2008年03月12日

地上5センチの恋心  ODETTE TOULEMONDE

大好きな作家の作品を読んでいると、いつの間にか別世界へワープ。
体が軽くなって、ふわふわ浮いている気分♪

本じゃなくても、映画でも、舞台でも、コンサートでも。

そんな気持ちを持ったことがある人なら、きっとオデットに共感しちゃうでしょう。


『アメリ』のもっと大人版といった感じ。
全体にちりばめられたジョセフィン・ベイカーのアンティークな雰囲気の歌と楽しいミュージカルのような踊り。

とにかくハッピーに笑うことが出来ました揺れるハート

☆☆☆☆でした♪


全体的に品のいい笑いがちりばめられていて、気持ちよく笑えます。
脚本の流れにちょっと問題ありなんですが、jesterはもう2回も見てしまいました〜

見終わったあと、今まで生きてきてオデットのような浮遊感を味わったのは・・・
と指を折って数えてしまった。

数えているうちに、なんとなく胸の辺りがほんのり暖かい。
幸せの記憶って、つらくなった時にいつでも取り出してつかの間暖まることが出来る、人間が生きていくのにとても重要なツールなんですよね。



以下、映画の内容に触れています。未見の方、ご注意ください!!!


リゾート   リゾート   リゾート   


jester的爆笑ポイントがたくさん。
まず最初の、張り切っておしゃれしてお出かけの道すがら、行きつけの美容師さん(これは後で、誰かがわかってくるのだけれど)にあって、
「どう?わたし。正直に言って!」
「・・・・・結婚式にでる、姑みたいだ・・・」

うぷぷぷ。もうここで爆笑でした〜

それから、寝室の壁紙!
ハーレクインロマンスみたいに、夕日の中で抱き合うカップルのシルエット! ありえないでしょう・・・・

新刊のレビュー番組で、ライバルが散々にバルザンの本をけなすところも、もう、めちゃくちゃおかしくて、一人でケタケタ笑っちゃいました!

あとね、息子の15歳の時のシッポ付きパジャマもおかしかったな〜


キスマークオデット・トゥールモンド役のカトリーヌ・フロがとっても可愛かったです。

鑑賞した映画館の銀座シネ・スイッチではこの映画の前に「譜めくりの女」の予告が流れていて、その中ではエキセントリックなピアニストの役をやっているカトリーヌなんですけど、オデット役はほんとにフェミニンで素敵。

柔らかいカーディガンとタイトスカート、ストッキングにハイヒール。
アップにした髪形やらお化粧まで、jesterとは全く「別の種類の女」なんだけど、楽天的なその性格やらおっとりした表情が、
「ああ、男性からみたらこういう女性は憧れだろうなあ・・・」と素直に認めてしまう、いかにも癒し系なんです。
ゲーテじゃないけど「永遠に女性なるもの、我らを引きて 往かしむ」に納得。

そのファッションはなんか懐かしくなるようなものばかりだけど、それがまた新鮮だったりして。
特にモヘアの綺麗な水色のや、薄赤紫の、白いシンプルなものなど、この春はカーディガンを着たいな、と思いました。

しかし、カーディガンは可愛かったけど、その下にスリップ、という姿はベルギーでは部屋着なんでしょうか・・・・?
娘の彼氏が来たとき、え、その姿でいいの?と思ったけど、その後も、スリップで料理したり、来客があっても堂々とドアにでちゃうし・・・あせあせ(飛び散る汗)

日本ではすっかり着る人もいなくなったスリップですけど、考えてみると、ヨーロッパ映画ではいまだに時々見かけるような気もします。

最初に大好きな作家、バルザンのサイン会に行ったはいいけど、緊張しすぎて自分の名前も言えず・・・後で泣く、という気持ち、すんごくよくわかります!
(それにしては2回目以降は唐突にすらすらしゃべるので違和感がありましたが・・・)


リゾート画像も華美ではなく、シックな感じ。
楚々としたベルギーの海辺。
波打ち際に面した砂浜にロウソクをたくさん置いて、長いすに座りくつろぐ星空の夜。

ある一晩の家族の姿を天井からゆっくり撮ったり、デパートの販売員たちの帰宅風景を男性の目から追ったり、カメラワークもしゃれていました。


犬後はもうちょっとバルザン(アルベール・デュポンテル)がカッコよければいいんだけど・・・なんか情けないキャラクターの男なのよね・・・・
なんでオデットがあそこまで惚れるのかが伝わってこなかった・・・


でも息子のルディ(ファブリス・ミュルジア)がよかったので許す。

身長低めで、痩せてて、おしゃれで、優しくて、美容師で、ゲイ。
でもあんな息子が欲しいです。
まるで女友達みたいに一緒にいて楽しい息子です。

しかも踊りのシーンのバ○○の腰ミノ・・・・笑いました〜!


