2006年02月24日

ヴィゴ・モーテンセン♪に会ってきました〜

いや、見てきました、って方が正しいか。
カナダ大使館であったプレミア試写会、急遽参加できることになり、氷雨の中を並んで、ヴィゴの舞台挨拶を見てまいりました。

今帰宅して、ボ〜〜ッとしています。
う〜〜レポートを書こうと思っても使い物にならん・・・・あせあせ(飛び散る汗)

A History of Violence のレビューと一緒にまたあとでアップします。
まずはご報告まで・・・・。猫
posted by jester at 22:59| Comment(4) | TrackBack(1) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

いよいよ明日来日!

いよいよ、明日ヴィゴが日本にやってきます〜ハートたち(複数ハート)

A History of Violence を配給するムービーアイさんとしては、たくさんのファンに空港に来て欲しいらしくて、問い合わせには「お友達と一緒にお迎えに来てください」と返事してるらしい。
話題づくりなんでしょうね。まあ宣伝のために来るのだからね。

16時35分着のJAL061便にて第2ターミナルに到着予定。Aゾーンより入場、なんて情報まで流れています。

韓流スターのときみたいに、たくさんの人が押し寄せて大混乱にならないことを祈ります。
ま、ヴィゴのファンは大人だから、大丈夫かなあ。


は〜〜〜〜 あせあせ(飛び散る汗)
posted by jester at 17:29| Comment(6) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミア、だめでした・・・・

24日のA History of Violence のプレミア、見事落選しました・・・・

お友達で一人、ヴィゴファンの先生とも呼べる方が当選なさいました。
(えりこさん、おめでとう!!ハートたち(複数ハート)

やっぱり愛の深さが違うのかしら・・・
試写会もあれほど出したのにあたらないし、残念無念でございます。たらーっ(汗)
posted by jester at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

来日間近〜

来週についにヴィゴ来日です!
いろんなところに試写会の応募をしたけど、まだどれも当選してない・・・・

欲を出すと絶対当たらない・・・・(jesterのルール)なので、「こんなの行かなくてもいいんだ!」と大声で言いながら応募してるんですが・・・ばれてるのか、やっぱり当たりません。(涙

は〜〜、プレミア、当たるといいなあ〜(というから当たらないのよね・・・たらーっ(汗)

0720896.jpg
さて、そのヴィゴが表紙になっている、ESQUIRE  US EDITIONの3月号、紀伊国屋に入荷です!

昨日、そろそろ入ったかな、と思って新宿南口店で聞いたら、「ニューヨークの大雪で入荷が遅れてます」といわれてがっかりしたのですが、ネットの紀伊国屋には今日入荷してました!

送料はかかるけど、お店に行くまでに売り切れちゃうと嫌だから、早速注文いたしました。ハートたち(複数ハート)
posted by jester at 18:54| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

いまFM東京で

いまFM東京で、ヴィゴの来るA History of Violence のプレミア試写会プレゼントの募集をしてます。揺れるハート


『2月24日(金)に青山のカナダ大使館シアターで行われる
映画『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のプレミア試写会に
今日と明日で、計50組100名様をどーんとご招待します。
当日舞台挨拶には主演のヴィゴ・モーテンセンとマリア・ベロも
駆けつけます!
時間は18:30開場、19:00開演。
また、大使館という特別な場所のため、
当日はセキュリティ上、当選者のお名前を確認させて頂くのであらかじめご了承ください。
ご応募は【sakajo@tfm.co.jp】まで。』


「体育会系の人々」のエピソードを添えて、FAXも可だそうです〜(3221−1800)

しかし、今放送を聞いてますと、たくさんの応募があるみたい・・・
jesterも送ったけど、当たるといいなハートたち(複数ハート)
posted by jester at 14:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

A History of Violence の前売り!

ついに日本でもA History of Violence の前売りが始まりました!

maeuri1.jpgというわけで、銀座に出たついでに、東銀座の東劇に足を延ばし、前売り券を買ってきました。

チラシも貰ってきました♪

3月11日はもうすぐだ!がんばろう!
posted by jester at 17:17| Comment(6) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

SCREENplus誌で特集が!

viginm941802.jpg
久方振りにヴィゴの話題なんですが、
なんと1月31日発売のSCREENplus誌がヴィゴ・モーテンセン特集だそうです!
(ARちゃん、情報ありがるん)

なぜスクリーンが・・・・・
そんなにヴィゴって人気あったの?・・・・
大体スクリーンがどういう写真を使うつもりなんだ・・・・
せめてプロフィールは間違えないでくれ・・・
などなど、ファンの間からは不安と喜びのボヤキが上がっておりますが・・・・


