2005年10月31日

ダンシング・ハバナ セイブ・ザ・ラストダンス サルサ!  ・・・踊る映画3つ

ダンシング・ハバナ
ディエゴ・ルナ ガイ・ファーランド ロモーラ・ガライ
B000BONQLU

のDVDが12月にでますね〜〜

これって、今年の夏、シャンテシネの新装開店コケラ落としでみたんですけれど、なんと言ってもディエゴ・ルナ君がかわゆらしくて、そのセクシーな踊りが素敵で、見終わったあとは思わずモンローウオーク。(やめれ)

やっぱりDVDは買いでしょう。

ところで、こないだ、セイブ・ザ・ラストダンス
ジュリア・スタイルズ トーマス・カーター B000244RR6

って言うのを見たんですけれど、どなたかご覧になった方、いらっしゃいますか?
2001年の公開時はかなりヒットしたらしいデス。

これがですね〜〜

ちょっと聞いてくださいよ。

クラッシックバレエをやっていた女の子がある事故にあい、失意のうちにシカゴに引っ越して新しい学校に入るんですね。
そこがスラムの黒人ばかりの学校で、学校に入るときに「金属探知機」で調べられるような、こわ〜い学校だったわけデス。

それで、文学の授業があるんですが、発言をすると、絡んできた黒人のクラスメート、デレク(ハンサム)。
クラスメートに誘われていった黒人専用のクラブで、ヒップホップのダンスに目覚め、
ダンスが上手なデレクに個人レッスンを受けるようになる・・・・
熱烈なダンスを通じて、恋愛が芽生え・・・・ちょっとしたすれ違い・・・・
そして彼女が目指すオーディションが迫る・・・・・。

ちょっとまった〜〜〜〜〜って思いませんか????

だって、これ、全然同じじゃんか! 名前と音楽と場所と時代が違うだけだよ???
デレクが女の子より小柄なところまでおんなじ・・・・・

こうなるとどこまで同じなのか、俄然最後まで見たくなる天邪鬼jester。

おもわず身を乗り出してみました。

それで思い出したのがサルサ!
ロラン・ブランシュ ヴァンサン・ルクール ジャン=クロード・カリエール
B00005HTUX


これも、中盤から最後のほうが、ダンシング・ハバナにそっくりでしたよね。
顔を黒く塗ってまでサルサを弾いて踊りたいって言うのが可愛くて、これも最後まで見ちゃったけれど・・・・。 

こういうダンスものって、パターンが決まってくるんでしょうか?
そういえばもう忘れちゃったけど、昔見た「フラッシュダンス」とか「サタデーナイトフィーバー」もそんな感じでしたっけ・・・・。


で、「セイブ・ザ・ラストダンス」は、最後に2人で組んでは踊りませんでした。
それ以上言うとネタばれになるので、いいませんが・・・・・

まあ、まっとうな、後味のいい映画でしたわ。

ヒップホップの踊り方、あの、黒人特有の首を振りふりビートを刻むやり方とか、崩れた座り方なんかを詳しく教えてくれて、なかなかためになります。

といってもjesterがまねしたって、全然はりこの首ふり亀さんみたいで、みんなが眼を背けるでしょうけれど・・・・。
posted by jester at 14:25| Comment(4) | TrackBack(2) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「セイブ・ザ・ラストダンス」
これ好きですよ〜! レンタルとWOWで2回も見ちゃいました。ジュリア・スタイルズって見れば見るほどおかめ顔でちっとも美人じゃないんだけど(失礼)大好きなんですよ私。 ダンス映画は基本的に好きですし、色んな難題を乗り越えて最後には成功するスポ根もののような単純明快な予定調和みたいなものも好き♪ 観てて安心しますも〜ん!
「セイブ〜」が他のと一つだけ違う所は、自分の中の悲しいトラウマと戦う所でしょうかね・・ラストの踊り終わった彼女・・ほんとに輝いてましたよね〜〜
Posted by マダムS at 2005年10月31日 20:48
マダムSさん、コメントありがとうございます。
ジュリア・スタイルズって、西洋人にしてははなぺちゃだし、目も細いですよね。
バレエやっていたにしては太もも太すぎだし。でもなんか上品な感じがして、わたしも嫌いじゃないデス。

>自分の中の悲しいトラウマと戦う所でしょうかね・・

そうですね、ネタばれになるので書きませんが、あのトラウマは、私も泣いてしまいました。「うんうん、一人で我慢してきたんだね」ってぎゅっと抱きしめてあげたい・・・。
だからラストが輝くんですよね〜〜
Posted by jester at 2005年11月01日 09:01
「セイブ・ザ・ラストダンス」って知らなかったです〜。おもしろそうですね♪
ご紹介ありがとうございます。観てみますね〜←・・・って、 jester さん、このコメントの繰り返しばっかりで、観るのも読むのも追いつかないよ〜〜ひぇ〜

今夏1番はまったのが、「ダンシング・ハバナ」のディエゴ君でした♪キューティー・ディエゴが若返りのツボを刺激しまくって効きましたよ〜〜はるばる東京まで観にいったかいがあった〜〜!17歳くらいには戻ったな(違)。jesterさん、その節は田舎者にお付き合いくださってどうもありがとう!!

「ダンシング・ハバナ」といい、「サルサ!」といい、イイ男は出てくるわ、ステキな音楽とダンスで気分も踊るわ、いろいろ葛藤はあるけど、ラストは希望があって、目と耳とココロの保養になります。ワンパターンの展開と思っていても、幸せになれます〜。
「ダンシング・ヒーロー」もオススメです♪10年くらい前のオーストラリア映画ですが、DVDのほうは今年初めて発売されたのかな?これって、去年のクリスマスのシャネルCMや「ムーラン・ルージュ」を彷彿とさせて、わあ、バズ・ラーマンの原点だ〜と勝手に思ってしまいました(笑)。
あと、恋愛ものとは違うけど、ジェイミー・ベルの「リトル・ダンサー」が大好きです♪
Posted by DD at 2005年11月01日 20:32
そうそう、「ダンシング・ヒーロー」も見なくちゃ、と思っていたの。思い出させてくださってありがとう!

私も基本的に踊るシーンって好きなので、こういう系統の映画は好きデス。
ジェイミー・ベルの「リトル・ダンサー」もみなくちゃ。わ〜〜いそがしい!
Posted by jester at 2005年11月02日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダンシング・ハバナ
Excerpt: かっ、可愛いっ!! ディエゴ・ルナ、可愛いすぎる〜っ!! 彼を初めて観たのは、あの・・・ 青春エロ映画『天国の口、終わりの楽園。』 タイトルがすごく素敵だし、 メキシコの美しい海..
Weblog: 映画とはずがたり
Tracked: 2005-12-26 01:14

『記憶の棘』ストーリーブックがランダムハウス講談社より発売!
Excerpt: ニコール・キッドマン主演の輪廻をめぐる切なくミステリアスな愛の物語『記憶の棘』。 どこまでも切ないこの愛の物語を紡ぎあげたのは、'''イギリスが生んだ鬼才ジョナサン・グレ..
Weblog: 『記憶の棘』を探して
Tracked: 2006-09-15 03:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。