2008年03月22日

ペネロピ PENELOPE

「生きる」ことの意味の一つが「幸せさがし」だとしたら、この映画にヒントがあるかもしれません。


トレーラーを見たときは「クリスティーナ・リッチの鼻が・・・絶対見たくないかも」あせあせ(飛び散る汗)とおもったのですが、マカヴォイさん@タムナスさんに釣られて見に行ったら大正解でした。

☆☆☆☆+でした!!


『女性版・シザーハンズ』ともいえるかもしれないシュールな世界。

『アメリ』でその魔法にかかった人はこの映画も気に入るかもしれません。


素直にありのままの自分を受容することは難しい。

自分を縛る数々の「思い込み」を捨てた時、フッと楽になって人間は自由に歩けるようになる。

そんな事をお説教臭くなく伝えてくれる「現代の寓話」です。


まずは俳優さんたちの話題から。

ぴかぴか(新しい)ジェームズ・マカヴォイさんは躍進著しいです!
ひげも剃らずにシャツもよれよれで、何日もシャワー浴びてないでしょう、という飄々とした感じが『マックス』役にぴったりでした〜

『ウィンブルドン』でベタニさんの弟役のときからいい味出してましたが・・・・
ラストキング・オブ・スコットランド
では、「タムナスさん役を経てここまで伸びるとは!」と驚かされた熱演でした。

それにしても「名脇役」なのかな、と思ってましたが、この映画をみて認識を新たに致しました。
主役でも集客力が期待できますわ〜〜
この映画でも挫折を経て哀愁を帯びた『駄目男』の演技がよかったです♪

キーラとの共演の『つぐない』も最近よく劇場でトレーラーがかかるんですけど、ちょこっとはいる彼のセリフの
「I will return, I will find you・・・」
の短い中にもしっかり訛ってる(爆)マカヴォイさんのスコットランド英語が切なくて、今からとっても楽しみです!


猫「豚バナのクリスチーナ・リッチなんか見たくない」とトレーラーを見たときは思いましたが、実際みたら、覚悟を決めていたせいかそれほど気になりませんでした。

ちょっと気持ち悪いぐらいのメイクがちょうど良いのです。
彼女は目に力がある女優さんなので、目の演技だけで細かい心理がよくわかるし、「この鼻さえ普通になれば・・・・」という気持ちが見ている人の中にも強く沸いてくるんですよね♪
わりと癖の強い役をこなしてきたけれど、今までクリスティーナ・リッチが演じた役の中では一番素直に共感できる役柄だったかも。黒ハート

I like myself the way I am!

こんな簡単なことなんですよね。


ぴかぴか(新しい)それと、情けない大金持ち男、エドワードを演じたサイモン・ウッズ。

どっかで見た顔だ〜〜と思っていたら、映画のほうの『プライドと偏見』でミスター・ピングリーだった人でした!

テレビシリーズの『Elizabeth1』とか、『Roma』にもでてるんですね〜
(『Roma』はまだ第1話しか見てませんが、楽しみにしているシリーズです♪)

↑の写真だと、爆笑問題の太田かという感じですが、

なんかうつむき加減になるとポール・ベタニにもちょとにてませんか?

役を選べば、いい役者さんになるかも。
目の色の美しさとか、線の細さとか結構気になる注目株です♪


猫それと、もう一人の「誰だっけ、このひと??」は、マックスのお気に入りのバーのバーテンの人。
ジャン・レノ似の渋い彼、どこかで見たけど・・・と思って調べてビックリ。
この写真は良くないけど、『ハンニバル・ライジング』の時のハンニバルのお父様でした!
(相変わらず画像さがしの下手なjesterです・・・どこにいけばいい画像が見つかるのかなあ・・・)

あわててDVDで確認してみたけど、う〜〜ん、そうだったの?
ハンニバル父はちょっとロンゲ気味でひげがないせいで、ジャン・レノ風味はありません。
髪型とおひげでずいぶんイメージが変わる人なんですね〜〜

『ハリポタと不死鳥の騎士団』でもAurorの一人の Dawlishの役で出てるんですよ。
これもDVDで確認して見たんですが、最後のシーンで大臣の後ろに背広着てでてくる?? 
どうもあの辺は(はなぺちゃVoldemortを別にしても)(というかVoldemortはレイフの素顔で画像脳内変換しているので結構忙しい)見るべき人が多いので、注意してても他に気をとられちゃうのよね。今度落ち着いて確認してみよっと。