2つ前のムビスタ誌のあとがきの漫画の中の台詞(そんなところまで読んでいる)に、なんとなくそのうちヴィゴの特集を組むんじゃないかな〜という雰囲気が漂っていたのですが、


スクリーンに先を越されるとは、ファンクラブ会誌の風上にも置けぬやつぢゃ!(だから違うって!!パンチ


失礼しました。ムビスタはヴィゴのファンクラブ会誌ではありません。(え、そうだったの?)
posted by jester at 10:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

この笑顔に癒されて・・

nikorismall.jpg
タクシーに乗り込んだところをパチリ!

ファンのカメラなのかな? 
パパラッチのカメラにこんなににっこりするかしら?

なんか無邪気な幼稚園児の「にっこり」に見えちゃいます。
(親ばか発言パンチ(殴
posted by jester at 18:13| Comment(2) | TrackBack(1) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

わんこ柄のTシャツ疑惑分析

wannko2.jpg

ファンの方なら誰でも知っているような話題なんですけれど・・・

まず、この画像をご覧ください。
ヴィゴの顔ばっかり見てちゃだめですだ。(それは自分だろ!)
(いえ、大事なのはむくむくの犬でもないです・・・)

この写真、1997年に撮られたものデス。

さすがに若いですが、よおくみると
へんなTシャツ着てるでしょ

胸にあるプリント、アメリカでポピュラーな漫画の犬らしいんですが・・・・

40才目前でこういうTシャツ着て写真の仕事するな〜〜〜!

でしょ?(しかし彼、若く見えますよね〜〜)

しかも、この時点ですでにちょっと襟が伸び気味。

すごく愛着ありそうです。
息子が誕生日にくれたとかそういうのかなあ。

そういうのをどんなデザインでも、めちゃくちゃ愛用するような人間だし・・・・


そして時は流れて2005年・・・・

wannko.jpg

ファンと一緒に撮られた写真ですが・・・・・・



まだ着てるし!!


しかもいつものフリースを上に着て!!
いつものGパンで!!
(アラトリステの撮影中なので、ひげもあるし!)
襟はさらに伸びて、別のデザインのようになってる・・・
嬉しそうな顔で・・・・


というわけで、ヴィゴのファンはいつも
「これでも愛せる?」という究極の選択を迫られつついるのです・・・。


ご参考までに、誕生日の記事で載せた写真も、いつも彼がシャツとして着てるけど、ファンのあいだでは「これってパジャマだよね??」 という疑惑が飛び交っているものなのでした・・・・たらーっ(汗)



画像はViggo Worksさんからいただきました。 




posted by jester at 09:46| Comment(6) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

ちなみに

viggobwhat.jpg
お仕事でパジャマ着て写真に写ったのはこのときだけではありませんが・・・・あせあせ(飛び散る汗)

こんな写真もあります。

これってロード・オブ・ザ・リングスに出る前の写真だと思います。


画像はviggo fan baseからいただいてきました。
posted by jester at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

ゆかたの柄は(愛が試されるとき・・・・)

pimg;jsessionid=931159D333BC12E8FA0C2956AE4FAFF1.jpg

しくしくしく。


よくいるんだよな。
こういうことして、カートごと滑って転んで泣く小学生



パジャマをゆかたと間違えた方がいらっしゃいましたが・・・・


サッカーボール柄の ゆかた パジャマっていうのも、

ヴィゴ以外の人が着てたら怒るよ、もう ですだ。


しかもこのパジャマで、パパラチ写真なら
『しょうがないとこ撮られたね〜』で済むけれど、
(実際よくとられてる。スペインの撮影にもこのパジャマを自分で洗濯して持っていってました)
ちゃんとした写真撮るときにもときどきこれを着てるんですよね、このしと・・・・



友達が来て、ご飯作るのに、買い物に行くっていう、この普通の人感覚。
(いやパジャマで行くのは普通の人でもしないけど・・・)
(そういえば大学時代の友人でセーターの下にパジャマのシャツを着てきて「これ、パジャマに見えないでしょ?」といっていたやつがいたなあ・・・・・思い出したよ。)


彼がパパラチされる写真って、裏庭のお掃除してたり、クリーニング屋から洗濯物とって来たり、家の周りのごみを手でひろってゴミ箱に入れてたり・・・おおよそスターらしくない写真ばかり。

