2008年03月04日

いつか眠りにつく前に  EVENING

映画が終わった後、目を真っ赤にしてトイレに駆け込んでいる中年女性がたくさんいらっしゃいました。
多分「マディソン郡の橋」系の話とか韓流のラブストーリーがお好きな方は御好きかも知れませんです。

両方とも苦手なjesterは、残念ながらのめりこめなかったです。

「死に際しての環境」については考えちゃいました。この映画のテーマとはずれちゃってるかもしれませんが。


☆☆1/2でした。


(以下、ネタバレあります・・・・未見の方ご注意ください!
そしてけっこう辛口です・・・この映画、お好きな方はごめんなさいです〜〜  どうぞスルーしてくださいませ!)


リゾート   リゾート   リゾート   リゾート


死を間近にした老女の日々。
病院でなく、自宅で二人の娘が着いていてくれて、夜は専用の看護師が見ていてくれる。

広々とした清潔で上質な寝心地良さそうなベッド。
窓を開けて外の風と光をいれておいてもうるさくない環境。
自分好みにしつらえたインテリアの中で自分が食べたいものを食べて、最愛の家族に囲まれて最期の時を迎える・・・・

病院で管につながれて死んで行く人が多い日本ではなかなか出来ない人生の終わり方です。

自分や周りの人が次第に年をとってきた今日この頃、主人公のアンの最期の日々はかなり理想的な死に方だな〜と思いました。


猫まあ、お金がなくちゃ、ああいう風に看護師を雇ったり出来ないし、自分だけで暮らす大きな家があってこそなんですけどね。

それにしても、看取る二人の娘の金銭負担とか肉体的・精神的な疲労なんかはないみたいなんですね。
昼間も看護師さんがいるのでしょうか。
お掃除とか、オムツ換えとか誰がしているのか、結構気になったりして。



クリスマスさて、映画そのものについては、なんでございますが。

ヴァネッサ・レッドグレーヴとメリル・ストリープについてはさすがです!
いままでに何回も見たことのあるような、メロドラマなんかで使いまわされているようなテーマなんですが、この二人が入ると重さが全然違います。

だども、わしゃあ、大口・クレア・デインズが苦手ですだ・・・
「スター・ダスト」の時も思ったけど、今回は決定打を撃たれました。

かえるみたいに大口なのは仕方ない。仕方ないけど・・・

首を縦や横に小刻みに振らないでセリフをいえんのか!
もう眉間にシワを寄せないでくれ〜

とお願いしながら見てました。(爆)
というか、途中から彼女のアップがつらくて視線をあわせられなかったっす・・・


それじゃあ、ライラをやったメイミー・ガマーがいいかというと、演技力はまあいいとして、いかんせん魅力に欠けていて、やはり親の七光りなのか・・・?と思ってしまう。
いや、彼女がオーデションで受かったので、あとでメリル・ストリープがでることになったという話ですけど、それにしても、これほど重要な役を取れたのは、メリルの娘という話題性があったんじゃないのかな???

この2人に共感を持てないので、まずつまずいちゃいました。


クリスマスそして現在のシーンに戻ると、アンの二人の娘。

長女のコンスタンスはヴァネッサ・レッドグレーヴの娘のナターシャ・リチャードソンがやってます。
ナターシャは結構好きなんですよ。
(「メイド・イン・マンハッタン」ではレイフ・ファインズに振られる役でしたが、その後「上海の伯爵夫人」をやった時には見事レイフと結ばれてた人で、落ち着いた話し方が好きです♪)

でもコンスタンスは話の中ではあまり重要な役ではなく、次女のニナ(トニー・コレット)がいろいろな悩みを抱えて暮らしているのですが、その悩みっちゅうのが・・・・なんとも痛いお人

もう30代後半か40代(?)なのに、仕事もなにがしたいのかわからず、3年暮らした彼氏も結婚するほどの自信はなく、子供が出来ても生んでいいかわからず・・・いらいらして、お姉さまに八つ当たり。

コンスタンスじゃないけど、jesterもニナには共感できず。
「人に八つ当たりしてないで、いい加減大人になって自分の人生にきっちり責任もったらどうなのさ!」と思ってみてました。


海辺のリッチな別荘生活シーンはとても綺麗で良かったし、男優さんは良かったんですけどね〜

ぴかぴか(新しい)まず、ちょい役ですが、ニナの彼氏役のエボン・モス=バクラックが好きなんです。
前に「イルマーレ」でキアヌの弟をやった時も、密かに(キアヌよりいいじゃん・・・)などと思っていたのですが、(あ〜〜!キアヌファンの人、許して〜〜)今回も、なんでニナが迷うのか訳わかりません。
いい人だよ! 結婚したらどうなの!(爆)