そのほかにも今まで見た映画にたくさん出ているのですが、今まではあまり気にとまりませんでした。
今回の髪型とおひげ、精悍でとってもカッコよかったので、今後はこの線でせめて欲しいです。


犬あと、今回は製作も担当している メラニー リース・ウィザースプーン(「メラニーは行く!」の嫌な女の印象がいまだにこびりついている・・・・)のしゃくれあごも、今回はヘルメットのおかげか(爆)気にならずに見られました。


クリスマス独特の映像の世界に酔いしれる101分。

ストーリーは、ペネロペの事だけに搾って、マックスのピアノ云々にはあまり深くタッチしないほうが良かったかも?
狙いはわかるんですが、かえって散漫になった気もします。(その辺が☆5個にならなかった理由です。)

ペネロペの母親は、明暗ともに気持ちが分かるだけにとても痛くて、最後の口パクパクは笑いながらもちくちく来ました。


それにしても、単なるロマンチックなラブコメかな?と思っていたら、それとは違う、大切なメッセージが伝わってきて、見終わったあとジ〜〜ンときてしまう秀作でございました。黒ハート



posted by jester at 10:13| Comment(26) | TrackBack(11) | は行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おあうううう〜〜
ご覧になったのねええええ〜〜いいにゃ〜〜
こっちは来月です。。。
マカヴォイさん目当てで以前から海外公式サイトなどをチェックしていたのですが、色彩、小道具、ストーリーまでかわいくて怪しげで良さそう〜♪
Jesterさんが秀作と思われたなら、ますます期待〜♪

>ひげも剃らずにシャツもよれよれで、何日もシャワー浴びてないでしょう、という飄々とした感じ

読んでるだけでウレシクって床をごろごろしたい!

「ウィンブルドン」は今考えるとベタニ&ニコライだけぢゃなく、マカヴォイさんもご出演の奇跡のような作品ですわ。
そのときは、スケベで性格歪んでそうなコイツ(爆)がタムナスさんをやるのか〜?と一抹の不安を覚えましたが。
でも、実際、ナルニアが公開されたら別人というか別フォーンのマカヴォイさん、らぶりーでありましたね〜〜♪
「ラスト・キング〜」あたりからは、もう恋煩い状態です〜〜(爆)
最近は「Wanted」のなんぢゃこりゃ、ありえん〜のトレイラーを観ながらもぐふぐふ♪
Posted by DD at 2008年03月22日 14:58
これ、一般の映画館ではやっていませんよね?
とっても心惹かれてます!
すっごく見たいのですが、近場では無理みたいです。
あ、ちょっと電車を乗り換えればいいだけか?!
Posted by igu at 2008年03月22日 21:32
すみません、ぜんぜんこの映画には関係ないのですが、『ホビットの冒険』が映画化って知っていましたか?
監督はギレルモ・デル・トロって方らしいです。製作総指揮にピーター・ジャクソンさんなんで多分大丈夫と思うので、早く見て見たいです!

じゃあね
Posted by こり at 2008年03月22日 22:42
サイモン・ウッズで反応してしまいました(笑)
『ROME』はWOWOWで本放送中も、年末の再放送もまた観ちゃったほどのファンでしたから。 後半から重要な役で登場しますが私もP・ベタニーに似てるよな〜弟?なんてずっと思っていながら観てたんですよ〜(^^) で、調べたら「Mr.ビングリーぃぃ〜!?」で、もう1回「プライド〜」観てあんまりにもの影の薄さにオドロキ。。「ROME」でのあの冷酷無比な男とは別人ですー 役者って凄いですね^^
マカヴォイ君も売れてますね〜
私もこの映画、クリスティーナの鼻で勝手にスルーを決めこんでたんですけど、jesterさんの感想読んだらちょっと観てみたくなりましたわ♪
Posted by マダムS at 2008年03月23日 09:19
DDさん、いらっしゃいませ〜 
いつもご訪問ありがとうございます! コメントうれしいです♪

見てきましたよ〜〜〜

>こっちは来月です。。。

来月ですか〜待ち遠しいですね・・・

>色彩、小道具、ストーリーまでかわいくて怪しげで良さそう〜♪

そうそう、女の子の部屋がまたなんともいえない雰囲気なんでございます。他の俳優さんも摩訶不思議な雰囲気もあり・・・
どうぞお楽しみに♪

>読んでるだけでウレシクって床をごろごろしたい!