クリスマス脇役も癖ありな人がたくさん登場します。

アパートの向かいの部屋に住む、筋トレマニアの夫婦。

恋人のドメスティクヴァイオレンスに悩む女の子。

それから謎の「イエス」という男。
オデットのアウターエゴという設定なんでしょうか。
水の上、歩いてたし??


猫しかし脚本は突然飛ぶところがあるのが残念。

オデットの同僚たちは突然全員一致して恐い人になるし・・・
どうしてバルザンは急にパリに帰ったか、それからどうして急に息子に会いに行き・・・etc.

登場人物の感情がご都合主義に突然変化したりするんですよね・・・
その辺をもうちょっと丁寧に書いて欲しかったな。

CGを使ってファンタジックになるシーンも、浮遊シーンはいいんだけど、お化粧道具なんかが踊る辺はちょっとリアルなシーンと上手く馴染めてない気もしました。

それとどうも字幕が良くなかった気がします。
字幕だけでは会話が追いきれないんですよね。
フランス語がわかったらもうちょっと深く判ったのかも。


犬「男がよそで遊ぶのをやめさせたかったら、犬を飼って鎖につないでおけばいいの」なんていうセリフには、「じゃあ男は性的モラルは犬と同じかい?」と突っ込みたくなったけど、
「みんな間違った場所で幸せを探す。幸せとは自分を受け入れること」
というとっても普遍的なメッセージはきっちり伝わった感じ。

「運命の人としか寝ないの。あなたはいつか通り過ぎる人」ときっちり胸を張るオデットは誇り高い女性で、そのメルヘンチックなフワフワキャラクターとは裏腹に、内面的にとても強いものを感じました。

突然踊りだす登場人物たちに「あれ?? インド映画・・・?」と既視感を感じつつ、「他人の幸せじゃなく、自分の幸せを生きなくちゃ黒ハート」と癒された1本でした♪



幸せを感じた時、たとえささやかなことでも、それを十二分に味わって、心にしっかりと刻み付けて、人生の冬に備えることにしましょう。

つらい吹雪の中でも、それをそっと取り出せば、凍死だけはしないですむように・・・・・




posted by jester at 10:08| Comment(8) | TrackBack(2) | た行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドモドモ〜〜〜ン♪

これぞカトリーヌ・フロの十八番!
ほわんほわんとした可愛いおばさんがとってもキュートでしたね〜
ジョセフィン・ベイカーの歌が流れだすとふるふるっと体を震わせ踊り出すシーンなんかは、もー可愛くって楽しくって堪りませんでした!!
ちょっとプチミュージカルっぽい感じもしましたよねん。

スリップはワタシもちょっとビックラしましたですよー!
日本じゃ、あ、あんまり見ないですよね・・・汗
(・・・何だか夜の商売の女性が家で休んでいる感じがしません?)
あちらではあれは普通なんでしょうかね?
そこに住んでいる人にちょっと聞いてみたいですよね。フフ

弟くん、良い子でしたねー!
最初は行きつけの美容院の知り合いかと思ったけれど・・・あの髪飾りには笑いました!
さりげにママをフォローしていたのもキュンとしたり♪

脚本はワタシもチラリ・・・と思いました。
終盤に掛けて、これで話が終結するのかな、と思ったらまた違う方向に展開して。
あの辺りはちょっと話が煩雑になったかな。
でもでも、フロの魅力全開で面白かったですよね!
彼女好きな俳優さんなのでこれからも頑張って欲しいです〜〜〜♪
Posted by Puff at 2008年03月13日 17:39
Puffさん、コメントうれしいです♪ 励みになりますです。ありがとうございます!

