2005年10月23日

ガッジョ・ディーロ

マダムSさんのブログにご紹介されていたDVD「ガッジョ・ディーロ」を見ました。(マダムSさん、ありがとうございます!)

83K83b83W838783f83B815B838D-thumbnail2.jpg



ロマン・ディリスの口元がちょっと〜〜とか言ってましたが、3作目でかなり気にならなくなりました。
(茂っている胸毛はまだまだ・・・なんですが・・・・友人が「ありが入ったら迷ってでられなくなりそうね」といってました・・・・・)

ジプシーって、起源はインドにあるって聞いたことがあります。完全に姿を変えていますが、秘密の儀式の中にはヒンドゥー教の名残があるそうです。
モスリムがインド大陸を仕切っていたムガール帝国のアクランゼーブ皇帝の頃とかに逃げたした人たちなのかしら?(またいい加減なことを言ってます・・・・・)あせあせ(飛び散る汗)


今回、たっぷりロマ(ジプシー)の音楽に浸っていて、たしかにインドの音楽とつながりがあるな、と思いました。全身で刻むリズムで忘我の世界にはいっていく・・・・
美しく情熱的なメロディがガッジョ・ディーロ(よそ者)のロマン・デュリスを成長させていきます。

ロマン・デュリス、やっぱり演技が上手。最初にルパンで出会ってしまったのは、jesterにとって不幸でしたが、こうして皆さんに教えていただいて、また一人、素晴らしい俳優さんにめぐり合えたことに感謝します。
この役は本当に彼のいいところが出ていると思います。

重いテーマながら、感動的なラストで、後味がよく、元気が出ます。
お勧めの☆☆☆☆でした!!

「ガッジョ・ディーロ」のアマゾンのページB00005YWVU

posted by jester at 11:06| Comment(6) | TrackBack(1) | か行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます。わ〜い、とってもおもしろそう♪さっそくアマゾンでぽちっとしてきました。
私は、「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリスしか観たことがないのですが、ようやく今週末から公開される「ルパン」を楽しみにしてます♪jesterさん、これと最初に出会って不幸だったのね(汗)。最初の出会いが最悪でも「高慢と偏見」の例もありますから。。。(笑)
Posted by DD at 2005年10月23日 23:18
わぁ〜ほんとに見てくださったんですね!♪
ご紹介冥利につきます♪
天真爛漫かつ温かいものを内に持っているロマン君の地のままのような主人公で、これで彼にはまった!という人もいるようです。
そうそう・・私も今までは彼の口元がちとすけべっぽいなどと思ってましたが、最近気にならなくなりました(爆)
Posted by マダムS at 2005年10月24日 09:12
DDさん、そちらでもルパンをやるんですね! そう、jesterはルパンの後にこれを見ましたが、ルパン前に見ておきたかったと思いました。DDさんはどう感じられるか、おきかせくださいまし。

**********

マダムSさん、ほんとにご紹介ありがとうございます。感動しました!
あのこい髭剃りあとが気にならなく(爆)なったjesterです。
また面白い作品を教えてくださいませ。
あ、勝手に本文にマダムSさんのブログを引っ張り出してしまってよかったでしょうか? もし問題があったらいってくださいませ。
Posted by jester at 2005年10月24日 09:31
いえいえ、問題だなんて!
紹介して下さってこちらこそ有難うございました♪ これからもお互いに情報交換よろしくお願いしま〜す♪
Posted by マダムS at 2005年10月25日 09:03
丁度一週間前に劇場で「ルパン」を観て、今日はDVDで「ガッジョ・ディーロ」を観ました。
どちらも最初はロマン・デュリスの笑顔が、どーも苦手なのですが(ゴメンナサイ!)、段々、気にならなくなってのめり込んじゃうから不思議!特にシリアスなというか、悲しそうな表情のロマン君には魂奪われますね〜♪先月、来日時のかわいいクリクリ坊主頭のロマン君のインタビューを映画サイトなどで観ましたが、彼、性格もとっても良さそうですね♪公開を控えた新作もかなり前評判が良いようですが、こっちではいつ公開されるか(公開があるかどうか)わかったもんじゃないので(涙)、過去作品の旅に出てみようと思います〜。

おおっと、忘れるトコでした(爆)!ガッジョ・ディーロ、素晴らしい映画でした。ローラ・ハートナーがとっても魅力的で素敵〜。それと素人とは信じられないあのイジドールじいさんとロマの人々って、大したものだわ〜、地であれだけやってるなんて!喜怒哀楽を歌と踊りで表現するというのは、ウチの島でも一緒です。民謡なんてどこでもそういうものかもしれませんけど。踊り方や囃子まで似てたのにはびっくり!あんな異国の地なのに(というか、これ地球上の話なのか?って最初、思ったくらい)。でも、さすがにウチの島でも、お葬式のときに楽器を奏でて大声で歌ったり踊ったりしてるのは見たことがないので、ロマの人たちの表現の激しさはすごいと思いました〜。
良い映画を紹介してくださって、どうもありがとうございました〜♪
Posted by DD at 2005年11月05日 18:41
DDさん、見てくださったんですね〜〜
そうそう、わたしもロマン・デュリスの顔は実はやっぱり苦手なの。でも演技力がすごいので、存在がいとおしくなるって言うか・・・・

>踊り方や囃子まで似てたのにはびっくり!

そうそう、民謡って妙に似てますよね!
独特のリズムと哀愁っていうか・・・・
でもそんなに似てるのですか〜

真夜中のピアニストはまだそちらではやってないのでしたっけ?
あれもいいですよ〜〜
私は大好き! お楽しみに〜〜
Posted by jester at 2005年11月05日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ロマン君にはまって『ガッジョ・ディーロ』
Excerpt: ロマン・デュリス主演の1997年作品をDVD鑑賞しました。  彼目当てで見たお陰で巡り会えた”素晴らしい作品”でしたのでご紹介♪ 『パリの確率』でちょっと気になってから彼の出演作を何本か鑑賞し、今..
Weblog: Brilliant Days 
Tracked: 2005-10-24 09:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。