ええ、ええ、やっぱりいい男は汚れて何ぼですからね〜(それはわたしだけか)
「つぐない」のトレーラーのマカヴォイさんは制服着てすごく綺麗そうですが、こっちはいい具合に汚れてて、それが他のお婿候補の男性と比べてまたぜんぜん雰囲気が違うのでいいんですよ♪

>「ウィンブルドン」は今考えるとベタニ&ニコライだけぢゃなく、マカヴォイさんもご出演の奇跡のような作品ですわ。

本とですね〜
あの時は、ベタニ&ニコライのカップル(?)ばかりに目が行きましたが、マカヴォイさんも自転車のってがんばってましたよね♪
作品自体も大好きだったからまた見直したくなりました。
しかし今一瞬ですけど、ベタニの相手役って誰だっけと考え込んでしまった。(爆)

>でも、実際、ナルニアが公開されたら別人というか別フォーンのマカヴォイさん、らぶりーでありましたね〜〜♪
「ラスト・キング〜」あたりからは、もう恋煩い状態です〜〜(爆)

『ラストキング』を見た後にナルニアなんかをみると、またあのフォーンのかわゆさが際立つんですよ!
この作品然りです。やっぱり『ウィンブルドン』みなくちゃ。

>最近は「Wanted」のなんぢゃこりゃ、ありえん〜のトレイラーを観ながらもぐふぐふ♪

おお! 早速見にいってきます!!だだだ〜(と走り去る)
Posted by jester at 2008年03月23日 10:28
iguさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問ありがとうございます! コメントしてくださってうれしいです♪

この映画、なかなか良かったですよ♪

>すっごく見たいのですが、近場では無理みたいです。
あ、ちょっと電車を乗り換えればいいだけか?!

わたしはテアトルタイムズスクエアで見ました。新宿ではここが一番好きです。
練馬で乗り換え、もしくは池袋乗換えです〜(爆)

こういうのも豊島園でやってくれれば良いのにねえ・・・
あそこはいまいちかかるのが子供向けですわ。
ま、以前ホテルルワンダとかウィンブルドンはやってくれたから、これからに期待しよう。
Posted by jester at 2008年03月23日 10:33
こりさん、いらっしゃいませ〜 いつもご訪問ありがとうございます! 情報うれしいです♪

>すみません、ぜんぜんこの映画には関係ないのですが、『ホビットの冒険』が映画化って知っていましたか?

関係なくても嬉しいですわ〜〜
わたしがロードファンだとご存知で教えてくださったんですよね♪
ありがとうございます!

『ホビット』の映画化はなんと携帯のポップアップニュースにまで流れたので(「それほど大事なのか?」なんて思いましたが)、しっておりました。

監督のギレルモ・デル・トロは「パンズ・ラビリンス』の人です♪
なのでかなりダークな雰囲気になるのかもとおもいますが、もともと原作は子供向けで、指輪より御伽噺っぽいので、どういう風に料理するのか、楽しみです。

ファンはもちろん指輪の流れを期待してますもんねえ。
ガン爺はサー・イアンがなさるのか、ビルボは・・・っていろいろ考えちゃいます♪

またいろいろ教えてくださいね♪
Posted by jester at 2008年03月23日 10:41
jesterさんこんにちは♪
この映画を観た夜に、初めてタムナスさんを観る気になり、
ナルニアを観賞してみたんですが、昼間に築いたイメージがガラガラと崩れ落ちました。
豚鼻どころのはなしじゃありませんね。人間じゃないですもん。
どうやら観る順番間違えたようです(笑)『つぐない』で修正できるとよいのですが。

サイモン・ウッズ。
いいですよね。サイモン・ウッズ。
ROMEはまさに狂気の色が滲んだ目ですので、ゼヒゼヒご覧下さいませ☆
Posted by さち at 2008年03月23日 10:46
きゃあああ〜〜マダム〜!
お元気でしたか!
お忙しいのですよね〜
ご訪問ありがとうございます! コメントしてくださってうれしいです♪

>サイモン・ウッズで反応してしまいました(笑)
『ROME』はWOWOWで本放送中も、年末の再放送もまた観ちゃったほどのファンでしたから。

おお!マダムも『ROME』ファンなんですね!
WOWOWでは早くも再放送かあ・・・うらやましい。
うちで見られるのはいつかしら。

>後半から重要な役で登場しますが私もP・ベタニーに似てるよな〜弟?なんてずっと思っていながら観てたんですよ〜(^^) で、調べたら「Mr.ビングリーぃぃ〜!?」で、もう1回「プライド〜」観てあんまりにもの影の薄さにオドロキ。

Mr.ビングリーはテレビシリーズの人が印象強かったけど、わたしは映画のほうの彼も結構目の辺とか印象に残っていたのです。
それで「どこかでみた!」と映画を見ている間もだえ苦しんでいたのですが・・・

「ROME」では冷酷無比な男なんですね〜
うぐぐ、楽しみだ!

