2005年11月08日

ヴェニスの商人 その1

1000367_02.jpg 
ヴェニスの商人というと思い出すのは浅利慶太さんが演出した、日下武史さんのシャイロックです。
舞台の真ん中にひざまずいた日下シャイロックが判決に「なぜ・・・・・」と腕を広げると、そこにスポットライト。

日下さんの頬を伝う一筋の涙・・・・・

浅利慶太氏の「私には、どうしてもシャイロックが悪者に思えない」という言葉。
受難者としてのシャイロック。

ショックを受け、感激しました・・・・・

それまでの、ヴェニスの商人はどんでん返しの面白おかしい劇、シャイロックは醜くて背を曲げた悪役、という概念を根底から覆され、シャイロック側からの視点、ものすごく感情移入しました。

あの劇を見てから、何年経ったでしょう?


今回の映画化は、jesterのAlways Best Movieのひとつ、『イル・ポスティーノ』のマイケル・ラドフォードが監督だし、アル・パチーノがシャイロック。
その上ジェレミー・アイアンズがアントーニオということで、かなり期待してみたのです。


まず最初のシーンでやられました・・・・・。


真っ暗な画面に白い文字。そのバックに チャプチャプチャプ・・・・  と静かな波音が聞こえるのです。
もう一気に心はワープ。
venis.jpg 

 
Ciao! Venezia! !



舞台劇でみるのでなく、実写で見るということは、ヴェニスの商人が本当に「ヴェニス」で暮らしているのを見られるって事なんですよね〜

まさにこれが実写映画の醍醐味!

マイケル・ラドフォードは脚本を書くとき、ヴェニスに移り住んで書いたらしいけれど、あのリアリティはさもありなんという感じです。
監督の愛情を感じました。

愛だよな、やっぱり・・・


しかも、古楽器の哀愁を帯びた、ちょっとオリエンタルな音楽の素晴らしいこと!


大げさすぎず、しかし盛り上げるところはしっかり盛り上げて、たっぷり音楽を使ってます。
そして、それだけでなく、鳥の声、水音など自然音も効果的に使い、音響が秀逸です。

台詞は多少の変化はあるにしろ、シェークスピアの美しい英語がきちんと踏襲されていて、耳に心地よかったです。

そういえば、昔、英語劇で、ポーシャの役をやったことがあるのを思い出しました。(爆)「mercy」って単語の発音が難しかったなあ〜〜


そして、セピアがかった画像に、16世紀のヴェニスの町が美しくよみがえります。

ヴェニスって現実にも不思議な町なんですよ。
普通観光地って、歩いていると「セットからでちゃったな」みたいに現代のリアリティに引き戻されちゃうけれど、ヴェニスは歩いても歩いても『ヴェニス』なの。

水路と石造りの家と小さな広場、階段、教会・・・・
しかも何世紀も前のヴェニスのまま! 

家族Bと2人で夏中イタリアをふらふらスケッチ旅行したことがあるんですが、ヴェニスでは私が熱を出して1週間ぐらい寝込んじゃって、まだ小学生だった家族Bが必死に看病してくれたんですよね。

適当にネットで予約してたサンマルコの近くの安ホテルが最悪で、フロントに怒鳴り込んで部屋を替えさせたのもヴェニス。
そのホテルで家族Bが朝ごはんのパンをくすねて、毎朝サンマルコ広場で鳩に餌付けしてたのもヴェニス。
洗濯物をベットサイドのヴェネチアングラスのランプに引っ掛けて乾かしてたら、こげてくっついちゃって、焦りまくったヴェニス。
教会の階段に座り込んで、お昼のパニーニ食べてて、差し歯がぬけちゃったのもヴェニス。
何回もヴァポレット(船のミニバス)に乗り間違えて、全然違う島にいっちゃったり、逆回りのに乗っちゃったりして、最後は列車に乗り遅れそうになって走ったヴェニス・・・・。

・・・・ああ懐かしい。(爆)



閑話休題。(殴

この映画では、仮面をつけて歩いている人や娼婦まで、怪しく「ヴェニス」してるんですよ。
もう完全にタイムマシンです。

衣装も、小道具も、作り手の才能と入れ込み度が感じられて心地よかったです!


わ〜〜 書きたいことが一杯ありすぎで、1回で書ききれない。
これも続くになってしまいました。(ディジーのあらすじも続くなのに・・・・)
ごめんなさい・・・・・・というわけで、           続く。


posted by jester at 08:48| Comment(18) | TrackBack(10) | あ行の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、TB&コメントありがとうございました。

>仮面をつけて歩いている人や娼婦まで、怪しく「ヴェニス」してるんですよ。

これ同感です。ビックリしたのは娼婦がおっぱいポロリしている姿でしたが(笑)

本だけでは感じなかったシャイロックのユダヤ人としての悲哀をアル・パチーノがとても上手く演じていたのが印象的でした。
Posted by 更紗 at 2005年11月08日 09:14
更紗さん、コメントありがとうございます。