着替えの下着をスーパーの袋に入れて飛行機乗ったり、ホテルのランドリー袋にお財布入れてぶら下げてお出かけしたり、日本に来たときは空港でファンの前に背広をハンガーにかけたのを持って出てきて、イライジャの付き人と間違えられたり、ダンボールに荷物入れて持ち歩いてて、タクシーを待つあいだに歩道でへそ出して昼寝したり・・・・・


スターどころか普通の人だってしない、家族だったら「おねがいだからやめてちょうだい」と注意しちゃうようなことしてますが・・・・

息子のそばにいたいから、長期の海外の仕事は断る。
でも、息子が「とうちゃん、やってよ!」といったAragornの役は、引き受けた。

それで稼いだお金で小さい出版社を作って、せっせと若い芸術家の本を出したり、自分で撮った写真の写真集や詩集をだしたりしてる。


かれの生きる方向性はとってもはっきりしていて、分かりやすい。 
でも自分の価値観に忠実に生きるのは、実はとっても大変なことですよね。



ロード・オブ・ザ・リングスの撮影のとき、ビュッフェスタイルでお食事で、普通はトップスターが先にとり、後から脇役やスタントの人がとるのに、ヴィゴは絶対みんながとった後にとりに行っていた、なんていうエピソードが、スタッフから漏れ聞こえてきたんです。

 こういう生真面目な性格が分かるエピソードがとっても多い人なんですよね。

でも、彼の生活を見ていると、それらが全然偽善的/売名的には聞こえず、

生き方のちょっとしたヒント&迷子にならないための道しるべ

に見えてしまうjesterなのでありました。猫あせあせ(飛び散る汗)



画像はいつものViggo Worksさんからいただいてきました。
posted by jester at 08:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

ううう

 あの〜〜〜 漫画の犬のTシャツでも、パジャマに見えるパイピングのあるシャツでも、ユニフォームみたいに着ているチェックのシャツでも・・・・・

ヴィゴのたんすの中はファンは誰でも知っているシンプルな構成ですが・・・・

このパジャマにこのフリース!! (そう、これも昔からどこに行くのでも着てます)
これで近くのスーパーに買い物・・・・・・
しかもこのきちゃないスニーカー・・・・
脱力しますです・・・・・

家族Aがそんなことしたら、私は怒るでしょうね・・・・

ヴィゴがすると可愛い・・・・と思わざるを得ない・・・・かも・・・・たらーっ(汗)


画像はViggo Worksさんからいただいてきました・・・・はい・・・・

posted by jester at 18:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

Teresa!!

ワークスさんの記事によると、「テレサ」がいよいよ動き出したということデス。

これによりますと、11月28日からスペインの Lisbon と 引き続きTrujilloで撮影開始とか。

前のサイトで訳した(こちら)Entertainment Weekly の記事では、「息子のHenry君がハイスクール最後の年になるので、なるべく一緒にすごしてあげたい」のでテレサを断った、って載ってましたけどね・・・・ どっちが本当なのかしら?


しかし、もし本決まりとしたら、いよいよトンスラ(修道士の、テッペンをそる髪型)か・・・・
役にのめりこむヴィゴのことだから、カツラじゃなくて、絶対そりそうだよ・・・・

いまからトンスラに慣れるべく、修道士カドフェルでも見て鍛えておかなくては・・・・・

がんばりましょう、ファンの皆様!!
posted by jester at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

People誌の2005's Sexiest Men Alive の4位は・・・



2005に一番色っぽかった男性ベストテンなんですが〜〜(この色でおなじみ、DDさんに教えていただきました)パンチ(殴

ヴィゴが4位黒ハートだそうでございます。(詳しくはこちら

アメリカのこういうものの基準って濃すぎて、jesterのとは、ちょっとずれているのですが、今年はきましたね。(4位のみですが・・・・・)

この写真、好きデス。
ヴィゴって心がクリアなんだな、っていうのが伝わってくる表情です。
ジェラシー、恨み、憎しみ、過剰な欲望なんかからつき離れているかんじ。
自然体なところも、しわくちゃのシャツも、全部好きです(爆)(ここで告白してどうする)

マリア・ベロがコメントを寄せてます。

「彼はちょっと違う人間なの。彼は本当に彼の人生を芸術しているのよ。彼を彼の作品から切り離すことは出来ないわ。彼のやることすべてが芸術なのよ。」
 

・・・むむむ、ほめてるの? ほめてるのね、ベロ? 