>私もこの映画、クリスティーナの鼻で勝手にスルーを決めこんでたんですけど、

あ、おなじです!
でもでももしかしたらマダムお気にめすかも。
お時間があったらお出かけください♪
Posted by jester at 2008年03月23日 10:46
jesterさん、こんにちは。
ジェームズ・マカヴォイったら、に急上昇ですよねー。
この役はホントによかったです♪
つぐないも楽しみだし、「デイ・ウォッチ」の監督が撮るアクション作品も楽しみだったりします。
Posted by かえる at 2008年03月23日 11:20
かえるさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問ありがとうございます! コメントしてくださってうれしいです♪

>ジェームズ・マカヴォイったら、に急上昇ですよねー。

なんか初期の頃から飄々としてて、2枚目路線じゃないと思ってたのに、実は2枚目だったのね〜とこの作品で悟りました。

>つぐないも楽しみだし、「デイ・ウォッチ」の監督が撮るアクション作品も楽しみだったりします。

きゃあ〜〜
今ちょうど、Wantedのトレーラーを見てきたところです!
アンジ―姉さんにマカヴォイさんいぢめられてました〜〜
Posted by jester at 2008年03月23日 12:02
さちさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問ありがとうございます! うれしいです♪

>この映画を観た夜に、初めてタムナスさんを観る気になり、ナルニアを観賞してみたんですが、昼間に築いたイメージがガラガラと崩れ落ちました。
豚鼻どころのはなしじゃありませんね。人間じゃないですもん。

わははは! フォーンですもんね〜。
わたしはあの家に入る前の後ろ足をたとたとたと・・・と踏み鳴らすところが好きなのでございます♪

>どうやら観る順番間違えたようです(笑)『つぐない』で修正できるとよいのですが。

「ラストキング・オブ・スコットランド」はご覧になってませんでしたっけ?
あれで「つぐない」の前に修正できるかもです。

>サイモン・ウッズ。
いいですよね。サイモン・ウッズ。
ROMEはまさに狂気の色が滲んだ目ですので、ゼヒゼヒご覧下さいませ☆

FOXかAXNでやるのを待とうかと思ってましたが、サイモン・ウッズの狂気の色があの薄い色の瞳に?? うう〜〜みたいです!
こりゃあDVDゲットしなくちゃだめかしら?
まあ、昨日、さちさんのところで読まさせていただいた時に既にそう思っておりましたが!
Posted by jester at 2008年03月23日 12:12
こんばんは。

これはマカヴォイのための映画でしたね(きっぱり)。
というより、自分がマカヴォイしか見ていなかったというだけのことなんですが(笑)。
もう前の晩に飲んだ酒の匂いが漂ってきそうな、あのよれよれ具合が、あの線の細さが・・・そしてあの全てを吸い込んでしまいそうな青い目が乙女心をぐわしと掴みましたわ。

でもいっくら性格がいい女性だったとしても現実にあんな鼻をもっていたら「結婚したい!!」と思う殿方はいないでしょうねえ。
美女と野獣もそうだけど、そこんとこがおとぎ話っぽいですよね。

自分としては、母親の気持ちが一番よく描かれていたと思う。
jesterさんがおっしゃるとおり「明暗ともに気持ちが分かるだけにとても痛くて」でした。
Posted by dim at 2008年03月23日 21:21
dimさん、いらっしゃいませ! いつもご訪問、ありがとうございます!

>これはマカヴォイのための映画でしたね(きっぱり)。
というより、自分がマカヴォイしか見ていなかったというだけのことなんですが(笑)。

わはははは〜
確かにマカヴォイさんは「見る価値あり」でしたね!