それと、パトリック・ウィルソン演じるハリス。
大金持ち一家の使用人の息子として育ち、苦学して医者になった人徳も高い青年です。

ま、その割りには、子供のころからずっと彼だけを思い続け、結婚式の前にやっと告白したライラをあっさり振ったのに、その結婚式で出会ったばかりのアンをスケベな視線でじろじろ見て、「二人の星」とかいってチューを迫ったり、動揺している彼女を速攻で自分の隠れ家などにエスコートしてしまう辺、
真面目そうに見えて実はかなりもてるんでしょう、君は! プレイボーイだね?
・・・と、突っ込みたくなるjesterでしたが、笑顔が可愛かったので許すことにします。
ほんと笑うと可愛いのよね、この人。

「オペラ座の怪人」の頃よりずいぶん老けましたが、役柄としては去年の『試験をすっぽらかして不倫旅行&駆け落ちをすっぽかしてスケボー男』だった「リトル・チルドレン」の時よりはいいキャラクターだったかも。

しかしもうちょっとストイックな役をして欲しいんですよね、彼には。
そういうほうが似合うと思うんだけどな・・・・

最後のほうの傘のシーンでは、クレアが首を細かく振ると、それが伝染したのか彼まで振っていたのが気になりましたが・・・・(殴


ぴかぴか(新しい)あと、ライラの弟役のバディを演じたヒュー・ダンシーも良かったな。
男としてバディはまだまだで、jesterは好きじゃないけど、切ない恋心は若者らしくて可愛いです。

アンはきっとバディの気持ちに気がついていただろうに、それならそれで、体を寄せて踊ったり、腕を組んで散歩したりしないで、態度に出してあげたほうが、彼のためってもんじゃないですかね。
あれはアンが残酷ですわ。



雪全般的に、細かいエピソードがありがちなのに大げさに描かれていたのもあまり好きじゃないです。

一例を挙げると、アンがお料理している時、コニーがお人形に服を着せてくれとせがみ、夫はニナの面倒を見てくれない・・・・
なんてシーンがありましたが、子育てしてれば誰だって経験してます〜
だけど、それでお料理を全部ほったらかして歌を歌いだしたりしないでしょう。
せめてガスの火ぐらい止めたらどうなの、といいたいですわ。
ヒス起こしたくなる気持ちを抑えて、聖徳太子みたいに子供をなだめながらお料理もちゃっちゃとこなしていく。それがこの世の普通のお母さんの毎日でございます。


アンが「運命の男性」だと愛し続けてるハリスの魅力も、役者さんが持っている魅力以上のものは伝わってこず。
出合って見詰め合っただけで男女が至高の恋に陥るなんて、宝くじ並みの確率ですよ。まるで少女の見る夢物語じゃないですか・・・
数十年もずっと思い続けている人との出会いなんだから、もっと丁寧に描いてほしいです!
ここをきっちり描いてくれないと、バディのエピソードが「無駄○○」に思えちゃいます。


だもんで「人生に過ちなんてないのだから」とかの『決め台詞』もありきたりにうそ臭く響いてしまい、それでころりと考えを決めちゃうニナってなんなのよ〜と思ったり。

しかも終わり方もいかにもな「めでたしめでたし」だったので、jester的にはかなりがっかりしました。


ぴかぴか(新しい)とはいえ、最後にでてきたメリル・ストリープはすごかった。

もうタクシーを降りた時点で、どわ〜〜とオーラが。

あのすべてを判ってすべてを包み込む微笑。
「私は多くを望まなかったから」というセリフ。

やはり彼女は素晴らしいです♪


posted by jester at 18:57| Comment(10) | TrackBack(5) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ちょい役ですが、ニナの彼氏役のエボン・モス=バクラックが好きなんです。
前に「イルマーレ」でキアヌの弟をやった時も

うあーーーっ!!そうだったのかー!!!
この人どこかで観たと思ったのですよ〜。
うんうん、役柄的には、ヒューやパトリックより良かったですよね♪
「イルマーレ」のとき、いいなあ♪と思ったのに、すっかり忘れておりました。。。
jesterさん、ありがとうでした!
Posted by DD at 2008年03月04日 19:52
jesterさん、こんにちわ。

3/1(土)は観たい映画が無くて、この映画、クレア・ディンズが出ていたので観ようかと思ったのですが、結局、暗そうなので止めにしました。jesterさんの感想を読ませていただきましたが、行かなくて正解だったようです。

