人三役で、2代目から4代目までイグナツ、アダム、イヴァンの役を演じていて、その美しさを堪能できます。

シンドラーのときは思わなかったけれど、なんとなくリーアム・ニーソンにタイプが似てませんか? この人。
もうちょっと年取ったらすごくいい味を出しそう。

しかもちょっと調べたら「ER 緊急救命室 」のアレックス・キングストン(jesterは大好きな女優さん。あ、この人も役名がエリザベスだ!)と結婚していて、95年に離婚してたんですね〜〜。

うわ〜〜もったいない。アレックス・キングストンとお似合いなのにな〜〜!


レイフはいい男だったし、脱ぎっぷりも良かったし(殴)作品自体良くできていて見ごたえあり。ちょっとラブシーン多すぎかな?とおもいつつも、後味が良くて感動したので、☆☆☆☆です!

(☆評価ですが、☆5つ…一食抜いても ☆4つ…お勧めです! ☆3つ…価値あり ☆2つ…お暇なら ☆1つ…jesterはだめ)
posted by jester at 19:22| Comment(8) | TrackBack(1) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BBCドラマファンにとっては、なんぢゃ、こりゃ?!なキャスティングでしょうね。特に、「ドミノ」劇場予告のキーラを観るたびに、彼女がエリザベス??とくらくらしてます。でも、ま、実力があるといわれている女優さんだから何とかするんじゃないですかね←かなり、投げやり
それより、ショックだったのは、ミスター・ダーシーがコリン・ファースじゃないということです〜!!何故なの〜!と吼えながら、でも、トレイラーを観たら、あら、マシュー・マクファーデンも割と良いかもね。。。←どっちなんだ!
とにかく、文句タレるのは観たあとにしようと思ってますだ。

レイフ・ファインズを意識し始めたのは「イングリッシュ・ペイシェント」のころからです。美しいですよね〜♪冷酷さと狂気がオマケについてるのがたまらんです(笑)ヴォルデモード役、素直に楽しみにしてます♪
でも、最近買った「オスカーとルシンダ」の廉価版DVDなんかではかわいい表情も見せてくれて♪大好きなケイト・ブランシェットも出ててうれしい♪
友人はつまらんと言ってましたが、「アベンジャーズ」なんてのも好きです(笑)
で、肝心の「太陽の雫」は未見です(ばきっ)。ご紹介、ありがとうございます。観てみますね〜。
Posted by DD at 2005年10月19日 20:56
DDさん、コメントありがとうございます。
マシュー・マクファーデンは結構いいかも、なんです、わたしも。
キーラについては、「お友達にはなれなそう」な感じ。(女優さんはこういう視点で見ているjesterであります)

レイフ・ファインズって、怖い役しか見たことなかったので、可愛く見える役を見たらかなり良かったデス。
「オスカーとルシンダ」もよさそうですね! ケイトさんのデビュー作? 今度見て見ますね〜
Posted by jester at 2005年10月20日 08:08
なんて、偶然なんでしょう!!
私も今『太陽の雫』借りてきて鑑賞中でした!(長いので昨日前半、今日は後半観る予定;)最近『輝ける青春』という6時間強の映画を観てから、なんだか無性に大河ドラマ作品が観たくて・・。レイフ・ファインズ見たさに以前一回観てはいるんですが、今回またしっかり鑑賞しております。
3世代に渡るある家族のドラマを3時間位で描こうとするから超スピードな展開でちょっと慌てますが、裕福であってもユダヤ人であるゆえに言われ無き差別を受けたりする場面に心痛みますよね。 ラストシーンが大好き。
で、女優のジェニファー・エイル♪
私もこの人好きです。理知的で愛らしくて素敵♪ 最近では『抱擁』にも出ていましたよね^^
BBSのドラマですが、最近どんどんDVD化されてますね! つい最近宣伝をどこかで見かけました、う〜んどこだったっけ。『高慢と偏見』は私もNHK放送の時ちらっと観ました『ユー・ガット・メール』でメグが持っていた本ですよね^^その後『ラブ・アクチュアリー』で池に飛び込むコリンさんはこの作品へのオマージュとか聞いてまたすぐにビデオ見たりして・・(爆)
いや〜すいません 新参者なのにすっかり長喋りしてお邪魔してしまいました。(*^〜^*)ゝお許し下さい。 今日は「ベルベットレイン」見てこようかしら・・。
Posted by マダムS at 2005年10月20日 09:22
トラバありがとうございます。
「高慢と偏見」は私もとっても大好きで、何回も見てます。コリン・ファース素敵ですよね。
「太陽の雫」は見てないんですが、私も見てみようかな〜。
Posted by dimensionkk at 2005年10月20日 10:16
dimensionkkさん、コメントありがとうございます。
コリン・ファースは「高慢と偏見」が一番良かったとjesterは思ってます。
「太陽の雫」は長いし、重いテーマですが、救いのあるお話なんですよ。
先程、オタクにお邪魔してコメントしてきたのですが、本サイトの<A HREF="http://blog.goo.ne.jp/jestertook/">ゆきてかえりしひび</A>で「300」について、10月1日前後にレポートしています。もしよかったら読んでみてください。
(↓この名前のリンクからも飛べます)
Posted by jester at 2005年10月20日 11:59
順番が前後しちゃいましたが、マダムSさん、コメントありがとうございます。
長く書いていただいて、とっても嬉しいです!

マダムSさんも見られていたんですね〜
レイフ・ファインズ、お好きですか?
私はこの作品でかなり彼を見直しました。
そうしたら今朝、テレビに彼が映っていて(新作映画のことで)びっくり。
注目株の俳優さんなんですね!
Posted by jester at 2005年10月20日 12:04
こんにちは。
二度目まして。
実は私は先日「嵐が丘」を見てレイフ・ファインズにはまってしまいました…。はまるはずじゃなかったんですけどねぇ…(苦笑)。
昔は嫌いだったんですよ〜。なんかねちっこい演技が好きじゃなかったんですけどね…。いやよいやよも好きのうちってなもんだったんでしょうか?
で、先日彼のDVDを数枚買ってしまいました。重症のようです。

私の中ではレイフ・ファインズはクリストファー・エクルストンとだぶります。
「太陽の雫」はちょっと高かったんでまた今度買おうと思ってます。

ヴィゴがお好きなんですよね〜。
彼はとっても知的な感じがして素敵ですよね。私のまわりにも好きなコがいてDVDを沢山貸してもらいました。
私は「指輪」以外なら「聖なる狂気」なんか好きです。うふふ。
長くなっちゃいました〜。また遊びにきますね。
Posted by dim at 2005年11月01日 19:11
dimさん、コメントありがとうございます。レイフ・ファインズ、なかなかいいですよね!!
私も注目しております。

「聖なる狂気」ですか〜〜わりとお好きな方が多いですね!
あの、口のきけない大工さん、っていうキャスティングがいいですよね。惜しむらくはもっとヴィゴを写してくれ〜〜という・・・・(殴(殴
Posted by jester at 2005年11月02日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

太陽の雫 / イシュトヴァン・サボー(加・ハンガリー99)
Excerpt: 帰国してまずはリハビリということで、映画を観にいった。ハンガリー・加などの共同制作映画。ハンガリーの物語なのに英語で進行するのは例によってどうもなぁ。と思ったが、ハリウッド映画ではないし、おかげでヒヤ..
Weblog: わにぞう日記
Tracked: 2005-10-24 01:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。