>もう前の晩に飲んだ酒の匂いが漂ってきそうな、あのよれよれ具合が、あの線の細さが・・・そしてあの全てを吸い込んでしまいそうな青い目が乙女心をぐわしと掴みましたわ。

ああ〜〜そうなんですよ〜
なんて汚いのが似合う美しさなんでしょうね〜
「つぐない」ではぴかぴかのタキシードやら制服姿でぼろぼろ、も見られるみたいでとっても楽しみです♪

>でもいっくら性格がいい女性だったとしても現実にあんな鼻をもっていたら「結婚したい!!」と思う殿方はいないでしょうねえ。
美女と野獣もそうだけど、そこんとこがおとぎ話っぽいですよね。

そうなんでしょうかねえ〜
私なんぞは毎日猫に「結婚して!」と申し込んでおりますので、相手が野獣でも豚バナでも一端ほれ込んだらいけるかもしれませんわ。(殴
豚バナはまあ置いといて、猫耳とかシッポありぐらいなら・・・・


Posted by jester at 2008年03月24日 08:15
こんばんは。
TBとコメントをありがとうございました。
『ペネロピ』のキャストの詳細を見て、色々ビックリです。マカヴォイはタムナスさんだったんですね!あの美貌があんな風になるとは…。『つぐない』でも出演なんですね。これは楽しみです!
サイモン・ウッズも『プライドと偏見』の人でしたか…。
リッチとキャサリン・オハラ以外は知らない役者さんばかりだと思って観ていました(笑)。
この映画のテーマ、良いですよね。
自分を好きになること、本当に大切なメッセージだと思いました。
それでは、またおじゃまさせて貰います♪
Posted by リュカ at 2008年03月24日 21:23
リュカさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>『つぐない』でも出演なんですね。これは楽しみです!

『つぐない』のトレーラーはほとんど毎日のように拝んでいるので(爆)ほとんど映画の内容はわかってしまいましたが、楽しみにしてます。
「綺麗なマカヴォイさんは好きですか?」にトライです♪

>サイモン・ウッズも『プライドと偏見』の人でしたか…。

どこかで見た人だ!と思ったんですよね。
映画を見ていて「この人誰だっけ???」と必死で考えて、あの人だ!!!って思い出したときって快感なんですよ♪
サイモン・ウッズは目が印象的で、彼のビングリーさんは結構覚えていました。

>自分を好きになること、本当に大切なメッセージだと思いました。

捨てるものがないと、自分を本気で好きになれないんですよね。
ちょっとした悟りじゃないでしょうか。

>それでは、またおじゃまさせて貰います♪

こちらこそ、またお邪魔させてくださいね〜!
Posted by jester at 2008年03月25日 07:44
jesterさま

こんにちは。
最近、マメに観る様に(作品)なったせいかこの作品のよさは後でジワジワって気がしています。

>単なるロマンチックなラブコメかな?と思っていたら、それとは違う、大切なメッセージが伝わってきて、見終わったあとジ〜〜ンときてしまう秀作でございました。

まさに…だからだと思います。

Posted by moriyuh at 2008年03月27日 11:09
moriyuhさん、いらっしゃいませ!
コメントありがとうございます〜

moriyuhさんは「あとからじわじわ」だったのですね〜
私はけっこうあの「I like myself the way I am!」の叫びでじわ〜〜っときてしまいました。

ラブコメの部分はなくして、すっきりしたつくりにしてもかえってよかったのかも知れません。
マカヴォイさんが見られたのはうれしかったけど、はっきりいって彼がいなくても、ペネロピは「自分をありのままに愛すること」がわかったんじゃないかって思えますもん。
Posted by jester at 2008年03月27日 16:37
こにちは。大変遅くなってすみませぬ;
春休み、早く終ってほしい。泣
映画もほとんどおうちで見てますの。
…ででで、本作はスルーしなくてよかったですねえ。私、この頃気合が入っていなくて、さっさと見に行かないのですが、この作品は結構早い時期に見に行きましたです。もっともレビューを載せるのが遅くなってしまったのですが;
マガヴォイくんのへたっぴな演奏と歌が大好きになりました。爆
それと、えええ、あのマスターは、はんにばーのぱぱ?かっこええっ〜と私はひとり萌えていたのですが;私もストローでビールのみたい。笑

私も何気にコンプレックスあったんで、ペネロピちゃんに共感しまくりだった感じです。でもママも気持ちもわかるわ…ってな事で、本作はマイベスト上位浮上〜♪

Posted by シャーロット at 2008年04月06日 09:41
シャーロットさん、いらっしゃいませ〜 ご訪問うれしいです♪

>春休み、早く終ってほしい。泣
映画もほとんどおうちで見てますの。

シャーロットさんは、お子様がまだ小さいのでしたっけ? それだと春休みなどのお休みはなかなかでられませんよね。
ま、それはそれで今だけの幸せですしね。(子ども巣立ち中です・・・)