ナターシャ・リチャードソンの出演作では「ファミリー・ゲーム 双子の天使」が好きです。

なお、3/1(土)は結局、「エリザベス ゴールデン・エイジ」のみ観ましたが、10:30の回で観客は座席の半分位でした。
Posted by matsumo at 2008年03月04日 20:29
jesterさんこんばんは。
私のblogへコメント残してくださってありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。
うーん。一番書きたかったことを先にDDさんに書かれてしまってます(笑)
均整の取れた体つきー。この方は誰ー?とぽやーっと観てました。
そんなことをしているから、なかなかこの世界に入り込めなかったのかしら…。

この映画、かなりの強引さはありますが、好きな方には、たまらないタイプの映画なのでしょうね。
jesterさんも触れてらっしゃいますが、そこをもうちょっと掘り下げてーっという部分をさらりと流して、全て俳優さん自身の魅力に頼りすぎている気がして、惜しく思いました。
ハリスの男前エピソードをひとつふたつ入れてくれればーなんて。
Posted by さち at 2008年03月04日 21:27
jesterさん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

ワタシは色々な理由で、この映画に出てくる人たちと自分と重ねあわせ、感情移入してしまいました。
だから実は映画に感動したというよりは、「うん、わかるわ〜〜」という同類に対する親近感を抱いているだけかもしれません。
でも好きな映画です。

ただ二つだけ・・・許せないところがあるのですが(笑)。
アンの頭のなかにはずっとハリスのことがあったと思うし、過ちや後悔のない人間なんていないと思うのですよね。
それなのにライラは「あなたの人生に間違いなんてひとつもない」なんて無責任な言葉を言ったでしょ?で、アンもその言葉で心穏やかになれた。
ワタシはそこんとこがあまりに軽々しくて納得がいかなかったですね。

それとやっぱりクレア・デインズに魅力が感じられなかった。
向こうのプレミアの時の写真でヒュー・ダンシーと一緒に映っている写真があったのだけれど、それは映画とはまったく違うイメージで綺麗でしたよ。
何故あの感じが映画で出なかったのかなあ?と不思議に思います。

ニナの彼氏役のエボン・モス=バクラックってなんかジェームズ・マカヴォイに似てませんか?
この写真だけかな?
TBしていきますねー。
Posted by dim at 2008年03月05日 03:09
DDさん、こちらにもコメントうれしいです♪ ぐだぐだと書くのの励みになりますです。ありがとうございます!

>この人どこかで観たと思ったのですよ〜。

私、「イルマーレ」ではかなり注目しておりましたのです。
いつものとおり、前知識まったくなしで見たので、(クレアがヒロインとも知らず・・・脇役かと思ってました)出てきたときは、おおおおお!と叫んじゃいました。
もっといっぱい映ってくれると嬉しかったんだけど。

>「イルマーレ」のとき、いいなあ♪と思ったのに、すっかり忘れておりました。。。

いい俳優さんですよね〜
これからの活躍を期待してます!
Posted by jester at 2008年03月05日 08:12
matsumoさん、こんにちは。毎度コメントとっても励みになります。感謝です♪

>3/1(土)は観たい映画が無くて、

映画の日、matsumoさんはなに見てるのかな?と思いつつ、わたくしも映画館をハシゴしたりしてましたよ。

>行かなくて正解だったようです。

うんうん、綺麗な娘っこは出てなかったし、ストーリーは上に書いたとおりでした。

>ナターシャ・リチャードソンの出演作では「ファミリー・ゲーム 双子の天使」が好きです。

未見でした・・・
大体、今まで見ているかもしれないけど覚えてなくて、「レイフ・ファインズの相手役」ということで初めて認識した女優さんでしたので・・・・(殴


Posted by jester at 2008年03月05日 08:15
さちさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪ 今後ともよろしくお願いいたしますね!

>均整の取れた体つきー。この方は誰ー?とぽやーっと観てました。

私はなんか、彼のまなざしの振り方がシャイな感じで好きなんでございます。
この映画に出てるのを知らなかったので、嬉しくて♪

>そんなことをしているから、なかなかこの世界に入り込めなかったのかしら…。

う、それもあるけど、私の場合はクレアだな、原因は。

>そこをもうちょっと掘り下げてーっという部分をさらりと流して、全て俳優さん自身の魅力に頼りすぎている気がして、惜しく思いました。

なんか、「こんなもんでしょ」って感じで、愛が感じられないんですよ〜(こればっかですいません)
老後のアンとライラのシーンは俳優さんの魅力だけでも充分でしたけど。

>ハリスの男前エピソードをひとつふたつ入れてくれればーなんて。

わたし、パトリックの大ファンというのではないんですが、クレアの引き立て役って感じで、ハリスの素敵な部分、アンが忘れられなくなっちゃう素晴らしさがいまひとつ表現されてない気がしました。
「ハンサムだし〜」で終わってるというか。