そうそう、あの娼婦、ちょっとでてきすぎでどきどきしましたね。かなり退廃的な感じでした。

確かにアルパチーノは上手ですよね!
俳優編を「その2」で書こうと思っています。
Posted by jester at 2005年11月08日 09:44
おお!jesterさん!
さすが、日本での舞台劇(観ただけではなく演じた!!)&実際にヴェニスご滞在の経験がおありならではの感想ですね〜♪ より深くこの映画を味わえたなんてなんと羨ましい方なんでしょう!!!
思い入れも半端ではないでしょうね^^
不勉強な私は今回の鑑賞で色んな方のTBを頂き色んな知識を得ました〜 今までも色んな解釈で演じられていたんですねシャイロック!今回が初めてなわけではなかったんですよね〜
jesterさんの第2話も(笑)楽しみにしております♪
Posted by マダムS at 2005年11月08日 10:30
TBありがとうございました。
TB返しにやってまいりました。感想の続きも待っております。
Posted by Deanna at 2005年11月08日 12:30
以前,東京のグローブ座でジェラード・マーフィーというイギリス人演出家が日本人俳優たちを使って「ヴェニスの商人」を上演しことがありました。その時も、優先民にムチャなたんぽで仕返しを試みてくつがえされ、理不尽な判決を受けて破滅する差別民シャイロックの悲劇という描き方で・・・すごかったです!
今でもシャイロックの絶望の悲鳴が耳に残ってます。

映画・・・jesterさんの御紹介を読んですっごく観たくなりました!(最初は「ま、無理していかなくてもいっか〜」くらいに思っていましたが・・)
Posted by at 2005年11月08日 12:34
マダムSさん、やっと見てきましたよ〜
あの、『演じた』といってもESSの英語劇なので(爆)、舞台に立ったというほどではないのですが・・・
夫も高校時代、シャイロックを英語劇でやったといってました。
でもシェークスピアの英語は美しいけれど、憶えるのが大変でした。古い英語なので・・・・
結構いろんなところに引用されて出てくるので、憶えて損はありませんが。
Posted by jester at 2005年11月08日 13:13
Deanna さん、早速のコメントありがとうございます。それと「TB返し」も。(こういうのですか? なんか「香典返し」みたいで笑いました)
感想の続き、もう取り留めなくて、こっちで書いてて、あ、なんて消去していると、全体を消去して泣いたり・・・・なので、 とりあえずワードに書いてまとめてからかかないと、と思ってますデス。
Posted by jester at 2005年11月08日 13:16
『グローブ座でジェラード・マーフィー』の感想を書いてくださった方、ありがとうございます。(お名前が入ってなかったので、こんな呼び方でごめんなさい)

もし劇場でストレートプレイでヴェニスの商人をご覧になっていたら、この映画はほんとにおすすめです。
とっても臨場感があって、浸れます。
まあ劇をみるのより、ちょっと遠くなる(?)ので、不満もありますが・・・
それは続きに書きます。
Posted by jester at 2005年11月08日 13:18
はじめまして、TB&コメントありがとうございました。
私、もう恥ずかしいくらいシェイクスピアには縁がなくて・・・。
この映画も、大好きなアル・パチーノとジェレミー・アイアンズの競演見たさに見に行ったくらいです。
でも、ヴェニスの美しい風景と俳優陣の重厚な演技に酔いしれた一時でした。
感想の続きも待ってます(^^♪

Posted by junko at 2005年11月08日 15:00
junkoさん、コメントありがとうございます。
ヴェニスの遠景があまりなかったのは寂しかったけれど、あのゴンドラをこぐ音と、水音だけで、潮の香りがするようでした・・・・。
Posted by jester at 2005年11月08日 15:18
こんばんは、先日は私のブログにTB&コメントいただきありがとうございました。
アル・パチーノ演じるシャイロックは存在感抜群で原作のイメージ通りだなぁと思いました。
そこにジェレミー・アイアンズと若手のジョセフ・ファインズが加わっての演技合戦は見事でした。
Posted by Hitomi at 2005年11月08日 20:56
jesterさん、TB&コメント有難うございました。早速拝見させて頂きました。
いや〜劇団四季の日下武史さんのシャイロックに始まり、ヴェニスでの楽しい(ちょっと大変?^^;)スケッチ旅行の想い出など、興味深く楽しく読ませて頂きました。私も第2話を楽しみにしております♪
余談ですが、日下武史さんのお顔って、私は大好きなスナフキンを想い出しちゃうんですよね。(^_^)
Posted by ラクサナ at 2005年11月08日 20:59
Hitomiさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
Hitomiさんは原作どおりのイメージだったのですね〜〜
私にとっては『ああこういうシャイロックもありね』という感じでした。
ほんとに見ごたえのある演技でしたね。
Posted by jester at 2005年11月08日 21:34
ラクサナさん、コメントありがとうございます。

>日下武史さんのお顔って、私は大好きなスナフキンを想い出しちゃうんですよね。(^_^)