映画館もこの時期シネコンはおこちゃまでいっぱいです。ま、見る映画が違うので、ロビーですれ違うだけですが、かかってる映画もおこちゃま向けが多いので、見たい作品が夜遅くだけになったり、全部吹き替えになっちゃったり、悩み深い日々ですね・・・・

>…ででで、本作はスルーしなくてよかったですねえ。

ほんとです!トレーラー見てたときは、「どっしよかな〜 リッチの豚バナ見たくないし」と思ってましたが。

>マガヴォイくんのへたっぴな演奏と歌が大好きになりました。爆

わははは! そっか、あの『上手い』ほうの演奏も、プロから見ればヘタクソ? 吹き替えになってなかったんですね?

>それと、えええ、あのマスターは、はんにばーのぱぱ?かっこええっ〜と私はひとり萌えていたのですが;

ねえ!!カッコよかったですよね!!
最初にビールを床に落とすところで、怒るかと思ったら、にっこり次のをくれるところで惚れました。その後もずっとリースと2ショットでも彼のほうばかり見てました!
はんにばーのパパの時はそれほどカッコよくなかったけど・・・

>本作はマイベスト上位浮上〜♪

私もかなり〜〜上位だと思います♪
Posted by jester at 2008年04月07日 07:41
こんばんは♪
昨夜、やっとこさ観てまいりました〜。
ホント、摩訶不思議な雰囲気が楽しかったです〜。
居ても立っても居られなくなり、無理してレイトショーに行ったのですが・・・ああ、劇場で観られて良かった♪と神様に感謝です。
帰り道、頭の中でマカヴォイさんがぐるぐるしてて、うふふ、あはは〜とフワフワ浮いてる気分で立体駐車場までたどり着いたら・・・営業時間が終わっててシャッターが閉まっていました。。。涙滂沱
Posted by DD at 2008年04月16日 00:49
DDさん、コメントありがとうございます!お待ちしてましたよん!嬉しいですわ♪

>ホント、摩訶不思議な雰囲気が楽しかったです〜。

わ〜〜DDさんも気に入られたのですね!
嬉しいです!
あの独特の雰囲気、いいですよね!
ちょっと「キス☆キス☆バンバン」のずっと閉じこもってた男の人の部屋とかと雰囲気が似てたような気がしました。
親の愛があふれた牢獄というか・・・
あの男の人もそうだったけど、外にでられて自由になった素直な喜びみたいのが心地よかったですよね。

>ああ、劇場で観られて良かった♪と神様に感謝です。

ああ、DDさんが劇場で見られてよかったです!
お忙しいでしょうに、見られてほんとにラッキーでしたね!jesterも嬉しい♪
こちらでは4月の26日までやってるんですよね〜
にきびで鼻が赤いことがすごいコンプレックスで悩んでいる娘(爆)を連れて、もう一回行きたいと思ってます♪

>帰り道、頭の中でマカヴォイさんがぐるぐるしてて、うふふ、あはは〜と

きゃああ! DDさん、あぶないっすよ!
でもなんか見終わったあとの後味が良くて、ふわふわしちゃう感じ、よくわかります♪

>・・営業時間が終わっててシャッターが閉まっていました。。。涙滂沱

え・・・・どうやって帰ったの??
あるいて?タクシー?
まさかシャッターをこじ開けて・・・(殴
Posted by jester at 2008年04月16日 11:33
>ちょっと「キス☆キス☆バンバン」のずっと閉じこもってた男の人の部屋とかと雰囲気が似てたような気がしました。
>親の愛があふれた牢獄というか・・・

ひゃ〜、なるほど、さすがjesterさん!
ワタシ、あの映画のベタニのルックスも性格も大好きなのに思い浮かばなかったです。
自分で「守護天使」なんていうベタニがおかしくて、かっこかわいくて♪
でも、ババ役がとても良かっただけに、クリス・ペンの訃報を知ったときはショックでした。

どうやって帰ったかについては、3年くらい経ったら、こそっとお話しますね・・・?(爆)
Posted by DD at 2008年04月16日 23:21
DDさん♪