>ジョセフィン・ベイカーの歌が流れだすとふるふるっと体を震わせ踊り出すシーンなんかは、もー可愛くって楽しくって堪りませんでした!!

「ううう〜これには逆らえない!」ってお尻をふりふり。
楽しかったですね〜
見てて思わずいっしょにフリフリしたくなりましたもん。(殴

>スリップはワタシもちょっとビックラしましたですよー!
(・・・何だか夜の商売の女性が家で休んでいる感じがしません?)
あちらではあれは普通なんでしょうかね?

ねえ!
だってあこがれて口がもつれちゃうほどの人がファンレター読んで突然きたって言うのに、スリップ姿でどうどうと家に招き入れちゃうんだもん・・・・
「きゃあ!」ってあわてて着替えるのかと思いましたよ・・・

>弟くん、良い子でしたねー!
最初は行きつけの美容院の知り合いかと思ったけれど・・・あの髪飾りには笑いました!
さりげにママをフォローしていたのもキュンとしたり♪

そうそう、あとで「息子だったんだ!」と。あの腰みのみたいなの、わははは!と笑っちゃいました。
でも全然いやらしくないの。
ああいう息子、ほんとに欲しいです。

>終盤に掛けて、これで話が終結するのかな、と思ったらまた違う方向に展開して。
あの辺りはちょっと話が煩雑になったかな。

そうそう、あれ?なぜ突然?という展開がいくつかありましたね。
あの辺もうちょっと丁寧にたどって欲しかったです。

>でもでも、フロの魅力全開で面白かったですよね!
彼女好きな俳優さんなのでこれからも頑張って欲しいです〜〜〜♪

「譜読みの女」も楽しみです。
シネ・スイッチって、指定席どころか番号制ですらなくて、並ばなくちゃいけないのが嫌なんだけど、いい作品やってくれるんですよね〜
Posted by jester at 2008年03月13日 19:14
jesterさん,こんにちわ

この映画,一時,行こうかと思ったのですが,やはり,中年女性が主人公の映画は私には合わないだろうと思って止めたものです。それにしても,jesterさんは気に入られた映画は2回以上行かれるのですね。私の場合はそのようなことはなく,その後はDVD等と言うパターンです。

この映画に出てくる副主人公は男の小説家だと思うのですが,女性に受けている男の小説家の映画ではジャック・ニコルソンが出演していた「恋愛小説家」がありましたね。と言っても,あちらはその小説家の奇行が主題でしたが,こちらはその読者の方が主人公ですので,全く異なりますが。

さて,私は昨日(3/12),「シネカノン有楽町2丁目」にて「プライスレス」を観てきました。10時開始の初回でしたが,ここは水曜日は男女とも1000円と言うのに,観客は50名程で,内,男は私を含めてたった2名でした(苦笑) そして,帰りに会社に寄って(笑)仕事をしてきました。
Posted by matsumo at 2008年03月13日 19:17
matsumoさん、こちらにもコメントありがとうございます!うれしいです♪

>この映画,一時,行こうかと思ったのですが,やはり,中年女性が主人公の映画は私には合わないだろうと思って止めたものです。

そうですね〜
確かにmatsumoさん好みの女優さんはいなかったかもです。
それにシネ・スイッチ、レディスディということもありましたが、女性が多かったかも。

>それにしても,jesterさんは気に入られた映画は2回以上行かれるのですね。私の場合はそのようなことはなく,その後はDVD等と言うパターンです。

なんか大画面で見られるのもそうないと思うと、2〜3回見ることはありますです。
たぶん、暇人なんでしょうねえ・・・・

>ジャック・ニコルソンが出演していた「恋愛小説家」がありましたね。

ジャック・ニコルソンは時々目をそらしたくなることがあるのですが(殴)この映画は好きです♪

>「プライスレス」を観てきました。10時開始の初回でしたが,

オドレイ・トトゥ、どうでしたか?
私も行こうかなと思っているのですが。
そんなにすいているのですね〜

>ここは水曜日は男女とも1000円と言うのに,

最近水曜は誰でも1000円というところ、増えましたね。
あと、池袋のシネ・リーブルは、会員になると金曜日は誰でも1000円です。
入会金は要るけど、それもポイントで一回無料でチャラになるので、お得かもしれません。
ただし有楽町シネカノンと作品が被っていることも多いです。プライスレスもここでもやってます。