でも、このベロさんのコメント、jesterの気持ちとあってます。
ヴィゴのファンはいろんな理由でヴィゴを好きだと思います。
セクシーだから、かっこいいから、演技が上手だから(ほんとか?)・・・・
jesterも最初そうでした。でも最近は、生き方そのものにあこがれます。

普通の人間とステージが違う感じ・・・・
ああ、ヴィゴ馬鹿(親ばかみたいに)の発言になってしまいましたデス。すんまそんダッシュ(走り出すさま)


しかしこのベスト15、すごくおかしい
(誰とは言わないが)え〜〜このひとがああ、とか誰よこれ、っていう、jesterが知らない人もたくさんいます。(物を知らないjesterなので仕方ありませんが)

ドラマなんかで人気があるけれど、日本にはあまり知られていない人もいるんですね。
LostのDaniel Dae Kim が入ってるのも、ドラマの力ですね。

13位にCNNのAnderson Cooper が入ってるのが笑えました。

やっぱりハリケーンの中でよろよろ飛ばされそうになりながら中継してたキャスター魂が、アメリカ女性の母性をきゅきゅっと刺激したのでしょうか・・・・パンチ(殴

それと、12位のDENIS LEARYさん、今まで映画では何回かお目にかかっていたらしいのですが、覚えてませんでした。パンチ(殴
Rescue Me というドラマで消防士の役だそうですが、そのドラマ、見てみたいな〜

posted by jester at 08:29| Comment(4) | TrackBack(1) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

もういっちょ

003ap_small.jpg

こちら、Alatristeのポスターですだ〜〜〜

これまた、A History of Violence と全然違う武者のヴィゴであります。

ああ、まじに酸素ボンベがいるかも。ぜいぜいぜい。



これもいつものViggo Worksさんからいただいてきました。 大きい画像もみられます。

© Estudios Piccaso
© Origen Producciones Cinematograficas S.A.
だそうです。
posted by jester at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デンマークのCOVER

001cover.jpg

どうです、この目つき。

もう朝から呼吸困難のjesterであります。

ちょっとこの雑誌ほしいかも・・・・

でもデンマーク語、読めないしなあ・・・

画像はいつものViggo Worksさんからいただいてきました。
posted by jester at 09:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ムービースター12月号

相変わらずヴィゴのページが3ページも。
さすがムビスタ、マイナーな雑誌だけど、えらいえらい。

しかし、目新しい情報はさほどありません。

はいはい、息子がかわいくて仕方ないのね〜〜
はいはい、『鉄は熱いうちに打て』とは思ってないのね〜〜
一人で過ごすのが好きなのね〜〜
立ち止まって考えるのが好きなのね〜〜

なんしろ、一人で散歩してると草や木や動物が話しかけてくる人だもんね。(あ、これは先月号だっけ・・・・)


でも最後の「これからはあんまり仕事入れてないから、忙しくなくて、写真もいっぱい撮れる」には涙。。。。 

写真じゃなくて、あなたが見たいのよ〜(爆)


オーリーのページを見てご覧・・・・
これから公開される映画がざっくざく。

この半分でいいから映画の仕事してくれ〜〜 しくしくしく。


そのほかに、豆さんのページ(シャープについても「幻のショーン・ビーン主演作」だって。もうファンはみんなとっくに見てるのに・・・・でもうれしいけど・・・)、
ジェリーの解体白書、ハリポタ最新情報などなど、読むところどっさりで、まるでjesterのための雑誌みたいです〜(殴(殴

ヴィゴの写真の選択も、私がブログに貼り付けたのとほとんど一致。
愛があるよな〜〜 (殴(殴(殴
posted by jester at 14:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ヴィゴ・モデル疑惑(?)

エリス・ピータースが書いた、「修道士カドフェルシリーズ」の登場人物、ヒュー・べリンガーがヴィゴのイメージだ!といった方がいましたが、(某漫画家さんです)、映像化するならヴィゴでしょう、っていうキャラクターって、いますよね〜〜
(カドフェルシリーズ、今読破中です・・・・)

それから、漫画『君はペット』の最新巻に、犬に「ヴィゴ・モーテンセンになれ〜〜」っておまじないをかけるシーンがあるんですけれど、そこが、そのひとコマが読みたくて本を買った、って言う人を知ってます。

その気持ち、わかるんだなあ。(jesterはその人から借りて読みました・・・)


ところで、Inkheartってご存知ですか?
InkheartCornelia Funke 1904442218

ドイツのファンタジーですが、作者が「Dustfingerはヴィゴをイメージして書いた!」って公言して、一時期大騒ぎになりましたよね。
しかもヴィゴで映画化?という噂も出て、それを聞いてあわてて読んだひと(わたし)もいるぐらいで・・・・・(いや、面白かったデス。)

(Inkheartはjesterは英語で読んだんですが、「本を朗読していると登場人物が現実に登場してくる」というファンタジー。難易度はHarry Potterと同じぐらいかな。)

和訳もでてます。魔法の声コルネーリア フンケ 4872901711


ええ、どうしてこんな話題を出したか、というと、
蒼路の旅人上橋 菜穂子 佐竹 美保 4035403105

を読んだんですが、その時、jesterの心に浮かび上がってきた疑惑。


アラユタン・ヒュウゴという人。

アラ ユタ  ・ ヒュウゴ・・・・・・

・・・・・・この名前に何か感じませんか??