>どうやって帰ったかについては、3年くらい経ったら、こそっとお話しますね・・・?(爆)

まさかヒッチャー??(殴

>ババ役がとても良かっただけに、クリス・ペンの訃報

そうそう、ババって言う名前でしたっけ。
クリス・ペンっておととしぐらいでしたっけ、亡くなったのでしたね。
たしか心臓病と薬・・?
(メタボもあったかも・・・)
あの天真爛漫なババがなんともいえなかったですね。
もちろんベタニも、「早く味方だっていえよ〜〜」と突っ込みながら、もだえてました♪
しかもステランさんも「をいをい」といいたくなるほど可愛かったし〜〜
男の可愛さが満載の映画でございました♪
Posted by jester at 2008年04月17日 07:44
エドワードを演じたサイモン・ウッズ。
『プライドと偏見』でミスター・ピングリーだったのですかぁ^^^!!
…全然違う(爆)
私も画像探していて、「大田やん!!」と思いましたぁ〜(爆)

マカちゃん、すんごく良かったです♪
もう萌え萌え(笑)
リッチも可愛かったし、ストーリーも映像も暖かみがあって良かったですね!
私もお気に入りの作品になりました♪
Posted by オリーブリー at 2008年06月17日 15:07
オリーブリーさん、いらっしゃいませ! ご訪問、ありがとうございます!

>エドワードを演じたサイモン・ウッズ。
『プライドと偏見』でミスター・ピングリーだったのですかぁ^^^!!

そうなんですよ!
ピングリさんのときも目が印象的だったんですけど〜

>私も画像探していて、「大田やん!!」と思いましたぁ〜(爆)

わはははは!
そうなんですよね!

>マカちゃん、すんごく良かったです♪
もう萌え萌え(笑)

もう夫決定です(意味不明
「つぐない」も良かったし、いい役者さんですよね〜
今度はアンジーとの共演ですね〜

>リッチも可愛かったし、ストーリーも映像も暖かみがあって良かったですね!
私もお気に入りの作品になりました♪

わたしもお気に入りです!
DVDは買いですわ♪
Posted by jester at 2008年06月18日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ペネロピ』
Excerpt: キュートでラブリーな女の子映画。 裕福な名家ウィルハーン家の娘ペネロピは、先祖にかけられた呪いによって、ブタの鼻で生まれてきた。ブタ鼻で生まれてきた女の子をありのままで好きになってくれる王子様が..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2008-03-23 11:08

押切もえ!モデルになる前に出たAV?出演画像流出!!
Excerpt: 押切もえ(27)といえば今を時めくトップモデル。まだ『読者モデル』という言葉がな
Weblog: 押切もえ!モデルになる前に出たAV?出演画像流出!!
Tracked: 2008-03-24 16:02

ペネロピ を観ました。
Excerpt: 時間がぴったりだったのと、観るのなら軽いのがいいなぁって…
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2008-03-24 16:40

ペネロピ
Excerpt: 2006年 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ    ジェームズ・マカヴォイ    キャサリン・オハラ    リチャード・E・グラント    リース・..
Weblog: 菫色映画
Tracked: 2008-03-24 21:28

ペネロピ
Excerpt: ありのままに・・・
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2008-04-06 09:43

『ペネロピ』
Excerpt: 新宿のタカシマヤテアトルタイムズスクエアで『ペネロピ』を観てきました。 お話は先祖がかけられた呪いによってブタの鼻と耳をもって生まれた名家の女の子がヒロイン。 自分の娘が異形であることにショッ..
Weblog: cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー
Tracked: 2008-04-19 00:23

大人の魅力黒木瞳の濡れ場 動画 画像♪
Excerpt: 大人の魅力黒木瞳の濡れ場動画像♪ 黒木瞳が、見せる濡れ場が、見たい♪動画、画像で
Weblog: 妖艶 大人の魅力黒木瞳の濡れ場動画&画像♪
Tracked: 2008-04-19 19:23

ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!!
Excerpt:   顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2008-05-10 23:13

ペネロピ
Excerpt: イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、 先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2008-06-17 14:49

むかしむかしあるところに
Excerpt: 「ウォンテッド」を観て「つぐない」を観た。ジェームズ・マカヴォイ祭りを続行するならば、これを観なければならないと云うことで「ペネロピ」を観た。 「つぐない」については近く記事を更新するつもり。 名..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-11-03 23:52

ペネロピ
Excerpt: 「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-01-15 19:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。