>観客は50名程で,内,男は私を含めてたった2名でした(苦笑) そして,帰りに会社に寄って(笑)仕事をしてきました。

ごくろうさまです〜〜♪
Posted by jester at 2008年03月13日 20:46
jesterさん、こんばんは!&初めまして!!rubiconeです、よろしくお願いします。

カトリーヌ・フロと「イブラヒムおじさんと・・」が大好きな私としてはやっぱり「はずせないっ!」と鼻息荒く出かけました(笑)とおっても、ふんわりして温かくて随所で笑えて・・・こういうコメディーにほんっと弱いんだなぁ〜、と再確認してしまいました。こんな素敵なおばさんでいたいわ〜☆

そうそう、私も予告編で「譜めくりの女」見て、思わず前売り買ってしまいましたよー!!
Posted by rubicone at 2008年03月13日 23:28
jesterさん,こんにちわ

トトゥは「ダ・ヴィンチ・コード」で初めて見た時は大柄な女優さんだなあと思ったのですが、この映画ではそうは感じず、やせた感じでした。

なるほど,有楽町のシネカノンと渋谷の映画館の計4館・8スクリーンの会員券なのですね。結構,使い出はありそうですね。私は一応,渋谷の映画館「シアター・イメージフォーラム」(ここは2スクリーンです)の会員になって5年位たつのですが,未だに年に2回位しか行っていません(笑) まあ,ここは継続年会費は1000円で,入場料ははシネカノンの会員価格よりは安い1000円ですので,1回観れば,ほとんど元は取れるのですが。
Posted by matsumo at 2008年03月14日 19:18
matsumoさん、いらっしゃいませ〜〜
またまたお返事ありがとうございます!

トトゥはアメリでそのかわいらしさに参ったのですが、ダヴィンチのときは髪型とやせすぎが気になりました・・・
スパニッシュ・アパートメントのときも端役でしたし・・・・

シネカノンのは結構使えそうと思って会員になりました。
シネリーブルもポイントが溜まればまた見られるし、と・・・・
というわけで映画館のポイント会員カードがどんどん増えます。
11月からのシャンテ・シネの会員も結構使えそうなので入っちゃおうかなと。
シャンテシネも見たい映画がかかるんですよ。
Posted by jester at 2008年03月15日 17:22
rubiconeさん、コメントうれしいです♪ 励みになりますです。ありがとうございます!
お返事遅くなってごめんなさい〜〜
こちらこそよろしくお願いします。

>とおっても、ふんわりして温かくて随所で笑えて・・・こういうコメディーにほんっと弱いんだなぁ〜、と再確認してしまいました。

そうなんですよ〜「俺たちフィギュアスケーター」みたいなコメディも笑えるんだけど、やっぱりこういうホンワカしたコメディが好きだな〜と思いました。

>こんな素敵なおばさんでいたいわ〜☆

私は逆立ちしても逆のタイプなんですが、彼女の楽天的さを見習おうと思いましただ〜

>そうそう、私も予告編で「譜めくりの女」見て、思わず前売り買ってしまいましたよー!!

わたし1回目の時、「あれ?さっきのトレーラーの??」と思いつつ、でも似てるけど別の人だったかも、などと思ってました。
2回目にきっちり名前を追って、「やっぱり同じ人じゃん!」と確認したんですよ。
ぜんぜん表情がちがいますよね〜
Posted by jester at 2008年03月15日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「地上5センチの恋心」
Excerpt: 公式サイト シネスイッチ銀座、公開4日目初回、シネスイッチ銀座1(273席) *********************************************************..
Weblog: Puff's Cinema Cafe Diary
Tracked: 2008-03-13 17:40

地上5センチの恋心
Excerpt:               *公式サイト 2006年/フランス・ベルギー/100分 原題:ODETTE TOULEMONDE 監督:エリック・=エマニュエル・シュミット 音楽:ニコラ・ピオヴァーニ ..
Weblog: la Casa del Lapiz:鉛筆庵
Tracked: 2008-03-13 23:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。