わはははは! そういえばそうですね。
でもわたし、あのジャガイモみたいなお顔が大好きで・・・・
それと、日下さんの声が好きなんですよね〜〜 (スナフキンも好きです!)
Posted by jester at 2005年11月08日 21:36
jesterさん、こんにちは
トラックバックありがとうございました。
私も、日下さんのシャイロック、TVの劇場中継でしたけど見たことがあります。
あれはとっても印象的でした。
シャイロックの悲劇、という視点では、今回の映画も共通するものがありますね。
Posted by punkt at 2005年11月08日 22:23
punktさん、コメントありがとうございます。日下さんのシャイロックは印象的でしたが、アル・パチーノもすごかったデス。
なんか思い返しているうちに、また見たくなってきました・・・・。
Posted by jester at 2005年11月09日 08:48
はじめまして。こんにちは。
TBさせていただきました。
映像が優しく温かく、それにも増して音楽がとても良かったですね。自然音が私も心地良かったです。お話はかなりシャイロックに感情移入してしまったために、後味が悪かったのですが…。以前ポーシャ役をやられたとの事。理想の女性です(*^_^*)
それとヴィゴの愛がたくさんですね!私も隠れファンです。今後ともどうぞよろしくお願いします。<(_ _)>
Posted by charlotte at 2005年11月10日 16:45
charlotteさん、TB&コメントありがとうございます。

>以前ポーシャ役をやられたとの事。理想の女性です(*^_^*)

きゃああ、違うんです〜〜 いややったんですけど、英語のサークルの中でやっただけです〜〜 なぜか爆笑されて(ヒゲが落ちたりして)自分も笑いが止まらなくなった記憶があります。

こちらこそ、よろしくお願いいたします!
Posted by jester at 2005年11月10日 19:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヴェニスの商人
Excerpt: コメント無きTBは削除させて頂きます。 ヴェニスの商人 オリジナル・サウンドトラック 原作/ウィリアム・シェイクスピア 監督・脚本/マイケル・ラドフォード 出演/アル・パチーノ ジェレミー・アイ..
Weblog: cinema village
Tracked: 2005-11-08 09:12

ヴェニスの商人−映画を見たで(今年140本目)−
Excerpt: 監督:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ 評価:83点(100点満点) 公式サイト..
Weblog: デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
Tracked: 2005-11-08 10:05

『ヴェニスの商人』
Excerpt: 「ヴェニスの商人」 原作 ウィリアム・シェイクスピア 監督・脚本:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ/ジェレミー・アイアンズ/ジョセフ・ファインズ/リン・コリンズ 2004年 アメリカ・..
Weblog: Brilliant Days 
Tracked: 2005-11-08 10:22

The Merchant of Venice(2004,U.S./Italy/Luxemburg/U.K.)
Excerpt:  シェイクスピア作品は、Star Trek The Next Generationの中でもちょこちょこホログラムで出てきていましたが、実は本を読んだことは一度もありません。小学生の時『ヴェニスの商人』..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2005-11-08 12:19

ヴェニスの商人
Excerpt: 《ヴェニスの商人》 2004年 アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス映
Weblog: Diarydiary!
Tracked: 2005-11-08 12:24

[映画]ヴェニスの商人
Excerpt: 文芸作品ながらも堅苦しいわけではなく、宗教問題、人種差別、復讐、友情、恋愛、親子の愛、時代を超えた不変のテーマ。濃厚な人間ドラマなのでした。 「シェイクスピアの最高傑作。」「文学史上、最も有名な裁き!..
Weblog: Midnight Plus One
Tracked: 2005-11-08 15:01

ヴェニスの商人
Excerpt: 「古典を読め!特にシェイクスピアを読め!」とINDEC会員に日々檄を飛ばしているゴウ先生であります。そのシェイクスピアの傑作戯曲『ヴェニスの商人』が初めて映画化されたというのです。シェイクスピア俳優と..
Weblog: 夢と希望と笑いと涙の英語塾
Tracked: 2005-11-08 19:19

ヴェニスの商人
Excerpt: シェイクスピアの最高傑作にしてサイレント映画以外では、初の映画化だとか・・・ ん~~~~やりましたアル・パチーノ! 自ら製作・初監督・脚本・主演したドキュメンタリー『リチャードを探して』で、 難解..
Weblog: Welcome aboard!
Tracked: 2005-11-08 20:41

ヴェニスの商人
Excerpt: シェイクスピアの書いた37の戯曲の中で最も人気が高く、この作品が日本では初演。ロマンテックなラヴストーリー。スリリングな法廷劇。人権と復讐。…INTRODUCTIONより *かなりのネタばれ含みます ..
Weblog: シャーロットの涙
Tracked: 2005-11-10 16:46

「ヴェニスの商人」
Excerpt: 「ヴェニスの商人」★★★ アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ出演 2004年/アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス合作/130分 ヴェニスが舞台 ここは何..
Weblog: soramove
Tracked: 2005-11-12 11:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。