しかも登場シーンが、しょっぱなの安酒屋・・・・・

そこで、酔っ払った男たちが、ナイフを投げて遊んでいるのですが、その一つがそれる・・・・・

それが片隅に座っていた男に飛ぶ・・・・

みんながはっと息を呑んだ瞬間!! 

 考えごとをしていた男は、すんでのところでけはいを察すると、反射的に自分の短剣を抜き、カチーンッと短剣をはじきあげるや、落ちてきた短剣の柄を左手でつかんだ。
 ほおっと感嘆のため息が、男たちのあいだからもれた。
 短刀をなげた酔客は、男がふりむくと首をすくめた。
 二十七、八くらいだろうか。黒髪を背でひと束にむすんだ、精悍な顔だちの男だった。
 男は、ただだまってみつめているだけだったが、周囲の男たちは、なんとなく気おされたようにしずかになってしまった。

                 (以上、太字の部分、蒼路の旅人p14から引用)



何か感じませんか!!!!! 

マントこそかぶってませんが!!!!

パイプもすってませんが!!!

jesterの心に浮かんだ疑惑・・・・・・・ 


このヒュウゴのモデルはアラゴルンじゃないの??? 
ヴィゴじゃないの????



・・・・・・・・いえね、私が一人で思ってるだけなんですけれど・・・・。(殴!


ううう、チャンスがあったら、ぜひ読んでみてください。もうjesterなんか読んでる間中、ヒュウゴをヴィゴで脳内配役して読んで、興奮状態でした。

この本、シリーズ本の7冊目なんです。このシリーズについてはゆきてかえりしひびで詳しく書いてますので、よかったらそちらも覗いてください。




posted by jester at 09:33| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

パリでの写真・・・

パリにお住まいのnouilles-sautees さんにお願いしておいたら、パリでの写真を見つけてきてくださいました!

paris1.jpg

ちょっとおどけて、クロネンちゃんと。


paris2.jpg ルノアールの絵の前で。






630.jpg 視察団風






paris3.jpg 仲良し2ショット


以上、シネマテックという公共の映画館のサイト からいただいてきました。
posted by jester at 19:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

じたばたじたばた

一昨日あたりから息が苦しくて・・・・
今朝なんかほとんど口を押さえて「ぎゃあああああああ」という叫び声を押し殺しておりました。

あの〜〜〜〜すみません、ヴィゴファンじゃない方はこれ以下は読まないほうがいいデス。
かなりきてますから。





というのも、cinephileさんのブログでヴィゴがでている「Tout le monde en parle」を見せたいただいたからデス。



d0049723_740975.jpg

 まずね、
 この写真ですよ〜〜 

 これで呼吸困難に
 なりました。

 なんて青い目なん
 でしょう?


光線の加減とかあるのだと思いますが、イライジャ顔負けの青い瞳にうっとり。

それから、今朝、動画クリップまでダウンロードさせていただいて、ヴィゴがたどたどしいフランス語でぼそぼそと、でも一生懸命考えて、いぢわる質問にも答えているのを見て、もうもうもうもうもう、牛100頭ぐらい鳴いちゃいました。

cinephileさんは、インタビューの詳しい訳まで載せてくださっているので、ぜひ、cinephileさんのブログで読んでみてくださいませ。(番組のクリップのダウンロードも同じところから1週間させてくださってます!)


ここで引用するのもなんなんですが、司会者に、「 あなたは、可愛くないからという理由で女の子を断ったことがありますか」ときかれて(2秒ぐらい間が空いて・・・)

「女の子は皆綺麗だと思います。」

・・・・・しくしくしくしく。

まじに泣きました。
不肖jester、この言葉を胸に、これからもがんばって生きてまいります。

cinephileさん、本当にありがとうございました! 
ここでご紹介させていただくのも快くご承諾いただきました。

感謝感激muchas gracias !! でございます。


posted by jester at 17:38| Comment(9) | TrackBack(1) | ヴィゴ・モーテンセン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。