Posted by jester at 2008年03月05日 08:22
dimさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>ワタシは色々な理由で、この映画に出てくる人たちと自分と重ねあわせ、感情移入してしまいました。

うんうん、私も、実はトイレで泣いてる人を見て「もしかしてお母さんが同じような状態なのかな?」なんてチラッと思ったのです。
だからdimさんのレビューを読んだ時も、ああ〜と思ったのでした。

何かを感じることって、自分の経験をあわせてみるから、他の人には感じられないことなのに、すごく敏感に感じちゃうこともありますよね。
dimさんのお気持ち、とても良くわかります。

いや、私もあの時ああしていたら、っていうのはいっぱい死ぬほどあるのですが、上手く自分に重ねられず、とってもドライな気分でこの映画を見てしまい、もうクレア、首振るなよ、ばっかり考えてました・・・(殴(殴

>ワタシはそこんとこがあまりに軽々しくて納得がいかなかったですね。

ううう、そうなんですよね。
たとえクレアが眉間にしわ寄せてても(しつこい)、決めのセリフが心に響いてくれれば、それでOKだったと思うのですが、いかんせん最後のまとめ方が予定調和というか、ありがちで、あれでアンもニナも納得するのか?うそくさくない?と思っちゃいました。

>向こうのプレミアの時の写真でヒュー・ダンシーと一緒に映っている写真があったのだけれど、

そうなんですか〜
その写真は見てません・・・・

>ニナの彼氏役のエボン・モス=バクラックってなんかジェームズ・マカヴォイに似てませんか?

あ、確かに!
比べるとどこが似てるっていえないけど、ちょっと線が細いとこというか、なんとなく繊細なイメージが似てるかもしれません。
わたくしは目つきが好きなんです。
狂気の役とかやったらすんごく恐そうだし。

写真写りはいまいちで、というか、いい写真が見つけられないんだけど・・・

dimさんはいつも上手に写真を見つけられますよね。どこで探しているのですか?
Posted by jester at 2008年03月05日 08:34
いやー,私もこの作品でクレア大っきらいになりましたので
もしかしたらjesterさんはわかってくださるかと思ってお邪魔しました。
般若のような彼女の顔もヒロインの柄じゃないと思いますが
演技も大根じゃないか!と今回初めて思ったのは
女優陣の中で,主演の彼女が一番下手に見えたから。
彼女に比べると,メイミー・ガマーは,美人ではないけど(ダイエットすればいいのに)
演技は上手かったと思います。
メリルのシーンだけは鳥肌ものでした〜。
Posted by なな at 2008年08月08日 00:12
ななさん、いらっしゃいませ〜 お返事遅れてごめんなさい!
ご訪問&コメントありがとうございます!うれしいです♪

>いやー,私もこの作品でクレア大っきらいになりましたので
もしかしたらjesterさんはわかってくださるかと思ってお邪魔しました。

ななさん、同感です〜
首を振り振り話すのがなんだかとっても気になって仕方なかったのであります。

>女優陣の中で,主演の彼女が一番下手に見えたから。

あ〜 そう感じられましたか〜
女優さんだけでなく、他の俳優さんがみんな結構演技達者ぞろいだった気がします。
だからこそ、彼女に注目してしまったのかも。

>メリルのシーンだけは鳥肌ものでした〜。

メリルはでてきただけで画面に花が飛ぶ感じがしました。
さすがです!
Posted by jester at 2008年09月04日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「いつか眠りにつく前に」
Excerpt: いや〜久々に(でもないけど)泣いた〜〜。 「うんうん、よーわかるわー」とめちゃめちゃ泣いた〜〜。 これは若い人とワタシらの年代の人との受ける印象がかなり違うかも知れないなあ・・・といい年したおばは..
Weblog: オバサンは熱しやすく涙もろい
Tracked: 2008-03-05 02:53

いつか眠りにつく前に
Excerpt: アン役ヴァネッサ・レッドグレーヴの娘役を実の娘ナターシャ・リチャードソンが、ライラ役メリル・ストリープの40年前を実の娘のメイミー・ガマーが演じ、二組の母娘共演を果たした本作。感動作だということだが・..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2008-03-09 10:46

「 いつか眠りにつく前に / EVENING (2008) 」
Excerpt: 【いつか眠りにつく前に 】2008年2月23日(土)公開 ..
Weblog: MoonDreamWorks★Fc2
Tracked: 2008-03-10 20:43

映画「いつか眠りにつく前に」
Excerpt: 原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、..
Weblog: 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜
Tracked: 2008-04-02 00:59

いつか眠りにつく前に
Excerpt: あなたが最期に呼ぶのは誰の名前ですか? あらすじ: 死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな..
Weblog: 虎猫の気まぐれシネマ日記
Tracked: 2008-08-08 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。