2005年10月30日

ヴィゴ・モデル疑惑(?)

エリス・ピータースが書いた、「修道士カドフェルシリーズ」の登場人物、ヒュー・べリンガーがヴィゴのイメージだ!といった方がいましたが、(某漫画家さんです)、映像化するならヴィゴでしょう、っていうキャラクターって、いますよね〜〜
(カドフェルシリーズ、今読破中です・・・・)

それから、漫画『君はペット』の最新巻に、犬に「ヴィゴ・モーテンセンになれ〜〜」っておまじないをかけるシーンがあるんですけれど、そこが、そのひとコマが読みたくて本を買った、って言う人を知ってます。

その気持ち、わかるんだなあ。(jesterはその人から借りて読みました・・・)


ところで、Inkheartってご存知ですか?
InkheartCornelia Funke 1904442218

ドイツのファンタジーですが、作者が「Dustfingerはヴィゴをイメージして書いた!」って公言して、一時期大騒ぎになりましたよね。
しかもヴィゴで映画化?という噂も出て、それを聞いてあわてて読んだひと(わたし)もいるぐらいで・・・・・(いや、面白かったデス。)

(Inkheartはjesterは英語で読んだんですが、「本を朗読していると登場人物が現実に登場してくる」というファンタジー。難易度はHarry Potterと同じぐらいかな。)

和訳もでてます。魔法の声コルネーリア フンケ 4872901711


ええ、どうしてこんな話題を出したか、というと、
蒼路の旅人上橋 菜穂子 佐竹 美保 4035403105

を読んだんですが、その時、jesterの心に浮かび上がってきた疑惑。


アラユタン・ヒュウゴという人。

アラ ユタ  ・ ヒュウゴ・・・・・・

・・・・・・この名前に何か感じませんか??


しかも登場シーンが、しょっぱなの安酒屋・・・・・

そこで、酔っ払った男たちが、ナイフを投げて遊んでいるのですが、その一つがそれる・・・・・

それが片隅に座っていた男に飛ぶ・・・・

みんながはっと息を呑んだ瞬間!! 

 考えごとをしていた男は、すんでのところでけはいを察すると、反射的に自分の短剣を抜き、カチーンッと短剣をはじきあげるや、落ちてきた短剣の柄を左手でつかんだ。
 ほおっと感嘆のため息が、男たちのあいだからもれた。
 短刀をなげた酔客は、男がふりむくと首をすくめた。
 二十七、八くらいだろうか。黒髪を背でひと束にむすんだ、精悍な顔だちの男だった。
 男は、ただだまってみつめているだけだったが、周囲の男たちは、なんとなく気おされたようにしずかになってしまった。

                 (以上、太字の部分、蒼路の旅人p14から引用)



何か感じませんか!!!!! 

マントこそかぶってませんが!!!!

パイプもすってませんが!!!

jesterの心に浮かんだ疑惑・・・・・・・ 


このヒュウゴのモデルはアラゴルンじゃないの??? 
ヴィゴじゃないの????



・・・・・・・・いえね、私が一人で思ってるだけなんですけれど・・・・。(殴!


ううう、チャンスがあったら、ぜひ読んでみてください。もうjesterなんか読んでる間中、ヒュウゴをヴィゴで脳内配役して読んで、興奮状態でした。

この本、シリーズ本の7冊目なんです。このシリーズについてはゆきてかえりしひびで詳しく書いてますので、よかったらそちらも覗いてください。




posted by jester at 09:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Viggoで映画化の話があったということで、上の「魔法の声」や塩野七生さんの「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」を読んで悶えた経験者ですが(爆)、個人的なViggo脳内変換ナンバーワンは「ゲド戦記」のゲドです〜。不思議なことに青年期から老年期のゲドまで年齢に関係なく変換されてしまいます(笑)。
あと、Viggoがインタビューで息子さんのことばかり話しているのを読んだりしていたせいか、ロアルド・ダールの「ぼくらは世界一の名コンビ!」やフライシュマンの「ジンゴ・ジャンゴの冒険旅行」なんかに出てくる父さんがViggoのイメージなんです!ちょっとダメなとこもあるけど、楽しくて頭が良くてかっこいい父さん♪

カドフェルシリーズはヒュー・ベリンガーをViggoで脳内変換して楽しむ(爆)だけじゃなく、ほかにも美男美女がたくさん出てくるので、いろんな俳優さんに当てはめることができて、たまらんですね!
前に、jesterさんに第7巻の「聖域の雀」はディエゴ・ルナのイメージで読んで、と教えてもらい、そのとおりイメージできて感情移入して楽しめましたが、あとがきを読んだら、あらら、TVシリーズではスティーヴン・マッキントッシュがこの雀の役をやっていると知り!この俳優さんもお気に入りなので、いつかDVDのほうも観てみようと思ってます♪
Posted by DD at 2005年10月30日 23:19
わ〜い、どどさん、本サイトのほうでもお返事いただいたのに、こちらでもありがとうございます。

この疑惑はかなり濃厚デス。ヴィゴファンだけにわかる勘というか・・・(殴

ゲドですか! そういえばゲドを誰か(ヴィゴ道のお師匠)に貸したきり帰ってこない。あれはそういう意味なのか・・・・

フライシュマン、好きなんですけれど、「ジンゴ・ジャンゴの冒険旅行」って読んだかなあ・・・・何しろボケが進んでまして・・・・・読んでみます!

カドフェルはほんとに脳内変換がたのしいですよね〜♪
TVシリーズのヒューにはずっこけましたが、聖域の雀はまだテレビでは見てません。わたしもいつか見てみたいです。でもこのDVD、高いのよね〜〜
ミステリチャンネルでは相変わらず憎しみの巡礼とか陶工の畑ばっかりループして流してるし・・・・・。
Posted by jester at 2005年10月31日 09:17
はじめてまして。初かきこです。
ゲドを拉致しているのはあたしです。
なかなかお会いできなくて・・・。でも続きを読ませてくださ〜い。
Posted by ankila at 2005年11月10日 20:39
ankilaさんって、あの方でしょうか??

きゃあああ、まだ憶えてたの??
前に「見つけちゃいましたよ」っていわれてから、おいでにならないので、もうわすれたな、しめしめ、と思っておりましたのに・・・・・(あの時はまじに「ばれた〜〜!!」ってショックでしただ)

そうですか、ゲドはそちらに出稼ぎに行ってましたか〜〜〜 別の人のとこかと思ってました・・・・(殴

何巻ぐらいまでそっちに行ってますか?
もう誰に何を貸したのか、jesterには全然分かりません・・・

またお会いしたいです!!その時にぜひ!
そういえばお宅からも何冊かうちに出稼ぎに来てましたわ〜〜
Posted by jester at 2005年11月10日 22:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。